彼氏に嫌われたかも…女性100人が教える関係の修復方法とは

彼氏,嫌われたかも

彼氏と付き合った期間が長くなってくると、「もしかしたら嫌われたかも…」と感じることもありますよね。自分に心当たりがなくても彼のサインや仕草で不安に感じて辛い時もあります。

大好きで別れたくない彼氏だからこそ、例え本当に嫌われたとしても関係を修復する方法が知りたいと考える女性も多いはず。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏に嫌われた時の修復方法を体験談と共にご紹介しています。

彼氏に嫌われた時の関係修復法ランキング

まずは、彼氏に嫌われた時の関係修復法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏に嫌われた時の関係修復法』によると、1位は『謝罪と共に行動で示した』、2位は『謝罪の仕方を工夫した』、3位は『謝ってルールを作った』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏に嫌われた時の関係修復法

女性100人に聞いた彼氏に嫌われた時の関係修復法では、1位の『謝罪と共に行動で示した』が約32%、2位の『謝罪の仕方を工夫した』が約16%、3位の『謝ってルールを作った』が約14%となっており、1~3位で約62%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏に嫌われた時の関係修復法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】謝罪と共に行動で示した

謝罪と共に行動で示した

異性との絡みを極力減らした

元々、私に異性との絡みが多いことやゲームが好きなことを知ってる上で告白してくださったのですが、実際に私が他の異性と絡んだりゲームをしたりしていると毎回機嫌を損ねてしまい、そのあとも中々機嫌を直してくれず…。

ただ純粋にゲームを楽しんでいただけだったのですが、彼の方が大切だったとのでTwitterなどのSNSも消してゲーム内でも他の異性との関わらないように気を付けました。(彼と喧嘩すること自体とても嫌でした。)

その結果、ようやく彼も私の気持ちを信じてくれて最近はお互い穏やかに過ごせています。これが本当に正しかったのか、今でも悩むことはありますがお互い話し合いながら答えを出していきたいです。

20代前半/サービス系/女性

日々の中で今までとは違う事を証明した

私は彼氏に対して嫉妬深く、彼氏はそれが原因で交友関係が悪くなっていました。携帯のチェックなどをして、女の子の連絡先があっただけで何度も責めてしまいました。

そんなことが度々あり、ついに彼氏に””もう耐えられない。別れよう””と言われてしまった。必死に説得し、これから先一度でも同じことをすればすぐ別れるからと約束。毎日のチェックも止め、信じてもらえました。

20代前半/フリーター/女性

反省している旨を伝えて話し合い、行動で示した

彼と付き合い始めて同棲した時に、お互いの生活のリズム感や生活習慣の違いに喧嘩をしていました。

その中で彼が洗濯物を干すのは木曜と決めていて、それを破ったことがあり嫌われたことがありました。話し合って自分の好きなタイミングで干すようにすることや、出来るだけ協力はするができないこともあることを承知してくれて仲直りしました。

20代前半/フリーター/女性

彼氏の嫌がる態度を改めるようにした

私がよく人前でキスをしたりベタベタするので、その身勝手な行動で彼氏が怒りました。何度も嫌だと言われましたがやめられず、彼氏に冷たい態度を取られるようになってしまいました。

このままでは振られてしまうと私は思ったので、それから人前では極力彼に触れないようにして、また触れる時も「いい?」と許可を取ってからやるようにしました。

そうしたら段々と彼氏も優しく話してくれるようになり、これからもこうして許可制でという約束で交際を続けることが出来ました。

20代前半/大学生/女性

掃除洗濯等家事すべてを行い、彼氏に尽くした

今となっては彼氏に大変申し訳ないことをしたと重々反省していますが、大学生の当時、突然訪れたモテ期から浮気癖が辞められないでいました。

もちろん彼氏は怒りますし、そのせいで散々な喧嘩がありました。浮気がバレるたびに謝罪しましたが、何度目かのとき、「もう言葉で言ってもわからない。行動で示せ。」と言われてしまいました。

