彼氏の飲み会が不安…女性100人の嫉妬や心配を克服した方法

彼氏,飲み会

彼氏と付き合っていると、「彼氏の飲み会が不安…」や「彼氏が飲み会に行くと連絡が取れなくて嫌だ…」と感じことも多いですよね。

大好きな彼氏だからこそ、飲み会くらいで不安や嫉妬を抱える彼女にはなりたくない!と思う女性も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性100人による彼氏の飲み会を気にしない彼女になる方法を体験談と共にご紹介しています。

彼氏の飲み会の不安を解消した方法ランキング

まずは、彼氏の飲み会の不安を解消した方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏の飲み会の不安を解消した方法』によると、1位は『自分の時間を充実させる』、2位は『信頼関係を信じる』、3位は『ルールを決めた』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏の飲み会の不安を解消した方法

女性100人に聞いた彼氏の飲み会の不安を解消した方法では、1位の『自分の時間を充実させる』が約32%、2位の『信頼関係を信じる』が約22%、3位の『ルールを決めた』が約13%となっており、1~3位で約67%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏の飲み会の不安を解消した方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】自分の時間を充実させる

自分の時間を充実させる

自分も他の友人との交流を深める

私の彼は友人が多く社交的で、仕事の付き合いや地元の飲み会などしょっちゅう飲みに出歩いています。

私もお酒も好きだし人と関わることも嫌いではないのですが、昔から彼氏ができると周りが見えなくなるタイプで、友人と過ごす時間よりも彼氏と過ごす時間をより多く作ってしまっていました。

しかし、そんな彼と付き合い始めてからは彼が飲み会中の時間や、そのあと深夜まで返事がこないとネガティブな妄想が止められず、飲み会中の彼に電話をしてしまったことも多々ありました…。彼もわたしの束縛に疲れている様子でしたし、わたし自身も自分に嫌気がさしていました。

そこで、私自身も飲みに出かけたり友人との時間をより多く過ごすよう努力をしました。昔からの友人に限らず、新しいコミュニティに参加して出会いも増やした結果、彼氏のことを他の男性と比べてやっぱり好きだなと再確認もできましたし昔からの友人との絆も深まり、新しい友人や趣味もできてとても充実した生活を送れるようになりました。

彼氏は、束縛していたときよりも私のことを追いかけてくれているように感じます。優しくなりました。笑

盲目になりがちな方は、無理矢理でも他のことに意識を向けるようにすると、自分にとっても彼氏との関係にとっても良いと思います。

20代前半/サービス系/女性

自分自身の時間を大切にする

彼はお酒が好きで、友達も多く飲みに行くことが多かったです。最初の頃は不安で、機嫌を損ねて喧嘩に発展したりしていました。なんで私を置いて行くんだろう?行かないでって思ってしまいました。

付き合いはしないといけないし、私が彼の私生活を縛ってはいけないという気持ちはありましたが、不安は消えない。でも、ある時ふと思ったんです。私も自分の時間を大切にしないといけないと。彼のことは好きだから不安になるけど、自分自身の時間を無駄にしてはいけないと。

彼のことばかり考えてる自分が好きなのかもしれないけど、そんな自分って周りら見たらどうなんだろう?そう客観的に自分を見ることができ、自分の時間を大切にして、楽しもうと思いました。

すると自然と彼のことを考えて不安になることがなくなりました。彼が飲み会に行くなら自分も出かけてみたり、自分の趣味の時間にしたり、彼がいない時にしかできないことをするようになりました。

自分を大切にすることが不安をなくすことに繋がって今では有意義な時間を過ごせています。

20代後半/専業主婦/女性

不安と思わずにチャンスだと思う

私の体験談ですが、彼の飲み会がある時はあえて自分磨きの予定を入れます。

美容院でもハンドやフットネイル、まつ毛エクステなど。1ヶ月に何度も行くことがないのでその時は岩盤浴などで汗をかきに行ってました。

不安な気持ちより綺麗になろうと思うので彼にあった時には褒められたりします。彼には罪悪感なく飲み会を純粋に楽しんでもらえて自分もかわいくなれて一石二鳥でしたよ!

