彼女がうざい!彼氏100人が好きな気持ちを取り戻した方法

彼女,うざい

長く彼女と付き合っていれば時には「うざい!」なんて思う事もあるものです。

大好きな彼女だからこそ、たとえ「うざい!」なんて思っても、出来るだけ早くまた好きな気持ちを取り戻したい思う男性も多いのではないでしょうか?

この記事では、彼氏100人による彼女がうざいときでも好きな気持ちを取り戻せた対処法を体験談と共にご紹介しています。

彼女がうざいときってどんなとき?

彼女がうざいと感じるときランキング

まずは、彼女がうざいと感じるときランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女がうざいと感じるとき』によると、1位は『嫉妬や束縛』、2位は『些細な口論』、3位は『連絡が多い』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女がうざいと感じるとき

男性100人に聞いた彼女がうざいと感じるときでは、1位の『嫉妬や束縛』が約25%、2位の『些細な口論』が約23%、3位の『連絡が多い』が約15%となっており、1~3位で約63%を占める結果となりました。

彼女がうざいと感じるときの対処法ランキング

次に、彼女がうざいと感じるときの対処法ランキングをご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女がうざいと感じるときの対処法』によると、1位は『一息ついて冷静になる』、2位は『彼女の立場になって考える』、3位は『しっかりと話し合う』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女がうざいと感じるときの対処法

男性100人に聞いた彼女がうざいと感じるときの対処法では、1位の『一息ついて冷静になる』が約26%、2位の『彼女の立場になって考える』が約23%、3位の『しっかりと話し合う』が約20%となっており、1~3位で約69%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女がうざいと感じるときの対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】一息ついて冷静になる

一息ついて冷静になる

考えすぎは禁物!待つ余裕も大切

私の場合は彼女からの連絡や返信の少なさにイライラしたことがあります。特に急ぎの用件やスケジュールに関することなら尚更ですね。

緊急を要するに場合を除いては「便りがないのは元気な証拠」「今は忙しいんだ」と思うことにしました。また、逆に自分の返信や連絡が遅すぎたり、逆に早すぎて鬱陶しがられているのかも?と自分に置き換えて考えてみました。

相手は自分を写す鏡と考えてみては?

40代前半/サービス系

1日でも良いからお相手と距離を置き、お相手と連絡が取れていることの大切さを考え直す

連絡が少ない、多いで気持ちがイライラとすることがしがち。だけど、いったん冷静になって自分とお相手のことを見つめなおすことをしてみてください。

連絡をする自分も連絡を送ってくれるお相手も「人間」です。連絡が多くなったり少なくなったりするには何らかの理由があるはず。例えば今は一人でいたいとか、外出中ですぐには返信できないとか、友人とお食事に行っていたとか。

何らかの理由があるものと思って連絡のやり取りを行えば、少しは気持ちが楽になるでしょう。イライラした時ほど「冷静になれ」です。

40代後半/サービス系

一度冷静になるためにシャワーを浴びる

些細なことで喧嘩になってしまったが、とにかく一度落ち着こうとその場を離れる。(トイレ行ったりシャワー浴びるなど)

