彼女にストレスを感じたら!男性100人の効果的な発散法

彼女,ストレス

彼女との付き合いが長くなれば「なんだかストレスを感じる・・・」と、思う事もあるものです。

大好きな彼女だからこそ、たとえストレスを感じてしまったとしても出来るだけ早く発散して、また好きな気持ちを取り戻したい思う男性も多いのではないでしょうか?

この記事では、男性100人による彼女にストレスを感じたときの対処法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

彼女へのストレス発散法ランキング

まずは、彼女へのストレス発散法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女へのストレス発散法』によると、1位は『彼女の良いところを考える』、2位は『相手と話し合う』、3位は『楽しいことをする』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女へのストレス発散法

男性100人に聞いた彼女へのストレス発散法では、1位の『彼女の良いところを考える』が約28%、2位の『相手と話し合う』が約24%、3位の『楽しいことをする』が約18%となっており、1~3位で約70%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女へのストレス発散法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】彼女の良いところを考える

彼女の良いところを考える

可愛い瞬間を思い浮かべる

長く付き合っていると彼女の悪いところへと目が行き、ストレスを感じたり、イライラすることがあります。

そんな時は彼女の可愛い瞬間を思い出し、可愛いから許す!と自分の感情を持っていくようにしています。どんな状態でも彼女の可愛さから許せる。そんな状況を自分で作り出すことが大事です。

30代前半/自営業/男性

楽しかった時のことを思い出す

心配性の彼女で、日々なんでもない会話をLINEで続けているのですが、都合が悪く数時間返せない日があると彼女の機嫌が悪くなり、こっちも忙しいのにとストレスが溜まっていました。

しかし、それをそのまま伝えることはNG。彼女の不安な気持ちを和らげるためにはまず謝る、その後に『でもね』と言い、これこれこういう理由があって遅れちゃったんだ、と伝える。

出来れば連絡が遅れることが前もってわかっていれば事前に伝えておくことがベスト。

20代前半/大学生/男性

相手のどこが好きになったのかをよく考える

彼女の私に対する気持ちがあまりないように感じるとストレスになりますが、まずはしばらくは様子を見ます。

そしてしばらく様子を見た後で状況が改善されないようであれば、思い切って質問してみます。この質問をすることで相手の真意が見えてくるので改善されるときがあります。

40代前半/流通・小売系/男性

彼女がいなかったときの自分を振り返る

彼女と付き合っていて、飲み会の最中に何度も連絡して来たり、女友達との関係性について根掘り葉掘り聞かれて束縛でストレスと感じることがあります。

そんな時でも冷静になって、自分に彼女がいなかった頃のことを振り返ることにしています。休日でも一日中ゲームをしていたり、身だしなみに気を遣わず髭も髪も伸び放題、彼女がいる友達に嫉妬していたころを思えば「まあいろいろストレスは感じるけど、やっぱり彼女がいる今のほうが幸せだよな。」と感じることができます。

30代後半/メーカー系/男性

彼女が自分にしてくれた優しさを思い返す

まずは冷静になる事。彼女も自分に対して我慢してる所があるはず。彼女が自分にしてくれた優しさを思い返すと、現在ストレスを感じてる事が恥ずかしく思えるようになる。

相手の優しさに気付く事が多くなればなるほど、彼女に対して寛容になれると思います。

30代前半/自営業/男性

付き合い始めた頃の嬉しさを思い出す

彼女は3人姉妹の末っ子と言うのも関係するのか、とても甘えん坊。いつでも、どこでも引っ付きたがるし、ちょっとコンビ二に行く時でも付いてきたがる。

そんな彼女が可愛いと思っているが、時には1人がいいと思う時もあるし、友達の前であまりベタベタした態度は取ってほしくないと思う時もあります。

そんなときは付き合い始めた頃の気持ちを思い出すようにして、彼女の好きな部分に目を向けるようにしています。

20代後半/メーカー系/男性

【2位】相手と話し合う

相手と話し合う

2人きりできちんと話し合う場を設ける

彼女と同棲していると、外出の際にエアコンの電気を消さない、帰宅の際に家の鍵をきちんと閉めない等、今まで私が生活してきたサイクルとは全く異なることが分かりました。

最初は、指摘して彼女の考えを変えようとしましたが、ある時からこれは価値観の違いなんだと自分で理解し、自分でできることは自分でしようとしています。

20代後半/メーカー系/男性

一晩おいて冷静に話す

彼女にストレス感じたときは、その時の瞬間は我慢して時間を置きます。もしくは翌日にゆっくり落ち着いた表情で優しく伝えるようにしています。

「昨日◯◯◯のことでちょっと気になった、僕は嫌な気持ちになった。」と伝えてみる。この方法でほとんど解決できました。

20代後半/IT・通信系/男性

しっかりと話し合いお互いの価値観を共有する

僕が会社の女の人とラインをしたことが気に入らなかった様子で彼女が激怒。そんな束縛などでストレスを感じていました。

それをしっかりと伝えると彼女が納得。やはり付き合った当初はお互いのことを知る意味で喧嘩もありますので、ストレス発散としては価値観の共有が大切だと思います。

30代前半/流通・小売系/男性

言いたいことは言って話し合う

ストレスを感じた時はまずはそれを伝えます。その後ケンカになれば相手の言い分も聞きます。

言い分を聞いた後でお互い気になった部分を精査して納得行くまで話し合います。感情的になっている場合は時間をおいて再度話し合います。

40代後半/メーカー系/男性

自分の中に溜め込まずに直接自分の思いを伝える

彼女が自分の趣味の予定で会う時間を作ってくれず、すれ違いが多くなってしまった時期がありました。

自分との時間よりも趣味の時間を優先している彼女にイライラしてしまったのですが、直接自分の思いを伝えたところ、彼女が理解してくれて趣味をセーブしてくれるようになりました。

やはりお互い譲れない箇所はあると思うので話あって譲歩していくことが大切なのだと感じています。

30代前半/IT・通信系/男性

積極的に楽しい話題に変える

仕事の内容での愚痴や文句がいつまでも続くので嫌になった時がありました。

そんな時は怒っても仕方がないので、積極的に話題を変えてとにかく最初は無理矢理でも違う話を続けてみます。するとそのうち相手も合わせてくれますので、そのぐらいからスキンシップや楽しい話題に持っていくようにしています。

40代後半/サービス系/男性

冷静に相手の話を聞く

買い物にお金を使いがちな彼女、そして、買い物ではなくお出掛けにお金を使いがちな私。

お金の使い方で口論になった場合は、まずは相手の主張を聞くこと。そして、相手に自分の意見を押し付けないことがとても重要です。

お互いに熱くなっているので、まずは話し合いましょう。

30代前半/メーカー系/男性