それは、彼氏の家の家事をやることで目標金額を貯めろということでした。例えば洗濯5円、料理10円と言った値段設定です。実際にお金はもらわず、反省のために家事をやって10万円分働けということです。

半年以上かけ、目標の10万円に到達し、懺悔できたと思います。今では笑い話です。

20代後半/公務員・教育系/女性

彼に依存して周りが見えなくなっていた私が変わった

大学生時代にできた彼は私にとって初めての彼氏でした。住んでいる場所が近くなわけではないので、会えるのは週末でした。

彼との約束がはっきりしていなくてもなんとなく予定を空けて、いつでも彼と会えるようにしている自分がいました。少しでも多く彼と会いたかったから。

でも彼にとってはそれが重荷だったようで、自分と付き合っていても私らしく生活してほしいと。そこで私は彼を第一に考えすぎてその他の楽しみがなくなっていることに気がつきました。

それから私は自分の予定を優先しながら、都合が合った時に彼との時間を楽しみ、彼に依存する私に変わることができました。

20代後半/医療・福祉系/女性

遠方に住んでいたが、とにかく謝罪するために有給をとって彼に会いにいった

結婚前提で付き合っていた彼でしたが、結婚することに不安もあり、地元の有名な占い師に彼のことを鑑定してもらったことがあります。

そのことを彼本人についしゃべってしまったのですが、「勝手に人を占うなんて…」とラインで苦々しいメッセージ。彼に嫌な思いをさせてしまい、なんとか誠意を示したいと思い、急遽次の日の仕事を休んで彼の住む他県へ向かいました。

彼も私がわざわざ会いにきたことで多少は気が緩み、最終的には「占いってどんなの?自分もいってみたいな」と興味を示してくるほどでした。

30代前半/金融・保険系/女性

謝った上で生涯で1番おとなしく暮らした

元々男友達も多く飲み会にもよく参加するタイプでした。彼と仲良くなったきっかけも仲のいいメンバーの飲み会でした。

付き合ってから私が飲み会に参加するのはあまり良く思ってないのはなんとなくわかりましたが…最低限の約束を守りつつ飲み会に参加したある日…

飲み会とは別にナンパをされたんです。それをその日一緒に飲んでた彼との共通の友人に見られてしまいました。なので自分からナンパされたことを彼に言ったのですが…すごく機嫌が悪くなりまして…機嫌を直してもらうのに1日かかりました。

毎度「行ってもいい」「楽しんで」と言葉では言ってくれるのですが、内心はきっと嫌だったのだろうなと思います。後から聞いた話ですが、自分を優先してほしい、でも私のことは縛りたくない。小さい男だと思われたくないと葛藤していたそうです。年上彼氏ならではの悩みなのでしょうか…。

それを聞いてからは、男性のいる飲み会は彼に言われたわけではないけど行かないようにしました。それ以来、機嫌の悪い彼は見ていません。

30代前半/メーカー系/女性

言葉で伝えることは簡単なので態度で伝えた

私が彼に嫌われてしまったのは「男友達と遊ぶ」ことが原因でした。男女の友情はあると思っている私と、成り立つわけがないと考える彼の溝は深いものだったのです。

あきらかに態度が冷たくなった彼に気づいた私は、ここで安っぽい言葉を使っても修復できないと感じました。彼を失いたくない私は、男友達と遊ぶことはもちろん連絡を取ることもやめ、連絡先もSNSのフォローも消しました。

そんな私の行動を知った彼は、次第に自分への愛を実感してくれ態度も元どおりになりました。言葉で伝えることは簡単ですが、態度で伝える方が説得力や信頼があり、関係の修復に向くと思いました。

30代前半/サービス系/女性

完全に自分が悪かったので、それ以降一切同じことはしなかった

私がデートの時間にいつも遅れるので、嫌がっていました。

私の交友関係だけだったのかもしれませんが、15分ぐらいの遅刻は遅刻のうちに入らないと思っており、自分がよく人を待たせるので相手が遅れて来ても気になりませんでした。

