彼氏がそっけない!男性100人の心理と求める行動とは

彼氏,そっけない

彼氏と付き合っていると「ついこの間まで仲が良かったのに、なんだか最近そっけない・・・」と、感じる事がありますよね。

大好きな彼氏だからこそ、そっけない態度に理由があるならば彼女として上手にサポートして、またいつもの関係を取り戻したい思う女性も多いのではないでしょうか?

この記事では、男性100人による彼女にそっけない態度をとる理由と、彼女にして貰って嬉しかった行動を体験談と共にご紹介しています。

彼氏にそっけない態度をとる心理と理由とは?

彼女にそっけない理由ランキング

まずは、彼女にそっけない理由ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人が彼女にそっけない理由』によると、1位は『仕事が忙しい』、2位は『マンネリな状態』、3位は『距離を置きたい』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人が彼女にそっけない理由

男性100人が彼女にそっけない理由では、1位の『仕事が忙しい』が約34%、2位の『マンネリな状態』が約16%、3位の『距離を置きたい』が約15%となっており、1~3位で約65%を占める結果となりました。

嬉しかった彼女の行動ランキング

次に、嬉しかった彼女の行動ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人が嬉しかった彼女の行動』によると、1位は『距離感を大切にしてくれた』、2位は『気にかけて話してくれた』、3位は『スキンシップを取ってくれた』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人が嬉しかった彼女の行動

男性100人が嬉しかった彼女の行動では、1位の『距離感を大切にしてくれた』が約34%、2位の『気にかけて話してくれた』が約26%、3位の『スキンシップを取ってくれた』が約20%となっており、1~3位で約80%を占める結果となりました。

それでは、項目別で嬉しかった彼女の行動を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】距離感を大切にしてくれた

距離感を大切にしてくれた

しつこく連絡しないで自分のペースに合わせてくれた

転職したことあり、不安と多忙な生活での疲れで彼女に対して連絡を返すのが遅くなったりデートの回数も減っていってた頃がありました。

そんなとき、彼女が察してくれたのか労りの言葉をくれたりデートも家デートや軽い食事などに変えてくれて助かりました。

30代前半/メーカー系/男性

あえて向こうも距離を置いてくれた

「無理に連絡くれなくて良いよ」と言ってくれた事がとても助かりました。

今まで必ず1日何回も連絡をしていましたが、気分が乗らない時や忙しい時もあり、逆に相手にもそれは伝わっていたんだと思います。

お互い嫌な思いをしてまで「今まで」にこだわることはないんだと思いました。

30代後半/専門コンサル系/男性

自分の時間を尊重してくれた

僕はゲームが大好きで、彼女には申し訳ないと思いつつも当時ハマっていたゲームに夢中になって彼女のメッセージを返してなかった時がありました。そんな時でも電話をしてきてくれて、ゲームをしてることも知ってくれていたので、ゲームの話題を話してくれたことがとても嬉しかったです。

その時に彼女がとても優しくて気遣いができる女性なんだな、と感じることが出来ました。

20代前半/IT・通信系/男性

距離を取りつつもたわいのない会話を食事をしながら一緒にしてくれたこと

そっけない態度を取る時というのはやはり気持ちのすれ違いがある時だと思います。 お互いの仕事の時間が合わず、だんだんと気持ちもお互い離れていくのもみなさんわかるはずです。

そんな時にでも、食事は一緒にするもの。私は自分からその状況を改善するのが難しいと感じていた時に、「なかなか時間も合わずにゴメンね。」と一言あっただけで、相手も同じようにきつい時期なんだと感じることができ、元のように話をしたり出来るようになりました。

30代前半/公務員・教育系/男性

頻繁に連絡してこず見守ってくれる

付き合いが長いと彼女の存在が当たり前になってしまいました。

仕事上の付き合いが多い時期で、連絡等の返信も面倒になったので、そっと見守ってくれたことがとても有り難く思いました。

浮気等を疑うことなく、家事等のサポートもしてくれたことが、将来性をより感じました。

30代前半/自営業/男性

頻繁にしている連絡を少し控えてくれたこと

仕事が忙しくなるとどうしても余裕がなくなってしまいます。自分がそんな状態になっている時に恋人からの頻繁な連絡はつい煩わしくなってしまいます。

そんな時に付き合っている彼女がこちらの状況を察して必要最小限の連絡だけに留めてくれたので「ありがたいなぁ」と感じました。

連絡を控えるということも相手を気遣う選択肢の1つで、それを当然のようにしてくれる人だったので付き合って良かったと思いました。

20代後半/自営業/男性

一呼吸おいて適度な距離で接してくれること

仕事が忙しく休みの無い日が続くことが3か月近くありました。

なかなか連絡を返せない事が続いてもこちらのペースに合わせて連絡をくれ待っていてくれたことに助けられました。

また半日休みが取れたとしても半分仕事の付き合いもこなさなければいけないことが多くありました。そんな時にでも嫌な顔せず一緒にそのアポイントに付き合ってくれたことは本当に感謝しています。

