彼氏が好きすぎるのに不安…同じ経験を持つ女性100人の助言

彼氏,好きすぎる

彼氏と付き合い始めた時は「彼氏が好きすぎる!」という気持ちになるもの。でも、付き合いが1年、3年、5年と経っても好きすぎる気持ちがそのままでいる女性も多いですよね。

好きな気持ちは良いことなのに、なぜか不安になったり、少し依存気味になっている気持ちを辞めたいと思っている女性も多いのではないでしょうか。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏が好きすぎる時のアドバイスを体験談と共にご紹介しています。

彼氏が好きすぎる時の対処法ランキング

まずは、彼氏が好きすぎる時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏が好きすぎる時の対処法』によると、1位は『想いは吐き出す』、2位は『彼以外の人と会う』、3位は『意識を変える』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏が好きすぎる時の対処法

女性100人に聞いた彼氏が好きすぎる時の対処法では、1位の『想いは吐き出す』が約22%、2位の『彼以外の人と会う』が約16%、3位の『意識を変える』が約14%となっており、1~3位で約52%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏が好きすぎる時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】想いは吐き出す

想いは吐き出す

彼への溢れる想いを日記に綴る

彼氏が好きすぎてついついノロケすぎちゃう人は、日記を書いてそこで彼氏への愛を綴りまくっちゃいましょう。

ネット上のブログやツイッターなど人目に触れる方法ではなく紙に書く日記です。より自分を客観視できるし、他人に色々思われずに済みますよ。

30代前半/金融・保険系/女性

好きな気持ちを相手に押し付けすぎない程度に甘える

彼氏が好きすぎて、LINEの返事が少し遅いだけで不安になるし、心配にもなるし、すごく落ち込んでしまいがちです。

私自身、気持ちを伝えるのがあまり得意な方ではないので、相手もどうしていいのかよく困ってました。それでよく喧嘩になることもしばしば。。

毎度喧嘩していてはどちらもいい思いはしないので、ちゃんと自分の気持ちを伝えるように頑張りました。それからはとても幸せです。

20代前半/メーカー系/女性

気持ちを直接伝えたり、日記に書く

彼氏のことが好きすぎて、友達と出かけると聞いているときでも、女の子がいるんじゃないかと気になってモヤモヤするようになっていました。

素直に彼に大好きという気持ちを打ち明けて、安心させてほしいと言うと、遊ぶときに女の子がいても、その女の子のことを詳しく説明してくれて、大好きと返してくれました。

その他、彼氏のことを大好きな気持ちを日記にぶつけていました。喧嘩したときに見返すと、こんなに彼のことが好きなのに、しょうもないことで喧嘩するのはやめようという気持ちにもなれたので一石二鳥でした。

30代前半/専業主婦/女性

気持ちを分散させるサブ達を用意

好きすぎるということは、彼に気持ちが集中し過ぎているということ。他にも気を向けてみてください。

イケメン俳優、もふもふのぬいぐるみなど愛でる対象は世の中にはたくさんあります。彼以外にも少し愛情を注いでみれば気が紛れるかもしれません。

30代前半/専業主婦/女性

好きな気持ちをきちんと自覚して受け入れたうえで伝える

彼のことが好きなあまりに、嫌われたくない一心で言いたいことも言えずにいたことがありました。その結果我慢を重ねることになり、自分が疲れてしまったことがあります。

結局私は爆発してしまったので、自分の気持ちをきちんと自覚して受け入れたうえで、伝えるべきことは伝えていくことは大切だなと実感しました。

20代後半/マスコミ系/女性

好きすぎる気持ちを不快感を与えずに言葉や行動で伝える

お互い社会人なので、会える時間に限りがあるのは当然のことと思いますが、その分会ったときに言葉や行動で伝えるようにします。

ただ相手に重いと思われないようにしないとなので、その加減が難しいです。あとは会えない時はメールで朝のおはようからおやすみをかかさないことですね。

30代後半/自営業/女性

相手に迷惑かどうかを考えつつ、自分の気持ちを表現する

好きな気持ちはどうしても止められないし、彼氏彼女の関係になっているなら、相手に好かれて嫌なことはないと思います。なので、相手にその気持ちを言葉で表現するようにしています。