ただ彼は3分でも遅れると嫌なようなので、とにかく5分前には待合わせ場所に行くようにしたところ、うまくいくようになりました。

30代後半/不動産・建設系/女性

【2位】謝罪の仕方を工夫した

謝罪の仕方を工夫した

心を込めて彼の好きなところを100個書いた手紙を書いた

喧嘩してお互いに罵詈雑言を浴びせ合っていましたが、本当に別れたくなかったのでこちらが折れることにしました。

彼の好きなところを100個書いた手紙を書きました。こんなに自分のことを愛してくれる女性はいないと泣きながら喜び数々の暴言を謝罪し、元通り仲良しになることができました。

20代前半/大学生/女性

彼が好きな手作りのご飯をプレゼントして謝った

絶対に見るなと言われていた携帯を、つい彼のお風呂に入っている間に勝手にみてしまったことがバレてしまって、とても怒られました。

もうだめかもしれないなって思っていたのですが、次の日に手作りのご飯とごめんねの言葉を伝えたら、ありがとうと、もうしないでねと言われ、仲直りできてそのまま交際をつづけることができました。

30代前半/自営業/女性

とある歌の歌詞を翻訳して、これと同じ気持ちだよ、とプレゼントした

以前外国人の男性とお付き合いをしたときに、文化の違いや言葉の違いなので意思疎通がなかなかうまくいかなくなり、彼の気持ちもだんだんと私から離れてきてしまっているなと感じた時がありました。

とても悲しくなった私は、当時流行っていたミスチルの一曲を彼の言語に翻訳をしてプレゼントをしました。彼は私の努力や彼に対する思いに感動してくれたみたいで、それからまたお付き合いを続けることができました。

30代後半/専業主婦/女性

直接会って、顔を見て、素直に謝罪した

やきもちやきだった私…マメに連絡をくれる彼でしたが、それに慣れてしまい、連絡がないとすぐに疑ってしまったりが続き…

やきもちを越えた嫉妬に、彼も疲れたのでしょう…『そんなに信じられない?』と。会いに行き、ちゃんと顔を見て、彼を信じきれなかったことをきちんと謝りました。

40代前半/不動産・建設系/女性

LINEで長文の反省と謝罪をした

私の彼氏は結構難しい性格で、修復するのにものすごく時間が掛かります。

電話も出てもらえないので、とりあえずLINEで長文になりますが反省と謝罪の文を送ります。彼の怒りが収まった時点で彼から連絡が来て仲直りします。

30代後半/専門コンサル系/女性

【3位】謝ってルールを作った

謝ってルールを作った

ひたすら説明して理解をしてもらい、新しいルールを作った

私は、学生時代にお付き合いしていた彼氏がいました。その彼は、とてもやきもち妬きで束縛の凄い人でした。

私が通っていた学校は、駅から20分歩かなければいけませんでした。ある日、車通学している男友達が駅まで送ってくれるといったので、ラッキー歩かなくて済む!と思い、乗せてもらいました。

いつも私は、学校が終わればすぐにメッセージを彼に送っていましたが、ずっと友人といたのでメッセージを送る事を忘れていました。そして、駅で友人と別れてからメッセージを彼に送ると、いつもより遅かったので、とても怒っており、もう別れるくらいの勢いでした。

しかし、私は、友人との時間を過ごしていただけでそれ以上に思うことも感じることもあり得ないのに、どうしてそこまで怒られなければいけないのか理解出来ませんでした。なので、とりあえず、メッセージが遅れたことを謝りました。

しかし、それでも彼は簡単に許そうとはしなかったので、とりあえず「私の学生生活で友人との交流がいかに大切なことか。情報共有がなければ卒業できない。」など、とてもオーバーに言い続けていると、彼も怒りがだんだんおさまってきたのか、納得し始め「言い過ぎた」と言い、とりあえず落ち着きました。

そして「これからは、家に着いたら連絡することにしよう。」と、お互い楽になる方法を見つけました。そして、この件で、別れることはありませんでした。根気強く相手が折れるまで、ひたすら説明し新しく無理のない程度のルールを作り解決しました。

