彼女が友達を優先して寂しい…彼氏100人が対処している方法

彼女,友達,優先,寂しい

彼女が友達を大切にすることは彼氏としても誇らしいこと。ただ、あまりにも友達とばかり遊んで会えないと、寂しい思いをしてしまう事もありますよね。

友達を大切にするところも含めて大好きな彼女だからこそ、彼女が友達を優先したとしても寂しくならないように対処したい男性も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女が友達を優先して寂しい場合の対処法を体験談と共にご紹介しています。

彼女が友達を優先して寂しい時の対処法ランキング

まずは、彼女が友達を優先して寂しい時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女が友達を優先して寂しい時の対処法』によると、1位は『自分も友達と遊ぶ』、2位は『1人の時間を充実させた』、3位は『ぐっすり寝る』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女が友達を優先して寂しい時の対処法

男性100人に聞いた彼女が友達を優先して寂しい時の対処法では、1位の『自分も友達と遊ぶ』が約24%、2位の『1人の時間を充実させた』が約20%、3位の『ぐっすり寝る』が約16%となっており、1~3位で約60%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女が友達を優先して寂しい時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】自分も友達と遊ぶ

自分も友達と遊ぶ

普段なかなか会えない友人と飲みに行った

彼女が友達優先で出かけた時は、自分もどこかへお出掛けするようにしています。

一人で帰ってくるのを待っていると寂しくなったりして落ち込むこともあるので、むしろこれを機会に普段なかなか会えない友人と飲みにいくことで、友好関係だけでなく気持ちも落ち込まずにすみます。

30代前半/流通・小売系/男性

なるべく友人と遊んで気を紛らわせた

いつも誘うのはこちらばかり、、、彼女から誘われるのは月に数回で、その内の半分以上は仕事の飲み会や友達との飲み会、私と会う約束は二の次でした。

待っていても誘ってくれないから、予定を詰め込みました。友達と遊んだり一人カラオケ行ったり、遠方の友人と連絡とってみたりして、気を紛らわせていました。

彼女だけじゃないと自分に言い聞かせて1ヶ月1ヶ月過ごしてましたが、やっぱり構っては欲しいので拗ねてましたけどね。笑

20代前半/公務員・教育系/男性

こちらも積極的に友達と遊ぶ!

彼女がお芝居好きのため、週末は演劇優先になりがちでせっかくの予定もポシャることが度々。なのでこちらも男子会を開いて皆で飲みます。

女子会があるなら男子会があっても良いかなと思い、彼女が不在の時は“放し飼い”と称して集まります。この“放牧”っぽさが何とも自分的にウケてストレス発散の機会にしています。

40代後半/サービス系/男性

女友達と遊んで周りの女性が彼女だけにならないようにした

彼女は基本的に友達との予定を優先して、空いた時間で自分と会うというスタイルでした。そのため、しばらくお互いの予定が合わない時でも、彼女は友達と遊んでいました。

あまりに寂しかったので他の女の子に連絡とって遊んだりと、なるべく異性の友達と遊んで彼女に依存しないようにしました。

20代後半/メーカー系/男性

【2位】1人の時間を充実させた

1人の時間を充実させた

1人で遊びに出かけて休日を無駄にしない

彼女が友人とカフェやランチに出かけると、せっかくの休日も自分1人きりになってしまいます。

友人と予定が合えば良いのですが、いつも合うとは限らないのでそういうときは趣味のスノーボードや釣りに没頭して寂しさを紛らせます。

30代前半/自営業/男性

恋愛に関係のない映画、ドラマを見る

土曜日になると友達と遊びに行ってしまって夜も飲みに誘われて行ってしまうことがあったので、そんな時は、恋愛には全く関係のない、アクション映画やSF映画や海外ドラマを観て気分を紛らしています。

すこし気分も違う方向になるのでオススメです。

30代前半/メーカー系/男性

【3位】ぐっすり寝る

ぐっすり寝る

音楽を聞きながらお酒を飲んで、ぐっすり寝た

異性の友達を優先してというのは論外ですが、同性の友達を優先する頻度にもよりますよね。

この点でよくトラブルになるのが、あまりにもしょちゅう友達を優先されると「俺たち、付き合っている意味ないじゃん」という彼側の言い分です。私も良く喧嘩になりました。

寂しいなとつい思ってしまったら、考えてしまうと余計寂しくなりますので、そんな時は現実逃避に走ります。好きな音楽をひたすら聞きながら、お酒を飲みます。そのまま寝るまで飲み続けます。

これをやると大抵は次の日は二日酔いで小さなことなど、気にならないくらい現実逃避ができます。次の日に何も予定がない場合のストレス解消法です。

30代前半/医療・福祉系/男性

寝られるなら寝るのが一番!