あの俳優が好きなのはあなたに似ているから、とか、出会えて本当に良かった、とか。もちろん言いすぎかどうか、顔色には気を遣います。

30代後半/医療・福祉系/女性

【2位】彼以外の人と会う

彼以外の人と会う

身近に居る男性が彼だけにしないようにする

彼氏が好きで仕方ない日々が続き、連絡を頻繁に取るなど監視をするようなことをしてしまい、自分自身の気持ちも不安定な日々が続きました。

毎日が辛く、私は依存してしまう体質だと考えました。なので、1人の人に依存してしまうと負担がかかり、自分も辛くなるので遊び相手を見つけることを考えつきました。

身近な男性が複数側にいることが安心感に繋がり、心に余裕が生まれて依存する気持ちを分担できるため、本命の彼とうまく付き合う日々を手に入れました。

30代前半/サービス系/女性

彼氏は大切にはするけど周りとの関係も大切にする

彼氏が好きすぎて友達との遊びも断ったりしてしまうと疎遠になってしまいます。

そうならないためにも、彼氏との時間は大切にしつつ、友達付き合いもしっかりして楽しんだほうが何かあったときに助けてくれて安心できるようになりました。

30代前半/専業主婦/女性

依存しすぎないよう友人との時間も増やす

彼氏のことを好きすぎると、嫉妬深くなったり連絡が遅かったりしただけで、拗ねたり彼氏からしたらめんどくさい女になってしまっていました。

そういう時に、友人との楽しい時間をたくさん作ってちょっとでも彼氏のことだけになりすぎないようにしたら、自然と依存しすぎなくなりました。

20代前半/大学生/女性

厳しい友達とご飯に行って喋り倒して、意見をもらう

彼にもらったネックレスをずっと触っていないと落ち着きませんでした。会っているときはとても幸せなんですが、イケメンでモテる彼だったので離れると色々疑ったり、悪いことを考えて一人落ち込んでいました。

そんな時、ズバッときついこともハッキリ言ってくれる友人がいました。いつもその子にはきついことを言われてましたが全部事実でしたし、頭が整理され冷静になれました。確実に彼には依存していました。

30代後半/自営業/女性

彼氏以外の人と過ごす時間を増やす

私は、昔付き合っていた彼氏に「重い」と言われ振られたことがあります。それは、彼氏のことが好きすぎるあまり、相手に依存してしまい何をするにも彼氏優先で、彼氏中心の生活を送っていたからです。

振られた後に感じたことは、彼氏中心の生活を送っていたがために、勉強や友人関係を後回しにしていたということです。なので、その反省を生かし、次の恋愛からは相手といる時間も大切にしつつ、友人とご飯にいったり、バイトに励んだり、彼氏以外と過ごす時間を増やすようにしました。

すると相手に依存することなく程よい距離感で彼氏と過ごせるようになり、「重い」と言われることもなくなりました。

20代前半/大学生/女性

【3位】意識を変える

意識を変える

「信じてあげなければ信じて貰えない」を意識する

今では旦那となり落ち着きましたが、誰と連絡取り合っているのか、電話の相手は誰なのか等色々考えた時期がありました。(メンヘラ並に、、笑)