不満を言われたこともありますが、そんな中でも精一杯僕に寄り添ってくれたこと、本当に嬉しかったです。

30代前半/不動産・建設系/男性

自然に放っておいてくれたこと

仕事でトラブルが続き、家に帰ってからも昼間に終わらなかった仕事を片付けていた、という時がありました。

普段は、かまって欲しいオーラを出してくる彼女でしたが、簡単に事情を話したところ、何も言わずにそっと放っといてくれ、しばらく私から連絡をするのを待ってくれていたことがとても嬉しかったです。

30代前半/IT・通信系/男性

無理に話そうとせず心地よい雰囲気を作ってくれたこと

私が仕事が忙しかったり携帯をいじったりとそっけない態度をすることが多々あります。そもそもいっぱい話すタイプでもないので。

しかし、彼女は気まずい雰囲気を出すわけでもなくむしろ、このままでも良いんだと思わせる雰囲気を作ってくれて助かってます。

20代後半/サービス系/男性

自分の機嫌が直るまで話かけないでいてくれたこと

こちらの機嫌が悪い時にはなにも言わず、自分の態度や機嫌が直るまで敢えて距離を置き、こちらから話しかけるまで待っていてくれました。

人にあたってしまう性格で、そういったときに声をかけられると怒ってしまうことを察知してくれているので、雰囲気が悪くならないようにみんなで出かけている時には一人になれるように周囲へ声をかけて連れ出してくれたりして、大切にしてもらえている実感がありました。

30代前半/メーカー系/男性

そっけない態度をしていることに対して、スルーだったとき

自分の場合は仕事にしても趣味にしても、何かに集中しているときは彼女に対してそっけない態度を無意識にとってしまいがちになります。

集中している間はそっけない態度をとっていると思っていないので、もしそこで態度や行っていることに対して彼女からあれこれ言われると集中できなくなります。

彼女はそういった空気を読んで「何もしない」でスルーしてくれます。それが自分にとっては嬉しい行動だと思います。

30代前半/医療・福祉系/男性

【2位】気にかけて話してくれた

気にかけて話してくれた

納得するまで話をする場を設けてくれたこと

アルバイト先での人間関係がうまくいかず、そのイライラを彼女に向けてしまい、一緒にいても自分は機嫌が悪いという時期がありました。

彼女とは関係ない自分勝手な行動でしたが、自分のことかのようにその問題と向き合ってくれて、その必死な姿に当事者の自分はもっと問題と向き合い解決しないといけないなと考えを改めることができました。

その問題は解決することができ、彼女に報告すると、また自分のことのように「本当に良かった」と言ってくれて、自分勝手であったにもかかわらず自分と向き合ってくれる彼女がいてくれて幸せだなと思いました。

20代前半/大学生/男性

なぜ素っ気ない態度をとっているのか原因を親身に聞いてくれること

相手の仕事が繁忙期で忙しいようで、こちらから連絡しなければ向こうからも何日も連絡が来なくなってしまう。(普段メールを投げかけるのは主にこちらから)相手が仕事に熱中すること自体は自分も応援しているので、理解はしつつも意地になってこちらからも連絡せず。

その後1か月ぶりのデートのときに、そのことが引っかかっていて素っ気なくなっていた自分に、彼女からどうしたの?と聞かれ自分の思っていることを伝えると、すごく親身になって聞いてくれて、どうすればお互いにこんな思いにならないようにできるかを相談することができた。

自分は空気を読まれて一方的に謝られるよりも、たくさん相談して話し合ってお互いの納得する形を見つけたいので、彼女の対応はとても嬉しかった。

30代前半/自営業/男性

こちらから返事を返していないLINEにも心配や励ましのLINEをくれたこと

前職では毎日残業、そして管理職をしていたため、仕事でのストレスも多く、家に帰るとご飯を食べてすぐに寝てしまう(しかもリビングで)という生活を送っている時期がありました。

休みの日以外は彼女からの連絡すらも面倒になり、音信普通にしてしまうことも何度もありました。電話をかけてきても出たくなく、誰とも話をしたくないという精神状況になるときまでありました。