寂しいときは寝ることを意識してました。変に考え出すと、自分が惨めになり、結果いい事はないと感じたからです。

寝られない日は、ランニングをしたりゲームをしたりして、強制的に気をそらす事を心がけていました。

30代前半/サービス系/男性

【4位】彼女の立場で考えた

彼女の立場で考えた

ポジティブに考えることが大事

恋人に知り合いが多く優先してしまうのはありがちなことですが、基本的には良いことだとポジティブに考えるようにしています。

自分も見習って人脈を広げていろんなところに行ってみたりすれば、恋人にもそこに連れていくこともできますし。

あまりにも構ってくれない時は甘えてみたり真剣に話するのも大事にしています。

20代前半/大学生/男性

友達との関係も大切だと思うし、束縛はしたくないという思いで我慢した

前の彼女は友達との予定が多いのか、いつ遊べる?と聞いても1ヶ月後まで予定が埋まっていて、なかなか遊べない状況でした。

付き合っているのだから、できるだけこっちを優先していほしいとは思っていましたが、実際には言えなく寂しい思いをしていました。

予定がないと寂しい思いをするだけなので、暇な時間が出来ないように友達と遊んだり、趣味の映画や筋トレに夢中になってごまかしていました。笑

20代前半/大学生/男性

【5位】自分磨きに徹する

自分磨きに徹する

彼女にも彼女の人間関係があるので、割り切って自分のための時間として認識し直した

彼女は会社の同期に男性が多いこともあり、休日に男性と出かけることも多々あります。

幅広く仲良くできるのが彼女の長所でもあるとも思い、周囲の人間関係も大切にしてほしいと思ったので、寂しいですが男性と出かけることを制限はしないようにしています。

そのかわり、その会えない日は自分磨きの時間にして次会える日により素敵な自分になれるように努力するようにしています。

例えば、ジムに行くことや、趣味に没頭したり、、寂しい気持ちはありますが、寂しいと思って過ごす時間と貴重な時間だと思って過ごす時間、同じ時間ですが自己の成長には大きな差が生まれるのではないかと思っています。

20代前半/大学生/男性

【6位】趣味に没頭した

趣味に没頭した

自分の趣味に時間を費やす

恋人が友達と遊ぶことが多く自分との時間を共有できないときは寂しいです。

束縛などして恋人を困らしたくないので笑って送りますけどやっぱり寂しさってあります。そういうときは自分の趣味に思いっきり時間を費やします。

自分は映画みたり読書したり時間潰したり。そうすることで恋人との会話のネタ作りにもなるし時間の経過も早く感じます。

30代後半/メーカー系/男性

【7位】素直に気持ちを伝えた

素直に気持ちを伝えた

直球で相手に気持ちを伝えた

お友達が多い彼女で、お休みの日は数少ない一緒に過ごせる日でもあるのですが良く友達と出掛けていました。

自分との時間も作ってはくれているのですが個人的には物足りず。遊びから帰ってきた彼女に直球でその気持ちを伝えました。

ごめんと言ってくれ、一緒に過ごす時間も増えたので言って良かったと思っています。

20代後半/医療・福祉系/男性

【番外編】その他

その他

彼女は友人がもともと多く会えないことも多かったので、自分も一緒に遊んだ

彼女はもともと友達が多く、みんなでワイワイするのが好きだった人です。自分にはない部分だったので、友達が多いことや慕われていること、大切にしていることを尊敬していました。

しかし付き合ってみると、なかなか2人で丸一日会えるということが少なく不満に感じていました。不安を伝えると、一緒に遊ぼうと誘われて勇気がいりましたが、大好きな彼女の友達なので自分も勇気を出して、その友達と友だちになることで彼女との距離も縮まるかなと思いました。

実際会ってみると、みんな良い人たちで自分も溶け込み仲良くなることができました。また、彼女の良い部分が聞けたり、見れたりしたのでもっと好きなりました。

いつもいつもみんなで遊ぶのはちょっと疲れる部分もあるので、バランス良くみんなで遊ぶとき、2人で遊ぶときと分けて付き合っていきたいです。

20代後半/サービス系/男性

まとめ

今回は、同じ経験を持つ男性100人による彼女が友達を優先して寂しい場合の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼氏が友達を優先して寂しい編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏が友達を優先して寂しい…彼女100人が対処している方法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2019年10月25日~11月09日
回答者数:100人