どっちが悪い等考えるとらちがあかなくなるので、自分の非を認めつつ、先に謝る。その後、とことん話し合う。

30代前半/自営業

ここで彼女がいなくなったらを考える

良く分からないことで口論になってしまいました。とりあえず彼女の顔を見るのをやめ、深呼吸。

もし、ここで彼女と別れたらどうなる。今彼女がいなくなったら困る事がないかを考えます。すると、たいてい困る事がでてきます。

損得ではないですけど、冷静になるという意味で考え、やっぱり好きだなと気持ちを取り戻します。

40代後半/サービス系

一時的な感情ではないかと冷静に考えしばらく様子を見る

やっぱり好きだと思って交際し始めても、期間が長くなると相手のあらが見えてきたり、倦怠期になったりということはあると思う。

なので一時的なものなのか、本当に嫌なのかを冷静に見極めることが大事だと思う。そのためにはしばらくは様子を見る必要がある。

それでも嫌なら分かれるしかないし、時間が経って回復できたら乗り切った、続けることができるということになる。それだけの話である。

50代後半/自営業

彼女に対する自分の気持ち次第

自分にとって彼女がどれほどの存在なのか、冷静に考えてみて。

女性は竹を割ったように、あるとき突然別れを告げてきます。そうなってみて男は初めて後悔の塊になるでしょう。

相手を大事に思う気持ちが少しでもあるのなら、まずは『自分以外の全ての人が自分ではない』ということを考えてみて下さい。と、言っても難しいことですね。

30代前半/サービス系

【2位】彼女の立場になって考える

彼女の立場になって考える

女性という立場を考えてみる

彼女が化粧をするのをよく待たされりしたのですが、まず僕は待つ事の楽しみ方をよく考えてましたね。

そうするとだんだん気にならなくなってきて、それが普通になりました。あとは彼女が化粧してきたあとに今日もバッチリとか言ってみたりと心の余裕の幅も広がりました。

30代前半/サービス系

男女は作りが違うという事を考える

一緒に御飯を食べる時に、私の好みとは彼女は違います。私は、どちらかというと味付けが濃いほうが好きなのですが、彼女は薄いほうが好きなのです。

料理が薄いとき、私は醤油やソースなどをかけて食べるのてすが、それに対して彼女は不機嫌になるので、こっちはイライラします。

そんなとき私は、彼女なんてショセン他人だ、育ってきた家庭が違うからと、割りきって考えると楽になります。

40代後半/自営業

女性は心配する生き物だと理解する

彼女と付き合い始めたころ、他の友達と遊ぶと「どんな人?男?女?何歳?どこに住んでるの?」と浮気を疑っているのか詳細を聞き出そうとしてきてうざかったです。

でも、会った相手の友達がどんな人で、どんな面白い話かをしてあげて、次回共通の話題にすることができるようになると会話の糸口になり、楽しそうに自分のことに興味を持ってくれる彼女がますます好きになりました。

30代後半/メーカー系

彼女の気持ちを最大限汲んでみる

最初は束縛をしてこなかった彼女だったのですが、付き合いが長くなっていくにつれて束縛をしてくるようになりました。女友達の連絡先を勝手に消された時にはイライラしていました。(笑)

その後私の男友達も消していいよと言われたので消しました。彼女は少し性格が悪いところもありますが、見た目は可愛らしく愛情をたっぷり注いでくれていて、僕も彼女が大好きなので今でも一緒にいます。

20代前半/大学生

相手の状況や立場をポジティブに考える

何事もリラックス、落ち着くことが必要ですので深呼吸をして一度考えをリセットします。

私の場合になってしまいますが、彼女は当時夜勤ありの仕事をしていましたので、返事がないときは、もしかしたら夜勤明けかも、もしかしたら夜勤前、準備で忙しいのかな、という感じでいい方に考えるようにしました。

決して相手が悪いようには考えないようにするのが一番だと思います。

30代後半/サービス系

口論のきっかけを相手の立場になって考える

なぜ彼女は怒っているのか、不満を感じているのかを主観的に考えるのではなく客観的にみるようにした結果、彼女側に寄り添って物事を考える事ができました。

また日頃から「ありがとう」を些細なことでも言うようにしようと思い、実践してみると喧嘩の数も少なく過ごせるようになりました。

20代前半/大学生

相手も自分のためを思って言ってくれてると考える

彼女が自分の生活スタイルに注意をするので、別にいいだろこのくらいと思っていましたが、とりあえずそれを注意してくる理由を考える。

注意されていい気分になる人はあまりいないと思いますが、注意する理由を冷静に考えると自分の健康などを思って言ってくれていることが多いので、むしろもっと好きになれます。

