彼氏が重いから別れたい…同じ経験を持つ女性100人の対処法

彼氏,重い,別れたい

彼氏と付き合っていれば、気持ちが重いと感じて別れたいと考えてしまう事もありますよね。

普段は大好きな彼氏だからこそ、たとえ今は彼氏に重いと感じることが増えたとしても、出来ることならば別れないで対応する方法を知りたい女性も多いのではないでしょうか。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏が重いから別れたい時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

彼氏が重くて別れたいと感じた時の対処法ランキング

まずは、彼氏が重くて別れたいと感じた時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏が重くて別れたいと感じた時の対処法』によると、1位は『正直に重いことを伝えた』、2位は『距離を置いた』、3位は『話し合いを重ねた』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏が重くて別れたいと感じた時の対処法

女性100人に聞いた彼氏が重くて別れたいと感じた時の対処法では、1位の『正直に重いことを伝えた』が約29%、2位の『距離を置いた』が約21%、3位の『話し合いを重ねた』が約12%となっており、1~3位で約62%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏が重くて別れたいと感じた時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】正直に重いことを伝えた

正直に重いことを伝えた

彼の悪いところを直接注意した

元彼は私のことがとても好きだったので、休みが被れば会いたい人でした。

ある時に休みは被ったけど用事があると言ってたのに「〇日休みやろ!どっか行こう」と言われて、わたしは休みは合っても友達や家族とも遊びたかったので、イライラしたこともありしっかり注意することにしました。

勝手に決める前にちゃんと予定を確認してほしいと伝えたところ、すんなり理解してくれました。

20代前半/商社系/女性

彼の家に行って直して欲しいところを伝えた

彼はわたしがモテていると勘違いをしていて、男性との連絡を禁止したり、クラス会も彼の許可がないと行くことが出来ませんでした。

耐えることができず、彼の家に出向いて、信用してくれていないようでつらいという話をしました。その時にわたしとの信頼関係ができていなかったことに気付いてくれて、そこからは束縛が以前より治りました。

20代前半/医療・福祉系/女性

率直に気持ちを伝えて彼に変わってもらった

私が先に就職した頃、彼はまだ大学生でした。

社会人として慣れない生活に奮闘している私に対して、学生で時間もたくさんある彼からの毎晩の電話やメールでの私の行動チェックなどが徐々に重たく鬱陶しく思えてきました。

私は自分の世界も広がり、大学生の彼の世界が小さいものに感じてしまいました。相手には非はないので、率直な気持ちを伝えて謝り、彼に改善をして貰いました。

30代後半/自営業/女性

ストレートにやめて欲しいという自分の思いを伝えた

当時付き合った彼は心配性で、思い立ったら時間を問わずに連絡してきたり自宅に突然訪問してくるような人でした。

気持ちは嬉しいが私の気持ちを考えてほしい、できれば止めてほしいとストレートに伝えました。伝えたことで彼も初めて重荷になっていたと気づいたようで、そこから適度な距離感を保てた関係になることができました。

30代後半/公務員・教育系/女性

本当に嫌で辞めてほしいと思った事を直接伝えた

何をするにもメールをしろと命令されて、朝起きた時や仕事の前後や休憩時間、帰宅したら証拠の写真とメール必須で束縛が激しくて何度も別れたいと伝えました。

でも聞き入れてくれず、彼氏に会わない日に女友達と遊ぶ事になった時にも証拠の写真を要求されてストレスが溜まり、会いに行って本気で辞めてほしい事と別れてほしいと伝えました。

お互いが話をしてる時に彼氏の電話がなって通話を始めたので電話を没収して変わったら知らない女の子で、彼氏は浮気をしていた事がわかりました。言い訳していたけど、もう気持ちが限界だったのでさよならを告げました。

勿論電話もメールも着信拒否しました。交際期間中5年続いた毎日の報告やストレスも無くなり、もっと早く別れておけば良かったと後悔しています。

30代後半/商社系/女性

束縛されると気持ちが離れることを伝えた

とにかく毎日すぐに連絡が取れないと不安を感じる人でした。

浮気をしているわけでもないのに、連絡が取れないと誰とどこにいるのかと疑われ段々しんどくなりました。

相手は学生だったため時間が比較的自由でしたが私はすでに社会人。いつでも連絡を取れる状況でもないので、それを丁寧に伝えました。

本人も忙しい時期になると余裕がなくなり、それを理解できるようになったので、今思えばお互いに若かったからぶつかったのかなと思います。

30代後半/メーカー系/女性

しんどいと正直に話して泣いた

家で一緒にいる時など、ちょっとトイレに行ったり、飲み物を取りに行ったりするのにも、どこ行くの?と言われる位、行動が気になる彼氏でした。もちろん、すべてのスケジュールを把握されていました。

