彼氏が友達を優先して寂しい…彼女100人が対処している方法

彼氏,友達,優先,寂しい

彼氏が友達を大切にすることは彼女としても誇らしいこと。ただ、あまりにも友達とばかり遊んで会えないと、寂しい思いをしてしまう事もありますよね。

友達を大切にするところも含めて大好きな彼氏だからこそ、彼氏が友達を優先したとしても寂しくならないように対処したい女性も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏が友達を優先して寂しい場合の対処法を体験談と共にご紹介しています。

彼氏が友達を優先して寂しい時の対処法ランキング

まずは、彼氏が友達を優先して寂しい時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏が友達を優先して寂しい時の対処法』によると、1位は『1人の時間を充実させた』、2位は『趣味に没頭した』、3位は『自分も友達と遊ぶ』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏が友達を優先して寂しい時の対処法

女性100人に聞いた彼氏が友達を優先して寂しい時の対処法では、1位の『1人の時間を充実させた』が約17%、2位の『趣味に没頭した』が約16%、3位の『自分も友達と遊ぶ』が約14%となっており、1~3位で約47%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏が友達を優先して寂しい時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】1人の時間を充実させた

1人の時間を充実させた

自分の視野を広げるチャンスだと思って行動した

彼と過ごせない時間を寂しいという気持ちだけで埋めて、つまらない時間を過ごしてしまうのではなく、彼がいないからこそできることをしました。

彼は、買い物に付き合うことが好きではなかったので買い物をしたり、男性があまり乗り気にならない場所へと出かけました。

40代前半/フリーター/女性

自分にとって有効な時間の使い方をする

私が趣味がハンドメイドです。

1人で没頭できる時間もなかなか無いので貴重な時間だなと、自分に有効な時間の使い方ができるように意識しています。

作品作りではなくても掃除したり、見たかった録画を見たり、悠々と過ごします。

30代前半/自営業/女性

自分の世界を広げる時間だと思って有意義に使う

彼氏はとても人脈が広く、いろんな場所で飲み会に呼ばれます。その度に私は予定が空いてしまい、せっかくのお休みを無駄にしてしまう事も多々。

寂しいと思う時間がもったいないと考え方を改めて、新しい趣味を探しました。今ではハンドメイドピアスを作るのにハマっていて、有意義な時間を過ごせています。

20代後半/医療・福祉系/女性

出来るだけ彼のスケジュールを教えててもらい、それに合わせて自分も友達と遊んだり趣味の時間を過ごすようにした

当時付き合っていた彼は、本当に友達が多くて、なかなか2人きりで会うってことが出来ないでいました。

自宅に籠っていても寂しさは増すばかりだったので、彼に前もってスケジュールをある程度教えてもらい、彼と会えない日は友達とショッピングに出かけたりカラオケに行ったりしていました。

1人でいるよりは誰かと一緒のほうが気が紛れていいです。

30代後半/フリーター/女性

自分1人の時間も楽しめる努力をする

彼氏が友達を大切にしているのは良いことだし、そこで彼女が何か言うのはうざいかなと思い、自分の1人の時間を楽しめるようになろうと努力しました。

趣味を見つけようと思い読書を始めると、彼氏にオススメの本を紹介できたり新しい会話も増えたので良かったかなと思います。

20代後半/専業主婦/女性

自分も好きなことをして、時間を有意義に過ごそうとする

友達を優先して寂しくなるときもありますが、自分の趣味など楽しめることをして、時間を有意義に過ごします。
彼も楽しんでいるんだろうなと思うと、私も今の時間を楽しもうと思って過ごします。

あとは、帰ってきてから楽しかった?など、お互いに話をしてます。彼の友達のことも知れるし、何より彼が楽しい時間を過ごせたことがよかったなって思います。

20代前半/大学生/女性

【2位】趣味に没頭した

趣味に没頭した

ひとりだからこそ楽しめる趣味に没頭した

過去にお付き合いしていた男性との話になります。

彼はアウトドア好きのアクティブな性格で、わたしは身体が弱くインドアなタイプなので、休日が被っても彼は友人と出かける約束をしていることがありました。

外に遊びにでかけるのは彼の趣味ですし、いつも楽しそうな写真を送ってくれたり、わたしでも楽しめそうなところを見つけると教えてくれたりと、友人との時間のなかでもわたしのことを考えてくれているのだと感じることができていました。

それでも、わたしとゆっくり過ごす時間をもう少しとってもらいたいなと寂しく思うこともあります。そんな時、彼から「何か面白い本ないかな?」と尋ねられ、これだ!と思いました。

