彼氏と半同棲状態かも…同じ経験を持つ女性100人の助言とは

彼氏,半同棲

気が付いたら彼氏と半同棲が始まっていた…という経験がある方も多いですよね。

なんとなく始まることが多い半同棲だからこそ、彼女として今後の付き合いを上手に成功させたいと考えている女性も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏と半同棲が始まった時のアドバイスを体験談と共にご紹介しています。

彼氏と半同棲になったときの注意点ランキング

まずは、彼氏と半同棲になったときの注意点ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏と半同棲になったときの注意点』によると、1位は『お金の問題はシビアに考える』、2位は『結婚や将来も考えるべき』、3位は『生活のルールを決めておく』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏と半同棲になったときの注意点

女性100人に聞いた彼氏と半同棲になったときの注意点では、1位の『お金の問題はシビアに考える』が約18%、2位の『結婚や将来も考えるべき』が約16%、3位の『生活のルールを決めておく』が約15%となっており、1~3位で約49%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏と半同棲になったときの注意点を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】お金の問題はシビアに考える

お金の問題はシビアに考える

結婚するまでは財布は別々の方がいい

半同棲になると、お金のことでギクシャクすることがあったので、お金についての決まりはあった方がいいです。

私の場合、家賃・光熱費は全て彼が払ってくれたので、食費は必ず割り勘というルールになりました。

シャワーを浴びる時や、スマホの充電をするときでさえ、光熱費を払ってくれてる彼に感謝の気持ちが湧いて、「お返しに彼のためにできることをしてあげよう!」という気持ちになりました。

自然と献身的な気持ちになったことで、彼も結婚を意識してくれたみたいです。今では晴れて夫婦になりました。
結婚前にお互いの良い所と悪い所を理解し合えて良かったと思います。

20代後半/専業主婦/女性

将来のためにお金の管理はきちっとしておくべき

私の場合、生活費をどっちが出すか、食費はどうするか、家賃はどうするかなど、決めないままお互いの家を行き来するうちに半同棲状態になってしまったのですが、どちらが多くお金を出しているかという点で喧嘩になりました。

家賃などの固定費は折半で管理しやすいですが、食費や光熱費などの変動費は難しく、将来の結婚のための共同貯金をするかなどでお金のことを話さなければならない時がきます。

その時に真剣に話をしないと、相手の給料を知らなかったり、結婚するとなった時に相手が全く貯金してなかったりというトラブルを招きます。

また最悪別れるとなった時にも、多く出した分のお金を返してといったトラブルに巻き込まれた友人を何人も知っているので、お金の管理はきちんと行った方が良いです。

20代前半/医療・福祉系/女性

家賃の線引きは最初にやっておくと良い

お互いの職場が私のマンションの方が近いという理由で、私のマンションで半同棲がスタートしました。

はじめのうちは、とてもワクワクで嬉しくて仕方ありませんでしたが、家賃や光熱費が等の支払いはどうするのかと、後々揉める結果になりました。

お金に関することは初めから話し合っていた方が揉めなくて済むと思います。

30代前半/公務員・教育系/女性

お金に関しては曖昧にしておかない

半同棲で、それはそれで楽しい事もあったし、その後に結婚もしたけれど、同棲中に彼に対して価値観などで、違和感がありました。

生活していく中で、つい甘く考え、それほど大きい問題ではないと思っていましたが、結局そういった価値観の違いや育ってきた環境の違いで、数年後に離婚する事に。

ですので、生活にかかるお金の事や、将来的にはどうするかなど、予め話し合っておく事が大事だと感じます。特にお金に関しては、生活雑貨や食品など、つい買い物に行く頻度が高い方が出す形になる事が多くなるので、毎月二人で幾ら出すのかなど、曖昧にしておかない方が良いと思います。

一緒に暮らして見えてくる事は案外多いので、もし違和感を感じたら一度距離を開けて一人になってみる冷静さも必要だと思います。籍を入れると別れる時は厄介です。

30代前半/公務員・教育系/女性

お金のことはきっちりしておいたほうがいい

半同棲という曖昧な状況だと、相手か自分のどちらかが家賃や光熱費などを負担している状況に陥りやすいと思います。

なので最初に話し合い、食費や日用品を買いに行ったときに出すようにするねなどしっかりしておくといいと思います。

20代前半/専業主婦/女性

いずれ結婚を考えているなら生活費の折半は話し合うべき!

