彼氏との会話がない…真似したい女性100人の上手な会話術

彼氏,会話

彼氏との付き合いも長くなれば、会話が減って続かなくなってきた…という問題に直面したことがある方も多いのではないでしょうか?

好きで付き合っている彼氏だからこそ、上手に会話を続ける方法が知りたいと思う女性も多いはず。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏と上手に会話をする方法を体験談と共にご紹介しています。

彼氏と上手に会話をする方法ランキング

まずは、彼氏と上手に会話をする方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏と上手に会話をする方法』によると、1位は『無理に会話を繋げない』、2位は『聞く姿勢を持つ』、3位は『質問を掘り下げる』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏と上手に会話をする方法

女性100人に聞いた彼氏と上手に会話をする方法では、1位の『無理に会話を繋げない』が約18%、2位の『聞く姿勢を持つ』が約15%、3位の『質問を掘り下げる』が約14%となっており、1~3位で約47%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏と上手に会話をする方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】無理に会話を繋げない

無理に会話を繋げない

その場の空気はなんとかしようとして話を切り出さないこと

お互い付き合い始めであれば、会話をしなければとぎくしゃくしがちです。

空気をどうにかしようとするのではなく、とにかく自然体でいることで自然な会話につなげることができます。無理に会話を作ろうとしないことが1番大事だと思います。

40代前半/医療・福祉系/女性

上手に会話を続ける事を考えると話ができなくなるので、話したい事を話すだけでOK!

付き合って日がたってもなかなか話が弾まず、何を話していいかわからないままでした。

少しでも相手の事を知ろうと思いろいろ話かけていたら質問ばかりになってしまい、話すというより質疑応答のような雰囲気になってしまった。

ですがこれが良いほうに転がり、彼がどんな事が好きかがわかり話が弾むようにいなった。彼も私にいろいろ聞いてくれて付き合いたてのあの沈黙がうそのよう、沈黙しても嫌な雰囲気にならなくなりました。

30代前半/専業主婦/女性

会話も大切だけど、無理せず違う方法のコミュニケーションもある

付き合い始めの頃は、お互い緊張したり、遠慮して会話が続かないこと…ありますよね?でも、それでいぃんじゃないかな?って思います。

無理して会話を続けると楽しいはずが、帰りには疲れてしまったり、余計なことをいってしまったり、聞いてしまたりすること、あると思うんです。話したい時に、話したい人が話せばいいんです。

無理をせずに、会話が続かなかったら、ただ手を繋ぐといった違うコミュニケーションを取ればいいんじゃないかな?と思います。

40代前半/不動産・建設系/女性

無理に話題を見つけようとしない

無理に話題を見つけようとしないことが、会話を続ける方法だと思います。あとは、相手が話す内容に乗っかってそこから広げると話が盛り上がったり、話しやすいです。

たまに沈黙にも慣れて気を使わない関係が良いと思うんで、まずは自然体でいることを意識です!

20代後半/サービス系/女性

会話だけが全てじゃないと割り切ってプレッシャーを感じない

会話がなくても、仲良く過ごすことはできると思います。会話をしなきゃというプレッシャーがなければ会話自体も自然になり、結果的に会話が途切れない関係になってくるものです。

会話が多いだけが全てじゃない!という割り切りが大切かと思います。

30代前半/医療・福祉系/女性

【2位】聞く姿勢を持つ

聞く姿勢を持つ

自分の話ばかりをするのではなく、相手の気持ちにもきちんと耳を傾ける

付き合いたて、または付き合う前の段階から彼の趣味に興味を持つことが大切だと思います。

基本的に男の人は自分の話を話したがるし、話を聞いてくれるだけで嬉しいと思います。そして話をしっかり聞ける事が彼女さん自身の印象にも繋がっていくと思います。

20代後半/サービス系/女性

まずは聞き役。次に頼る姿勢で解決!

話好きの方なので、彼の機嫌が良ければ話につまる事はありません。趣味の話から、スポーツ、パソコン、スマートフォンと、専ら聞き役となりますが、受け答えが彼の考えていることと少しでもずれると、とたんにだんまりになります。

そうしたら仕切り直し。相談したいことがあるんだけどと別の話題に乗り換えます。たいした悩みでもないけれども、相談に乗ってもらいます。頼られるのも嬉しいらしく、また、会話が始まります。

50代後半/サービス系/女性

相手に興味を持って聞く聞く聞く!

