彼氏はモテる人!彼女100人が実践する上手な付き合い方とは

彼氏,モテる

彼氏がモテるタイプだと彼女としては誇らしいですよね。しかし、その反面で不安や心配になることも多いのではないでしょうか?

大好きな彼氏だからこそ、不安や心配とは無縁な理想の彼女になる方法を知りたい方も多いはず。

この記事では、女性100人によるモテる彼氏との上手な付き合い方を体験談と共にご紹介しています。

この記事はfamicoが独自に制作しています。記事の内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/02/01時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

モテる彼氏との上手な付き合い方ランキング

まずは、モテる彼氏との上手な付き合い方ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いたモテる彼氏との上手な付き合い方』によると、1位は『干渉をしない』、2位は『自分自身と向き合った』、3位は『優位な立場をキープする』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いたモテる彼氏との上手な付き合い方

女性100人に聞いたモテる彼氏との上手な付き合い方では、1位の『干渉をしない』が約26%、2位の『自分自身と向き合った』が約24%、3位の『優位な立場をキープする』が約21%となっており、1~3位で約71%を占める結果となりました。

それでは、項目別でモテる彼氏との上手な付き合い方を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】干渉をしない

干渉をしない

お互いに干渉しすぎず、自分の時間も大切にする

彼は演技が好きでワークショップなど同じ趣味同士で交流できるイベントによく参加し、男女関係なく仲良くなります。

そのため、浮気など不安になりますがマイナスな方向に勝手に想像を膨らませてもお互い言い合いになるだけなので、あえて干渉しないようにすることで自分自身もマイナスな考えにならないと思います。

また自分の趣味など自分の時間を大切にし充実させることで彼が今何をしてるか等気にならないようになり束縛などにならないかと思います。

20代前半/商社系/女性

連絡をしすぎて負担になるのはNG

話題が豊富で面白く、社交的な男性がもし彼氏だったら、ちょっと連絡が取れないだけで、幻の女性の影を想像したくなるもの。

だけど、何度も連絡すると彼氏もまたか…、俺ってそんなに信用ない?となってだんだん引いていくし、そのうち「都合のいいオンナ」になってしまうこともあります。

だから、連絡しすぎには要注意。彼のラインのペースに合わせて連絡を取るといいですよ。

40代後半/専業主婦/女性

相手に干渉し過ぎずに適度な距離を保つ

モテる彼は女性に声をかけられるのも、遊ぶのも慣れていました。普段から女性に困っていないし、チヤホヤされているので、女性から連絡が来たり誘われたりするのが当たり前の日常のようでした。

なので私としては不必要にヤキモチを焼いたり、干渉したりするのは、彼が遠ざかってしまう原因となってしまうので注意をしていました。

彼女として自信を持ち、凛として適度な距離を保っていれば、ほかの女性と差がつくはずです。

30代前半/専業主婦/女性

生活を彼中心にしないで自分の時間を充実させる

彼氏は女性の多い職場で働いており、女友達も多く、明るく話し上手で聞き上手だったためモテるタイプでした。

男女で出掛けたり、飲みに行く事も多かったので、最初は凄く心配していましたが、私自身の時間も大切にするようにしたらあまり気にならなくなりました。

20代後半/専業主婦/女性

彼氏を責めずに明るく話して不快にさせない

モテる男性は本人は何もしなくても女性のほうから寄ってくることが多いので、その男性を責めないことが大事だと思います。

もしそのような場面を目にした場合は、彼氏に対して怒ったり暗くなったりするのではなく、「モテるから心配になってしまう」ということを明るく伝えるようにすれば彼氏も大切にしてくれるはずです。

私の彼も心配されすぎるとめんどくさくなるようです。

30代後半/専業主婦/女性

心配故に干渉してしつこいと思われるのは避ける

モテる彼氏がいます。週に1回ぐらい会えたらうれしいなと思っていましたが、平均2週間に1回、ひどいときは月に1回ぐらいしか会えません。

遠距離恋愛ではないのですが、趣味も多く友達も多いので確かに会う時間は取りにくいようです。出会いも多いようだし、心配になりどこで何をしているのか、正直全て知っておきたいですがぐっと我慢して聞きません。

忙しいときにいちいち質問に答えるLINEをうつのは面倒くさい、そんな風に思われると終わりだと思っているので、私は自分のことだけ一つ打ってあとはなにもせずにいるというのを心がけています。

