彼女に振られた時の立ち直り方。男性100人が乗り越えた方法

彼女,振られた

彼女との別れは辛いもの。しかも彼女から振られたとなると、悲しくて辛い気持ちが溢れてちょっとやそっとじゃ立ち直れませんよね。

何も考えられない日々が続いても仕方がありませんが、まずは前を向いて立ち直らなければならないと考えている男性も多いはず。

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女に振られた時の立ち直り方を体験談と共にご紹介しています。

彼女に振られた時の立ち直り方ランキング

まずは、彼女に振られた時の立ち直り方ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女に振られた時の立ち直り方』によると、1位は『食べて飲んで忘れた』、2位は『次の出会いを探した』、3位は『考え込む時間をなくした』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女に振られた時の立ち直り方

男性100人に聞いた彼女に振られた時の立ち直り方では、1位の『食べて飲んで忘れた』が約23%、2位の『次の出会いを探した』が約19%、3位の『考え込む時間をなくした』が約16%となっており、1~3位で約58%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女に振られた時の立ち直り方を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】食べて飲んで忘れた

食べて飲んで忘れた

とにかく食べて泣いた

20代の時に彼女から一方的に振られました。当時の私はかなりショックでどうしようかと思いました。

その時には大好きだったケーキとクッキーを食べまくってストレス発散しました。そしたら時間が解決してくれました。

40代前半/医療・福祉系/男性

とにかく飲んで飲んで飲みまくった

彼女に振られた時は世の中が全て敵に見えてましたが、飲み会でネタにしたところ酒を飲めば忘れられると言われ、試しにやってみたら意外と気にならなくなってきていました。

しばらくするともう考えなくなりましたので、酒の力は偉大だと感じましたね。笑

20代後半/IT・通信系/男性

暴飲暴食してストレスを溜めなかった

数年前、結婚を意識していた女性に振られました。理由は、彼女が夢を追いかけるため、でしたので受け入れがたい気持ちもありつつ、受け入れることになりました。

実際に隣からいなくなり、海外に行ってしまい、ぽかんと穴が開いた状態になり、何も手につかなくなり、しんどくなりました。

毎晩、無性に寂しさが押し寄せてくる日々が続きましたので、とにかくお酒に溺れ、好きな物を好きなだけ食べるまさに暴飲暴食の生活に入り浸りました。

だいぶお金を使ったのは事実ですが、そのうち暴飲暴食にお金を落としていることにバカバカしくなり、同時に自然と彼女を引きずる気持ちもなくなっていたことに気づきました。