まずは自分が主体的になって話すのではなく、相手に興味をちゃんと持ってますよ、の意思表示のためたくさん質問をします。

質問しすぎても相手がびっくりしちゃうので、1つの会話を膨らますようにして話を掘っていくようにしています。すると相手も自分の話ができるのが楽しくなってきて、たくさん話してくれるようになって雰囲気が良くなりました。

20代後半/IT・通信系/女性

「話す」事を意識し過ぎず、「聞く」事を意識すると会話が続く

やはり無言の沈黙というのは良い印象がなく、恋人と付き合い初めのころは「何か話さないと…」と、そればかりを気にしていました。

無理に話を考えると、疲れてしまい折角の恋人と一緒に過ごせる時間が楽しいものではなくなってしまいました。

そこで、話すことを意識せず聞き役にまわってみると、以前よりスムーズに会話が弾むようになりました。焦って無理に話そうとすると失敗の原因になるのだな思い反省しました。

20代後半/フリーター/女性

【3位】質問を掘り下げる

質問を掘り下げる

相手にした質問を切り口にどんどん話を広げる

相手の好きなものや趣味などの話をまず問いかけ、それに返ってきた答えからまた掘り下げて会話を広げていくと、相手も気持ちよく話が続けられると思います。

例えば、サッカーが好き→いつから好きなのか→サッカー以外のスポーツも見るのか、、など、そこから自分のことも話せたり、きっかけから繋げていくと話は尽きにくく、楽しく話せると思います。そのことで相手のことをより知ることもできるので、おすすめです。

20代後半/専業主婦/女性

彼の興味があることに関して質問をする

彼が自分の趣味の話をしていたとき、その趣味にはそんなに興味がなかったのですが、「いつから好きなの〜?」「なんで好きなの〜?」と興味がないなりに質問していました。

彼にとってみれば好きなことなので、聞かれたらうれしいのか、たくさん話してくれて盛り上がれました。笑

20代後半/マスコミ系/女性

繰り返し+αでテンポよく会話しよう!

私が23歳の頃にお付き合いしていたのは、一回り以上も年上の無口な男性でした。男らしい寡黙さも魅力のひとつではありましたが、あまりにも会話が無いときは寂しい気持ちでいっぱいになりました。

そんなとき私が実践したのは、彼が発する言葉に対して「繰り返し+α」をすることです。例えば彼が「最近、犬を飼いたいんだ。」と言ったら、「最近は犬が飼いたいんだぁ~。何かそう思うキッカケがあったの?」といった感じです。

繰り返すことで「聞いているよ」とアピールして、+αの質問で「興味があるよ」といった空気を出します。すると、寡黙だった彼も次第にたくさん話してくれるようになり、会話が続くようになりました。

30代前半/サービス系/女性

相手の趣味や好きな事を深堀りする

お互いのことをまだよく知らない付き合い始めこそ、彼氏との会話を続けるコツを見極められる大チャンスです。

私が名前くらいしか知らないアーティストのファンだった彼。こちらがほとんど知らないからか、彼からそのアーティストの話題が出ることはありませんでした。しかし、そのアーティストがネットニュースに出たときに、私からその話題を出してみたところ、そのアーティストに対する思いを熱く語ってくれてとても盛り上がったのです。

それ以降、ふたりの共通でない趣味についても共有や共感できる機会が増えました。盛り上がらないかも、と彼氏自身の趣味を自ら話すことを避けてしまう男性は意外と多いようです。

20代後半/メーカー系/女性

【4位】自然と会話が生まれる空間へ行く

自然と会話が生まれる空間へ行く

会話を続けやすい場所でデートをするなど、自然と会話がしやすい場所へ出かける

付き合ったばかりの頃は、共通の話題を探すのが難しく何を話せばいいか迷っていました。無理に自分の中で探し出そうとすると混乱してしまい、相手も会話が返しづらくなってしまいます。

なので最初のうちのデートは美術館など共通の情報が入ってくる場所に身をおき、「私はこれが好きだったな」などの簡単な会話をすることで、お互いの趣味も理解し合えるように工夫していました。