そんな私に対し、怒りもせず、心配して何度も連絡をくれ、連絡が取れれば話を聞いてくれていた彼女に感謝しました。

いつも私を喜ばそうと、デートの時も行きたいところに連れて行ってくれるなど、彼女がいたおかげて仕事を頑張れたと思います。

30代後半/IT・通信系/男性

どれだけ大事に思っているかを伝えてくれたこと

付き合っている期間が1年位になり、私の態度からメールや電話をする回数も随分と減りました。

そっけない態度をとっていたことに怒ることなく、ただ私にはあなたしかいないと真剣に話をしてくれたことで彼女を大事にしようと改めて思えるようになりました。

30代後半/サービス系/男性

お茶(コーヒー)を入れて、声をかけてくれたこと

細かなことにこだわり、細かなことを気にしすぎる彼女にいつも疲れてしまう、そんなときは関わらないようにして私の方から距離をおいてしまう。こちらから声をかければ「放っておいてくれ」といわれてしまうので黙ったままの状態でいるしかありませんでした。

そんな状態が続く中、彼女がお茶を自分のみならず、私の分も淹れてくれて、「お茶どうぞ」と一言だけいってくれた。

会話が続いたわけではないけれど、「きっかけ」を作ってくれた気がして、それが嬉しかったです。

50代前半/メーカー系/男性

自分の体調を気にしてくれたこと

仕事が毎日忙しく食事も取る時間がないとき、彼女は僕の好きな食事を作って無理しないで頑張ってねというメッセージカードをかいて、机の上においてありました。

僕を気遣う彼女の優しさにとても嬉しかったです。

20代後半/IT・通信系/男性

笑顔で話しかけてくれたこと

些細な事で喧嘩して、お互いにどうして良いかわからなくなっていた頃がありました。腹が立って相手を放っておくような状態で、もちろん向こうも同じ様に考えていて、にっちもさっちもいかない状況に。。

なんとか仲直りしたいと思っていた時に彼女から笑顔で気持ち良く話しかけてくれて、ホットするのと同時に先に動いてくれたことに自分の小ささを感じました。

40代後半/サービス系/男性

言葉でどうしたいかを言ってくれたこと

人間、いくら馬が合うし年数が経っていても、相手の気持ちを察することは難しいです。

「○○時頃帰る。」と言われても、その帰る手段として迎えに来て欲しいならば、ちゃんと言葉で「迎えに来て。」と、言うべきです。テレパシーも何も無いのだから、言葉で伝えてもらわないとわからないです。

そんなことが続き彼女にそっけなくなってしまう時がありましたが、彼女からきちんと言葉でどうしたいのか伝えてくれたので、こちらも何をしてほしいのか理解することが出来ました。

20代前半/大学生/男性

仕事終わりの時間に合わせて連絡してくれた

仕事がとても忙しい時期にいつもは日中でも彼女からの連絡にすぐ返信してたのに、「忙しい」と一言返信してスルーしてしまった時期がありました。

嫌な思いをさせたと思いつつも、忙しくてイライラしてるときに連絡してくるなんてとイラっとした気持ちも確かで素直に謝れませんでした。

でも、その後仕事終わりの時間を見計らって「今日はお疲れ様。今日一日こんなことがあったよ。」と日中の連絡を我慢して連絡してくれたやさしさに触れて嬉しくて彼女がますます好きになりました。

30代後半/メーカー系/男性

【3位】スキンシップを取ってくれた

スキンシップを取ってくれた

忙しいことを理解してくれて手料理を作ってくれたこと

仕事中心の生活で、ふとしたキッカケで付き合う事になった彼女は10歳以上離れた年下の子でした。

当時小売店で店長職に近いポジションで仕事をしていましたが、夜11時前までの残業は当たり前という生活を続けていました。

LINEのやりとりは毎日続けていましたが、何分仕事中心のため返信が遅れるのは当たり前、デートも何回かキャンセルせざるを得ない事もありました。

愛想つかされても仕方ないかなと思っていた頃、ふと話題は食事の事に。一人暮らしのオッサンなんてコンビニ、外食は当たり前で不摂生はザラです。

それじゃいかんと軽い説教(?)、自宅で料理をふるまってくれる事になり、普段から作っているらしく手慣れた手つきと段取りであっという間に完成。30過ぎたオッサンの疲れた体に染み渡る優しい手料理の味でした。

