彼女との気まずい空気を吹き飛ばす!男性100人の仲直り方法

彼女,気まずい

彼女と付き合っていると、時には「気まずい…」と感じる時期になることもありますよね。一度気まずい状態になってしまうと連絡も取りにくく、仲直り出来ない空気になってしまうことも多いです。

でも、大好きな彼女だからこそ、たとえ気まずいと感じる時があってもなるべく早く仲直りをして、また仲良しなカップルに戻りたいと願う男性も多いはず。

この記事では、男性100人による彼女と気まずい状態になった時の仲直り方法を体験談と共にご紹介しています。

彼女との気まずい雰囲気を改善した方法ランキング

まずは、彼女との気まずい雰囲気を改善した方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女との気まずい雰囲気を改善した方法』によると、1位は『しっかり話し合う』、2位は『スキンシップを取る』、3位は『テレビや映画を観る』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女との気まずい雰囲気を改善した方法

男性100人に聞いた彼女との気まずい雰囲気を改善した方法では、1位の『しっかり話し合う』が約24%、2位の『スキンシップを取る』が約21%、3位の『テレビや映画を観る』が約18%となっており、1~3位で約63%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女との気まずい雰囲気を改善した方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】しっかり話し合う

しっかり話し合う

感情的にならず、とにかく彼女に寄り添い話を聞く!

初めてのケンカでお互いが黙ってしまい、非常に気まずい雰囲気になったことがありました。

ちょっとでも怒ったりイラッとした雰囲気を察すると彼女は黙ってしまうので、感情的にならないよう常にコントロールしています。

万が一ケンカになってしまっても、黙ったり感情的になったりせずどうしたいと思っているのかをしっかり寄り添って聞くようにしています。

20代後半/メーカー系/男性

思いきって話をしてお互いを理解する

私たちカップルは気まずくなると最初は黙りこみますが、どちらかが必ずなぜ気まずくなったかを話し合います。

そしてお互いの意見がわかったところで解決策をだしお互い元どおりです。

解決策がなかなか出ない場合もありますが、相手の気持ちを聞くことでお互いの仲がより深まります。

20代前半/不動産・建設系/男性

彼女のいいところを褒め、自分の欠点について相手に謝る

彼女と気まずい雰囲気になった時には、自分にも非があることが多いため、まず自分なりにいけない所をまず謝るようにしています。

あと相手の好きなところや良いところを褒めるようにしています。やっぱり褒めると彼女も喜んでくれ、その後は元の雰囲気に戻ります。

20代前半/大学生/男性

些細なことでも、しっかりと彼女と向き合ってみる

彼女と同棲をしていることもあり、些細なことで空気がぐっと悪くなることを感じることがあります。

お互いの間に気まずく悪い空気があるためか、どうしても一言余計になってしまうこともあります。そんなときに「怒っている?」と聞いても「なんで…?」とまずい空気がビシビシ伝わってきます。

そうなったときは、とにかく彼女と文字通り「向き合って」話し合います。

なるべく話すときの「トーン」や「言い回し」などを気を付けながら何時間かかってもとにかく話し合います。

気が済むまで、しっかり話して「何に対して不満があるのか?」をきちんと明確に「お互い」するようにしています。

気まずい雰囲気が解消されてお互いに居心地の良い距離になる様にとにかく精神的にも物理的にも「向き合う」ことを大切にしています!