ですが、旦那はよく言います。「信じてあげなければ信じて貰えない」と。それを聞いて、あぁ、この人と結婚してよかったなと感じました。

今ではお互いの距離も関係も丁度よく、子供も産まれたので仲良くやって行けるかと思います。

20代前半/専業主婦/女性

尽くしすぎると良い結果を招かない

彼氏が好きすぎて、尽くしすぎていました。彼氏に呼ばれれば、タクシーで駆けつけたり、土日は一人暮らしの彼氏の部屋の掃除をしたり、一週間分の作り置きをしたり。

あまりに尽くしすぎたせいで、彼氏の方も私なら何をしても許してくれると思ったのか浮気されてしまいました。あまりに尽くしすぎるのもよくないことを学びました。

30代前半/サービス系/女性

考えても好転しない時は考えない努力をする

遠距離をしています。会いたい時に会えず、もどかしい気持ちになることがよくあります。

しかし、2人の距離感が近づきすぎると、うまくいかなくなってしまうので、考えすぎてしまう時は、友達と出かけたり、一人で熱中できることをしたりして、彼氏のことを考えないようにしました。

20代前半/医療・福祉系/女性

好きでも執着しない、見返りを求めない

彼氏の事が好きが故に返事が遅いと不安になったり、本当に私の事好きなのか、期待と見返りを求めた事あるかと思います。私も過去に散々経験してきました。

しかしそれは自分のエゴから来る行動で彼氏の価値観を理解していない行動になると気づきました。
「好き」という気持ちを残しつつ、人間が誰しも持っている期待と見返りを求めないという事をしてみてください。自分がしている行動は何かを求めてではなく、したいからしていると置き換えるととても楽になれます。

もし、何かしらで不安になった時は「自分の事」をしてください。趣味でも勉強でもいいです。そうすると時間を忘れ、行き過ぎた「好き」を抑制でき自分のことも彼氏の事も広い目で見れるようになれますよ!

30代前半/IT・通信系/女性

【4位】自分磨きをする

自分磨きをする

好きな気持ちを喜ばせたい気持ちに変換する

好きすぎて何も手につかないことがありました。でもそんな時は、彼に喜んでほしいと考えているので、プレゼントをあげたり、マッサージしてあげたり、料理を作ったりしています。

特に料理だったら、私自身得意じゃないし普段なら絶対に作りたくありませんが、こういう時こそ作っています。ついでに自分磨きにもなります(笑)

20代前半/大学生/女性

1人でも楽しめるダイエットと身体作りを始めた

私は彼氏が好きすぎてすぐ不安になったり、束縛したくないのにしてしまう自分がすごく嫌でした。

余裕を持って彼とお付き合いできるようにならなくてはいけないと思い、一人でも楽しめるもの、趣味を探し始めました。そこで私がはまったのがトレーニングです。

綺麗になりたいと思い、ダイエットと身体作りをし以前より自分に自信もついて束縛することもなくなりましたし、彼との距離感も近すぎず遠すぎずちょうどいいものになったと思っています。

何より自分の気持ちが疲れることがなくなり良かったです。

20代前半/サービス系/女性

彼の為に自分磨きで時間を費やしていると思えば一人の時間も苦では無くなった

私は独身時代の彼があまりにも大好きで、夜に家に帰らなければいけない時も悲しくて親の前で涙が出てきてしまうほどでした。

マメな彼だったため、比較的メールの返信も早く返してくれたので仕事で返信がもらえないときはしょうがないのはわかっていたけれど、とても寂しく常に彼のことを考えていました。彼は誰にでも優しかったので他の女の子と連絡を取ることもとてもイヤですごく怒ったりした時もありました。

私が女性に関してはとても厳しく言っていたせいか、一度彼に浮気をされてしまったことがあります。でも彼に対する怒りよりも相手の女性の方に怒りが行ってしまうほどでした。

その一件以来、自分が追うだけだと彼の気持ちが無くなってしまったらそれで終わりになってしまうということを実感しました。それなら彼に夢中になってもらえるように自分を磨こうと考えました。

「自分を磨く」とカッコよく言っていますが、身近なことを見直していくという感じでした。姿勢、服装、体型維持、仕草、彼だけではなく、誰からにも魅力的に見えるように頑張りました。そうすると自然と彼との時間だけではなくて自分の時間も大切にできるようになりました。