彼と一緒に暮らすことに舞い上がり、結婚ごっこの様な生活でした。

お金は出せる方が出せばいいね!と気楽に考えていましたが、それは最初だけのこと。長く同棲すると、生活費のことが喧嘩の原因になります。

話し合い、納得した上でスタートすれば、簡単に崩れることはないと思います。

40代後半/専業主婦/女性

2人で家賃と生活費のルールを決めた方が良い

付き合っていた彼が友達の家に居候しており、私も一人暮らしだったので徐々に私の部屋に荷物を移動させ、半同棲生活が始まりました。

半同棲だったので家賃を請求することができず、ずっともやもやしていました。半同棲でも家賃や生活費のことを初めにしっかり話し合った方が良いと思います。

20代後半/専業主婦/女性

【2位】結婚や将来も考えるべき

結婚や将来も考えるべき

その後の結婚の話など、先を見据えた方が良い

まず若いうちは同棲はしないほうが断然いいです!なぜなら未来が見えない相手としても意味がないから。

結婚を意識してる同士ならいいですが、そうでなければ別れた時の引っ越しとかが大変です。私も経験しましたが、本当に大変でした。

そしてなんとなくの半同棲に流れ込んでいるなら干渉しすぎないことが大事だと思います。

30代前半/専業主婦/女性

将来についてお互いの考えを伝え合うべき!

半同棲になると、ほぼ結婚生活と同じような感じで、楽しいこともありますがずるずると半同棲生活が長引きがちです。

こっちは将来結婚したいと思っていても、男性からすれば今と変わらないじゃんと思っていて、何かきっかけがないとその生活から抜け出せなくなります。

なので、半同棲になりはじめの頃に、どんな予定なのかということを詳しく話し合っておいた方がいいです。

20代後半/公務員・教育系/女性

二人の口座を作り、二人で貯金した方が良い

私は同棲がズルズルと長引かない為にも、お互いが結婚へ向け意識するように二人の口座を作りました。そして、予め〇〇円貯まったら結婚しようと、約束していました。

二人の口座を作る事によって、二人の意識が同じ方向を向きますし、常に結婚を意識している状態になる為、上手く行くと思います。

30代前半/サービス系/女性

絶対に期間を決めておいた方がいい

最初は楽しいけれど、生活するうちに相手も自分も悪い面が見えてくるものです。気を使い過ぎても疲れるし、気を使わずにダラダラになっていくのもダメです。

そして何より、同棲するなら期間を決めること!決めないとそのままダラダラ同棲して婚期を逃す結果になりかねません。

40代前半/IT・通信系/女性

結婚の意志の確認やお金の管理はしっかりとした方が良い

付き合いも6年がたった頃、合い鍵も持っていて半同棲状態でした。

お互いに食事など生活費でもめるのも嫌だったので、月初めにお金を出し合い共通の財布を作り基本的にはそこからお金を出して生活していました。

結婚前の予行練習となり、お金の価値観や生活リズムなども良く知れて良い機会になりました。ただ、ずるずる先延ばしにされてしまったこともあり、結婚の意志はしっかり聞いておいた方が良かったと思います。

私は結局9年目で結婚に至りました。

30代前半/専業主婦/女性

中途半端にならず節目やきっかけを作ること

結婚と同棲のメリハリがわからなくなってしまい、中途半端だなと思う時期があって悩んだことがあります。

結局子供が出来て結婚しましたが、中途半端に同棲すると何かきっかけがないと結婚に向けて動かないので、子供が出来て良かったなと今では思っています。

30代後半/専業主婦/女性

【3位】生活のルールを決めておく

生活のルールを決めておく

家事の役割分担はしっかりして2人で話し合う

半同棲になっても慣れすぎないように、女性としての魅力は磨き続けることと、恥じらいを忘れないように心がけると長く愛されると思います。

また馴れ合いになってしまうとズルズル付き合うことになって、先が見えなくなってしまうことがあるので注意です。

会うと安心する、一緒にいることで元気が出るような関係になると結婚も意識してもらいやすいですよ。

20代後半/専業主婦/女性

彼女のはずが、お世話係にならないよう家事は分担したほうがいい

半同棲になると一緒に過ごす時間が増え、仕事もより頑張れました。帰ってからも、一人だとだらだらしてしまいがちですが、彼のためにご飯や洗濯なども率先して行いました。

しかし私が頑張りすぎて、彼がやってもらうことが当たり前になってしまいました。

彼との時間が安らぐはずが、仕事の後の家事が大変になってしまったので、やるべきことはお互い分担して、何事もありがとうという感謝の言葉が必要だと感じました。

20代後半/専業主婦/女性

完全に同棲する(または結婚)ときのために、家事は二人で分担した方が良い!