30代前半/メーカー系/女性

不安な時こそ自分磨きを頑張った

あまり飲めない私と違い、彼はお酒に強く、よく飲み会に行っていました。

友人や仕事関係などさまざまな飲み会に行きます。飲み会の時は当たり前ですが、連絡が途絶えるので不安な気持ちになりました。

そこで、その時間を自分磨きに費やしました。パン作りやお掃除、筋トレなど、何かに打ち込むようにしました。何かに打ち込むと、以前より不安な気持ちが緩和しました。

30代前半/医療・福祉系/女性

彼氏の事ばかり考えずに自分の事を考えた

元々、すごく心配性という訳ではないのですが、やはり女性がいる飲み会などは心配しました。仲良くなるのでは、、と。

でも、自分自身も職場などで男性が参加している飲み会も行ったりしていました。その時、自分にやましい気持ちが無い事と、彼氏もきっと飲み会でそういう気持ちが無いと信じるようにしました。

彼氏は彼氏、自分は自分と心配しても何も分からないし、仕方ないので、ジムに行ったり、読書を楽しんだり、自分の時間を大切にする様にすると、あまり心配もしなくなりました。

40代前半/医療・福祉系/女性

その日に自分も飲み会の予定を入れる

彼のことを信じてあげることはもちろん大切ですが、何もしていないと不安が募るばかりです。

自分もその時に男友達も踏まえた飲み会などの予定を入れることで、不安の共有を行いましょう。お互い不安になっていれば連絡を取り合うことも自然ですし、取りやすいと思いますよ。

20代後半/流通・小売系/女性

自分もその時間は気が紛れるように、女友達と食事会をする

お互いに誰と飲みに行くという話はせずに、飲みに行っていました。

信頼していたのもありますが、たまに誰と飲みに行くと聞いた時は、自分も女友達と飲みに行って気を紛らしたり発散していました。

ただ、帰る時間や、帰ったら連絡するなどは必ずしていました。

40代前半/専業主婦/女性

彼氏が楽しむときは自分も同じくらい楽しむ

相手のことが不安になるのは、自分が孤独に感じていることも関係していると思います。

相手が飲み会に行っていて自分は予定がない時は、彼の飲み会でのことを想像して不安になるだけなので、相手が飲み会の予定がある時は私も友達と出掛けたり、好きな映画を観たりしてなるべく自分も楽しい時間を過ごすようにしています。

そうすると相手のことで余計なことは考えなくなりストレスも感じなくなります。

20代後半/流通・小売系/女性

彼氏のことを考えないくらい仕事に集中する

彼はお酒が大好きで、よく飲み会に行くのですが、帰ってこなかったり、連絡がとれない事が多くとっても不安になり心配な夜を過ごす事が度々ありました。その度に、泣いたり彼が帰ってきたら突き詰めたりと関係自体が嫌になっていました。

私の仕事柄、切羽詰まっている時期が多く、忙しい時期はどれだけ飲み会にいこうが、連絡が帰ってこなくても気にならなかったのです。あまりに帰ってこない時は一釘さしますが、ほとんど気にならなくなりました。

自分に時間を使い充実させている方が、彼も楽しんでお酒をのんでこれるし、早く帰って会いたいなぁと思ってもらえる彼女になれると思います。

20代後半/自営業/女性

彼以外に夢中になれることを見つける

彼は女の子のいるお店にもいくので、本当に心配で、自分がおかしくなりそうでした。名刺を見つけて全部破って捨てたことも(笑)