20代後半/専業主婦/女性

その時に目についたものを話題にする

付き合いはじめでも、長く付き合っている時でも、ふとした時に会話が続かなくなることはありました。

そんな時、「なにか気の利いたことを話さなきゃ」と焦ったこともありましたが、そう言うときにかぎって、上手い話が浮かびません。

ですので、そう言うときには、その時目についたものを話題にするようにしました。野良猫でもいいですし、道端の花でも構いません。

「可愛いね」「この時期に花なんて珍しいね」と、とりあえず感じたことを口に出すことで、会話の糸口となることが多いと思います。

40代前半/専業主婦/女性

会話のネタが生まれるようにしておく

彼氏は自分から話題を振るようなタイプではないので、私から話題を振る事がほとんどです。

例えばドライブ中はラジオがおススメです。流れてきた音楽の話をしたり、ニュースになったら事件についてどう思ったかを話し合ったり。何もないままだと会話がないことも多いので、会話のきっかけが生まれるようにしておくと便利かもと思います。

20代後半/専業主婦/女性

【5位】2人だけの話しやすい方法を探す

2人だけの話しやすい方法を探す

お互い話したいことがあればすぐに話そうねと約束をした

付き合いたての時は無言の時が多くて、私も喋りたいけど喋りすぎても引かれそうとか思っていました。

ただ、私の話は色々聞きたいと言ってくれたので、お互い話したいことがあればすぐに話そうねと約束をしたら彼もどんどん話してくれるようになってくれて、今ではおしゃべりカップルでとても楽しいです。

20代前半/専業主婦/女性

なるべく横並びを意識してみる

飲食店などで彼氏と向かい合わせで座ると会話が続かない事が多くありました。

最初はなんとか話そうとするのですが、長時間になるとネタは尽きるし正面に彼がいるのでまっすぐ前を見ていると視線がかち合って気まずい…..みたいな事が多々ありました。

でも、横並びだと会話がスムーズになりました。同じ方向を向いているので視線がかち合うストレスがありません。それと、見ているものが同じなので「あ、あれ見て」など、その場で話題を探す事ができます。歩いていると景色がどんどん変わるので余計に話題を探しやすかったです。

30代前半/専業主婦/女性

「一般的」ではなく「お互い」が話しやすい方法で話す

彼氏も私も理系で、論理的に考えるタイプのため、一般的なカップルのように会話をし続けるのが苦手でした。

私は無言でも平気でしたが、やはり楽しく会話をしたいという思いもあり、ある方法を考えました。普段の生活で感じた疑問を一緒に考えてみることです。

例えば、カフェにいるとき、「コーヒーカップとティーカップの違いについて」というテーマを決め、形の特徴や経緯などを考察してお互いの考えを述べ、議論します。最後にはインターネットで検索して答え合わせをします。

友達にこの話をすると楽しくなさそう…と言われますが、私達は楽しいし、すごく盛り上がります。1つのテーマで3~4時間話したこともあります。

無理に周りと同じような関係になるのではなく、2人で楽しめる方法を見つけられるとよいと思います。

20代後半/IT・通信系/女性

【6位】会話のきっかけを探す

会話のきっかけを探す

紙に書き出して自己紹介表を作成した

付き合ってすぐの頃は、同じ会社だったこともあり会社の話ばかりしていました。ですが、同じ会社だからこそ話さなくても周りの人から情報があるため話が尽きるようになりました。

何とか色んなネタを振り絞っていることがストレスになってしまったので、デートのときにお互いが聞きたいこと(どんな服のブランドが好きか、食べ物やしぐさ、音楽など)を紙に書き出して自己紹介表を作成してみました。すると共通の話題が結構あって、同じ好きな音楽のライブに行ったりしました。

30代前半/流通・小売系/女性

相手の特長の感想を思い切って伝えて様子を観察する

もともと私自身もあまり会話を続けることが苦手です。共通項がなく何を話したらいいのかわからず固まってしまうことが多かったですし、そうなりそうな男性とお付き合いはまず避けました。

自分のめがねにかかった男性とお付き合いができるようになったら、取っ掛かりとしてまず相手をよく観察して自分の思いを伝えたり(扉を開けてくれたり、女性として気遣ってくれたりしたら「今の仕草が嬉しかった」みたいな)自分の話を聞いてもらいながら相手が「つまらなそう、答えづらそう」と思ったら答えやすい話題にひたすらチェンジしました。

そうして時たま話題や自分の様子について率直に「おかしかった?」と聞いたり、最初はこちら側にある主導権を相手にスライドできるように相手の話を引き出せるようにしました。

もともとはっきりと物事を言ってくれる男性だったからのか、徐々に話をしてくれるようになってわからないことを質問して答えてもらってるうちにあっという間に長時間会話を続けていました。

30代前半/専業主婦/女性

ネタ収集(カンニングペーパー)を用意しておく

普段の仕事や観たテレビ番組などで「これを彼と共有したい」と思ったことを、スマホのメモに入れておくと、会話に困った時のカンニングとして使えます。笑

それが難しければ、服やかばんや髪型を褒めてあげると良いと思います!