20代前半/IT・通信系

些細な表情の変化を見逃さない

自分が短気な事は承知しておりますが、どうも日頃から彼女との会話のキャッチボールが上手くいかないと感じていました。

分かりきった事を質問したり、的外れな返しだったり、会話にリズムが出ず、話の腰が折られるようでストレスを感じていました。「ちゃんと考えて話して」と言ってしまいます。

そんなある時、テレビで知能指数が20違うと話が噛み合わないらしい。というコメントを聞き、ある時彼女にそれを言ってしまいました。笑いながら聞いていた彼女は徐々に泣き笑いの表情に変わっていきました。

悲しかったけど一生懸命笑いながら聞いてくれていたのでしょう。とても胸が痛くなると同時にとても愛おしくなりました。それ以来、イライラせずどんな質問も受け止めて、ゆっくり話すようになりました。

40代後半/医療・福祉系

自分の事を真剣に考えてくれている事と悟る

自分のことばかりで、なにも考えていないと何度も言われたり、何かするにも連絡をしないといけなかったりとイライラすることは多かったです。

しかし体調を崩すとつきっきりで看病に来てくれたり、体にいいものを常に考えて作ってくれてたり、なによりも自分の事をすごく考えて行動してくれている事に気付いたことが自分が変わった所でした。

なので、自分の為にたくさんしてくれている事を見つけてみてはどうかなと思います。

30代前半/医療・福祉系

相手は自分を思っていると自分に言い聞かせる

連絡が多すぎてイライラすることもありますが、相手は自分のことを好きでそういう態度を取っているんだろうなと、自分に何度も言い聞かせることで、イライラをしずめるようにしています。

相手は自分を思っている、と心の中で強く自分に言うのがポイントです。

30代前半/公務員・教育系

考え方の違いを認める

女友達が多い私は女子の方が多いグループに所属していて、今でも遊ぼうと言われる時があるのですが彼女が許してくれず、いつも喧嘩してしまいます。

今までは自分も遊びたかったので強く言ってしまうこともありましたが、やっぱり考え方が違うので、人が嫌なことをするのが嫌な私が折れることにしました。

20代前半/自営業

【3位】しっかりと話し合う

しっかりと話し合う

しっかりとコミュニケーションを取る

せっかく予定を空けておいたのに、ドタキャンが多い彼女でした。やむを得ない事情ならいいですが、どうでもいいことでキャンセルされることが多かったです。

別れようかなと思いましたが、良いところがあるのも事実。とりあえず、予定を確保するのがどれだけ大変なのか。どういう気持ちになるのか。

そういうことをお互いに話し合い、気持ちを取り戻しました。

30代前半/メーカー系

本音の話し合いをたくさんする

自分はサービス業で平日休み、シフト制の休日であり、彼女は公務員なのでカレンダー通りの休みでした。

お互いの生活サイクルが異なっており、なかなか会えない日々が続いたとき、連絡もなかなか取れずイライラしていました。別れたくないと思っていたので、本音で今後について真剣に話し合いをしました。

彼女も自分との将来を考えてくれていたようで、気持ちに応えようと思いました。そうすると短い時間でもこまめに連絡をとりあえるようになり、好きな気持ちを取り戻すことが出来ました。

20代後半/サービス系

折り合いの付く状況を二人で考える

仕事がお互い忙しく時間があわないことをこちら側の責任だとよく言われ口論になることが多かったです。

しかしこれを機に結婚を前提同棲を始め、互いのすれ違いをカバーして生活リズムも月に2度は必ず一緒に美味しい物を食べにいくなど調整した結果うまくいきました。

30代後半/医療・福祉系

面と向かって言いたい事を言い合う

彼女が飲み会のたびに嫉妬、束縛が激しくその度にイライラしていました。

その度に喧嘩をしてとりあえずお互いの言い分を聞き合いました。そうするとお互いすっきりしたのかそのあとは仲直り、むしろ好きな気持ちが溢れてきます。ストレスも溜めず言いたいことも言えるので楽ですよ!