一緒に暮らせば毎日食べられるよ?とイタズラ心満載な笑顔にタジタジでしたが、年下の彼女に労ってもらえて、そっけない態度をとった自分を反省しました。

30代前半/流通・小売系/男性

後ろから抱きつかれて甘えられた時

私が仕事が忙しくて、彼女に対する態度が悪い時がありました。

そんな時に帰ると彼女は忙しいのは全て分かった上で、後ろから抱きついてきます。すると、ふと嫌なことを忘れられて、今ではお互いに素っ気ない態度を取った際は後ろから抱きつくことで落ち着くようになりました。

30代前半/サービス系/男性

寂しいと素直なメールが来た時

仕事が残業で忙しい日が続いたときにしばらく連絡できないでいました。

そんなある晩、寝る直前にメールで一言『寂しい』と来ました。このところ忙しくて帰宅したら即睡眠だったので最初は既読して返信するも躊躇いましたが、他愛もない話でやりとりしていくうちに仕事から解放された感じがして、何か追われているものから救われました。

30代後半/自営業/男性

いきなり会いに来てくれたこと

彼女とは遠距離恋愛だったのであまり彼女と会う事が出来ずさらに彼女と仕事の都合上あまり連絡を取れずに居ました。遠距離恋愛だったので彼女が今何しているのかも分からず浮気を疑った事もありました。

そんな時彼女からいきなり電話が来て、今日仕事休みにしてもらったから会いに来ちゃったと言われたときはとても嬉しかったです。

20代前半/メーカー系/男性

シンプルに寂しいと伝えられたこと

お互いに仕事が忙しく連絡がすれ違う時があり連絡も簡単な挨拶程度になってしまっていました。

そして忙しい時期が終わりデートした際には彼女の方から『あまり連絡できなくてごめんね寂しかったよ』と言われ、私自身も連絡がそっけないものになっていたことを謝罪し寂しかったことなどを伝えて、これからは無理せず自分たちのペースで連絡を取っていくことになりました。

20代後半/サービス系/男性

直筆の手紙をくれたこと

「言葉よりも物」の自分ですが、欲しいプレゼントを彼女が買ってくれなかったことがあって(その件は割愛)、「口だけかよ」といったような、大分そっけない態度をとってしまいました。

後日、彼女のチョイスで自分に誕生日プレゼントをくれたのですが、その中に直筆の手紙が入ってて心温まる内容でとてもうれしかったです。

月並みかもしれませんが、時間が経てば経つほどうれしいものなんだとこんな自分でも実感しております。

20代後半/金融・保険系/男性

かまって欲しいアピールをしてくれると助かる

一緒に居る時に、とにかくこっちをじっとみつめ、何も言わずに顔ごとこちらを向いていてくれる。

女性のかまって欲しいタイミングなどは、男性からはわかりにくい物だと思うので、今がその時だとわかりやすく言葉以外で教えてもらえると、助かります。

どんな場合でも、それだけはおさえていれば、女性の機嫌は何とかなったりします。

40代後半/メーカー系/男性

【4位】何も言わないで傍にいる

何も言わないで傍にいる

そっけない自分を責めるわけでもなく、何も言わず寄り添ってくれたこと

新入社員が入社してその教育担当を任せられ、残業も多く家に持ち帰りの仕事があり心身ともに疲れていた時期がありました。

週末も休日出勤が続き、同棲していましたがたまの休みの日は彼女と出かけるのではなく一人の時間を過ごしたかったため、距離を置きたいと伝えたことがありました。

すると、彼女も仕事で忙しいはずなのに,帰ったらご飯を作って置いておいてくれたり、『お疲れ様』とプリンを買ってきてくれたりしてくれていました。

ごめんと申し訳なく思っていたので、謝罪とお礼は伝えていましたが『お互い様だから』と何も言いませんでした。忙しい時期に乗り越えられたのは彼女のおかげだと思っていますし、感謝しかありません。

30代前半/医療・福祉系/男性

気づかないふりをしてくれた

私が仕事で疲れて彼女と会話するのも面倒な時に、彼女に話しかけられて生返事をして表情は真顔になっていました。

彼女は私の態度を見てイライラしてることに気づいたようでしたが、何も言わずそっとしておいてくれて感謝の気持ちで一杯でした。

30代後半/医療・福祉系/男性

まとめ

今回は、男性100人による彼女にそっけない態度をとる理由と、彼女にして貰って嬉しかった行動してきました。

この記事の彼女編も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女がそっけない!女性100人の心理と求める行動とは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2019年09月03日~09月18日
回答者数:100人

みんなのコメント

まだコメントがありません。
是非、あなたの意見や体験談などを教えてください!


コメントはfamico編集部の承認後に表示されます。常識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や誰かが傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。