30代前半/専業主婦/女性

【7位】共通点のある会話を意識

共通点のある会話を意識

自分や相手がちゃんと興味のあることを掘り下げる

沈黙が嫌だからといって、適当に思いついたことをダラダラ喋ってもつまらなくなってしまうので、相手が興味を持っている分野や内容に関する話題をふると、スムーズに会話が弾むと思います。

自分が興味のあることについても、良さを分かってもらおうと意識するだけで、話が面白くなると思います。

20代後半/流通・小売系/女性

相手の趣味や好みを勉強しておく

相手の趣味に自分も興味を持つといいかと思います。相手と同等の知識を持つまで勉強する必要はありませんが、少し興味を持つことでスポーツだったらルールを覚えるだけでも会話ができるようになります。

アニメ系やゲームなら、今日発売日だねーとか、次のシリーズどうなるだろうねーなど、会話が続くように。自分も楽しむつもりで、新しい趣味を持つのも楽しいですよ

40代前半/専業主婦/女性

共通の話題を探して、そこから話を広げる

付き合いはじめたばかりでお互いに手探りですが、会話は大抵が共通することについてです。

元々同年代のバイト仲間なので、学校のこと勉強のことバイト先のことを話します。まだお互いに相手のことで知らないことも多いので、以前こうだった、という話をするだけでも十分続きます。

20代前半/大学生/女性

【8位】彼氏のペースを意識する

彼氏のペースを意識する

自分よりも相手のペースに合わせて会話をする

私はおしゃべりな方で話題を振ったらすぐ返事が来る、それを繰り返して会話のキャッチボールが続いて行くという話し方をしていました。

一方彼は元々無口な方で、会話の引き出しも少ないタイプです。初めのころは話しかけても一言返事が来て会話が終了したり、沈黙の時間が長かったりしてモヤモヤする事もありました。

しかし付き合いが長くなると、彼は早口やマシンガントークだと頭が混乱する事がわかったので、向こうに合わせて返事を待ってみたり、キツイ言い方をしないようにするなど気を付けるようになりました。

30代前半/商社系/女性

彼が話したいタイミングに話すようにする

会話が続かない彼とは、無理に話題を作って話そうとしてもその話が終わるとまた沈黙になります。

なので、無理に話題をふったりしないで、彼が話し出したときはしっかり話を聞いて、全く興味のない話はなかなか広げづらいですが、少しでも興味のある話なら、ちょっと質問してみたり、それってどういうこと?など聞いてみると、また話が続きました。

かといって無理に広げようともしていませんでした。自然体でいいんだと思います。あまりお互い話すタイプではなかったですが、お互いこの人楽だなと感じるようになれると、自然と会話が増えました。

30代後半/専業主婦/女性

【番外編】その他

その他

相手が話題を提供しやすい環境を作る

ずっと会話を続けようと必死になっていると、内容のない会話になりがちで自分本位の会話になってしまいます。

相手が話題を持ち出しやすいように自分が好きなことやしたいことが何かを先に言うことで、相手もどんなことだったら一緒にしやすいかを察しやすくなります。その時はスルーされても後で会話の種になったりします。

20代前半/サービス系/女性

自分の精神状態を自覚しながら話すようにする

付き合ってから、お互いに不機嫌な時に会話していて喧嘩になってしまうことが多くありました。

話し合った結果、「自分が不機嫌なことを自覚しよう」とお互いに約束しました。例えば「生理だからイライラしてるかもしれない、ごめんね」などのように事前に伝えます。

ちょっとした工夫をしてみることで、驚くほどうまく会話を進めることができました。喧嘩も減ったので相談してよかったです。

20代前半/大学生/女性

彼に興味を持っていることを全面的に伝える

まず相手のことを知るために、質問をあらかじめ用意しておく。その質問も答えるのに戸惑うものや、あまりにもプライバシーに触れるものは避け、好きな食べ物のことや普段家で何をしているのか、など簡単なものに。

とにかく相手のことに興味を持っていて、知りたい!という気持ちを全面に押し出して楽しく会話をするように心がけるようにしていました。

30代前半/専業主婦/女性

まとめ

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏と上手に会話をする方法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女と上手に会話編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女との会話がない…真似したい男性100人の上手な会話術

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