彼氏が喜ぶ財布のブランド20選!男性100人のおすすめを紹介

彼氏財布

記念日や誕生日など、彼氏へのプレゼントとして財布を贈りたいときってありますよね。

せっかく贈るプレゼントだからこそ、彼氏が本当に喜ぶ財布をプレゼントしたいと思う女性も多いのではないでしょうか?

この記事では、男性100人が喜ぶ財布のブランド20選を理由と共にご紹介しています。

この記事はfamicoが独自に制作しています。記事の内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/02/01時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

彼女にプレゼントされると嬉しい財布のブランドランキング

まずは、彼女にプレゼントされると嬉しい財布のブランドランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女にプレゼントされると嬉しい財布のブランド』によると、1位は『Louis Vuitton』、2位は『Gucci』、3位は『BVLGARI』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女にプレゼントされると嬉しい財布のブランド

男性100人に聞いた彼女にプレゼントされると嬉しい財布のブランドでは、1位の『Louis Vuitton』が約18%、2位の『Gucci』が約14%、3位の『BVLGARI』が約12%となっており、1~3位で約44%を占める結果となりました。

それでは、ブランド別で彼女にプレゼントされると嬉しい財布のブランドを理由と共にご紹介していきましょう。

【1位】Louis Vuitton

Louis Vuittonのエピシリーズです。ダミエやモノグラムは見てすぐLouis Vuittonの財布だとわかります。
ですがエピシリーズはシンプルでよく見ないとLouis Vuittonの財布だとわからないところに魅力を感じます。

シンプルなのでどんな年代の男性にも合う財布だと思います。Louis Vuittonというハイブランドの財布を持ちながらも、強調しないところに大人の余裕を感じる財布だと思います。

そして丈夫で長持ちします。デザインがシンプルで長持ちする財布なので使っていて愛着が湧きます。それが大切な彼女からのプレゼントだと尚更、愛着が湧き、嬉しいです。

20代後半/不動産・建設系/男性

 

昔から有名なブランドで憧れを持っていましたし、幅広い年代に人気のブランドで、誰が持っていても、注目しますし、誰が見ても格好良いです。

デザインが良く、長持ちするので、彼女からプレゼントされたら、とても嬉しいです。

20代後半/サービス系/男性

 

昔のような茶色系のモノグラム一辺倒とは違ってマテリアルやデザインがすごくモダンになっており、飽きがこないのが今のルイヴィトン。

村上隆やsupremeのようにコラボ商品にも力を入れており、もらってうれしいだけでなく、プレゼントする側のセンスに対しても好印象を持ちます。

30代後半/サービス系/男性

 

デザインが洗練されており、誰もが価値を認識出来る。

製法や耐久性の面でもコーチ等よりやはりワンランク上だなぁと感じます。もちろんコーチの製品も好きなので何点か所有しておりますが、総合的により高貴な雰囲気は?となったらやはりルイヴィトンだと思います。

30代後半/公務員・教育系/男性

 

有名ブランドで、周りに見られても恥ずかしくないブランドだと思います。

値段が高価なので簡単には買えない物をプレゼントしてもらえたら、彼女のことを今まで以上に大切にしなくてはならないと思うからです。また、高級ブランドなので、長期間使用できることも、嬉しい理由の一つです。

20代後半/金融・保険系/男性

【2位】Gucci

高級なもので、もっているとステータスとなるからグッチをもっていたいです。自分の父や兄ももっているので昔からあこがれもありました。

黒い生地にしっかりした高級感があって好きです。そして手にしっくりくるサイズ感もよいです。

30代前半/自営業/男性

 

誰もが知ってるブランドで高すぎず安すぎず無難です。

あまり高すぎるブランドの物を貰ってもちょっと重いと感じる方なので、彼女からプレゼントされるならこのくらいのちょうどいい感じがセンスあるなって思います。

30代後半/流通・小売系/男性

 

古くから親しまれている有名なブランドであり、年配者から学生までグッチという存在感は他のブランドよりも別格です。

そんなグッチを持つ所有感も満たされるし、何よりもライフスタイルの中にブランド物があるのはモチベーションとしても違ったものになります。

40代前半/自営業/男性