半同棲のときは、良い彼女であろうと家事を全て引き受けがちですが、それをしてしまうと彼氏にとっては「家事=彼女がするもの」になってしまいます。

何もかも頑張って彼氏の助けになりたい!さらに好かれたい!という気持ちは分かりますが、将来のためにも今から彼と家事を分担しておくことをおすすめします。

私は実際に半同棲の間から彼と家事を分担していて、同棲した今でも当たり前のように家事をやってくれる素敵な彼を育て上げることができましたよ!

20代前半/自営業/女性

お母さんになってしまわないように、家事分担は初めにしっかりする!

年上の人と同棲したこともあり、はじめは家事は女の仕事という感じで、料理も洗濯も掃除もやって仕事終わりで疲れ果てていました。

相談という形で、どうにか負担を減らしたいと伝え、できるところからやってもらうように。洗濯物の畳み方が違うとか、料理した後の片付けができてないとかありますが、やってくれること自体がまずは有り難いと思うようになりました。

30代前半/不動産・建設系/女性

【4位】女子力は維持する

女子力は維持する

化粧をしていない状態も幻滅されないように、スキンケアなどは怠らないようにする

自分の時間も大切にしつつも一緒に過ごす時は思いっきり2人の時間を満喫して、生活にメリハリをつけられるととても良い関係でいられます。

会えない時は、美容に力を入れて、今度会った時に綺麗になったと思ってもらえるように頑張ろう、とかポジティブに考えて自分の時間を有効に活用する工夫をしていました。

20代後半/サービス系/女性

水回りの掃除と女子力は忘れちゃいけない!

半同棲は、同棲と違って気軽さがあります。ただ、水回りの掃除ができているかをチェックしている男の人は多いです。

反対に彼女が彼氏の家に居候する場合は、チェックしておくと良いと思います。服など片付けられない男性は多いですが、水回りの掃除で清潔感など人間性がすごく出るところな気がします。

女子力については、以前私も同棲経験があり、最初は見えないところでしていた着替えもいつしか大胆に目の前で着替えるようになったところ、同居人化してしまった過去があります。

着替えや下着は彼の見えないところですることをオススメします。

30代前半/IT・通信系/女性

一緒にいることで女子力を下げない!

半同棲ですっぴんを堂々と見せる一方で、親父化しないように心がけました。

彼氏と一緒にいるということを常に心の中に置いて、内面外面ともに女子力を保ち続けようと考えました。

結婚を考えている彼なので、これから何十年先も飽きられないように、自分磨きに力を入れたい、入れることが大切なのだと思います。

20代前半/大学生/女性

メリハリつけて服装やメイクは気をつけた方が良い!

付き合っていた彼氏と半同棲状態になった時、彼とは休みがすれ違うこともあったので、休みの日にパジャマのままやノーメイクのままといったことは避けていました。

別れた元彼の際も同じように半同棲状態だったのですが、1日部屋着のまま過ぎた日に、「今日何もしてないの?」と怪訝な顔をされたこともあり、一緒にいるからこそ身なりは気をつけなければと思ったからです。

どうしても気を許してすっぴんでいる時間が長いと、女子力のなさや他の人の方が魅力的に見えることもあると思います。結果的に別れた元彼には浮気をされて、理由が女性に思えなかったということでした。

適度に自分の時間を作って、彼氏ばっかりにならない方がお互い新しい情報を得られたり成長してより魅力的に育てよなったりするので、べったりし過ぎず限られた時間を大事にしてください。