彼が友人と遊びに行っている時は、わたしは読書に集中する。そして、面白かった本を彼に薦めて一緒にいられる時間はその本や作者の話をしたり、一緒に映像化されたものを見たりして過ごすようになりました。

彼の時間は彼のもので、同じようにわたしも自分の時間を有意義に過ごし、お互いにその楽しさを共有することで、寂しさは感じなくなりました。

20代後半/サービス系/女性

自分の趣味や好きなことを見つけてそれに没頭した

今の夫と付き合っていた時に、会うのも連絡が来るのも月に数回しかなく、とても寂しい時がありました。

そんな時に自分の趣味を見つけ、それに没頭することで気を紛らわし、楽しい日々を過ごすことができました。あまり会えない、連絡をくれないことに関して自分から言えない性格なのでそれで良かったと思います。

20代後半/専業主婦/女性

自分の趣味を見つけて、それに没頭する

今の彼氏は予定が多く、なかなか2人で会うことはできないので正直寂しいです。

でも、私のわがままで困らせてしまうのは良くないので、私は私で自分の時間を大切にしようと思いました。その一つは料理です。レシピの本を買っていろいろ挑戦しています。

会えた時に作ってあげて美味しいと言ってもらうためです(笑)

20代前半/サービス系/女性

好きなこと(趣味など)に没頭して寂しさを紛らわした

彼が転職をし、仕事に慣れるまで引っ越しや通勤リズム、生活リズムを整えるのにバタバタしておりなかなか会うことや連絡することが少なくなった際に寂しい思いをしたことがあります。

その時に、「いい時間をもらった」と楽観的に捉えて趣味や仕事に没頭して寂しさを紛らわすことで乗り越えました。

20代前半/流通・小売系/女性

一人カラオケに行って練習をした

自分自身、部屋に一人きりでいると、どうしても物事を悪い方向に考えてしまう傾向にあります。そのため、外に出て何か活動する必要があります。

歌うことが、私も彼氏も大好きなので、よく二人でカラオケに行くので、次回二人でカラオケデートしたときに上手な歌を披露するために一人で練習しにいきます。笑

歌っていれば時間もあっという間に過ぎるのでおススメです。

20代後半/サービス系/女性

自分は自分で趣味の世界に没頭した

当時付き合っていた彼は友達が多く、よく遊びに行って寂しい思いをしていました。あんまり寂しいっていうのも重荷になるしなぁと思って、もやもやしたり一人でいじけたりしていました。

でもそんな自分に対しても嫌気がさしてしまうので、自分は自分の趣味に没頭することにしました。私は当時、お菓子を作ることが大好きだったので、時間が出来るたび、レシピを調べたり実際に作ったり、ちょっと凝ったものなんかにも挑戦したりしました。

そして出来上がった写真を彼氏に送りつけてみたりして、彼氏が美味しそうじゃんとか、今度作って!って言ってくれることが嬉しくなっちゃいました。

作ってあげて美味しい!って喜んでもらえるともっと嬉しいですしね。私はこんな方法で寂しさを撃退してました!

20代後半/専業主婦/女性

【3位】自分も友達と遊ぶ

自分も友達と遊ぶ

自分も友人を誘って遊びに出かけた

仕方がないと思うようにしていたけど、やっぱり寂しかったです。

そういう日は、やたらと友達に連絡したりして気分を紛らわしていました。友達と恋バナをしていると、友達の彼氏も結構男友達が多くてそちらを優先する事が多いと聞き、男はそういうもんなんだとほっとしてみたり。

でも、男友達がいない彼氏は嫌なので、わがままだなとも思います(笑)

30代前半/流通・小売系/女性

彼が友人と遊んでいる時間を私も友人との時間にすることにした

元々彼は親友との仲がかなり良く家に泊まるのはもちろん、深夜電話をしていたりバイト終わりに遊んでいるところがあります。

私達はほぼ毎日電話をしているのですが、彼に親友を優先されると止めることも出来ず諦めていました。それが悲しくて何度か喧嘩になりかけたこともありました。

しかし友人との縁を切れだなんて恐ろしいこと言えないので私も友人との時間にすることにしました。最初は仕返しのつもりでやっていたのですが、今では私の方から彼氏との電話を断ることもあるほどです。笑