「今日は〇〇ちゃんとご飯食べに行ってくるよ♪」これで終わりです。あとはひたすら連絡を待ちます。

20代前半/サービス系/女性

気にしても仕方がないことは気にしない

彼は職業柄もあり、顔や性格ともにモテるタイプで、現に彼を好きな女の子も数人います。ただ、私としては全て気にしないというのが1番でした。

彼は性格は悪い訳では無いですが、外面がかなりいい人なので、この性格を知っても、今彼を好きだと言ってる女の子達は好きなままでいれるかしら?と、思うようにして、どっしり構えています。

ただ、気にしないようにと言っても、どうしても気になる瞬間はあります。そういう時は、彼に正直に話しています。

30代後半/フリーター/女性

【2位】自分自身と向き合った

自分自身と向き合った

意識を彼ではなく自分へ向ける

自分が捨てられてしまう、遊ばれてると感じる、と言った不安が有りましたが、結局は自分への自信が持てない状態が原因だと考えました。

彼は私と出会った時からすでにそのようにモテていたので、私もそれを分かって彼を選んだはずです。なので、1人の時間か多くて不安を感じるなら、その時間を自分のために使うようにしました。

そうすると心に余裕も出来、すぐに彼の方が寂しくなり立場が変わりました。万が一それでうまくいかずとも、自分のために使った時間はムダにはならないのでおすすめです。

20代後半/大学生/女性

自分に絶対的な自信を持ち続ける

彼はぱっと見とのギャップでとても優しく、愛嬌もあって、人に好かれるタイプです。特に年上の女性からとても慕われるので、隙を見てどこかに連れていかれたりしちゃうんじゃないかと、見ていて少しハラハラします。

でも、自分と彼との間に絶対的な絆があれば不安になってもすぐに立ち直れます。それだけの関係であるかどうかが一番大切ですが、自分磨きを常に忘れず、謙虚にいれば変わらず愛してくれます。

20代後半/専業主婦/女性

自分を曲げないで芯を持って行動した

カッコいい彼氏はきっと自分でもカッコイイ、モテていると自覚があると思うので、そういう彼に振り回されず、自分をしっかりと持つようにしていました。

嫌なものは嫌とハッキリと言えるくらいが良いと思います。自分のやりたい事や予定を優先して付き合っていく方が上手くいきましたね。

40代前半/医療・福祉系/女性

相手に尽くすのではなく自然体でいること

モテる人はとにかく人たらしです。男女関係なく愛想を振りまいて、優しい言動をするためみんなの気を引きます。

そんな彼と一緒にいるには、他の人よりも私といるメリットを増やさないと!と思うかもしれませんが、それは間違いです。彼のいうことを全部聞くような人間は他にもたくさんいます。全く聞かないでいいというわけでもありませんが。

彼は出かけたいかもしれないですが、私が出かけたくなかったら「いってらっしゃい」と無理に付き合わないようにしていました。無理して合わせるとしんどくなりますし、次第にしんどさが伝わります。自然体が一番良いと感じました。

20代後半/マスコミ系/女性

どっしり構えて気持ちに余裕を持たせる

モテる彼と付き合うと彼が取られてしまうんじゃないかと心配になります。また、自分以外の人にモテていることに、嫉妬することもありました。

そんな時はモテる人と付き合えていることに、自信を持つことが大切だと思います。自信があれば気持ちに余裕が生まれ、彼女である私がそわそわしていてどうすると思えるようになりました。

30代前半/医療・福祉系/女性

彼は彼の人生、私は私の人生と割り切る

モテる彼氏だと、「浮気されたらどうしよう」だとか「誰かに取られてしまったらどうしよう」などと不安が尽きません。

そんな時は不安になってばかりいるのではなく、時にはお互いそれぞれの時間も大切して束縛しすぎすお互いの自由時間を設ける習慣を作るようにしていました。

彼は彼の人生があるし、私には私の人生がある、と考えて自分の人生を楽しんでいました。私の場合は料理教室とジムですね。

20代後半/専業主婦/女性

妄想で自分の首を絞めない

彼がモテモテで沢山の女性にアタックされていると、つい私をアピールしなければ!と思い勝ちです。

ですが、そもそも、この関係で何を得たいのか?そんなに肩肘張った恋愛がしたいのか?それとも周りがどうだろうが彼を信じたいのか?私はどう在りたいのか?と掘り下げれば大抵は「安心したい」「信じたい」等の考えが浮かぶはず。

いくら彼がモテモテでも不安になっても妄想で自分の首を締めるのは勿体無いし彼にも悪い事です。自分の考えを整理して堂々と振る舞えばいいだけです。

20代後半/専業主婦/女性