彼女と長続きする方法!男性100人が気を付けているコツとは

彼女,長続き

彼女と交際が始まれば、出来る限り長続きさせたい!とどんな男性でも思いますよね。

今は大好きな気持ちがピークな分、あえて冷静になって長続きしているカップルの秘訣や対処法を知りたいと思う男性も多いはず。

この記事では、男性100人による彼女と長続きする方法を体験談と共にご紹介しています。

この記事はfamicoが独自に制作しています。記事の内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/02/01時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

彼女と長続きするコツランキング

まずは、彼女と長続きするコツランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女と長続きするコツ』によると、1位は『思いやりを大切にした』、2位は『喧嘩に上手に対処する』、3位は『彼女の立場になる』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女と長続きするコツ

男性100人に聞いた彼女と長続きするコツでは、1位の『思いやりを大切にした』が約26%、2位の『喧嘩に上手に対処する』が約17%、3位の『彼女の立場になる』が約14%となっており、1~3位で約57%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女と長続きするコツを体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】思いやりを大切にした

思いやりを大切にした

週末に行きたい場所を自分から提案して、食べたい物は彼女にリサーチしてもらっている

遊ぶのは週末がほとんどだけど、平日仕事が早く終わったときは連絡を入れて、一緒にご飯を食べにいったりして週末いがいでも会おうという気持ちを出しています。

又、長期連休に入る前とかは2、3泊の旅行を立てて先の楽しみを作ったりしています。後は、誕生日に会わせてお揃いの物(服等)買ってます。

お互い注意したりしても怒らないのが長続き出来ているコツかもしれません。

20代後半/メーカー系/男性

常に相手の良い部分を見つけて交際する

付き合って3年目になりますが、お互いの生活環境の違いにより、普段は気にならない些細な事にも不満が溜まってしまい口論になる事が増えてきました。

ある時、思い出を一人で振り返っていた時に、昔の楽しかった思い出だったり、「初心」の気持ちを思い出した時に、最近の自分は「悪い部分ばかりを探すようになった」と思いました。

その後、常に相手の良い部分を見つける・感じることを意識して交際していくと、数倍もいい時間を過ごせることになりました!男には心の余裕が大事なんだと思いました。

20代前半/公務員・教育系/男性

親しき中にも礼儀ありで付き合う

お互い【ルームシェアをしている相手】という感覚で同棲をしています。

自分だけの相手だと思ってしまうと、慣れと甘えが出てしまい、次第に片付けであったりルールが守れなくなってしまいます。

でも、そんな時は、ルームシェア感覚を意識します。ルームシェアは一緒に住んでいても他人同士の付き合い、ゴミも片付けないと、食器も洗っておかないと、というちょっとした気遣いができるようになります。

その感覚は、いくら付き合っている相手とは言え大切なことだと思いますし、実際この感覚で結婚生活のストレスもあまりありません。

30代前半/不動産・建設系/男性

常にお互い様の精神で一緒に居る

付き合って4年ぐらいになりますが、付き合った当初から嫌なことがあればすぐに相手に伝えるだとか、自分がされて嫌なことはしないでおこうと最初に話し合いました。

また、お互いが相手の話をよく聞いて理解し、理解できないところはちゃんと意見を言うなどコミュニケーションを心掛けることで全く喧嘩もなく過ごせてきました。

20代前半/不動産・建設系/男性

いかななる時も感謝と謝罪は忘れないようにする!

最長で4年半というお付き合いのなかで、お互い常に大事にしていたのが「ありがとう」と「ごめんなさい」を素直気持ちで伝える事です。

長年付き合っていくとついつい色々なことが当たり前になっていき、相手に何かをしてもらうことや相手に何かをしてしまうことに慣れて来て、意外とたったこの二つの言葉が言えなくなってきます。

特にごめんなさい等の謝罪の気持ちは、自分が本当に悪くないと中々言えなかったり喧嘩を避ける為つい平謝りになりがちでそれらが原因で喧嘩に発展する事が多い気がします。

このことを気にかけるようしてから大きいな喧嘩もなく、もしも険悪な雰囲気になったとしてもしっかりと謝罪することにより大喧嘩という事に発展することはなかったです。

これらの他にも「おはよう」「おやすみ」「いただきます」「ご馳走様」といった日常でごくごく当たり前に使う一言を言う事もすごく大切なことだと思います。

30代前半/自営業/男性

異性との絡みがある時は必ず報告

お互い重いタイプではないのですが、付き合った当初から恋人同士のルールはしっかり作ろうということでできたのが、異性との絡みがある予定がある時は必ず前々から報告しておく。というルールです。

そうすることで、お互い了解を得て気持ちよく過ごしていくことが出来ました。

20代前半/大学生/男性

【2位】喧嘩に上手に対処する

喧嘩に上手に対処する

喧嘩も笑顔に変えてしまうこと

喧嘩をすると朝のキスなどを嫌がる彼女。

そこで自分も怒って行ってしまうのではなく、彼女がしてくれるまで時間がギリギリになっても待ちました。

この時に思い切り目を瞑って待っていたり変顔をすると、諦めて笑ってキスをしてくれるように。どんな時も喧嘩の時も笑顔につなげるように工夫をしました。

20代後半/メーカー系/男性

言われた事にあまり反応せず気にしない!

彼女と根本的な性格が違うので、付き合っているとしょっちゅう喧嘩になります。

イライラしてこちらも反抗してしまうとさらに喧嘩が長引くので、それを防ぐためになるべくその時は無になることにしました。

イライラしたらすぐに無口になり、素早く寝に行くようにすると喧嘩が減りました。

20代後半/不動産・建設系/男性

喧嘩をしたら、その日に解決する

僕らは同棲をしています。もちろん日々お互いに不満がたまることはあります。

しかしながら、その不満を抱えたまま次の日を迎えるとお互いにパフォーマンスが低下してしまうという理由から、必ず喧嘩したその日に解決するように約束をしています。

それによりお互い不満を我慢せずにいられるので、いい関係を続けられています。

20代前半/大学生/男性

喧嘩しても長い目で見たら小さいことと受け入れあった!

付き合ってから4年になりますが、最初は喧嘩ばかりでした。

こんなに長く続いたこともなかったため、すぐに別れるかもと不安に思っていました。しかし喧嘩をするたびに彼女の方から長い目で見たらと話してくれることが多く、私が悪いことばかりでしたが安心して尽くせるようになりました。

いっときの感情で関係を壊すのではなく、お互いでお互いの考え方を理解し合う努力が長続きさせる秘訣だと思います!

20代前半/不動産・建設系/男性