彼女が欲しいときに真似すべき彼女持ち100人の行動とは

彼女,欲しい

恋人がいない時期が長くなった時や恋愛ドラマや映画を観たとき、突如として「僕も彼女が欲しい!」と思うときがありますよね。
でも、そんなときに限って中々彼女が出来ず、何とも言えない悲しい気持ちになった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

彼女を作るというデリケートな問題だからこそ、同じ経験を持つ男性による「彼女が欲しいと思ったときに取った正しい行動」を知りたい方も多いはず。

この記事では、彼女持ちの男性100人による彼女が欲しいときに取るべき正しい行動を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

彼女が欲しい時に取った行動ランキング

まずは、彼女が欲しい時に取った行動ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女が欲しい時に取った行動』によると、1位は『出会いの数を増やした』、2位は『意識を変えた』、3位は『自分磨きを徹底した』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女が欲しい時に取った行動

男性100人に聞いた彼女が欲しい時に取った行動では、1位の『出会いの数を増やした』が約48%、2位の『意識を変えた』が約19%、3位の『自分磨きを徹底した』が約22%となっており、1~3位で約89%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女が欲しい時に取った行動を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】出会いの数を増やした

出会いの数を増やした

マッチングアプリを利用する

今では社会人になり、出会いも普通に生活をしているだけでは見つける事ができなくなりました。

忙しい日々の中で出会いを見つける事が難しくなってきたのでマッチングアプリを利用しています。いつでもどこでも好みのルックスの方と知り合えるので重宝しています。

30代前半/公務員・教育系

異性との交流を積極的に行った

私の彼女いない歴の最長期間は約4年です。しかも20代前半の一番楽しい時期に彼女が居ない期間が続きました。

当時、私はパチンコ店に勤務していましたが長時間労働などで異性との交流が少ない状況でした。そんな状況を打破するために、休みの日には必ず友人と予定を組んだり、あまり好きではないお酒の席にも顔を出すようにしました。

いつだれがどんな出会いを持ってきてくれるか、どんな人に巡り合えるか分かりません。自分の露出する機会を格段に増やすことに気を配りました。

ただ嘆いているだけでは何も訪れないと思っての行動です。平たく言えば、友達を増やしたという事です。仮に知り合った方が自分の理想とは違う人でも、その人を経由して新たな出会いがあると信じて行動しました。

結果的に友達が主催した合コンの場で知り合った子が今の彼女になりました。

20代後半/サービス系

異性と話す機会を多くもった

彼女をつくるのには、まず異性と出会う必要があります。なので、合コンに参加し、異性と話す機会を多くもちました。

自分の中でこういう人が彼女になってくれたら嬉しいな、という思いを大切にその人に出会うまで、その行動を続けていました。

もちろん自分のことをよく思ってもらえるように、話し方や外見にも意識していました。

30代前半/自営業

外に出て出会いの可能性を1%でも上げる

彼女がほしいときはとにかく出会いを求めて外に出ることが一番だと思います。

私の場合は友人とbarに行き、そこにいた女性客の方と仲良くなり交際に繋がったり、合コンに積極的に参加したりと、とにかく外にでます。

家に一人でいても可能性はゼロです。外にいる限り出会いの可能性は1%でも生まれてくると思います。

30代前半/不動産・建設系

街コンや婚活パーティーへ参加した

彼女がほしいけど出会いがないという状況だったので、とにかく出会いを求めて色んな出会いの場に行きました。

合コン、街コン、婚活パーティー、友達の紹介、飲み屋巡りなど。数打ちゃ当たる精神で暇さえあればそういう場に行っていました。

30代前半/医療・福祉系

呼ばれた飲み会には必ず参加した

自身の職場ではあまり女性が少ないところでしたので、友人に頼んで友達を連れて来ていただいて、自分主催で飲み会を開催したり、呼ばれた飲み会には必ず参加するように心がけていました。

話があまり上手くない方だったので、経験値を上げるためになるべく出会いが多いところに行くようにし、会話をする練習も実施していました。今の彼女とは友人が連れて来た子の中の一人です。

20代後半/医療・福祉系

合コンに積極的に参加した

私は長い間彼女がいませんでした。仕事が忙しく男性だけの職場だったので、出会いの場が少なく自分から出会いを見つけるようにしました。

何ヶ月か積極的に合コンに行ったところ、今の彼女と出会うことができ付き合うことになりました。この経験で自分から積極的に動くことは大切だと感じました。

20代前半/流通・小売系

自分に合った女性に会えるような環境へ身を置く

普段の生活では女性との出会いがほとんどないため、女性と出会える街コンやマッチングアプリに登録したりして、自分に合った女性に会えるような環境を見つけました。

その結果は、なかなか相手がOKしてくれなかったり自分との相性がよい方が見つかりませんでしたが、その中でもやっと自分と会う方が見つかりました。継続することが重要だなと思いました。

30代後半/医療・福祉系

出会いの数を増やした

私は一度別れを経験すると数年間は彼女なんていらないやと思ってしまう性格です。

そのためしばらくは男友達とつるむことが多くなり、次に彼女が欲しいと思った時にはそもそも出会いが周りに無いという状態になります。

そこで私はメインは友人からの紹介、またはアプリを使ってまず出会う頻度を上げることから始めます。

20代前半/医療・福祉系

出会いを求めてマッチングアプリ

もともと出会いの少ない過疎地に住んでいるため普通の出会いはあきらめていました。

あまり乗り気ではありませんでしが、このままではだめだと思い大手のマッチングアプリに登録して、マッチングからデートまでを繰り返し、最終的に出会えることができました。