彼の為に自分の時間を費やしていると思うと自然に頑張らなきゃと思えるようになり、一人の時間が楽しくなったのを覚えています。そしてそれからいろいろなことに興味を持てるようになり、彼のことだけではなく前よりも明らかに視野が広くなった自分を実感しました。

彼氏を好きすぎるのは間違いなことではないと思います。むしろ大好きになれる人がいることは私はいいことだと思ってます。ですが、その「好き」の気持ちにしばられるのではなくて、「好き」の気持ちを彼の為にいろいろなことに挑戦するエネルギーに変えてみてはいかがでしょうか。

30代前半/専業主婦/女性

料理にハマると全てが改善された

遠距離恋愛なのですが、ある時期に彼氏のことが好きすぎて会えない時間が長くなると電話で泣き喚いてしまうことが多くなってしまいました。

彼も同じ気持ちだけどどうしようもないから、困らせたくない一心で気持ちを紛らわす方法を探しました。

そんな時友人が料理にハマっていると聞き、どうせ暇なら、と思い自炊にこだわり始めてみました。おいしいものを食べると幸せになれるし、時間も早く過ぎていき明日は何を作ろう?と毎日ワクワクするようになりました。

何よりやっと彼に会えた時に手料理を振る舞ったらとても喜んでくれたんです。一石二鳥の趣味ができて本当に良かったです。

20代前半/大学生/女性

【5位】彼の立場になる

彼の立場になる

常に相手の気持ちを考え思いやりを持つ

彼氏のことが好きすぎて、自分自身を見失ってしまったことがあります。

一緒にいる時間が長いと当たり前になってしまうことが多く、気づかないうちに相手に依存してしまっていたり、相手を縛ってしまっていることに気づきました。

お互いを思いやり一緒にいる時間も大切にしつつ、自分たちの趣味を楽しむ時間も大切だなと感じました。

20代前半/専業主婦/女性

言葉で気持ちを伝えすぎないように気を付けた方がいい

付き合い初めは彼氏の気持ちが大きかったんですが、いつの間にか私の気持ちの方がはるかに大きくなりすぎ、彼氏中心の生活になってしまいました。

友達からは『少し他の物に目を向けた方がいいよ』とのアドバイスをもらった事があります。確かに当時はのめり込む程の趣味も無く、今思うと彼との付き合い事体が趣味だったのかもしれません。

彼氏にも私の気持ちがマイナスに届いてしまい、「重い」と言われた事があります。ショックではありましたが私自身自覚が無かったので正直どうすればいいのか分からない状態でした。

結果お別れしてしまいましたが、その後復縁しまたお付き合いすることになりました。その別れていた時間が私の考え方を変えるきっかけになったようです。いい感じに冷めたと言うべきなのかは分かりませんが、もう少し視野を広げようという気持ちが芽生え前回よりは楽にお付き合いすることが出来ました。

恋人だからといってもある程度の距離は必要だと学ぶことが出来ました。

40代前半/金融・保険系/女性

好きすぎる気持ちが相手に伝わると引かれる場合があるので気持ちを全面に出しすぎない

相手のことが大好きで尽くしたくなり、料理や掃除、モーニングコール、プレゼントなど色々していました。

最初は喜んでくれていましたが、段々と彼女というより母親のような立場として見られてしまい、気持ちが重いと感じると言われてしまいました。

当時お互い一人暮らしだったので、彼もある程度の家事は出来ます。良かれと思っていたことが、「してあげてる」と私自身思っていたのかもしれません。

その後、お互いの生活に踏み込みすぎず外デートを増やしたりするようにしました。私も彼も自分の時間も持つようになり、会う時とそれぞれで過ごす時のメリハリがつくようになったと思います。

