彼女が怖い…同じ経験を持つ男性100人が実践した対処法とは

彼女,怖い

普段は優しい彼女でも、喧嘩をしたときや怒っている時、不機嫌な時などに怖いと感じる時もありますよね。

あまりに彼女が怖いと思ってしまう状態が続くと別れも考えなくてはなりませんが、原因や解決法があれば知りたい男性も多いのではないでしょうか。

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女が怖い時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

彼女が怖い時の対処法ランキング

まずは、彼女が怖い時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女が怖い時の対処法』によると、1位は『原因を見つけて対処する』、2位は『素直に伝えた』、3位は『冷静になるのを待つ』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女が怖い時の対処法

男性100人に聞いた彼女が怖い時の対処法では、1位の『原因を見つけて対処する』が約19%、2位の『素直に伝えた』が約13%、3位の『冷静になるのを待つ』が約12%となっており、1~3位で約44%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女が怖い時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】原因を見つけて対処する

原因を見つけて対処する

ルールを決めてお互いがイライラするような状況を避けた

仕事でイライラしたことがあるのか、仕事終わりに不機嫌な時があり当たってくるのことがよくありました。

何もしていないのにイライラされているとこちらも疲れてしまいますので、仕事の話はあまりしない、この日はしないなどルールを作ることでうまくやっています。

20代前半/IT・通信系/男性

本音を言い合える関係を気付いて、彼女を理解した

初めて付き合った彼女でワクワクしながらバレーボールの試合観戦に行った日のことでした。

お互いバレーボールをしていたこともあり盛り上がりながら試合が終わり凄かったねー!とか、感想を言いながら楽しくまた行こーね!とか言われ楽しかったなって思いながら車で帰ってLINEを見ると、「今日、本当は楽しくなかったんだ」と来ていました。

目の前ではあんなに楽しそうにするのに、スマホの中ではこんなに冷徹に言えるんだと恐怖しかなかったです…

彼女に改めて理由を聞くと、面と向かっては言えなかったからメールで伝えてみたとのことでした。

それ以降はなぜかお互い本音で話せるようになったので、思ったことを直接言い合える関係を早めに気付いておくとよいと感じました。

20代前半/不動産・建設系/男性

なるべく褒めるようにしてご機嫌取りをした

ある時期、彼女が他の女性たちを非難するようになりました。

それも本当に些細なことや、彼女自身がやっているようなことでもお構いなしに非難するようになってしまいました。

私が繁忙期で連絡もかなり遅くなったりしていた時期だったので、精神的に不安定になっていたのだと思います。とにかく彼女をさりげなく褒めるようにしたら段々と落ち着いていきました。

20代後半/メーカー系/男性

原因が自分にあったので二度と同じことはしないようにした

彼女と付き合っている時に、ついつい魔が差して、他の女性と関係をもってしまいました。

付き合っている期間も10年と長く、携帯を暗証番号でロックをしていたのですが、付き合いが長いため、おおよそ暗証番号として使いそうな数字を把握されており、ロックが解除され中身を見られてしまいました。

付き合いが長いと、こんなこともあるのかとゾッとしました。もちろん攻め立てられましたが、どんなに証拠を握られようが認めてしまうと、もっと恐ろしいことになるので、非を認めないことを一貫して、嘘で嘘を塗り固めました。

もちろんそれ以降は悪いことはしていませんが、女性を本気にさせると怖いと思い知りました。

30代後半/医療・福祉系/男性

【2位】素直に伝えた

素直に伝えた

遠回しに彼女に伝えてみた

付き合っている彼女が友人と電話で話をしているのを隣りにいたのでたまたま聞いていたのですが、口調がとてもキツく、汚い言葉遣いを平気な顔をして普通に話していたので怖かったです。