30代前半/医療・福祉系

女性と飲みに行く機会を増やす努力をした

女友達は少なくはなかったので何かきっかけがあれば、なるべくラフな感じで飲みに誘うようにしました。

私自身がお酒を飲むことが好きで、幸い私が住んでいる地域も比較的お酒が好きな県でしたのでほとんど断られることはありませんでした。

お酒を飲むとお互い多少オープンになるので普段聞けないようなことも聞けたりし、その後も関係が続くようになりました。

20代後半/不動産・建設系

女友達に女の子を紹介してもらった

まず友達に合コンを開催してもらうように頼み、実施しましたがなかなか好みの女性に出会うことは出来ませんでした。

そこで、マッチングアプリを使おうとしましたが少し抵抗があったので断念しました。最終的に、友達の女友達を紹介してほしいと頼み込み紹介してもらった人が現在の彼女です。

20代前半/金融・保険系

相席居酒屋やお見合いパーティーへ参加した

出会いがないと始まらないと気付いてからは、相席屋やお見合いパーティーなどにでかけていました。

友達の紹介を活用したり、飲み会にも参加していました。また今流行っているマッチングアプリにも会員登録していました。

30代前半/医療・福祉系

日々の生活の中での行動範囲を広げた

友人と合コンを毎週の様に開いても連絡先の交換はするが、その後への発展が進まない時期が以前に付き合っていた彼女と別れてから2年程ありました。

そんな時に友人から他県への海水浴に誘われ普段ではあれば面倒くさがり断っていましたが、その時は参加をしました。そこでBBQを行ったのですがその時に知り合ったのが彼女でした。

日々の活動範囲を広げた事で遠距離になりましたが、新しい出会いがありました。

30代後半/流通・小売系

毎週のように合コンをセッティングした

彼女がいない時期は時間も多く持てるので、合コン強化期間として毎週合コンの予定を入れていました。笑

また女性をいつ呼んでも良いように、インテリアはおしゃれに施し、水回りなどもキレイに保っていました。自分自身も筋トレなどで磨いていました

30代後半/IT・通信系

【2位】意識を変えた

意識を変えた

アプローチを根気よく続けた

引っ込み思案でなかなか彼女が出来なかったのですが、いいなと思える人が出来た時に、思い切ってアプローチを続けてみました。

そしたらなんとか連絡のやりとりができるようになり、今は5年ぐらいのお付き合いになります。やはり自分から行動する、アプローチするというのは大事だと実感しました。

30代後半/医療・福祉系

コミュニケーション能力の向上を図った

まず始めに自分が仲の良い異性の友達に積極的に連絡をとりました。更にマッチングアプリと呼ばれるものに登録をし、話したことない人とも積極的にコミュニケーションをとるようにしました。

そうすることにより、自然と自分のコミュニケーション能力が高くなり、自信も持てるようになり彼女ができました。

20代前半/メーカー系

なるべく多くの女性と会話することを心がけた

出会いの場はそう多くはありません。ですので、身近にいる女性に話かけることにより自分はあなたに興味があるというのを軽くアピールします。

そこから、女性が反応を示してくれたらその会話に対して、きちんと対応することで関係が深まっていきます。多くの女性と会話をして話を聞いてあげることにより女性の警戒心をなくし、この人は話を聞いてくれるという印象を植え付けます。

それにより、女性から話かけてもらうことが増え仲良くなった女性と自分の気持ちがその女性に向かえば、個人的に会う機会も出来より親しくなります。

そうやって親密度を深めていき自然とお付き合いをする関係になります。

30代後半/サービス系

結果を恐れず当たって砕けろの精神

自分は少し人見知りで、初対面だどなかなか親しくなれなかったりしてコンパとかは苦手でした。

そうは言っても、どうしても彼女が欲しかったので友達主催のコンパで自分から話題を振ったり、コミニケーションを取るようにして彼女ができました。

結果を恐れず当たって砕けろの精神も大事かなと思いました。

40代前半/サービス系

女性の気持ちを勉強して行動した

彼女は自然に出来るものだと勘違いをしていました。

私がまずとった行動は、女性の気持ちや流行を知る事でした。女性向け雑誌や映画、音楽などを徹底的に調べました。知識を集めながら、同時に行きつけのバーを作りました。

まずは店員さんと仲良くなるのです、店員さんと食事に行けるまで親密になると、同じく1人で飲みに来ている女性、もちろん男性も紹介してもらえるようになったのです。

そうやって彼女と同時に友人も出来ました。今では彼女、友人共々飲み仲間です。まとめると私がした事は、情報を集める事、行きつけのバーを探す事、信頼関係を築く事です。

20代後半/IT・通信系

同性の友人付き合いに気を配った

出会い自体はないわけではなかったのですが、いい友人として相手にされることが多く困っていました。

そこで異性に対してだけではなく、同性や異性の友人も含めた周囲の全ての人にやさしくふるまうように努めました。そうすることで人がいいと評価する人も多くいましたが、自分自身へ好意を持ってくれる人も出てきてくれるようになりました。

そのため誰に対しても優しく接することは関係を築く上でとても大切だと感じました。

20代前半/公務員・教育系