20代後半/サービス系/女性

半同棲はお試し期間と心掛けて毎日がデートの意識を持つ

ずっと女性として意識してもらえるように、部屋着や下着に気を使ったり、目の前でどうどうと着替えたりはなるべく控えています。

彼からすると、家に帰ってきたときにちゃんとメイクをしている彼女が待っているのと、髪もぼさぼさでノーメイクの彼女が待っているのだったら前者が良いに決まってます。

半同棲はある意味お試し期間でもあるので、気を抜いちゃいけません。同棲後に振られる友達を何人も見てきました…

30代前半/IT・通信系/女性

【5位】尽くしすぎない

尽くしすぎない

結婚とは違うことを意識して、尽くしすぎないこと

当時付き合っていた彼氏と半同棲したのは初めてで、楽しくて楽しくて、毎日ご飯を作ってあげたり、洗濯や掃除など、家事全般を私が担当していました。

初めは純粋に楽しかったですが、すぐに辛くなってきて喧嘩が増えてしまいました。最初からあまり無理せず、しっかりと家事の分担を決めることなどが大切です。

20代後半/金融・保険系/女性

半同棲の段階では主な生活は別々であること肝に免じる

半同棲になることが嬉しくて、家に来るときは何を食べたいのか聞いて、毎日料理を作って、好きなお酒も準備していました。

ですが、ある日気付いたこと。。ほぼ毎日わたしの家に来てるけど、半同棲だから家賃は私持ち。そして、ご飯も作ってるため、時間もお金も倍にかかってることに段々イライラが募るようになりました。

半同棲の段階では主な生活は別々のため、あまり相手に尽くしすぎないほうがいいなと思いました。

20代後半/フリーター/女性

相手の召使いにならないようにすること

彼と付き合い始めて半年が経つ頃に、彼の家に半同棲状態で過ごすことが多くなった時期がありました。

その際に、彼が家賃や光熱費など負担してもらっていたので家事を率先してしていたところ、彼の態度が召使いのように私に対応するようになったので、きちんと家事などは分担した方がいいです。

20代後半/公務員・教育系/女性

家事は出来るぞアピールをしつつ、たまには一緒にやろうと誘ってみるといい

自分の場合は相手が家事は女の仕事と割り切ってる人だったのですが、こちらが食事の支度してる間にテレビを見てごろごろされて箸の一つも運ばない姿を目にしてきて大変腹立たしかったです。

「手伝って」というとしぶしぶ…といった感じでした。自分がいざ動けなくなったとき、子供が出来たとき、本人のためにも、早い段階から少しずつ家事というものに「慣れて」もらうのがいいと思いました。

30代前半/専業主婦/女性

【6位】1人の時間も持つ

1人の時間も持つ

自分の時間も大切にしたほうが半同棲を楽しめる

お互い一人暮らしだったので、毎日自由な時間があり、予定のない日は必然的にどちらかの家で過ごすことになりました。

しかし、付き合い始めの情熱的な時は良かったのですが、そのうちに自分の時間が欲しくなりました。

お互いの生活場面も見えて喧嘩も増えてしまいました。次第に彼に会いたい、寂しい、という気持ちが少なくなり、家族のようになってしまいました。

いろんな時間を共有できるのはとてもいい事なのですが、友達やバイトも大切にしたかった時期だったので、半同棲は時期尚早だったなぁと思っています。

半同棲してなければ、彼をもっと大切にできたのではないかと思います。なので、ある程度1人の時間や彼とは別に自分の時間を楽しむこともとても大切だと思います。

30代後半/専業主婦/女性

お互いの時間を大切にした方が良い

半同棲となると、長い時間一緒にいることになります。ずっと一緒にいても飽きないとは思いますが、お互いに自分1人の時間も大切にした方が長続きすると思います。

自分一人で考えたりゆっくりする時間があるからこそ一緒に生活できる時の楽しさや幸せを感じることができると思います。

30代前半/医療・福祉系/女性

たまには離れて寂しいと思える時間を持つと良いかも

初めて会った時から包容力のあり家庭的な彼に惹かれ、将来結婚するならこの人がいいなと思っていた時にその彼との交際に発展し、同じ職場でもあったので一緒に出勤するようになってからそのまま半同棲になりました。

交通費も生活費も折半で残りは貯金に回したりして、お互いのお金の使い方や価値観も似ている為、一緒にいてとても楽でした。

実家に帰っている時は会えなくてとても寂しかったですが、今思えば相手と少し距離を置く事でより彼の大事さが増していたような気がします。

30代前半/専業主婦/女性

【7位】コミュニケーションは欠かさない

コミュニケーションは欠かさない

彼とたくさん話をして彼を知る、また自分を知ってもらう

彼氏と半同棲になったら、最初は一緒に過ごせて幸せという気持ちでいっぱいですよね。長い時間一緒にいると彼の人間性が見えてきます。

恋人としての会話はもちろんですが、仕事や家族のことなどいろんなことを話しましょう!相手のことを知ること、自分のことを教えることはとても大切です。

自分と同じことで楽しんでいるか嫌だと感じることはどんなことなのかなど、彼氏と自分の価値観を比べてみるとこれから長くお付き合いが出来るかどうかが見えてくると思います。