30代前半/専業主婦/女性

気持ちを落ち着かせて客観的に自分を見る

付き合っている相手のことが好き過ぎる時期が付き合って半年が経った頃でした。

好きすぎが故に気持ちの抑揚が激しいかったので、とにかく自分自身を客観視することで気持ちを落ち着かせることを意識しました。

「今の自分は、自分が男性だとしても付き合いたい女性か?」など、自問自答を繰り返します。少しづつ自分を客観的に見れるようになるしかありません。

20代前半/医療・福祉系/女性

【6位】自分の時間を持つ

自分の時間を持つ

彼氏一筋になると彼が重たく感じしんどくなるので、彼以外に熱中できるものを見つける

彼の事が大好き過ぎて、彼から連絡がなかったりlineを既読無視されると不安になり居ても立ってもいられない状態がお付き合いして1年ほど続きました。

私はあまり残業がないのですが、彼が残業で帰りが遅い時は酷く寂しく感じ、拗ねたり今考えると仕事で疲れている彼に対して凄く面倒で重たい女だったと思います。

友人からも「重たすぎじゃない?」と指摘されたので、少し彼から離れられるよう、カメラという趣味を見つけ、彼が仕事や出張で不在の時はカメラ片手に一人旅したり友人と絶景巡りをするようになりました。

そうする内に、以前は若干お前面倒臭いぞと言いたいオーラを出していた彼が、逆に私に対してデレデレ甘えてくるようになったのです。今は程よい距離感を保っています。決して彼だけに依存するのではなく、自分の時間をもつことの大切さに気付きました。

20代後半/公務員・教育系/女性

一人の時間もちゃんと楽しんで!

彼と私の家が遠距離まではいかなくても車で1時間近くかかるので、休みじゃないとなかなか会えないのがつらいです。

好きだからもっと会いたい、なのに会えない。会いたいって言ったら、よっぽどのことがない限り来てくれるのはわかってます。でも、疲れているであろうから我慢。

辛くて辛くて何度も泣いたり友人に愚痴ったりしました。私だけなのかな、こんなに好きなのは・・。好きすぎるあまり、もっと会いたい・ずっといたいって気持ちが大きかったことがありました。

でも、これってだめだ!彼に依存しかけてる!!と思い、自分の時間を使って趣味に没頭したり部屋の模様替えとか掃除とかしてみたり、ひとりでも大丈夫なように一人の時間を有効に過ごすようにしました。自分の趣味に没頭したせいか(趣味は物を作る事)彼の事ばかり考える時間が減ってきました。あ、もちろん、好きなことはかわりないですよ。

「好きすぎる」ことは別に悪いことではないと思います。でも、それで自分がおかしくなるのはダメだと思います。一人でも楽しく過ごせるように、自分の時間を作って、楽しく過ごすことも大切だと思います。

40代前半/フリーター/女性

とにかく大好きな気持ちを伝えつつ何かに熱中してみる!

私は今までの彼氏に対しては、そっけない態度をとることの方が多く、自分から別れを告げることも多かったのです。

しかし、今の旦那でもある彼氏が、ものすごく好きすぎるあまり、はじめはそっけない態度だった私も、ラインがないと不安になり、だんだんラインの頻度も上がっていき、夜はラインがないと寝られなくなりました。

その後も彼が寝てたら夜は電話を諦めていたのですが、だんだん彼が寝てたら無理やり電話をとるまで掛けたりもしていました。(今考えると怖い女かもしれません。。)

女の子と遊びに行くのも知った上でないともちろんダメで、知った上でも不機嫌になっていました。そんな彼にも何回か電話をとらないといけないという、気持ちにさせてしまったため、自分の遊ぶ時間がないと言われたり、束縛しすぎだと指摘され、何度も喧嘩してきました。

何度喧嘩しても治りませんでしたが、同棲してみると彼の仕事の忙しさもわかるようになり、束縛しすぎたと反省するようになりました。

その後、もちろん彼への好き度は変わらなく、むしろもっと高くはなったのですが、彼においしいと行ってもらえる料理を作ってあげたい!と思ったり、彼の仕事は忙しいから私が洗濯はしておこうと思ったり、趣味を作ってみようと思えました。

趣味も無理矢理作ろうとしている時は、どの趣味にも飽きて結局彼に依存しまくっていたのですが、趣味ができない時はできるまで、彼は見なさそうな録画したテレビをひたすら観たりして充実して過ごすうちに極度な依存も無くなりました。