時間が解決してくれた、というのが本音ですが、その間にしていたことは暴飲暴食だけ。あっという間に月日が流れた、これが結論だったと思います。

30代後半/サービス系/男性

友人とたくさん飲み歩く

5年ほど付き合った彼女と喧嘩別れしました。

結婚を視野に入れていましたが、タイミングがあわず今までの不満を言ってしまい大きな喧嘩をしそのままです。

とにかく友人たちと飲みまくりました。日中は仕事、仕事終わりはそのまま飲みに行き忘れるようにしました。

30代前半/流通・小売系/男性

とにかく食べまくって解決した

大学の頃に始めて出来た彼女に振られました。

「あなたは恋に恋してる!」と痛い一言を言われましたが、図星だったので何も言い返せなかったのです。

当時知り合いの女性に一応話しを聞いてもらい、後は好きなだけ食べて解決しました。

20代後半/商社系/男性

【2位】次の出会いを探した

次の出会いを探した

別の女性を好きになる努力をした

数年前ですが、遠距離恋愛だった彼女に振られてしまいました。

遠距離が耐えられなかったということもあってか、そっけない態度になっていったり電話する時間も減っていきました。

ある日、電話で別れを切り出され女々しいですが引き止めてしまいました。それが仇となりズルズルあとを引きずる結果になってしまった気がします。

それからご飯が全く喉を通らなくなり絶食状態になってしまいました。意識が朦朧としてる間元彼女のことをいっぱい考え、いっぱい泣きました。

今ではその時に支えてくれた方とお付き合いしています。新しい恋を探すのもいいのかなと思います。

20代後半/フリーター/男性

新しい女性との会う頻度を作った

高校生の時に付き合っていた人ですが、別々の大学に進学し新しい出会いがありました。共通の友人を通して浮気をしているまがいなことを聞き、破局しました。

破局してからは大学の新しい女友達に紹介してもらったり、部活の先輩と合コンに行ったり、無料のチャットを利用して出会いを探しまくっていました。

30代前半/医療・福祉系/男性

新しい恋愛対象を見つける努力をした

若い頃に振られた事がありましたが、その時は仲の良い友達と呑みに行ったり、パチンコなどギャンブルをしてみたり、その事を考えなくても良い行動をとりました。

また、別に新しい恋愛対象になる人を探したり、友人などに相談もしました。結局は自分で探し、付き合う事で忘れる事が出来ました。

40代前半/メーカー系/男性

とにかく新しい恋を探した

5年ほど前、大好きな彼女に振られました。彼女の誕生日にプレゼントを渡すと、話があると言われてそのまま振られました。

それまでも少し冷めた感じがあったので振られるかなとは思っていましたが、傷心は凄まじかったです。受験間際でしたが、何ヶ月も何もやる気が起きませんでした。

そんな時、新しい恋を探さなきゃダメだと言ってくれた友人がいました。女性です。私もそうかもなと思い、別の恋を探しました。

するといつのまにかその友人のことを好きになっていました。今ではその友人が彼女です。新しい恋が傷心を慰めるとは本当にあるんだなあと思いました。

20代前半/公務員・教育系/男性

【3位】考え込む時間をなくした

考え込む時間をなくした

カラオケで歌いまくった

去年、2年付き合った彼女に振られました。それまでは幸せに付き合っていたのですが、いつの間にか喧嘩が絶えなくなっていってしまい、そのまま別れる形に、、、。

私は歌うことが好きなので一人でカラオケボックスにこもり一晩中歌いまくりました。一通り歌い終わったら吹っ切れることが出来ましたね。

20代前半/大学生/男性

スポーツをして発散した

3年ほど前、2年付き合っていた彼女に突然ふられました。い

きなりだったので、動揺して泣いてしまいました。理由は他に好きな男性ができたからです。正直この言葉を聞いてとても腹が立ちました。

そこで私は、スポーツでその苛立ちを解消しました。ボウリングをした時は、ピンを彼女に見立てて思いっきり投げました。バッティングセンターに行った時は、思いっきりフルスイングをしました。

何回かこのようにスポーツをすると気持ちがスッキリして忘れることができました。

20代後半/流通・小売系/男性

泣いて趣味に全力を出した

遠距離だったのですが、彼女にある日、簡単に振られてしましました。その理由が自分には受け入れ難くて…かなり辛かったです。振られた日はやはり泣くだけ泣きました。

ただ次の日からは切り替えて、趣味を全力でやる事でごまかしました。やはり時間をかけて傷を少しずつ癒えるのを待つしかない気がします。

30代後半/IT・通信系/男性

【4位】仕事に集中した

仕事に集中した

好きな仕事に打ち込むようにして過ごした

20代の後半から同棲もして、好きな事を仕事にしようとしてた事も諦めあまり興味もない仕事で正社員として働いていたが急に別れてしまい落ち込みました。

その時は職場での責任もありましたので、自分の職務を全うするためにその年の年度末までやりきりましたが、翌年度からは自分のやりたかった事で頑張れる環境を作り、そこで打ち込むようにして忘れるようにしました。