最初は引きながらも気にしてくれてると思って嬉しい部分もありましたが、それが続くとかなりしんどくなりました。いちいちうるさいと思うように…

なので、このような感じだと難しいし、別れしかないと正直に話しました。自然に涙が出てきました。

泣いた姿を見て彼も気づいたのか、少し束縛が減りました。

40代前半/流通・小売系/女性

【2位】距離を置いた

距離を置いた

会う回数を減らし、物理的に距離を置いた

倦怠期には彼の些細な言動にイライラすることがあると思います。いつもなら気にならないことなのに、怒ってしまう自分に自分自身でもショックを受けてしまったり…。

そんなときは、自分もストレスが溜まりますし、理不尽に怒って彼にも申し訳ないので、あまり会わないようデートの回数を減らしました。

そうすることで会えたときが新鮮に感じられ、彼との関係を客観的に見られるようになりました。好きだからこそ、時にはあまり近くなりすぎず、適切な距離が良いのかもしれません。

20代後半/医療・福祉系/女性

お互いの時間を大切にするために距離を置いた

付き合って1半年経ったくらい頃から同棲をしようという話をお互いにするようになり、一緒に住む家も見つかり順調に物事が進みかけた頃に彼の束縛が強くなり負担に感じるようになりました。

今まで喧嘩をしたことなかったのですが、毎日のように喧嘩するようになりギクシャクする感じが1ヶ月半くらい続いたので別れることも頭によぎったのですが、一旦は距離を置くことにしました。

距離を置いて自由に過ごせる時間を2ヶ月くらい作りました。最初は、すごく新鮮だったその時間でしたが彼の存在を知る良い機会になりました。

後日、彼と会いどうして距離を置こうと思ったのかなど日頃に感じた不満だったり距離を置いて気づいたことをお互いに話しました。

その結果、今も同棲していますが喧嘩はしなくなり彼の束縛なども減りました。

20代前半/マスコミ系/女性

正直な気持ちを伝えて、しばらく距離を置いてみた

仕事で疲れていた時も迎えに着て居たり、体調が悪くても会いたいを第一に考える人でなかなか1人の時間を持てなくなりました。

嬉しいことですが、私自身1人の時間が欲しい人なのでしんどくなり、そのことを伝え理解してもらい、少し距離をおきました。

30代後半/医療・福祉系/女性

バイトを増やして会う時間を減らした

はじめは普通だったのですが、少しずつ束縛が激しくなり携帯チェックはもちろん、テレビに映る芸能人にすら誉めるとヤキモチをやくといった感じになりました。

はじめは我慢してたのですが、会えば会うほど相手が自分に依存していくのが分かったので冷却期間を設けようと、相手にはバイトの人手が足りなくなったから忙しくなると言ってシフトを増やし会う頻度を減らしました。

結果別れたのですが、相手は毎日でも会いたい人だったみたいなので根本的に自分には合わなかったんだと思います。

30代後半/メーカー系/女性

【3位】話し合いを重ねた

話し合いを重ねた

話し合って相手の思いを受け止める

相手の浮気されたトラウマから会うたびに浮気を疑うようなことを言われました。

行動を報告するようにしているものの納得してもらえず、GPSをつけるも、アプリの不具合のせいでこっちが疑われ…

限界を感じましたが、出来るだけ話し合い、もっと愛情表現をしたりと安心してもらえるようにもう一度向き合ってみようと思いました。

20代後半/公務員・教育系/女性

自分の気持ちを伝え、お互いの気持ちを確かめあった

同い年の彼と付き合っていた頃、わたしは大学生、彼は既に社会人でした。

大学の講義中やバイトではケータイを触れないため、すぐにメールなど返事ができないことが多々ありました。

また1日の終わりには疲れ果て、よく気付いたら寝入ってしまうことがあったのですが、””おやすみ””を送らず寝てしまうことに何度も怒られました。「他の男と寝てるんじゃないの?」と言われることもありました。

あらかじめ今から〇〇するからと伝えたり、なるべく寝る前に連絡をしておくようにしたりしましたが、「返事が遅い」と言われることがあり、わたしの気持ちもモヤモヤしたのでお互いに泣きながら自分の気持ちを言い合いました。

「距離を置こう」と提案すると「距離を置いたらそのまま別れると思う」と言われ、しばらく考えました。

その時は嫌な気持ちでいっぱいでしたが、それまで大切にしてくれたこと、自分のためにしてくれたことなど、いろいろなことを思い出しました。

わたしも別れたくはないと思い、お互いに謝り、できるだけ相手のことを考えて連絡を取り合うようにしました。

それからもいろいろな事がありましたが、今は結婚して子どもも産まれ、幸せに過ごせています。重いなと思うこともありましたが、とても大事に思ってくれてたからだなと今では感じています。

20代後半/マスコミ系/女性

【4位】彼氏の気持ちを理解した

彼氏の気持ちを理解した

彼の立場になって考えてみると気にならなくなった

彼は私の大切な試験の直前でも連絡なしで家に突然来たり、出かけた先まで連絡なしで迎えに来るような人でした。

伝えにくいと思いつつ何度も困るからと優しく断っていたのですが、自分目線では少し迷惑な話でも彼からしたら心配してくれてたり会いたいと純粋に思ってくれているのかなと思い、なんとなく気にならないようになりました。