20代後半/サービス系/女性

二度と同じことが起こらないように誓いを立てた

彼氏の家の合鍵を持っていたのですが、飲み会の帰りに無くしていまいました。しかもこれが初めてのことではなかったので、さすがに彼氏も大激怒。

3日間は連絡も無視、もちろん家にも入れてもらえませんでした。もう別れられてしまうと思い、ダメ元で「もう飲み会には絶対参加しません!あなたと以外はお酒を飲みません!」とメッセージを送りました。

すると熱意が伝わり、「もう飲み会には行くなよ」と許してもらえました。今は彼氏と以外はお酒を飲んでいません。

30代前半/フリーター/女性

ひたすら謝り、2度ともう同じことをしないからもう1度チャンスをくださいとお願いした

私が彼の家で、女性物のメイク道具やシャンプーなどを発見しました。彼の浮気を疑った私は、あまりのショックで泣きながら彼を問い詰めました。

しかし、彼は「これは俺のいとこの物だから浮気はしていない!」と言い、喧嘩になりました。そして彼の方から「そんなに俺を信じれないなら別れる」と言われたのです。

私には彼が浮気しているかもしれないという事より、彼と別れる方が辛い事だったので、彼の浮気を疑った事をひたすら謝りました。そして、彼に「付き合っていく上で信頼関係がないと続けていけないからな」と一言言われました。

私が彼を疑って問い詰めてしまった事で、信頼関係が崩れかかっていると反省しました。もうこの先二度と彼を疑ったりしないと固く約束して、だから別れるのだけはやめてほしい、もう1度チャンスをくださいとお願いして、別れを避ける事が出来ました。

30代前半/専業主婦/女性

彼の望むことは何でもすると約束した

昔好きだった人と連絡を取ってしまって、信じられないから別れたいと言われました。

反省して何度も話して携帯を新しくして、連絡先を消しました。彼氏の望むことは何でもするという約束をしてなんとか付き合い続けることができました。

30代後半/専業主婦/女性

【4位】彼氏が許してくれるまで謝罪した

彼氏が許してくれるまで謝罪した

メールでひたすら自分の本心とお詫びを伝えた

彼氏の誕生日にレストランでディナーを予約していたのですが、日にちを間違えてしまい、誕生日をすっぽかしてしまいました…

彼氏は大激怒し、しばらく連絡をとれませんでしたが、ひたすら自分の本心と謝罪を伝えた結果、もう一度誕生日を祝うことで仲直りできました。

20代前半/大学生/女性

素直にごめんなさいと謝り倒して、ぎゅっとハグした

大学生の時に、就活や卒論が忙しくてなかなか彼と会う約束ができず、またメールや電話などの連絡もとれずにいました。

彼からメールで「もう別れるの?」とメッセージが届き、すぐに会おうと返信をしました。約束した場所にはすでに彼が怒って座って待ってました。「ごめん!本当にごめんなさい!」と滑り込むように彼に駆け寄り謝り倒しました。

まだまだ不満たっぷりでしたが、食事をごちそうしその帰りに「いつも待たせてごめんなさい。」と改めて謝り、ハグをしました。彼も「まーしょうがないか。うん。俺もごめん。」と頭を撫でてくれました。

私はなかなか素直に謝ることができない性格でしたが、今回ばかりは放置しすぎて申し訳なくて、自然と「ごめん」がこぼれました。

20代後半/専業主婦/女性

とにかく30分間ほど謝り続けた

いつものように何気なく「運転の仕方荒くて酔うなー」と冗談っぽく言ったところ、もともとあまり機嫌が良くなかった様で車を止めて激怒されました。

そこから日ごろの鬱憤やらが出てきて別れ話にまで発展しました。怒りを抑えるには謝り続けるしかないと思い30分くらいかけて謝り続けました。

30代前半/不動産・建設系/女性

1年間以上に渡って謝罪の気持ちを示した

彼と付き合いだして一週間ほどした時のことです。彼は飲食店で働いていたのですが、そのお店に行った時に私は酔っ払ってしまい、あろうことか他の男の人とキスをしてしまいました。

