彼女を作るにはどうすべき?男性100人の効果があった行動

彼女を作るには

彼女がいない時期が長くなった時や恋愛ドラマや映画を観たとき、突如として「僕も彼女が欲しい!」と思うときがありますよね。

でも、そんなときに限って中々彼女が出来ず、何とも言えない悲しい気持ちになった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

彼女を作るというデリケートな問題だからこそ、同じ経験を持つ男性による「彼女を作るにはどうしたらいいか」を知りたい方も多いはず。

この記事では、男性100人による彼女を作るにはどうしたらいいかを体験談と共にご紹介しています。

この記事はfamicoが独自に制作しています。記事の内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/02/01時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

彼女を作るために取った行動ランキング

まずは、彼女を作るために取った行動ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女を作るために取った行動』によると、1位は『行動を見直した』、2位は『外見に気を配った』、3位は『出会いの場に行く』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女を作るために取った行動

男性100人に聞いた彼女を作るために取った行動では、1位の『行動を見直した』が約42%、2位の『外見に気を配った』が約23%、3位の『出会いの場に行く』が約14%となっており、1~3位で約79%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女を作るために取った行動を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】行動を見直した

行動を見直した

清潔感のある存在であるよう心がけた

恋人が欲しかった時期は外面、内面の清潔感にこだわるようにしていました。

外面はきちっと美容院に行ったり、ちゃんとシャツにアイロンをかけたりといったことです。内面は人の悪口を言わない、ネガティブな発言をしないなどです。

爽やかな存在でいることを心がけた結果、それにひかれた女性と見事恋仲になることが出来ました。

40代前半/サービス系/男性

エチケットに気を遣った

彼女を作るためには…と考えたときに、まずは最低ラインのエチケットをもう一度徹底的に見直してみようと思いました。

体臭や口臭、洋服の着こなし、食事の仕方など男性が思ってる以上に女性は様々なことに気付きます。

まずは恋愛対象として見られるまでの第一歩を丁寧に踏み出すことが大切だと思います。

20代後半/サービス系/男性

コミュニケーション能力を磨いた

やはりいろんな人とコミュニケーションをとることが大事だと思います。仮に気になる人が近くにいればそんな姿も目にしているはずなので、この人は話しやすいという印象を与えると効果的です。

自分は女の人と話すのが少し苦手でした。恥ずかしいというか上がってしまうんですよね。その頃の自分はここを変えていかないといけないと感じていたので、普通に話ができる女友達でちょっと慣れさせてもらいました。(内緒です。)

緊張したり上がったりするのは当然でも、ここを超えないと彼女は出来ないし先にも進めないって決意をもって努力しました。

30代前半/メーカー系/男性

女性の気持ちを徹底的に分析した

自分にもいろいろな出会いの場に出向いても全く上手くいかない時がありました。けれど、あきらめずにこつこつと自分の信じた方法を実践し、今は可愛い彼女がいます。

他の方々にアドバイスをするのであれば、
・出会いの場でかなり気に入った方がいても、上手くいかないなら気にせず次の方へアプローチする。
・向こうが少しでも気に入ってくれてる場合のみ次の連絡につなげる。
・気に入ってくれているか分からないのであれば、ラインでもいいので次の食事の誘いなどをする。(脈が全くないなら承諾されない)
・もしも誘うなら昼食がベスト。
などですね。

最後に最も大切なことは、自分の好みでなくても高望みはしないこと。理想はあくまで理想。男女関係であってもまず大切なのは人間としての関係ということを肝に銘じることです。

20代後半/医療・福祉系/男性

適度な接触頻度を保つようにした

気になる異性の方とラインを交換しました。本当は毎日でもラインをしたかったのですが、あえてラインを読まない、返さない日を作りました。

向こうからラインが自主的に来るまでは我慢だと言い聞かせて、休日やその前にはラインをするということを心がけました。

興味がある内容、イベントごとになったら積極的に誘います。チャンスは待っていても来ない、自分から作っていくものだと思います。これはビジネスでもですが!

自分を承認されて嫌な人はいないように、とにかくそこが重要です。相手のことを認めること意識するとうまくいくと実感しています。

30代後半/公務員・教育系/男性

自分の事に興味を持ってもらう

とりあえず、話す事には何も始まりません。

電話でもなんでも自分を知ってもらう事で、見た目の足りない点を少しでも補う事が大切だと思います。

自分の生い立ちなどを話したりする事で考え方や性格を伝えられるので、割と興味を持ってくれる人も多いです。

30代前半/サービス系/男性

積極的に女の子と話す機会を設ける

恋人がなかなかできない時期があり、そのころは他の男友達を引き立てるために自分が三枚目役に徹したり、紹介された女の子への連絡を遠慮して男友達経由にしたり気を使っていました。

でも、そんなことをしていると自分がいつまでも二番手だと気付き、それからは角が立たない範囲で男友達に気を遣わず積極的に女の子と直接絡むようにして、実際彼女ができました。

30代後半/メーカー系/男性

相手の話をしっかりと聴くようにした

異性と話をする際、ついつい自分の自慢話ばかりしてしまう時期がありました。

しかし、それでは相手は退屈してしまいます。相手が飽きないように相手の話をうまくしっかりと聞き、「この人といると楽しい」「なんでも話せる」そう思ってもらえるよう、話を聴く体制を常に心がけていました。

30代前半/医療・福祉系/男性

【2位】外見に気を配った

外見に気を配った

最低限の身だしなみに気を付ける

まずは見た目からということで、普段着はなるべく清潔感がありかつカジュアルなものを選ぶことがお勧めです。

そして、少し出かけるときでも髪型をセットするように心がけ、ひげもしっかり剃る、もしくはきっちり整えることをお勧めします。

30代前半/不動産・建設系/男性

自分に似合う服装を取り入れた

普段、着るものに無頓着だったため、動きにくくなく着れればいいやと思っていたのですが、
友人から見た目で損をしていると言われ、それもそうだと、改善に努めるようにしました。

それからはトレンドを取り入れたり、友人のアドバイスを基に服装を変えるようにして変化があったように思います。

30代前半/IT・通信系/男性

下着も服も買い換えてオシャレに気を使った

彼女に振られて心機一転。まずは外見をきっちりしようと思い、服を買い換えて下着も買い換えてメガネも買い換えました。

そして自信を持つようにして、コミュニケーション能力をあげるために本などを買い、いろんな人と話すようにしました。

30代前半/流通・小売系/男性

ジムへ行き男らしい体型を目指した

人は見た目が9割と言われているため、とりあえず清潔感を意識して第一印象を変えました。また太っていたわけではありませんでしたが、ジムへ行き男らしい体型を目指しトレーニングを行いました。

もともと今まで女性に対して積極的な方ではありませんでしたが、自分が見た目的にも変わったと認識でき新しい自分として明るく話せるようになったと思います。

そして今の彼女は合コンなどの出会いの場ではなく、職場です。外見を変えることで日々の生活にも変化が出てきたためかな?と自分では実感しています。

20代後半/医療・福祉系/男性

爪の手入れやハンカチの所持など清潔感を保った

以前は、そこまで気を使っていなかったのですが、どんな服を着るか、はもちろんのこと、爪を綺麗に保ったり、手や腕の毛、眉毛を整えたりしました。

また、おしゃれなハンカチや靴下を購入し、それらも身につけました。

20代後半/自営業/男性