気にならなくなってからは、逆にありがとうとこちらが言うくらいに心に変化がありました。

20代前半/IT・通信系/女性

嫌なだと思う所を素直に伝えて彼の気持ちを聞いた

彼氏は、常に私が「どこで誰と何をしているのか」を知りたい人でした。

会社の飲み会も1次会が終わる頃になると電話がかかってきて、「そろそろ帰る時間だよ」と連絡が来ていたので、重たくて別れたいと思いました。

その事を素直に彼に話して、何が心配なのか、なぜそこまで知りたがるのかを聞きました。すると元カノに浮気をされた経験があるからだと言われました。

その事をきっかけに私も、今から「◯◯とご飯に行ってくるね」と一言、言うのが苦ではなくなりました。また飲み会の時は、終わったら連絡をくれれば連絡をしないと約束してくれたので、思ったことをしっかりと話してよかったと思います。

30代前半/医療・福祉系/女性

【5位】自分のしたいようにした

自分のしたいようにした

彼氏に反発して自分のやりたいようにした

彼氏は毎日、連絡を取り合わないといけないタイプでした。

仕事関係の飲み会でもどこで誰と何時まで行くのかを常に教えて欲しいと言われて、さらにスカートは履いて行って欲しくない等の服装の指定までしてくる人です。

飲み会の度に色々言われるのが、とてもめんどくさく何度も別れようと思いましたが、別れる前に私のやりたいようにして何か言われたら正直な気持ちを伝えようと決心しました。

仕事の飲み会があるとだけ伝え、他は連絡しない、好きな服を着ていくようにしました。すると、彼氏はやはり怒りましたが、私も「仕事関係の飲み会で浮気なんてしないし、服だって節度ある自分の好きな服を着ていきたい。少しは私を信頼して欲しい。」と伝えました。

彼氏は初めは納得しませんでしたが、徐々に理解しようとしてくれました。言われた事に我慢して従うだけではいけない、自分の気持ちも伝える事が大事なんだなと思いました。

30代前半/医療・福祉系/女性

【6位】重いことを理解してもらった

重いことを理解してもらった

友達と一緒にズレてる感覚を説得してもらった

まだ出会って1年も経っていなくて、付き合い始めたばかりでお互いどんな人かも分からないのに、結婚をしようとしてくる彼氏でした。

しかも結婚するなら専業主婦にならせてあげるよ!と上から目線で私の退職計画まで決めてきました。いつ仕事辞めるって言うの?と毎日連絡が来て重かったです。

友達と一緒にそれで喜ぶ女はいないと言うと分かってもらえたみたいで、言わなくなりました。笑

30代前半/公務員・教育系/女性

【7位】彼氏の不安を消した

彼氏の不安を消した

スマホをすべてオープンにして浮気の疑いをなくした!

彼は嫉妬がとても強く、女友達との飲み会でも誰がいるのか写真を送るように強要したり、接客業をしている私のお店まで来て、男性のお客様との対応をわざわざ確認に来るほど浮気に対して敏感な人でした。

男性の影が無いことをいちいち説明するのも苦でしたが、それだけ私のことを好いてくれてる、と思うところもあり、ラインや発着信履歴、アルバムまですべて見せ、どういう友達なのかを説明して安心させてあげました。

そうすると、徐々に嫉妬での行動が緩和され、私の職場まで観察しに来ることは無くなりました。

30代前半/医療・福祉系/女性

【8位】別れを選んだ

別れを選んだ

結局は別れることが一番かも…

彼氏が重くて別れたいと思ったことがありました。

出かけるときは誰とどこで遊ぶのかはもちろん、帰る際には必ず連絡することは必須でした。極め付けは、私が寝ている間にスマホのロックを外し、Twitterにログインしていたことでした。

男友達とのDMは全て消されていて、すごく恐怖を覚えてそのまま別れちゃいました。

20代前半/IT・通信系/女性

【番外編】その他

その他

距離を置きつつ、マメに連絡はとって文字や言葉でのコミニュケーションを増やした

文字や言葉でのコミュニケーションをメインにするために、会う時間を減らしました。

そうすることで相手に不安感がなくなったのか、会っているときに楽しめるようになりました。特にメールは文字として残るのは大きかったみたいです。

30代後半/流通・小売系/女性

【参考記事】彼氏と別れたい問題を解決する記事13選まとめ

以下の記事では、総集編として彼氏と別れたい問題の解決記事をまとめていますので、是非あわせてご覧ください。

【総集編】彼氏と別れたい問題を解決する記事13選まとめ

まとめ

女性100人に聞いた彼氏が重くて別れたいと感じた時の対処法では、1位は『正直に重いことを伝えた』、2位は『距離を置いた』、3位は『話し合いを重ねた』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏が重いから別れたい時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女が重いから別れたい時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女が重いから別れたい…同じ経験を持つ女性100人の対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2019年12月21日~01月05日
回答者数:100人