店の名前の入ったライターを見ると嫉妬して、飲みに行くと朝間で帰って来ないので、眠いけど何時に帰ってきたか気になって何度も目覚めていました。

こんなんじゃ自分がだめになる!と思い、自分も趣味を見つけようと、市で運営してるジムに通ったり、温泉に行ったり、友達と卓球しに行ったりしました。

初めは頭のどこかで気にしてる部分があったのですが、ランニングに目覚めて、運動音痴なので彼の事まで考える余裕がなく、だんだん走れる距離が増える自分が嬉しく、彼が飲みに行っても気にならなくなりました。

むしろ、飲みに行っている時間は自分の好きなように出来るので楽しみな時間です(笑)

30代前半/医療・福祉系/女性

【2位】信頼関係を信じる

信頼関係を信じる

彼を信じて気持ち良く送り出すのが一番

気持ち良く送り出すのが一番だと思います。

たとえ男性同士の飲み会だとしても店内には他のテーブルには女性もいるでしょうし、店員さんだって女性も男性もいますから心配しても仕方ないと思ってます。

疑ったらきりがないですし、お互い嫌な気持ちになります。何よりも私自身の選んだ人なので信じないとです。

30代前半/医療・福祉系/女性

彼の事を信じていることを伝える

日頃から、愛情を感じられていたり、信頼関係がちゃんと築けられていたら、「浮気してたらどうしよう。いや、彼は私のことが好きなんだし、浮気なんてするわけない!と」彼のことを信じることです。

そもそも彼がお酒を飲んだからといって、記憶がないからといって浮気をする人やしてた人は、彼女のことを大切にしていない証拠で、そんなに好きだと思っていないからの行動だと思うので、相手を信じきることです。

また私は、あなたのことを信じてるからヤキモチ妬かない。など、日頃から伝えておくと、人を裏切ってしまうという罪悪感によって、浮気する確率も減るという考えを持てば、信じきることができます。

20代前半/サービス系/女性

彼には自分が一番と自信を持つこと

共通の趣味を持っていると話していて楽しいし、自分と違う角度から同じものを見ているな、と知ることもできるだけに、飲み会などで気分が緩んでいるところで、話が盛り上がる異性に出会ってしまったら、と不安になることがあります。

しかし、一緒に過ごした時間が作った阿吽の呼吸は、話があうこと以上に心地よい会話を生んでいるはず。それに話が盛り上がる以上に、自分を知ってくれている、という安心感をしっかり理解してもらい、よそ見させないようにしました。

20代後半/公務員・教育系/女性

彼を信じれないのであれば自分が悪いと思うこと

すぐに連絡が返ってこない彼氏ですが、飲み会などがあれば後日でも行ったことの報告もしてくれますし、誰と行ったことも教えてくれます。

それでも不安になる時はありますが、私といる時に私の事が好きという感情が見えるので、それを信じることにしました。そのおかげでなんとか気にならないようになりました。

20代後半/金融・保険系/女性

2人が過ごした時間の長さを信じる

付き合い始めの頃は、だれもがそれなりに不安を抱えているものです。相手のことを信じていれば問題ないと頭ではわかっていても、心は思うようについてきません。

要は、2人で色々な思い出を積み重ねたことで得られる信頼、且つ時間の長さが克服への道です。ある種、時間が解決してくれる問題だと思っています。

30代前半/医療・福祉系/女性

普段から彼と良く話をして信じられる関係を築いた

交替勤務をしている彼と付き合っていた当初は平日が休みになることもあり、仕事が終わって飲み会に参加して疲れてそのまま寝てしまい、連絡が来ないこともありました。

幼馴染の友達と分かっていても、女の子が多い飲み会に参加することは不安でしたが、彼と一緒の時間を過ごす中でなるべく何でも話をしてきました。

そのうち、彼が浮気などする人ではないと確信が持てたので、次第に心から楽しんできてね、と言えるようになりました。

20代前半/フリーター/女性

彼を信じる気持ちを大切にして送り出す

彼氏の職場は毎週金曜日や、お給料日に会社終わりに飲み会が開かれることが多いです。帰りはだいたい11時近くになり、「まだ帰ってこないかな」となかなか落ち付きませんでした。

でも、飲み会のたびにイライラしてしまうと関係が悪化してしまうし、彼氏が可哀想だと思い、信じて送り出すようにしています。最近はだんだん慣れてきて気にならなくなりました!