20代前半/IT・通信系/男性

お互い冷静かつ大人になって話し合う

ケンカしたまま帰ってしまうと連絡も返ってこなかったり状況が悪化することが多いので必ずその場で解決します。

どうしても譲れないことがあるときでも、こちらの意見を一方的に押し付けることはせずに妥協点を探すようにしています。

冷静に考えれば、そんなにこだわることでもなかったり彼女のしたいようにしてあげることで、うまくいくことも多いと感じています。

当然ですが、お互いケンカをしたいとは思っていないのでどちらか一方が大人になれば大きな問題にはならないですし、解決できることだと思っています。

20代後半/メーカー系/男性

【2位】スキンシップを取る

スキンシップを取る

話しかけまくり、スキンシップをとる

同棲中の彼女と気まずい雰囲気になると1日はおろか、2~3日は口をきかないことが多々ありました。

そんな時はなんでもいいから話しかけまくり、スキンシップを取りまくりなんとかして笑わせます。

一度笑ってくれたら許した合図です。それで仲直りをします。

20代後半/メーカー系/男性

甘えるor甘えられる雰囲気を作る

喧嘩したときにはお互いに気まずい雰囲気になり、どちらからも話しかける雰囲気にならないことが多くありました。

そのような時には、例えば少し甘えてみたり。甘えられるような雰囲気を作ってみることで、喧嘩していてもそのまま何もなかったように過ごすことができています。

20代後半/IT・通信系/男性

メールではなくSNSを使うようにした

メールに1週間以上返信がないことがあります。

他愛ない会話ならともかく具体的な日時調整の場合でも連絡が取れないことがあり、こちらもつい苛ついていました。

しかし、そもそも、今若い人は「メール」など使わないのですね。SNS(主にTwitter)で連絡を取るようにし、あるいは「メールを送ったから見ておいて」の一言をSNSで送るだけでも返信率が上がりました。

30代後半/不動産・建設系/男性

【3位】テレビや映画を観る

テレビや映画を観る

二人で映画をみることで空気を変える

気まずい空気が流れたとき、一番いいのは映画を見ることかと思います。映画内容によってはアクションものがとくにいいかと思います。

気まずい雰囲気が、内容に集中しすぎてお互いが気まずかったことも忘れてしまいました。おすすめです。

30代前半/メーカー系/男性

彼女と自分が共通で好きなテレビ番組を一緒に見る

些細なことや、どっちかがイライラしたりして気まずい雰囲気になることがよくあります。

たいていは1日寝て起きるとお互い何事もなかったかのようになかよくしますが、たまに次の日も引きずってしまう時がありまず。

そんな時はテレビで毎週録画にしている好きな番組を一緒に見るようにしています。バラエティ番組なのですが、一緒にみて自然と笑い合ううちに打ち解けて気まずい雰囲気が無くなります。

20代前半/フリーター/男性

壮大な映画を観に行った

浮気がばれてしまった時に謝っても全く許してくれなく、途方にくれていた時、雑誌に載っていた生命の誕生というタイトルの映画を一緒に見に行きました。

生き物、人間の原点にもどる内容でしたので、浮気など小さく感じたらしく、以後仲良くなり結婚する事になり良い結果となりました。助かりました…

40代前半/自営業/男性

【4位】笑顔になることをする

笑顔になることをする

1発ネタを思いきりやって彼女を笑わせた

仕事の宴会の出し物としてダンスをすることになり、また格好も女装をすることとなっていました。

練習は基本的に誰にも見せずに行っていましたが、ある日の昼、家で練習をしていたときに突然彼女が家に遊びに来て、その光景を目撃されてしまいました。もちろん彼女はドン引き…何をしてるの?と冷たい眼差しで見てきました。