20代前半/金融・保険系/女性

【7位】適度な距離を心掛ける

適度な距離を心掛ける

のめりこんでしまうと傷つくので適度な距離を保って

彼氏を好きすぎると、相手に何かしてあげたい。尽くしたいという気持ちがたくさん湧いてきて、相手が困るなど全く思わずに連絡したり行動してしまったりします。そうなると相手からは鬱陶しがられ距離を持たれてしまいます。

私も、仕事が終わると相手の仕事状況を気にせずに電話をかけていました。どんどん会えない時期が続き、どこに気持ちを向けていいのかわからなくなり、しんどい思いをしましたが、ふと何かの瞬間にこれではだめだ〜と思い自分からの連絡を控えるようにしたら、なんと彼のほうから連絡を取ってくれるようになったのです。

やはり相手に気持ちをどんどんぶつけるだけでは負担になるので、適度な距離を保つことが大切だと思います。

40代前半/専業主婦/女性

程よい距離感を保つことで良い関係性ができる

自分は冷静だからと思い込んでいたけど、実際は彼氏の事になるといてもたってもいられなかったです。同じ職場たどいうこともあり、同僚の女性従業員だけでなく男性従業員と彼が談笑してるだけでも気になって仕方なかったです。

女性と話しをする時だけでなく、彼が男性と話ししてる時に同性同士ならではの楽しそうな雰囲気を見てると、私には見せない弾けた笑い声が次第にストレスになってしまうくらい、男性と会話してるのを見てもヤキモチを妬いてました。

その事を女友達に打ち明けると、「アンタも私と話してて凄い楽しそうじゃん。それと一緒じゃないの?」の正論を言われてハッとしました。全てではなく、程よい距離感を保つことで良い関係性が維持できると思うようになれました。

30代後半/流通・小売系/女性

好きすぎて周りが見えていないので、無理やりでも周りを見る

付き合いはじめた時は、いつも一緒に居たい気持ちから、一番に彼氏との時間を優先してしまいました。

私の重さが原因で別れてから、冷静になって自分を見つめ返してみると、家族との時間や友人との時間を持つことも必要だと思い知りました。もしそれが出来ていたら別れていなかったのかも…

40代前半/専業主婦/女性

【番外編】その他

その他

自分の気持ちを抑えつつうまく誘導する

まず連絡を頻繁にしないことです。好きで夢中になればなるほど積極的になりがちで、相手を求めてしまいます。ですが実際に行動するときは真逆にすると良いです。

少しそっけないくらいがちょうどよいです。もちろん愛情表現はきちんとするし、あなたが特別よということは言動でも行動でと伝えた上での話です。

30代前半/専業主婦/女性

依存しすぎないように気をつけて束縛をしない

彼氏が好きすぎて、休日は自分と会って欲しいなと思ったり、連絡が帰ってこないとものすごく不安になったり、やきもち焼きになったりしてしまいます。

でも、それをしすぎてしまうと依存しすぎで重い女になってしまうから、気を紛らわせるように自分の好きなことしたりしてます。依存しすぎないように気をつけることで、相手を好きなあまりに束縛してしまうことが防げると思います。

20代後半/フリーター/女性

【参考記事】彼氏に不安を感じる時の解決法まとめ

以下の記事では、総集編として彼女に不安を感じる時の解決法をまとめていますので、是非あわせてご覧ください。

【総集編】彼氏に不安を感じたら読んで欲しい解決法まとめ

まとめ

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏が好きすぎる時のアドバイスを体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女が好きすぎるのに不安編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女が好きすぎるのにつらい…経験した男性100人の助言

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2019年09月25日~10月10日
回答者数:100人

みんなのコメント

まだコメントがありません。
是非、あなたの意見や体験談などを教えてください!


コメントはfamico編集部の承認後に表示されます。常識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や誰かが傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。