直してほしかったので、彼女に遠回しにその言葉遣いについて優しく注意してみたところ理解してもらえました。

後から聞くと女友達とは割と普通の会話だったようですが、女同士の会話って本当にこんななのか…と驚きを隠せませんでした。

30代後半/メーカー系/男性

同じことが続くのならば関係を続けることは出来ないと伝えた

バイト先で仲良くなった人がいてラインをしていたら、勝手に携帯をチェックされて浮気をしていると誤解され、毎日携帯のチェックをされました。

それだけであればまだ理解も出来るのですが、私以外の人とはラインをしないで欲しいなと言われ、女友達の連絡先を消されることまで求められました。恐怖です。

好きだから別れたくはないけれど、その考え方を続けるのであれば長くは続かないと思うと伝えて彼女と話し合った結果、彼女も理解してくれました。

20代前半/大学生/男性

【3位】冷静になるのを待つ

冷静になるのを待つ

怖いと感じたことについて直接話し合い自分の気持ちを伝えた

夜に二人で布団で寝たはずなのに、ふと目が覚めると彼女が私の携帯を触り見ていました。寝静まってから勝手に携帯をチェックしていたことに恐怖と悲しみを感じました。

私は人のものは勝手に触らない、プライバシーには踏みこまないことが常識妥当思っていましたので、彼女の行為はとても信じられないものでした。

その時は何も言わなかったですが、翌日しっかりと私の考えを話したところ、彼女が号泣して謝罪してくれました。どうしても浮気を疑ってしまったようです。

30代後半/IT・通信系/男性

余計なことを言わないで、時間が解決するのを待つ

彼女から今は電話できるかと聞かれて、今はお風呂に入るからできないといっただけで、ヒステリックのように怒り、もうあんたなんか嫌いだというようなことを言われました。

LINEでのやりとりもできなくなり、そこまで怒ることなのか?と思いましたが、連絡が取れないのでそのまま放置をしておきました。

後日に嫌味をたらふく言われましたが、後で悪いと思ったのか謝ってきて無事に仲良くなれました。気が済むまで言わせておいて、良かったと思います。

40代後半/自営業/男性

【4位】まずは様子を見る

まずは様子を見る

少し距離を置き様子を見て食事に出かけた

お互い忙しく時間が取れずにいて、久しぶりに会ってもなんだか機嫌が悪そうでした。
こちらも仕事の事ばかりで上の空だったので、取り敢えず距離を置き全力で仕事を片付けて半月後に少し無理をして高めのレストランに食事に誘いました。

そこできちんと謝り話をしたところ、理解は得られましたがもっと色々話して欲しいとの事でした。

こちらは愚痴になってしまうのが怖く極力仕事の話は避けていたのですが、それからは少しずつ話すこと様にして解決しました。

30代前半/サービス系/男性

【5位】距離を置いた

距離を置いた

一旦連絡等はせずに、距離を置いて彼女を冷静にさせた

彼女が私の交友関係や、連絡の頻度が少ないことにイライラしていることがありました。

私は元々連絡が多いタイプではないし、交友関係も広い方だったので、彼女自身はじめからわかって付き合っているのだから直す気はありませんでした。

連絡をとらず少し距離をおいたことで彼女の方も冷静になり、反省してくれました。そのあとは連絡の頻度等は2人で決め事を作ったため、無事解決することができました。

20代後半/メーカー系/男性

【6位】広い心で受け止める

広い心で受け止める

たまにはそんなこともあると、その場では広い心を持って受け止める

私がちょっと連絡が取りにくい場面で何度も携帯に着信が入っており、気がついて出てみるとものすごい早口で話し始めた時に怖いと思いました。

ただ、人間は多面的なものだと思うので「そんな面もあるよね」くらいにとどめておくことが大切だと思います。

その面だけが全てではないので、目数の多いサイコロを転がしているような気持ちで受け止めるのが良いかと思いました。

40代後半/サービス系/男性

【7位】彼女の気持ちを聞いた

彼女の気持ちを聞いた

優しく「どうしたの?」と理由を聞く

同棲中の彼女がある日明らかに機嫌が悪い日があり、怖いと思いながらもそっとしておいたのですが、掃除、洗濯、料理全てをやらず寝ていていたので最低限のことはしなよと言ってみることに。

すると、彼女から「生理なんだから配慮ぐらいしてよ。そんなこともわからないの」と言われ、これは確かに自分の配慮が足らなかったなと反省し、解決しました。

男性だと気づかない女性の部分があるので、これ以降は機嫌が悪そうだなと思ったら優しく聞くようにしています。

20代後半/公務員・教育系/男性

【8位】友達や家族に相談する

友達や家族に相談する

理由が分からない時は彼女のお母さんに相談した

いつもニコニコでとても気さくで優しい彼女ですが、普段と変わらないデートをしてても何故だか不機嫌で怒りっぽい時期がありました。

彼女に何を問いただしても返事は無言だったので、仕方なく彼女のお母様に聞く事に。すると、精神的な疲れからまいっちゃっているとの事でした。

近くの心療内科への受診を勧めました。今は疲れもとれて普段の優しい彼女へ戻っています。

40代前半/IT・通信系/男性

【9位】話し合う機会を設けた

話し合う機会を設けた

真面目に話し合いをして次はないと釘を刺した

ちょっとした喧嘩の最中で彼女が急に机を思い切り蹴ってきたときに、怖いと思ったと同時にこんなことでそこまで怒る人なのだと冷めてしまいました。

喧嘩したことにはお互いに原因があって話し合えたのですが、すぐに物に当たるようならこれからのことは考えられないと伝えたところ、その後は一切そのようなことはなくなりました。

20代後半/不動産・建設系/男性

【番外編】その他

その他

とりあえず謝って彼女が求める対応をする

ラインなどの返信のあるないで仕事中でも返してくれないと不機嫌になり、怖い子だなと思いながらもひたすら謝りました。

仕事中は携帯持ち込めないから昼休みは必ずみて返信するようにする、と、約束させられ、面倒くさいなと思いながら、返すようにして解決しました。

40代前半/流通・小売系/男性

まとめ

今回は、同じ経験を持つ男性100人による彼女が怖い時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼氏が怖い編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏が怖い…同じ経験を持つ女性100人が実践した対処法とは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2019年11月17日~12月02日
回答者数:100人

みんなのコメント

まだコメントがありません。
是非、あなたの意見や体験談などを教えてください!


コメントはfamico編集部の承認後に表示されます。常識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や誰かが傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。