20代後半/IT・通信系/女性

彼氏に興味がある姿勢をきちんと見せる

相手に興味、関心を持つようにしています。

同棲する前は、スポーツ番組を観ることはありませんでしたが、ルールを教えてもらいながら一緒に観たりすると、相手の時間を邪魔せずに会話を増やすことができるし、知識も増えて一石二鳥です。

相手も同じスマホのアプリをダウンロードしてくれたり、毎日、今日はなにしていたのか聞いてくれます。お互いに「興味があるよ、いつも想ってるよ、仲よくしたいよ」と行動で示すことが大切だと感じています。

20代後半/専業主婦/女性

【8位】価値観の違いを認める

価値観の違いを認める

自分ルールを押し付けないこと

生活を共にするので、つい素が出てしまい、自分の生活のやり方を相手に自然に求めてしまいます。

自分では「このやり方がベスト」と思うこともあります。でもそれは相手の基本的な生活を尊重しないことなので、亀裂が生じてしまいます。

同棲が元で出たトラブルがあまりないので、なぜ問題が出なかったのかと考えたときに、自分ルールを押し通さず「私はこうしたいけど、どう?」と相手の確認を取っていたなあと思います。

相手と自分の生活の折り合いをつけることですね。

30代後半/医療・福祉系/女性

価値観の違いを許せるか確認しておいた方が良い

私が彼と半同棲を始めたのは「結婚」を本気で考えられる相手なのかお互いに見定めることが目的でした。

お互いに違う環境で育ったのだから、生活習慣には多くの相違があって当たり前です。その自分と彼の「違い」をお互いに受け入れられるのかを確かめたかったのです。

結局、彼のだらしなさが受け入れられずお別れすることとなったのですが、結婚前に半同棲を経て共同生活が難しいと気づけたことはとても大切な経験だったと感じています。

30代前半/サービス系/女性

【9位】外出の数を減らさない

外出の数を減らさない

家で過ごす時間と外出時間をバランス良く!

半同棲になると、家で過ごす時間が多くなりがちでした。

先週末は会えで過ごしたから今週末は外出する、など2人でちょっとした計画を立てることでマンネリ化を防げました。

また、家にいるときも2人で料理などの家事をしたり、お酒を楽しんだり、共通の趣味を作ることで楽しく過ごせたと思います。

20代後半/IT・通信系/女性

家ばかりにいないように、外にデートへ行く

週に何回も会っていた事もあり、いつの間にかお泊まりが、そのまま半同棲という形になっていきました。

私が家事が苦手で彼の家で半同棲が始まったという事もあり、家事も生活費も彼に甘えていましたが、なるべく外でデートをするようにして私がご馳走したりと、バランスを保つようにしていました。

30代前半/専業主婦/女性

【番外編】その他

その他

ワンルームでズルズルと住まない方がいい

ひと部屋しかないと、生活リズムの違いや、喧嘩したときなどひとりになれないストレスがあり、仲が悪くなりがちです。

早めに2部屋以上でちゃんと同棲するなり、結婚するなりした方がいいです。引っ越したらすごく喧嘩が減りました。笑

30代前半/専業主婦/女性

まずは結婚を意識せずに楽しく生活する

お互いに友達や会社の付き合いがあるので、束縛はしないで笑顔で快く見送るといいと思います。

結局、居心地の良い空間作りが重要で、もし相手が浮気しようとしても(していても)自分の元に帰って来てくれます。後は二人で楽しめる何かがあると良いです。ありきたりですがDVDやゲームなど。

結婚を視野に入れて考えるなら整理整頓、片付けが出来る人なのかをチェックした方が良いのではないでしょうか。

男性の中には女性の事を家政婦みたいに思ってる人もいるので、そういう人と一緒になったら苦労します。

40代前半/フリーター/女性

まとめ

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏と半同棲が始まった時のアドバイスを体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女と半同棲が始まった時のアドバイス編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女と半同棲状態かも…同じ経験を持つ男性100人の助言とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