彼女が細いので心配…男性100人が彼女を改善させた方法

彼女,細い

彼氏の事は大好き。でも、細すぎるのだけは心配だからどうにかしてほしい…と思っている男性も多いのではないでしょうか。

体型というデリケートな問題だからこそ、世の中の彼氏が実際に試して効果のあった彼女が細すぎる場合の改善方法を知りたい方も多いはず!

この記事では、彼氏100人による彼女が細い場合の改善方法を体験談と共にご紹介しています。

この記事はfamicoが独自に制作しています。記事の内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/02/01時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

細い彼女を改善した方法ランキング

まずは、細い彼女を改善した方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた細い彼女を改善した方法』によると、1位は『外食の回数を増やした』、2位は『一緒に運動をした』、3位は『手料理で改善させた』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた細い彼女を改善した方法

女性100人に聞いた細い彼女を改善した方法では、1位の『外食の回数を増やした』が約27%、2位の『一緒に運動をした』が約24%、3位の『手料理で改善させた』が約22%となっており、1~3位で約73%を占める結果となりました。

それでは、項目別で細い彼女を改善した方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】外食の回数を増やした

外食の回数を増やした

料理を磨いて、外食にも連れて行った

出会った頃から少食ではありましたが、以前よりも腕や脚に脂肪がついていないのでとても心配していました。

少しは太って欲しかったので、手料理を振る舞ったり美味しいお店に連れて行ったら、あっと言う間に健康的な体型になりました。

20代後半/サービス系/男性

彼女にはなるべく甘いものを食べさせようとした

私自身が当時いわゆるメタボ体系でした。彼女は私より身長は一回り低く、150cm半ばでさらにはやせ型ということもあり、一つ間違えたら怪我をさせるのではないかと心配していました。

そのため、私自身がまずはダイエットをしたのですが、家系なのかある程度痩せてもどちらかというと細マッチョではなくゴリマッチョのような体系になり心配の根本的な解決とはなりませんでした。笑

彼女には当時私が趣味でハマっていたシフォンケーキを週1ペースで食べさせると同時に、私と一緒に軽くではありますが筋トレをさせるようにしていました。

彼女は食べることは好きだったのでシフォンケーキを食べることは拒否なくできたのですが、運動は苦手ということもあり根気強く進めたり頑張ったらケーキ2個などのご褒美なども用意して、結果として前よりも肉付きがよくなりました。今は女性の平均体重に近づいたとのことで安心することができました。

30代前半/医療・福祉系/男性

デート時に彼女の好きなものがあるお店を予約するようにした

身長が高くスタイルも良かったのですが、ダイエットを始め、極端に痩せてしまいました。そこで、デート時に彼女の好きな物がある飲食店を予約し、数多く足を運びました。

これまで以上に出費は多かったですが、平均的な体重になり、今では結婚し子供にも恵まれ幸せな家庭を築けています。飲食店へ足を運んだ事はあまり覚えていない様で残念ですが…

20代後半/金融・保険系/男性

色々な美味しいご飯屋さんに連れていき、デブ活させた

身長は私とほぼ変わらないのに、私との体重の差は15キロでした。

これはさすがにまずいと思って、デートがてらおいしい料理をたくさん食べさせました。今思えば意地悪だったかなと思っています。笑

でも、今はほぼ標準体重まで持って行くことができたので良かったです。

20代前半/大学生/男性

意図的に食生活を一緒に変えていく

私の彼女は、かなり痩せ型で腕など見るとびっくりするほど細く、今にも折れてしまうのではないかと思うほどでした。

そのため、もう少し体に肉をつけてほしいなと思い、デートするときは毎回量を多く食べることのできるバイキング形式のレストランなど意図的にチョイスし、たくさん食べてもらうように心がけました。

すると、向こうも食事に興味が出たようで、今ではしっかり食べて、それなりには標準的な体型となってくれました。

20代前半/大学生/男性

【2位】一緒に運動をした

一緒に運動をした

一緒に軽い運動から始めた

元々細身の彼女でしたが、仕事でのストレスから食事の量が減り、さらに細くなった時期がありました。

風邪を引きやすくなり、冷え性がきつくなったようだったので、週末に外へ連れ出して簡単な運動から一緒に始めました。

ウォーキング、ジョギング、テニスと身体を動かすと少しずつではありますが食事の量も増え元に戻ってきました。

30代前半/IT・通信系/男性

一緒に運動で汗をかき一緒に食事する

あまり彼女の体型には口出ししないほうですが、痩せてから「食欲がない」「元気がでない」との事だったので、このままでは彼女が倒れてしまうと心配になりました。

まずは私が趣味でやっているランニングに誘ってみました。天気が良い昼下がりに、景色の良い公園のランニングコースをゆっくり走り、時にウォーキングしながら5キロ程走りました。

彼女はクタクタになりながらも爽快な気分になり、疲れてお腹もペコペコになったので、ステーキ屋へ一緒に行きました。ヒレステーキを注文(牛ヒレ肉は低脂質、高たんぱく質でヘルシーで食べやすい)二人であっという間に間食しました。

彼女は次第にランニングにはまり、今ではフルマラソンを完走するまでになりました。きっかけは気分転換のランニングです。今では運動とバランスの良い食事を心がけ、すっかり健康です。

30代前半/流通・小売系/男性

一緒に気軽にできるスポーツに誘った

高身長で細いという彼女とお付き合いをしたことがありましたが、冬場はそこまで気にならないにしても、夏場のように肌の露出がある程度多くなる時期になるとそれが顕著になり、それを心配してストレートに聞いたことがありました。

本人は大丈夫と言っており、影響はないように言っていましたが、相手方のご両親はそれを心配にしていたことを知っていたので、何かしらいい方法がないかと考えました。

自分も彼女も「スポーツ観戦」が好きだったので、まずはそのスポーツ観戦に連れていくことにしました。

その中で「あの競技おもしろそうだからやってみない?」とさりげなく誘ってみれば、意外にそれに乗っていただいたので、それを二人ですることにしました。

実はそれが自転車競技なのですが、実際に行うための基礎体力が伴っていないので、手軽にできる筋トレからスタートをしました。

それに伴う食事管理など続けているうちに細かった彼女もそれなりに体重や筋力が増え、最終的に1年後にはは「部活やる高校生の体格」くらいになってくれたので、結果はオーライです。

ジムとかに通ったわけではありませんが、きっかけ1つでここまで変わるとは思わなかったので、持ち掛けた自分でもびっくりしているくらいです。

30代後半/マスコミ系/男性

頻繁にジョギングや、遠方での散歩に連れ出した

彼女は出会った時から痩せていたのですが、話を聞いてみると社会人になってからグッと痩せたとのこと。

もともと彼女はスポーツなど運動をほとんどしたことがないと言っていたのを思い出し、頻繁にジョギングや、遠方での散歩、アウトドアレジャーに連れ出すようにしました。

また、スポーツや、アウトドアでしっかり体を動かした後の食事が格別なことを知ったことで、食に対する意識がぐっと高まりました。今では、健康的な体型になり、食事にも出会った時とは比べられないくらい前向きになってくれました。

30代前半/IT・通信系/男性