20代後半/サービス系

落ち着いた状況での話し合い

お互いが冷静で、ゆっくりとした時間をとれる時に、時間をかけて話し合う。

その際に否定をしたり上からではなく、あくまでも冷静に。思っていること感じていることを、変に隠さず素直に伝えること。その中で、お互いが納得できる折り合いをつける。

20代後半/医療・福祉系

最低限のルールを決める

相手の気持ちとこちらの要望を突き合わせて考えました。

まず最初の10分間相手のことを聞き、次にこちらのことを10分間述べます(逆の時もあります)。

それからちょうど中間ぐらいのところを取り合って決めて(あくまで強制ではない)慣習として根付かせていきました。

30代前半/メーカー系

自身の行動の部分を共有していく

彼女が前に浮気が原因で別れている人であったので自身に対する信頼感が薄い時期がありました。財布の中をチェックされたり携帯電話を見られたりと行動がエスカレートしていくときもありました。

休日は趣味の時間に費やすことが多いのですが、その際に彼女も一緒に連れていけるときは連れていってます。

もちろん彼女の同意があった場合だけですが、こういうことをやっていると見せていくと彼女の安心感に繋がっていた感じはしました。

20代後半/専門コンサル系

【4位】楽しい思い出を振り返る

楽しい思い出を振り返る

相手といて楽しかった思い出を思い出す

ちょっとした言葉の違いにより、自分が伝えたい事を相手が間違って受け取ってしまい、それが原因で口論によくなります。なんで今の言葉をそんな受け取り方するのかなとイライラしてしまいます。

そんな時は一度ひとりになり、昔の2人での楽しかった思い出を思い出します。今までの思い出を考えると今の嫌な気持ちのちっぽけさがわかり、うざい気持ちが緩和していきます。

20代後半/メーカー系

初めて会った時のことを思い出し、初心に帰る

相手が忙しく、なかなか時間をとってもらえずにイライラしていた時期がありましたが、最初の頃はたまにする電話でも嬉しかったことを思い出し冷静になりました。

長く付き合うことで相手に求めるハードルが高くなってしまっていたのではと反省し、会える回数が少ない分一回一回を密度の濃い時間にしようと努めたことで会えないことへのすれ違いにもイライラすることがなくなりました。

20代前半/大学生

好きだった気持ちを思い出す

元々学生時代から好意を持っており、猛アタックで結婚までできた仲ですが生活習慣の違いやお金の使い方等ギャップを感じることが多々あります。

1週間も口を聞かないこともありますが、YouTube等で学生の恋愛エピソードや嫁の何とかを見ると、あの頃の気持ちが蘇ってきますのでごくごく自然に話しかけて、喧嘩もなかったことにしています。

40代前半/メーカー系

【5位】彼女の良い部分を思い出す

彼女の良い部分を思い出す

自分のためにしてくれた事を思い出す

すれ違いやケンカなどで彼女がうざいと感じた時は、自分は彼女にしてもらって嬉しかったことを思い出します。

ずっと前に欲しいなーと何回かつぶやいたことのある物を彼女は覚えていて誕生日の時にくれたときは凄くうれしかったので、そういうことを思い出して彼女にもっと優しくしようと心がけます。

30代後半/流通・小売系

黙って相手との楽しい時間を思い出す

口喧嘩をして険悪なムードになってしまったときには、お互いが黙った時に少し冷静になって相手の良い部分を考えてみます。

そうすると喧嘩してたとことがバカらしくなり好きな気持ちを取り戻す事が出来ました。

20代後半/IT・通信系

彼女の良い部分を考えてみる

八方美人の気のある彼女なので、周りに気を使い過ぎて全く自分を出さないところに苛ついてしまいました。ですが、それは裏を返せば彼女が誰より優しいということ。

せめて自分くらいは、彼女が気を遣わずにいられるようになってあげよう。そう思うことで、苛立ちは無くなりました。

20代前半/自営業

まとめ

今回は、彼氏100人による彼女がうざいときでも好きな気持ちを取り戻せた対処法を体験談してきました。

この記事の女性編も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏がうざい時でも好きな気持ちを取り戻せた100人の対処法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