30代後半/自営業/男性

とにかく必死で働いた

5年もの月日を一緒に過ごしていた彼女に振られた時は、頭が真っ暗になり動揺しました。はじめて、震える感覚を覚えた気がします。

自分の中で、結婚を視野に入れていた事もあり、そんな彼女との別れは今までの別れとは全然違い、立ち直り方が全く分からず40代という事もありなかなか周りの人達にも言い出しにくく・・・

1人居酒屋、1人カラオケ等、色々試してはみたものの、全てむなしく逆に彼女の事を思い出してしまい余計悲しくなりました。

そんな時、大きな仕事を任せてもらえる事となり、正直こんな自分でしっかりと仕事を成し遂げられるのだろうかと思いましたが、こんな時だからこそ、仕事が忙しくなれば、彼女の事を思い出さなくても済むのではないかと思い、仕事を受ける事にしました。

彼女の事は今でもふと思い出す事はありますが、いい思い出です。

40代前半/商社系/男性

考えない様にとにかく働きました

失恋は引きずる方なので、失恋した時は忘れられる様にとにかく仕事をします。学生時代の場合はバイトに打ち込みました。

自然と打ち込んでいると出会いがあるもので、新しい恋に発展する事もあるので、公私ともに充実させる為にも仕事に打ち込んでいます。

30代前半/メーカー系/男性

【5位】旅へ出た

旅へ出た

海外へ一人旅に出掛けた

当時付き合っていた彼女と婚約し、式場の予約も済ませました。ところが、ある日突然彼女が何かがきれたような感じで、今の状況では結婚できないと言い出しました。

式まで2か月に迫っていた時期です。お互い見つめなおそうという事で、式はキャンセルしました。

暫く冷却期間というか、焦らず話し合いを続けましたが、結局別れることになりました。それまでの恋愛では、なかったことですが、その日は一晩涙を流しました。

さすがに結婚を決めた女性と別れることはショック以外の何ものでもありませんでした。仕事も手につかず、ぼーっとする状態でした。どうしようもない状態とはまさにこの事です。

ふと思いついたのは、逃亡の2文字でした。国外逃亡です。10日後には、イタリアにいました。ミラノ、ヴェネツィアに約1週間滞在しました。

それまで毎年イタリア旅行に行っていたのですが、今回は景色がまるで違いました。見知らぬ街を彷徨っているという感じです。

彼女のことを考えないようにと思っても、そればかり頭に浮かんでしまいました。それでも、海外で1人放浪したことで、だいぶ気持ちが落ち着いたことも事実です。

あっというまに1週間が過ぎ去り、現実に戻りました。幸か不幸か、その頃より仕事が急に忙しくなり、その後の約4年間は、ほぼ毎日午前様です。彼女の事を考える暇もありませんでした。

そして仕事が落ち着いたころ、会社帰りにばったり彼女と会ったのです。その時は挨拶だけでしたが、後日何度か食事に出かけ、お互いの近況報告をしました。

もしかしたらもう一度やり直せるかも、という期待もありましたが、日を重ねるごとに一度壊れたものを元に戻すのは難しいと理解しました。

この時、ようやく全てが過去のものとなりました。数年かかりました。時間が解決するとは言いますが、ある意味正解だと思います。

現在は、別の女性と結婚できました。彼女もこのことは知っています。今となってはいい思い出です。

20代後半/サービス系/男性

一人での楽しみ(旅)を見つけた

彼女に振られたその時は非常に辛かったです。何もやる気が起きず、これではやばいと思いました。

それからは、友達とカラオケに行ったりして気分を紛らわすことにしました。一人で家に閉じこもっていたりすると、辛い事ばかり考えてしまうからです。

そして、一人だからこそ楽しめる事を見つけました。それは一人旅でした。誰に気兼ねすることなく気楽に旅行することで、気分がとても楽になりました。

30代後半/自営業/男性

景色の良い所に行って友達と語り合った

大学生の頃に付き合っていた彼女に振られました。

初めての彼女だったためショックが大きく、しばらく学業に専念できませんでした。学校が同じだったため会話もたどたどしかったです。

友達に相談したところ、休みの日に旅行に行き気分を変えるよう提案を受けました。旅行先でいつもと違う景色、美味しい料理など普段と違う環境にあったため気持ちが落ち着きました。