酔っ払っていたとはいえ、付き合っている人がいる手前軽率な行動をしてしまったと、彼にキレられてやっと我に返りました。それからというもの、私は人が変わったよう彼に対して一直線な人間を演じ、1年以上の時間をかけて溝をうめていきました。

30代前半/医療・福祉系/女性

【5位】彼氏が冷静になるのを待った

彼氏が冷静になるのを待った

時間をおいて冷静になったところで話し合いをした

男友達と遊ぶこともあまりよく思っていないと伝えられていながら、飲み会に誘われてこっそり行ったところ、私の友達経由で彼氏にバレました。

昔からの男友達だったのでその旨を伝えるも言うことを聞いてくれず、数日連絡を取り合うことをしませんでした。1週間程経ったころに、こちらから謝罪と話し合いを持ちかけると反応してくれたので、男友達とどんな関係なのかなどを事細かく説明し、それでも嫌だったらもう会わないようにすると伝えました。

男友達の素性をしっかり理解してくれたようで、彼氏も納得してくれました。ただ、年に数回会うことは許可、常に会うことはダメだという約束をしました。

20代後半/専業主婦/女性

価値観の相違から距離を置かれたが、3ヶ月我慢して相手が距離を戻すのを待った

遠距離恋愛中の彼が次第に連絡を取る回数を減らしてきたことで、距離を置かれていることを実感。共通の友人から「そろそろ別れようかなと相談されたよ」と電話が掛かってきて別れを覚悟したが、肝心の本人からは連絡なし。

たまに楽しくLINEや電話をしていたので、別れたいのかもわからず浮き沈みをしながら3ヶ月。友人と会う機会を利用して電話を掛けて腹を割って話し合いをした結果、不満を全て晒してくれました。

言いたいことを言い合える関係になりたいと話をされて、自分の考えや言葉の選び方を反省。彼が一番気になっていた価値観の相違は、もっと深く互いに突っ込むことを繰り返すうちに消え、すっかり別れるムードが解消。

交際を続けて結婚することができました。

20代後半/公務員・教育系/女性

謝って話し合いそれでもダメなら距離を置きながら見守る

彼の転職後「仕事で一杯一杯なのに気遣ってくれない。このままじゃ彼女として受け入れれなくなる」と真剣に言われました。

あまりにも唐突でしたが追い込んでいた事は謝罪し、「具体的に教えて欲しい」と頼み「自分の仕事の愚痴ばっかりで俺の話は聞いてくれない」「お弁当は作ってくれるのは有難いけど同僚と外食してコミュニケーション図りたいのに残したら文句言われるから困ってる」「夜家で待っててくれるのは嬉しいけど今は残業も多いから重たい」と言われショックでした。

しかし、改善すると約束し1週間後経過した頃「やっぱり無理」と言われたので、「別れる選択肢は一旦保留して欲しい、半年別々に離れて暮らしてみてお互いに話し合おう?」と提案して離れる事にしました。

離れた半年間はこちらからは全く連絡を入れす取らず。周りの友人にお願いし食事や体調不良にならないように適度に声かけをお願いし、1度だけ風邪引いて寝込んだと友人を通じて連絡があったので玄関に薬と栄養ドリンクをかけておいたくらいの影しか見せず、自分磨きに集中して頑張りました。

5ヶ月後に「話がしたい」と連絡があり会う事に。「八つ当たりして悪かった」とお互いに謝り交際を続ける事ができました。

30代前半/医療・福祉系/女性

今は彼に気持ちが無いから、一度距離を置いてお互いの事を干渉しない意識をした

仕事で責任ある立場になった彼はマメな連絡てくれたくなったのですが、それを理解出来ずこちらから何度もメールを送ったら気持ちに余裕がなくなりもう別れてほしい。と告げられました。