気まずい空気が漂いそう。そう思った私は、その格好で彼女に詰め寄り、思いきり1発ネタを披露しました。

引きつっていた顔も和らぎ、ニコニコしだしたところで、宴会でこういうことをするんだと説明し、納得してもらいました。

出来れば、そんな恥ずかしいことはしないでねと言われつつも、陰ながら応援してくれる彼女はとても支えになってくれています。

何かあったときは、これからも毎回彼女を笑わせて和んだときに説明したりしようと思っています。

20代後半/医療・福祉系/男性

1回しっかり謝った後、冗談を言ってふざける

まずはしっかり謝るのが大事です。

でも謝っただけですぐ機嫌が戻るわけではないので、冗談を言ってみたり、くだらないこと言ってふざけてみたりします。不思議とそのうち元通りになります。

それでもどうにもならない時は手を繋いだりなどのスキンシップを取ってみたりしますが、やはりお互いその時間一緒に楽しく過ごすことが大事なので、それで大体解決します。

20代前半/サービス系/男性

お互いが思わず笑うことで、雰囲気を改善する

私は以前彼女と喧嘩した時に何度かこの方法で仲直りすることができました。

方法としてはとてもシンプルで、ティッシュでこよりを作って自分で鼻に突っ込んでくしゃみを何度もすることで、彼女も力が抜けるのか何となくお互いに笑ってしまって仲直りをするこどができました。

その時は彼女にもその後やることで、すごく笑い合えましたね。

20代後半/金融・保険系/男性

【5位】プレゼントを渡す

プレゼントを渡す

コンビニで甘いものを買って帰った

気まずくなると帰りにスイーツを買って帰ります。

一緒に食べて会話をすることで、今までの気まずさが馬鹿馬鹿しくなっていつの間にか仲直りしてしまいます。

気まずくなった時は、会話のきっかけ作りが大事だと感じます。

20代前半/サービス系/男性

花束を贈って仲直りのきっかけにした

花屋で小さなミニブーケ(1000円前後)を買って渡し、仲直りしました。

彼女と出会って間もない頃に、自分の柄にも無く、ミニブーケを買って渡しました。

その日が特別という事はなく、出会った彼女との距離を縮めたくて何かプレゼントしたかったからです。

それからしばらくが経ち、些細な喧嘩で大きな溝を作りそうになった時、私は言い争いは嫌いなので、その場を離れます。

そして、しばらく時間を空け、昔を思い出すと花屋に足が向かっていました。そして出会った時を思い出し、ミニブーケをプレゼントしたら、彼女も喜んでくれて仲直りすることができました。

30代前半/流通・小売系/男性

【6位】食べ物や飲み物で改善

食べ物や飲み物で改善

とっておきのケーキ屋さん、チョコレートショップ、甘味処に直行する

気まずい雰囲気の原因がはっきりしていようが、そうでなかろうが、常識的な時間ならやはりとっておきのスイーツを提供するお店に直行すると良いでしょう。

日頃からお店のチェックが必要です。時間が遅い・深夜なら、フレンチトーストのようなスイーツを出すバーもあります。

日頃は使わないカードをいざという時に切る事が出来るように、非日常的なお店を準備しておきましょう。

ちょっとしたサプライズが雰囲気を一変させます。

50代後半/サービス系/男性

お菓子をあげて仲直りをする!

私たちの場合、ケンカをしたらいつも先に謝るのは彼氏である私のほうからでした。

仲直りの方法は毎回違って、普通に謝ったりしたり、お菓子を一緒に食べたり、ラインで面白い画像などを送って仲直りの糸口をさがしていました。

20代前半/大学生/男性

【番外編】その他

その他

無理に会話をしないで共通の好きな事を話す

自分たちカップルが気まずい雰囲気のときは、無理には会話をしようとしません。

そしてある程度、時間が経ったら、二人とも好きな芸能人の話などを少しずつして仲を回復してます。

ただ、それでもあまり良くなかった場合には、その人はあまり一緒に長く過ごさずに、家に帰ってからラインのやりとりなどでコミュニケーションをとります。

40代後半/自営業/男性

嘘を突き通す事も時には必要だと感じる

気まずい状況や内容により違うと思いますが、嘘を突き通す事も時には必要であると感じます。ふざけた態度は相手に見透かされますし、バレます。

しかし、真剣に嘘を最後まで突き通す事も気まずい状況を乗りこえる手段だと経験上では感じます。

30代後半/サービス系/男性

まとめ

今回は、男性100人による彼女と気まずい状態になった時の仲直り方法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の彼女編も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏との気まずい空気を吹き飛ばす!女性100人の仲直り方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