20代後半/専業主婦/女性

【3位】ルールを決めた

ルールを決めた

お互いの飲み会に対する考え方の間をとった約束事を作った

飲み会の回数が多いことと、夕方から出かけたにも関わらず、帰宅も朝方だったりひどい時は昼頃なんてことも多く、行っているお店も女の子のお店がほぼでモヤモヤする事が多かったです。

付き合いもあるので仕方ないとも思っていましたが、加減がないので毎月の飲み会に使う金額を決めることと、2時を帰宅の目処としすぎる場合は2時までにかならず連絡を入れ、何時頃帰宅するのか必ず連絡するようにしてもらいました。

金額を決めたことにより飲み会の回数は減りましたし、帰宅の目処も分かるようになったのでモヤモヤすることが減りました。

30代前半/専業主婦/女性

飲み会の合間に連絡を貰うようにした

彼氏の飲み会はやっぱり不安なので、飲み会の合間合間にLINEをしてもらっていました。

「今店に着いたよー」「さっきの店出て今二軒目で飲んでるよー」など。飲み会が終わって家に着くと電話をしたりする事もありました、

どんな人がいてどんな話をしたのか、彼氏も話すのが好きなタイプなので、一つのコミュニケーションになっていました。

20代後半/専業主婦/女性

事前に彼のスケジュールを教えてもらう

私たちカップルは、結婚前提に真剣に交際しているので良い意味で気を遣わないほど仲が良いのです。

彼もスケジュールをちゃんと電話で伝えてくれるので、信用していないわけではないのですが、少ないとはいえもし女性が飲み会に参加していたらどうしようと不安になってしまいます。

彼が好きで絶対浮気しないと信頼しているのですが、好きすぎる故に体調面もですが、飲み会に行く回数が多くなってくると余計に不安になってきます。

でも、自分が心配しすぎなだけで、ちゃんと飲み会中も飲み会終わりも連絡くれる、不安なことを伝えても大丈夫だよと言ってくれるので安心できます。少しずつですが、気にならないようになっていきました。

20代後半/フリーター/女性

どんな飲み会なのかしっかり話しておき約束を決めておく

彼はお酒が好きなので飲み会に行くことが多いです。飲み始めると連絡がつかなくなることが多いので不安な気持ちが大きかったです。また、友人関係で女性がいて夜遅くなるのも心配でした。

そのため、どんな飲み会なのか、どのくらいの時間までには帰るようにする(終電ぐらいの時間)深夜遅くまではないようにと話し合いをし約束を決めておきました。

約束を決めておくことで、お互いを尊重して信頼するようになりました。

20代後半/メーカー系/女性

【4位】彼の立場になってみる

彼の立場になってみる

自分に当てはめて考えてみる

彼はお酒が大好きで、家でも毎日晩酌する人でした。一緒に飲む分には良かったけど、会社の方達とも毎月飲み会があったので、女の子のいるお店に行ってるのかな?とか、そのあと上司に誘われて。。とか考え出すとすごくモヤモヤしてました。それで、たまに不機嫌になってしまうこともありました。

でも、私が逆に飲み会で彼がそんなことで嫉妬したり不機嫌になられるとしんどいなと思うし、私もお酒が好きだし、飲み会もたまにありました。

その時はすごく楽しいし、ストレス発散出来るし、明日からまた頑張るぞ!ってなってたので、彼も同じだよなと思うようにしました。すると、自然と楽しんできてほしいなと思えるようになりました。