普段しないことをする事で気持ちに区切りがつけれたような気がします。

20代後半/サービス系/男性

【6位】何も考えないようにした

何も考えないようにした

音楽を聞いてドライブをして、一人の時間を作った

20代にして、はじめてできた彼女に振られました。

数年後、久々に来た連絡は「結婚します」…「おめでとう」「ほっとしたよ」と言いつつ、「もう連絡することもないね」と、目に涙をためていました。

「彼女の幸せを願ってたんだ」「幸せになることはいいじゃないか」と考えて、たとえ一人になっても泣きませんでした。ただ心か締め付けられて、お別れソングを聞きながらドライブをしました。

あれからまた数年たちましたが、まだ時は解決してくれないようです。たまに胸が痛いです。本当に愛していたんだな、と思います。でも「好き」から「幸せでいますように」に気持ちは全く切り替わっています。

「必要としてくれる人」を探す旅は、まだまだ続きそうですが、一人の人間として、男として大きくさせてくれた彼女には感謝の気持ちで一杯です。

20代後半/医療・福祉系/男性

暫く何もせず何も考えないようにした

私が考える彼女にフラれた時の立ち直り方は2通りあります。それはどのような状況でフラれたかと自分がどんな性格なのかによります。

まず1つ目の方法は、趣味や仕事に邁進する方法です。

とにかく彼女のこと以外のことを考えるやり方でありますが、これは何をしていても彼女のことが頭から離れない方にはいい方法ではありません。

そういう方には2つ目の方法として、何もせず、何も考えることなく公園などでボーっとして過ごすのです。

頭の中を空っぽにする時間を長くすることにより、失恋のショックは時間が解決してくれます。私にはこの方法が向いていました。

40代前半/流通・小売系/男性

【番外編】その他

その他

一旦落ち着いて徐々に恋心を取り戻した

私は今までの人生で好きな人や恋人に振られることがよくありました。そんなときは一旦落ち着くようにしていました。

そうすることで気持ちが和らぎ、次の恋やまた同じ人への恋が清い気持ちで再び始めることができるからです。

20代前半/大学生/男性

男として成長する努力をした

高校の時の話になるのですが、年齢を重ねても同じだと思うので、お話させていただきます。

高校1年生の時に初めての彼女が出来て、半年で振られました。別の男の子と仲良くなっていたようです。

家に帰る道で人目もはばからず泣きながら、当時使っていたガラケーに貼っていた彼女とのプリクラを剥がして帰ったのを覚えています。

数日はどうしても悲しさと寂しさがこみ上げてくるのですが、だんだん怒りもこみ上げてきて、成長してもっといい女性と付き合ってやると思うようになりました。

バイトを始めたり、今まで理容室で髪を切っていたのを、美容室に変えてみたり、楽器を始めてみたりしました。

生活に変化が出ると振られた記憶も薄れて、成長を少しでも実感出来ると自信にも繋がるのかなと思います。

高校生というのもあり、変化を起こしやすい年齢だったのかもしれませんが、大人になった今でも成長する為にできることはあると思います。

どうしても寂しくなる日もありますが、成長して見返してやるくらいの気持ちで日々成長出来ることをするといいのかと僕は思います。

ちなみに振られた1年後にひと月に4人に告白されました。彼女にはなりませんでしたが。努力は裏切らないのかと思います。

20代後半/流通・小売系/男性

まとめ

今回は、同じ経験を持つ男性100人による彼女に振られた時の立ち直り方を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼氏に振られたときの立ち直り方編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏に振られた時の立ち直り方。女性100人が乗り越えた方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