彼女が嫉妬深い…同じ経験を持つ男性100人の上手な対処法

彼女,嫉妬深い

彼女と付き合っていると、段々と彼女の嫉妬深さに疲れてきてしまう事ってありますよね。喧嘩も多くなってきて、別れを考えてしまう事も…

普段は大好きな彼女だからこそ、嫉妬深い彼女に上手に対応して円満に付き合っていきたい男性も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女が嫉妬深い場合の対処法を体験談と共にご紹介しています。

この記事はfamicoが独自に制作しています。記事の内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/01/04時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

嫉妬深い彼女の上手な対処法ランキング

まずは、嫉妬深い彼女の上手な対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた嫉妬深い彼女の上手な対処法』によると、1位は『好意を繰り返し伝えた』、2位は『彼女を安心させた』、3位は『嫉妬の原因を排除した』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた嫉妬深い彼女の上手な対処法

男性100人に聞いた嫉妬深い彼女の上手な対処法では、1位の『好意を繰り返し伝えた』が約38%、2位の『彼女を安心させた』が約28%、3位の『嫉妬の原因を排除した』が約19%となっており、1~3位で約85%を占める結果となりました。

それでは、項目別で嫉妬深い彼女の上手な対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】好意を繰り返し伝えた

好意を繰り返し伝えた

普段から彼女に思いきり愛情表現をする

彼女以外の女の子と2人きりで遊ぶことはありませんが、飲み会や同窓会などの集まりごとでは必ず嫉妬されます。

そうされないためにも、普段から彼女に思いきり愛情表現をして相手に信用されることが大事だと思って行動しています。お互いが疑いの余地がなくなれば少しでも嫉妬は減ると思います。

20代前半/不動産・建設系/男性

とにかく彼女のことを抱きしめて大好きと言う

飲み会などに参加するたびに嫉妬して喧嘩をしていました。

なぜそんなに怒るのか分からないので尋ねると、他の女の人に取られそうだからという回答が返ってきました。

そういうこともあり、何か怒っているなと感じれば理由を聞き、抱きしめて一言言ってあげることが大切なんだなと思います。

30代前半/医療・福祉系/男性

嫉妬されても軽く受け流しつつ愛情表現をする

会社の飲み会や、ちょっと夜食を食べに行っただけで、かなりの嫉妬をしてきます。当然、女性と二人きりでとかはまったく無く、数人で行っても嫉妬されます。

自分は行ってないのに、あなただけ飲み会いいなーとか、時には口もきいてくれないこともありますが、その時は、黙ってはいはいって感じで受け流しています。

そのあとにまったりする時間を作って、ごめんね。また今度一緒に行こう!って頭をなでて抱きしめます。それで解決です。当然、本当に一緒に行きました。

30代後半/不動産・建設系/男性

【2位】彼女を安心させた

彼女を安心させた

隠し事をしないようにしたら信頼されるようになった

付き合っていた彼女が嫉妬深く、大人数の飲み会に女の子がいたことがあとからわかると実は浮気願望があるんじゃないかとか嫉妬されて喧嘩になり大変でした。

そこで、職場にいる女性が彼氏持ちだとか、飲み会に女の子が何人来るとか、その女の子の見た目が可愛くない(ごめんなさい)など、あらゆることを隠さず話すようにしました。

すると、彼女の嫉妬深さも段々なくなり円満になりました。

30代後半/メーカー系/男性

彼女の嫉妬心を深く理解し、満足させてあげる事に注力した

以前お付き合いしていた彼女は、嫉妬心が強い方でした。

彼女の嫉妬心を充足させることに力を注いだ結果、徐々にその嫉妬心は和らいでいきました。具体的には、とにかく彼女の話を反論せずに聞くことです。

1時間掛かろうが、2時間掛かろうが、ひたすら聞きます。そのあとで、彼女がその嫉妬心は杞憂に過ぎないということに自身が気がつくように気持ちを誘導する会話を繰り返します。

結果として、彼女は自分自身でその嫉妬心は無駄であると気がつきました。

40代前半/医療・福祉系/男性

女性の友達の連絡先を彼女の目の前で削除し続けた

会社の同僚でも学生時代の友人でも、女性と連絡を取るだけで不機嫌になり毎回喧嘩になりました。

理由を聞けば泣きながら嫉妬していることを教えてくれるので、その都度関係を説明しましたが理解してもらえませんでした。

学生時代の女性の友人には事情を説明してラインを消してもらいましたが、会社の同僚はそうもいかず別のSNSを彼女に内緒で登録してそちらでやり取りすることにしました。

同僚とはそれ以上の関係はありませんが、彼女に内緒で連絡を取り合っているようでとても嫌でした。

40代前半/サービス系/男性