30代後半/専業主婦/女性

彼氏の飲み会も仕事のうちだと考える

彼氏が飲み会に行くと聞いた場合、遊んでいると思ってしまうと思います。

しかし実際は、付き合いや仕事である場合もあります。付き合いは心労も伴うんじゃないかと考えるようになりました。

そう思ってからは、彼氏が飲み会に行く時に、頑張ってねと声を掛けられるようになりました。その結果、彼氏との関係がより良好になれた気がしました。

彼氏に対し、必要以上に心配することはなかったと思いました。

30代前半/医療・福祉系/女性

彼の負担にならない程度に自分が行動する

初めは飲み会中もメールして!とわがままを言っていました。まだまだ若い頃ですが。

大学の先輩や、仕事の先輩との飲み会など様々でしたが、飲み会中にメールをしているのも失礼ですし、大人としてもいけないことだと彼氏と話をしました。

浮気なんてしないという彼の言葉を信じて、不安ではあることには変わりはありませんが、信じることにしました。迎えにいける場合は、私が迎えに行ったりできるだけ、早く彼氏に会うように工夫はしました。

30代前半/専業主婦/女性

「大丈夫」と言葉に出して自分に言い聞かせる

私と彼は予定共有アプリを使い予定を把握しているのでので、飲み会がある日は把握出来ています。

そのため彼が私に教えてくれてるということは、私に愛があることだと思っています。それにも関わらず自分が信頼しきれていないため不安になっていたと思うので、大丈夫大丈夫と言葉に出して自分に言い聞かせて乗り越えました。

20代前半/大学生/女性

彼の気持ちを共感してみる

彼はとても飲み会が大好きで、終電を逃したり、飲み過ぎて帰ってくることもとても多く、更に自分のことをあまり話さないので不安になることもあります。

ただ私も飲み会の楽しさやハメを外してしまう気持ちは経験から理解出来るので、自分も外の世界に出てみて気持ちを共感すると良いです。

30代前半/医療・福祉系/女性

【5位】正直に気持ちを伝えた

正直に気持ちを伝えた

不安な気持ちを伝えて対応してもらった

私はどちらかというと依存体質で、彼氏とはできれば毎日会いたい人でした。なので、彼氏が飲み会というと、不安な気持ちになるので正直にその気持ちを伝えました。

すると飲み会終わりの時間に、いくら遅くなったとしても連絡をくれましたし、飲み会の前には今日は誰と飲む、と情報をくれました。その2点でだいぶ安心しましたね。

さらに飲み会に行ったら、次のデートは埋め合わせでお昼をご馳走してくれることが条件でした。これはハードルが高いかもしれませんが私は安心材料になりました。

30代後半/医療・福祉系/女性

辛いと思っている気持ちを打ち明けた

彼は人付き合いが多い人で、男女大人数から時には女の人と2人で飲みに行ったりしていることは知っています。というより、きちんと彼が予定を教えてくれるので、知らないうちにということはありません。

きちんと言ってくれるので、ここでダメだと言うのはいい彼女ではないなと全て行くことを許していましたが、やっぱり女の人と2人で飲むのは話を聞くだけでも辛く、本当は言って欲しくなかったです。

このままではダメだと思い、ある時彼に「女の人と2人きりの飲みはやめて欲しい」と思い切って言いました。嫌な顔をされるかと思いましたが、彼はあっさり了承してくれて、こんなことで考え直してくれるならもっと早く言えばよかったと思いました。

それからは、彼に遠慮はせずに嫌なことは伝えています。きちんと意志を伝えることが大事なんだと学びました。

30代前半/医療・福祉系/女性

【番外編】その他

その他

男性心理学を勉強して対処した

私たちはマッチングアプリで知り合いました。彼は彼女に振られてから、街コン、婚活パーティ、合コン、マッチングアプリとあれこれ婚活を頑張っていたそうで、その過程で私と知り合いました。

私はお酒がまったく飲めませんが、彼はお酒が好きで飲み会もよく行きます。共通の友人もおらず、最初は不安でしたが、私は彼に出逢う前に何度も失恋して悔しい思いをしていたので、男性心理学を勉強済みでした。