自分の事ばかり優先してしまった事に気付いた私は、自分の悪かった点を改める事を告げ、もう一度チャンスが欲しいと伝えると一度距離を置いて頭を整理することにしました。

数ヶ月後、仕事にも心にも余裕が出来た彼から連絡があり、少しずつ、もう一度お互いの事を知っていこうと提案されお付き合いを続ける事ができました。

30代前半/サービス系/女性

【6位】謝罪を理由と共に伝えた

謝罪を理由と共に伝えた

電話で彼を怒らせてしまった理由を自分なりに考え、素直に謝った

会社の飲み会で帰りが遅くなってしまい、連絡をしなかったため遠距離の彼は心配で夜12時をすぎても寝ずに連絡を待ってくれていました。

わたしはそのことを知らず、終電で帰宅し明日の朝、連絡を返そうと考えて寝落ちしてしまいました。すると、1時ごろ彼から電話がありめちゃくちゃ心配したこと、怒っていることを知りました。

その日は夜遅かったのでそのままお互い寝ました。きちんと話して、昨日のことを謝りたいと思い、次の日の夜に電話をして、次からはきちんと連絡を取ること、心配をかけるほど飲まないことを約束しました。

2.3日は機嫌が悪かったですがそこから、1ヶ月間飲み会に行く回数を減らしたので元の関係に戻ることができました。

20代前半/医療・福祉系/女性

自分が悪いことや、どうしてこういうことをしたのかを話して謝った

当時、私は営業で土日休みの仕事、彼は接客業でシフト制の仕事でした。同棲中だったので、毎日会えていたのですが、デートはなかなか出来なかったです。

彼は現場で頑張り、のちにバイヤーになりたいという具体的な目標がありました。なので私もそれを応援したいと思い、出かけたいなどとわがままを言わないようにしていました。

接客業なのでお盆休み、年末年始、一般企業が長期休みになる時が忙しく、彼も連休が取れず残業が多かったです。恋人がいるみんなはデートや旅行してるので、周りに嫉妬したり、寂しい気持ちが強かったです。

それに対して私がぐちぐちと文句を言ってしまったところ、普段温厚で私のわがままに対しても怒らなかった彼が「仕事なんだから仕方がないだろ!今頑張っているのも将来のためなんだから!!」と怒りました。

初めて彼に怒られた私は驚き泣いてしまいました。そして今まで言わずに我慢していた寂しい気持ちが爆発して全部吐き出しました。

そうしたら彼が優しく頭を撫でてくれて、今頑張っているのは将来の私との生活のためだと言ってくれました。そして彼も「寂しい思いさせていてごめん」と言って仲直りできました。

それから私は爆発する前に彼に正直な気持ちを伝えるようにしました。やはり時には喧嘩はしますが、気持ちをぶつけ合うようになれて、さらに仲が深まった気がします。

20代後半/専業主婦/女性

自分の行動の理由と素直に気持ちを伝えて謝罪した

私は彼氏からの気持ちを量りたくなる、ちょっとめんどくさい女なので、別れるつもりなんてないのに「もう別れる!」と彼氏に言い放ちその度に必死で止めてくれるのが、愛されてる実感があり癖になっていました。

頻繁にそんなやり取りをしていた時、彼が「もうわかったよ。そんなに別れたいなら別れよう。俺も嫌いだわ」と一言。

ただ気持ちを確かめたいだけなのに、相手から同じことを言われて、初めてどんな気持ちで今まで必死に関係を続ける努力をしてくれていたかわかりました。

そして素直に、なぜ別れると簡単に言ってしまうのか、本当は別れたくなんかない事、ごめんなさい。を伝えたところ、彼も「言われる気持ちがわかった?」と仲直りすることができました。

30代前半/フリーター/女性

【番外編】その他

その他

ご飯を食べながらお互い正直な気持ちを伝えあった

彼氏の留学で1年間離れていて、戻ってきてからも遠距離でだんだんとお互い気持ちが離れていると感じていました。

きちんと会って話をする時間を設け話すと、彼氏は自分の好きなことばかりして悪いと思いすぎてしまいプレッシャーになっていたと伝えてきました。

私は全く気にしていなかったので、その気持ちを素直に伝え、感じたことは言い合おうと約束をして交際を続けることができました。

20代後半/サービス系/女性

まとめ

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏に嫌われた時の修復方法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女に嫌われたかもしれない編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女に嫌われたかも…男性100人が教える関係の修復方法とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