おかげで彼との仲は良好で続いています。彼氏も友人も大切にしなければいけないですね。

20代前半/サービス系/女性

自分も友達を誘って遊びに出かけるようにした

彼氏が誰とも友達になれる性格で、会社帰りも先輩上司に誘われて飲めない癖に居酒屋。高校時代の友達とみんなで集まってご飯、などが多いです。

なので私も会社の同僚や知り合い、友人、高校の時の友達とご飯に出かけたり、銭湯に行ったりして紛らわしていました。

彼氏はあまり自分の事を話さないので、私はここに行ってきたんだ、どこいったの?などの会話を増やしていくことが出来ました。

先輩上司と行った少しお高めの焼肉店なんかに連れて行ってもらった時には今度一緒に行こうね等も会話の中に織り交ぜてくれるようになったと思うので、そこはとてもありがたいなと思いました。

しかし、同棲してるとはいえ、休日は一緒にいたいものですが。

20代後半/フリーター/女性

友達とじゃないと盛り上がれないこともあると感じ、自分も友達を誘ってお出かけをした

年末年始はよく同窓会にお呼ばれすることが多い彼。

昔の友達とじゃないと盛り上がれない話もあるし、若い気持ちに戻ったような懐かしさを感じることも時には必要だと思い、いつも同窓会があるという話をしてきた時には、行っておいでと送り出します。

年末年始は特に、普段会えない人と会う期間だと思っているので、私も昔の友達に連絡を取ってみたりして、お互いに友達と会うことになっています。

以前は寂しいなぁと思っていましたが、年齢を重ねていくうちに、自分も考え方を変えていかないとなぁと思うようになり、今のような状態に至っています。

30代前半/専業主婦/女性

長時間話し相手になってくれて、通話中に彼を優先して中断することになっても許してくれる友人を複数人作った

私が寂しい、構ってほしい、と感じる原因は、彼だけのせいではなく、自分が依存症気質であるから、ということを自覚していました。

そのため、依存する先が集中しすぎてしまわないようにネットで気の合う友人とLINEで連絡先を交換し、駄目になりそうなときは友人たちに電話をかけるようにしていました。

ネットの友人なので、彼の予定が空いたりして切る時も、許してくれる人が多いです。また、逆に向こうの都合が悪くなった場合でも、他の子で通話に応じてくれる人がいるはず、と思えば無理に引き止めないで済みます。

夜中に不安になった時でも、作業しながら相槌うってくれる人がいるだけで、かなり不安な気持ちが落ち着いてきます。

20代後半/メーカー系/女性

【4位】素直に気持ちを伝えた

素直に気持ちを伝えた

寂しいと素直に伝えて話し合ってみた

彼氏がアクティブで友人の輪が広く、一人の時間はあまりない人でした。私と休みが会わない日は友達と遊んでいる日がほとんど・・・。

私は逆で一人の時間が好きです。そういった価値観の違いでケンカになったこともありましたが、お互いの気持ちを尊重してどちらかばかり我慢しないようにしています。

友達を優先していたとしても思いやりがあれば上手く行くと思います。

30代前半/フリーター/女性

寂しいことをはっきり伝えて自分の時間を作ってもらえるように話し合いをした

彼はお酒を飲むのが好きでお酒の場でのお友達とかもたくさんいます。一方で、私はお酒を飲む彼が好きではなくお酒の場でのお友達を優先させて私を放置することも多々あります。

これまでに何度も同じことで喧嘩をしてきましたが、自分の素直な気持ち『友達ばかり優先させて私の事どう思っているの?』『私にも構ってよ』というふうに喧嘩腰ではなく可愛い風に自分の気持ちを伝えます。

そして、この日は友達を優先させていいからこの日は私を優先させてほしいと言うと結構な頻度で自分を優先してかまってもらえるようになりました。

20代前半/大学生/女性

寂しいと素直に伝えた上で余計な詮索や束縛は控える

友達を優先する時は、正直に寂しい、私とも遊んで欲しいなどと気持ちを伝えた上で、いつ帰ってくる?誰と遊んでる?何してる?などの必要以上の詮索は控えています。

詮索が行き過ぎると、嫉妬が束縛に変わり、良い関係が継続できない気がするので…。

20代後半/メーカー系/女性

本音を伝えて彼に変化を期待した

元彼の話ですが、友達を優先する、男友達とならまだ納得したものの、男女問わずみんなで遊んでいました。昔からの仲だからと言われてしまったら私は何も言えません。

そんな時に彼氏の家に行くとみんなで寝ている姿を見ました。友達とはいえ女の人が彼の隣でくっつきながら寝ているのはさすがに嫌でした。

なので、後日に私の本音を伝えました。そしたら、彼は少しずつ言動が変わり私のことを考えてくれるようになりました。時には素直に伝えるのがいい時もあるのだと思いました。

20代前半/公務員・教育系/女性

思っていることは素直に言い、自分の時間も作った

彼氏が友達と遊ぶ約束ばかりして、私が入る隙が無いように感じて寂しいときがあります。

そんなときは、正直に自分の気持ちを伝えます。でも寂しい寂しいばかり言って依存していくのは嫌なので、他のものにも目を向けるようにしています。(趣味など)

