彼女の男友達に嫉妬する…同じ経験を持つ男性100人の対処法

彼女,男友達,嫉妬

彼女との交際中、彼女と男友達の関係に嫉妬してしまう事ってありますよね。適度な嫉妬であれば可愛いものの、あまりに追い詰めてしまうと別れを考えてしまう事も…

普段は大好きな彼女だからこそ、男友達に嫉妬をしない方法や、嫉妬をしたとしても上手に伝える方法を知りたい男性も多いのではないでしょうか。

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女の男友達に嫉妬してしまう時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

この記事はfamicoが独自に制作しています。記事の内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/02/01時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

彼女の男友達に嫉妬した時の対処法ランキング

まずは、彼女の男友達に嫉妬した時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女の男友達に嫉妬した時の対処法』によると、1位は『見て見ぬふりをした』、2位は『正直に気持ちを打ち明けた』、3位は『自分も女友達と遊んだ』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女の男友達に嫉妬した時の対処法

男性100人に聞いた彼女の男友達に嫉妬した時の対処法では、1位の『見て見ぬふりをした』が約23%、2位の『正直に気持ちを打ち明けた』が約19%、3位の『自分も女友達と遊んだ』が約14%となっており、1~3位で約56%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女の男友達に嫉妬した時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】見て見ぬふりをした

見て見ぬふりをした

歯をくいしばって気にしてないフリをした

年下の彼女は仲の良い異性の友人がいました。メール、電話はもちろん、お互いの恋愛相談なんかもしてたようです。

嫌でしたが、年上の僕が『やめてくれ』とは小さい人間に思われそうでしたので、全く気にしてないフリを続けていました。

20代後半/流通・小売系/男性

嫉妬しながらも我慢していたら時間が解決した

高校生の時、彼女には小学校から同じの男友達がいてその男友達の子と3人で遊ぶことが多かったです。

2人が昔話などをしているところを見て、自分の知らない過去をこの男の子は知っていると思うと嫉妬していました。

ですが、その男の子に彼女ができると、逆に相手の彼女が嫉妬をするようになり次第にその男友達の子とは疎遠になっていきました。私の場合は時間が解決したのかなと思います。

30代前半/不動産・建設系/男性

とにかくグッと堪えて平静を装った

昔付き合った子で、とにかく男友達が多い割に全くその男友達達を私に紹介してくれない子がいました。

彼女の意図はわからなかったですが、こちらは何でだろう?という気持ちが大きくなっていきました。次第に何でだろう?が何かあったからじゃないのかな?と考えるようになったあたりから嫉妬心が芽生えるようになりました。

彼女に聞けば解決したかもしれませんが、私は女々しいとか器が小さいと思われたくなかったのでグッと堪えてあくまで器の大きさを重視しました。ただ彼女への信用はなくなっていきましたが。

なので私がやれば良かったのはやはり彼女に何故男友達を紹介してくれないか聞けばよかったということと、その理由に対して「そうなんだ~」くらいに流すくらいが丁度良いのかなと思いました。

30代後半/サービス系/男性

友達というラインならセーフかなと我慢した

彼女は明るく誰とでも仲良くなれるタイプでしたので、よくみんなで楽しんでいる自撮り写真が送られてきました。

その度に、この人ともしかしたら裏で何かあるのかもしれないと疑ってしまう事も多々ありましたが、そんな事は尋ねても機嫌を損ねてしまうだけなので、「友達」という言葉を信じて何も言わないようにしていました。

中距離くらいの関係だったので、なおさら気になっていましたが、相手の友人関係にいちいち気になっていてはこちらが疲れてしまうので、慣れるしかないかと気付きました。

20代後半/サービス系/男性

見ざる言わざる聞かざるの精神でいた

一度気になるとなかなか頭から離れないものですが、もはや考えない。聞かない。見ない。言わない。と、怒りの感情へ導きそうなものとの遮断をすることが1番と思います。

誰かが愛するという事は信じる事なんだと言っていましたが、本当にその通りだと思います。

30代前半/自営業/男性

【2位】正直に気持ちを打ち明けた

正直に気持ちを打ち明けた

プライベートでは遊ばないで欲しいと伝えた

僕と彼女は高校生のときから付き合っていて、お互い進学しました。僕は京都の専門学校で、彼女は大阪の専門学校でした。遠距離になってしまい、学校がある日は会えませんでした。