飲み会で浮気などが心配だと男性に言っても、嬉しいと思われるより、重いと思われるか、信じてくれないと思われるか、俺ってイケてるなと思われたりと、いい結果を生まないと思いました。

なので、彼と付き合ってからは『いってらっしゃい!』『楽しかった?』『大事な体だから飲み過ぎだけは止めてね』と、何も疑わない無邪気な女性でいました。

自分を信じてくれて、飲み会にもいかせてくれて、そんな居心地がよい女性を失ってはいけないと思わせることができたようで、聞かなくても彼は飲み会の報告を必ずしてくれるようになり、飲み過ぎることもなく、帰りも必ず連絡をくれようになりました。

そして1年以内に結婚が決まりました。女性は不安になるけど、不安になっても辛いだけだし逆に悪い結果になる可能性が高まってしまいます(私も経験済みです)。

男性が書いている男性心理を読んで、気持ちを落ち着かせて、成功体験を積み重ねれば、不安になるという気持ち自体が無くなります。だって、女性が本気を出せば、男性は勝てないのですから。

30代前半/自営業/女性

彼を迎えに行って彼女アピール

心配で不安でモヤモヤしている時間が嫌なので、迎えに行っちゃいます。

飲み会では主導権を握るタイプの彼なので女性には積極的に仕掛けるのですが、私が迎えに行くことで彼の意識が私に向きみんなの前でベタベタしてきます。きっとお店の中でも女性に対してこんなことしてるんだと思います。

こちらも遅くまで起きてるのはキツいですが、ちゃんと私の所に戻って来てくれるのでそれで安心します。

何度目かで気づきましたが、どうやら彼は他の男性の前で優位にたちたいようです。飲み会でモテる俺、彼女とラブラブな俺を見せつけたいだけなのだとわかりました。

30代前半/フリーター/女性

飲み会の終わる時間に迎えに行った

彼は飲み会に行くと調子に乗って飲みすぎ、泥酔してしまうタイプでした。

飲み会の終わる時間は何度目かで分かっていたため、事前にお店の場所を聞いておきばっちり化粧をして迎えに行きました。

そこで酔った彼を介抱し、自分が彼女であることを見せつけたため、自信と余裕が生まれました。

20代前半/サービス系/女性

彼氏の飲み仲間に相談できる人を作る

彼氏は「男としか飲みに行かない。女性のいるところにはいかない」と言う人でした。全く信じてなかったので彼氏の一番仲のいい先輩に一度相談をしました。笑

すると、何かあると先輩が彼氏に話してくれているようで、直接ではないぶん彼氏とケンカになることもなく自分の不安も落ち着きました。彼氏側に相談する相手がいるのはおすすめです。

30代前半/専業主婦/女性

より成熟した関係を目指す

彼氏が飲み会に行くのを不安がるということは、まだ新鮮感のあるカップルの関係性であるということだと思います。

相手をまだどこか100%信じることができずに不安がっているということなので、より成熟、安定した関係まで愛を育めるように努めることが大切です。

不安にさせる原因は自分自身の気持ちの問題なのか、それとも彼の言動のせいなのか、お互いの気持ちに向き合うことで前に進むことが出来ると思います。

30代前半/流通・小売系/女性

彼氏に内緒でGPSを設定した

彼氏はお酒を飲むと浮気癖があった事で心配だったので、飲み会の前日にスマホのGPSを設定して居場所を確認出来るようにしました。笑

帰宅する前に電話を一本入れて頂いて不安な気持ちを解消したので、どうしても耐えられないときはGPSを設定することをお勧めします。

20代後半/医療・福祉系/女性

まとめ

今回は、女性100人による彼氏の飲み会を気にしない彼女になる方法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の男性編も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女の飲み会が不安…男性100人の嫉妬や心配を克服した方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