それでバラバラの道に行くのは寂しいので、距離を計りつつですけどね。

20代後半/フリーター/女性

【5位】自由な時間を楽しんだ

自由な時間を楽しんだ

彼に気が行かないよう、自身の時間を楽しむ

彼はあまり友達は多いほうではありませんが、親しい友人と遊びに行くことがあります。朝連絡を取ったきり、夜になっても連絡が取れなくなると寂しく感じてしまいます。

その寂しさを感じないために、わたし自身もなるべく友達とご飯に行ったりして自身の時間を楽しむようにしています。

30代前半/専業主婦/女性

逆に「一人の時間を楽しもう!」と、発想の転換をした

温泉など彼氏と一緒の時だと結局別行動になってしまう所や、彼の好みではない恋愛系の映画を見に行くなどして、「寂しい」を、「楽しい」に転換して過ごします。

次に会った時に「〇〇に行ってきたんだよ!」と、楽しかったアピールも忘れずにします。こちらが寂しがってると思われて、友達と遊びに行くのに気を使われるのも申し訳ないので。

自分が遊びに行く時に、彼氏に気を使わなきゃならないのも、嫌なのもあるかもしれませんが。

40代前半/サービス系/女性

自分の時間ができたと思い、自由に過ごす

週末の夜はよく出かけてしまい暇になってしまいます。自分も好きな事をしようと友達と飲みに行ったり、趣味(ハンドメイドアクセサリー作り)に没頭しています。

気が付くと自分もそれにハマってしまって、それなりに忙しくしています。

たまには自分を優先してほしいですが、自分も予定を入れてしまっていたりするので、優先されたらそれはそれで少し考えてしまいますが…

30代後半/流通・小売系/女性

彼がいない一人の時間だからこそ出来ることを探した

当時付き合っていた彼氏が、夜友達と遊びに行ったりよくする人で、寂しい時もあったので、彼がいないからこそできる趣味を見つけました。

彼と一緒にいる時は私が1人の世界に入るのを嫌がったので、いないからこそ、沢山ネットサーフィンをしたり、ゲームをしたり、本を読んだりしました。

そうすると、彼が友達と遊びに行ってしまっても、寂しいと思わず、むしろ、何しよかなぁーといない時間も楽しめるようになりました。

もちろん彼といる時間も楽しかったです。

20代後半/公務員・教育系/女性

【6位】会う時間を確保した

会う時間を確保した

なるべくお互いの予定を合わせる

どちらかというと、彼氏が友達と遊びに行く時よりも、わたしが友達と遊びに行ってしまう時の方が多いので申し訳なく思う時があります。

ですが、やはり彼氏が友達を優先して遊びに行ってしまう時は、少し物寂しくなっていまいますよね。なので私たちはなるべく一方が友達との予定を優先したい時はそのようにして、もう一方も同じ時に友達と遊ぶようにしています。

そうすることで寂しさは紛れますし、片方だけ遊んでいるということが減りますので、一緒にいることができる時間も増やすことができます。

20代前半/金融・保険系/女性

自分との時間もある程度取ってもらう

彼氏彼女だけの世界で生きているわけではないので、お互いに友達との付き合いも大事だと考えています。

と、頭ではわかっていても実際に友達との予定ばかりを入れられると正直寂しいので、あらかじめ時間の取れそうな日に、こちらから予定を入れる提案をしていきます。

1日と言わずとも仕事の後に食事に行くだけでもいいので、自分との予定を入れてもらい、それを楽しみに自分も頑張ろうと思えます。

20代後半/フリーター/女性

彼氏と話せるときにいつでも相手をできるようにした

彼氏にも交友関係があり、男友達との方が話しやすいことも、趣味が合うこともあると思います。そこには理解が必要です。

しかし、遊びから帰ってきたときにはうんと相手をしてあげられるよう、いつも彼氏と過ごせる時間はフリーにするようにしました。

私も忙しくて相手をできないとなれば、ますます彼氏と話す時間も減ってしまいますからね。

20代前半/大学生/女性

【7位】自分磨きに徹する

自分磨きに徹する

次に会った時の驚く顔を想像して、自分を磨いた

男子校出身の今の彼氏は、当時の友達をとても大切にしています。

そのため、二人の休日が重なってデートできる候補の日でも友達に誘われたら優先的にそちらに行ってしまいます。自分を見てもらえてない気がして、寂しさや悲しさを感じる時があります。