彼女は誰とでも仲良くするタイプで、男友達が多かったです。専門学校でも仲の良い男友達ができて、彼女と会ったときに男友達の話をされ、かなり嫉妬しました。

次第に彼女は学校が終わったあとに男友達と遊びに行ったり、ご飯を食べたりするようになりました。彼女はただの友達と言いますが、遠距離なので何をしているかは実際分からないので、嫉妬してしまい、学校以外では会わないで。と言ってしまいました。

束縛が激しいと思われてしまいましたが、僕の気持ちも伝わり男友達と遊ぶのを控えてくれたので、伝えて良かったと感じました。

20代後半/不動産・建設系/男性

嫌だと感じる自分の気持ちを素直に伝え、連絡はもちろん会うこともないようにお願いした

彼女には以前、サークル内に付き合っていた元彼がいました。元彼と別れてから様々な異性と付き合い、別れを繰り返しました。

しかし、元彼のことが忘れられないそうです。私と付き合った当初も、元彼に未練を残す状態でした。

そこで私は、彼女にさみしい思いを極力させないよう努力しました。加えて、彼女の求めることは何でも叶えました。

次に、元彼をはじめ異性の友人・知人との連絡、面会をやめるようお願いしました。できる限り、愛情表現をして安心させました。

今では、彼女が私を溺愛しており、あの時お願いして本当に良かったです。

20代前半/不動産・建設系/男性

あんまり他の男の子と仲良くしないでほしい。と伝えた

彼女とは同じバイト先で知り合ったのですが、やはり同じ時間に同じシフトで組んでいると彼女が他の男の人と話してるのがどうしても目に入ってしまいます。

とても嫉妬してしまったのですが彼女と2人になった際、きちんと「他の子とあんなに仲良くすると嫉妬する」と伝えると彼女も「ごめんね、少し気をつけるね」と言ってくれて次の日から気遣ってくれました。

今もその彼女と付き合っています。とても良い彼女を持ちました。自分の思っていることを素直に伝えることは本当に大事だと思います。

20代前半/大学生/男性

「男友達は自分から作るようなことはしないで」という内容をやんわりと言った

相手はまだ学生をやっていて、自分とは遠距離恋愛というなかなか会えない状態でした。

自分が仕事から帰って電話すると、相手から、「男と食事に行った」という内容の話をされ、嫉妬してしまって…

今後は男と簡単に2人きりにならない、食事に男をなるべく連れて行かないように、自分がどう思ってるか、具体的に伝えつ気持ちを共有しました。

20代前半/サービス系/男性

「自分と付き合っているのに他の異性との距離感がおかしいよ」と考えを改めてもらった

私の彼女がスポーツサークルにはいっており、男女10名弱で週一回の頻度でスポーツ大会を開催していました。

時々、僕自身も参加していたのですが、どうも彼女と”近い”と感じる男性が一人いました。それから悶々とする日々が始まりました。

彼女もなぜ僕がイライラしているのか分かってない様子で、お互い微妙な空気のまま、時間が過ぎました。このままじゃだめだと思い、彼女に直接伝えることにしました。

「〇〇くんとの距離、おかしいんじゃない?」普段、僕は声が高いので、真剣に伝えようとしても、どうしても冗談っぽくなるんです。

しかし、このときは、必死に高い声を低い声で、なおかつ、笑顔も消し、真剣なまなざしで。すると彼女は普段と違う、僕の表情や雰囲気を感じ取り、「うん、わかった」といって、きちんと距離を保って、その彼と接するようになりました。

口に出すのは本当につらいことですが、それは一時的なことです。永遠に悶々とするより、よっぽどましです。

また、こういった内容はラインで伝えても表情、雰囲気が伝わらないので意味がありません。直接、本気度を伝えてください。本気度が伝われば、彼女も感じ取ってくれます。

20代後半/サービス系/男性