そんなときは、エステの予約を入れたり、メイクのレッスン動画を見たりして、自分の外見を磨くようにします。次会った時に、「可愛くなった?!」って驚く姿が見られたら、こちらの勝ちです。

にんまりして「あんまり放っておくと他所に行っちゃうよ」と可愛く不満を伝えるようにします。

20代前半/サービス系/女性

元々気になっていたものを学ぼうと学校に行き始めた

友達や仕事が最優先なのは分かっているので、正直、淋しい事もありましたが、ぐずぐずしていても仕方なのない事なので、自分も友達と出かけたり、逆に家でのんびりして、溜まっている本を読んだり、物作りをしたり、学校へ通ってました。

それが積み重なると、結構、知識が増えていたり、資格を取る事が出来たり。学校へ行っていると、年齢幅も広く人と知り合えたりしていて、それが今もつながって居たりするので宝が増えてる感じがしました。

30代前半/専業主婦/女性

掃除や家事など実のあることをした

ゴルフがそこまで上手でもない彼なのに、人付き合いで「no」と言えないため誘われた誘いは全て「yes」で対応する人です。

そのためお互いがオフの時も誘いを優先するので、頭では理解できても埋め合わせが自分自身でできない時は、趣味に没頭する、またはため込んだ掃除や家事をして気持ちをまぎらわせるようにしています。

決して買い物やスイーツには走らないように、気を付けています。笑

30代後半/専業主婦/女性

【8位】彼氏の立場で考えた

彼氏の立場で考えた

付き合いがあるので自分を納得させる

今の彼氏が仕事上の付き合いの関係で飲み会が多く寂しい思いもします。

ただ、私のことも考えてくれて、少しでも時間あるときはお昼ご飯にいったり、夜に会いにきてくれたりなど、配慮してくれるので不満はないです。

彼の同姓に好かれる性格はとても素敵ですし、嫉妬しないようにしています。

20代前半/サービス系/女性

【番外編】その他

その他

彼の友達は私にとっても大切な人だと思った

社会人になってお互い仕事が忙しくなり、会える時間もなかなかない中、久しぶりにデートをする予定でした。

ですが、彼氏の友達から連絡があり、一緒に遊ぶことになりました。彼氏と友達が行きつけのダーツやビリヤードができるお店で2人で楽しんでいる姿を見て少し寂しくなりました。

けれど、私といる彼氏も素敵ですが、友達と楽しんでいる姿を見るのも好きなので許してしまいます。彼氏にとって、大切な人は私にとっても大切な人だと思い、いじけたりはなるべくしないように気をつけていました。

20代後半/専業主婦/女性

とにかく彼のことをあまり考えないようにした

彼が家を留守にしているときには、必ず自分の世界に入るようにしています。

彼とは今同棲をしているのですが、やはり一緒に居るときは気を使ったり本当の自分を出し切れていない状態でした。

確かに彼が居ない家は静かで寂しいんですけど、その時は自分の好きなことを全力でやっています!YouTubeや映画を観たり、友達に会ったり、家事を少し休んでダラダラしたり(笑)

彼が居ないときにしかできないことをやっています!

20代前半/メーカー系/女性

彼氏との予定を優先していたけど、他の予定を入れるようにした

一緒にご飯を食べに行く時も、男友達を誘ってなかなか2人で出かけることがありませんでした。また、友達との予定が急に入ってしまって友達と遊びに行ってしまうことがありました。

全ての予定を彼氏優先にしていたので、会えない時は暇ができてしまったり、寂しい思いをしました。しかし、友達や仕事を優先することで彼も私に予定を合わせてくれるようになり、暇な時間を作ることなく充実した生活を送れています。

20代前半/フリーター/女性

無理に自分を納得させても後で反動が来るので、ノートなどに自分の本当の気持ちを書いてスッキリさせた

我慢して不平を言わずにいたところ、なめられてしまったのか毎週のように放っておかれました。耐えかねて大喧嘩の泥仕合で別れの危機になりました。

わたしの場合、無理に予定を詰め込んでも心ここにあらずという感じでどれも楽しめなかったので、逆にひたすら自分の心と向き合いました。

ノートに多少暴言めいた文でも本当の気持ちを書くとスッキリすることに気づきました。すると、やらなくてはいけないことに自然と取り組めたので逆にこっちが放っておくという態度になりました。

放っておかれることが前より少なくなったので結果良かったです。主体的に行動したほうがいいです。

30代後半/メーカー系/女性

まとめ

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏が友達を優先して寂しい場合の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女が友達を優先して寂しい編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女が友達を優先して寂しい…彼氏100人が対処している方法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2019年10月25日~11月09日
回答者数:100人