長年付き合った彼氏と別れたい…経験者100人の対処法とは

長年付き合った彼氏と別れたい

彼氏との交際が長くなるという事は、それだけ信頼関係があるということ。しかし、長年付き合った彼氏だとしても、時には理由があり別れたいと考えてしまうこともあるものです。

これまで長年付き合ってきた彼氏だからこそ、今は別れたいと感じていたとしても、出来ることならば別れないで対応する方法を知りたい女性も多いのではないでしょうか。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による長年付き合った彼氏と別れたい時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

長年付き合った彼氏と別れたいと感じた時の対処法ランキング

まずは、長年付き合った彼氏と別れたいと感じた時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた長年付き合った彼氏と別れたいと感じた時の対処法』によると、1位は『距離を置いた』、2位は『自分の気持ちを伝えた』、3位は『話し合って解決策を探した』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた長年付き合った彼氏と別れたいと感じた時の対処法

女性100人に聞いた長年付き合った彼氏と別れたいと感じた時の対処法では、1位の『距離を置いた』が約22%、2位の『自分の気持ちを伝えた』が約20%、3位の『話し合って解決策を探した』が約18%となっており、1~3位で約60%を占める結果となりました。

それでは、項目別で長年付き合った彼氏と別れたいと感じた時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】距離を置いた

距離を置いた

毎週末会っていたが、一旦距離を置いた

学生時代から付き合っていた彼と4年目くらいからマンネリ気味に。会っても会話が以前より少なくなり、正直なところ一緒にいてもあまり楽しいと思えませんでした。

おそらく向こうもそれを薄々感じとっていて、必要以上に私に気を使うようになり余計にイライラ、私の気持ちは離れていきました。

そう思いつつも週末と平日も予定が合う日は一緒にいたのですが、ある日彼から「○○(私)の気持ちが離れていってるのは分かってる、けど別れたくないから少し距離を置こう」と言われました。

そこから約2ヶ月間一度も会う事はなかったのですが、いざ離れてみると寂しいし、彼の存在の重要性に気づかされました。

その後私から連絡し、ヨリを戻してからは(別れていませんが)以前より会う頻度を減らし、良い関係を築けています。

20代後半/メーカー系/女性

少し離れてみて自分の気持ちを見直した

付き合った当初は好きでしたが、1年半付き合った頃に一緒に居ればいるほど好きかどうかわからなくなってしまいました。

会っていても楽しくなくなってきてしまい、一旦彼のことを考えず離れてみて気持ちをリセットしてみることに。

少し離れて生活をしていると、いつも通りの生活を送っていても彼のことを考えている自分に気が付き、まだ好きなんだなぁと思えて気持ちを取り戻すことが出来ました。

30代前半/サービス系/女性

少し距離を置いてお互いの気持ちを確かめた

3年付き合った彼とお互い生活環境が変わりすれ違いの生活を送っており、新しいときめきが欲しいと感じるようになりました。

しかし、少し距離を置くことでやっぱりお互いしかいないと感じるようになり、私が一人暮らしを始めると彼がよく遊びに来てくれたのでそこからまた仲良くなりました。

30代前半/流通・小売系/女性

【2位】自分の気持ちを伝えた

自分の気持ちを伝えた

感情的な状態で結論を決めず、お互いが落ち着いた状態で自分の気持ちを伝えた

私が社会人で彼は大学院生。社会人の私はとても情緒不安定で、仕事に行きたくない感情や仕事を続けられるのか、収入の不安定さもあり、彼にとても迷惑をかけていました。

2年付き合って、彼は修士論文で大忙し。彼自身、自分でいっぱいいっぱいの状態なのに、わたしを気遣ってくれたり安心させてくれようと努力してくれました。

しかし私は自分が支えてもらってばっかりで、本当は自身もつぶれそうな彼の負担になっている事実にたえられず、別れたいと考えるようになりました。

しかし彼は、自分は大丈夫だから、ゆっくり一緒に頑張ろうと言ってくれました。やりとりをずっとメッセージでしており、感情的だった私の状況をみて彼はいったん落ち着くまで時間をおこうと提案してくれました。

落ち着いたころ電話をし、お互い不安に思っていること、二人の障害を話し合い、お互い負担にならない距離感を何パターンか試すことになりました。

以前は週2回ほど会っていたところを週1に減らし、感情のまま話さないように気を付けようと決めたところ、お互い干渉しすぎずいい距離感がとれるようになりました。

現在は彼も社会人になり、わたしも彼に支えられて派遣社員から正社員になることが決まりました!お互い支えあいながら付き合うことができています!

20代前半/IT・通信系/女性

少しずつ会う機会を減らし、もうこれ以上はダメだなと感じた時に正直に話した

バイト先で知り合い大学一年生の時から付き合っていた彼はとても優しくて、とても真面目でした。

同級生だったため短大生だった私は先に卒業をし、県内で就職しました。就職しても休みの時は学校に遊びに行ったり、職場まで送ってもらったりしていました。

しかし付き合って3年ほど経った頃、私の仕事も大変になり、彼からの会いたいという気持ちや彼の存在がとても重たくなりました。

徐々に束縛のように感じ、仕事が大変で忙しいと理由をつけて距離を置きました。

それでもなんでも話せる仲だったので、嫌いになりたくないから友達になりたいと正直に話し、別れて一年後にはお互いの恋人の相談をするとても居心地の良い存在になりました。

30代後半/医療・福祉系/女性

別れた方がいいと思っていることを実際に会って伝えた

長年遠距離していた彼とは、最初の頃は頻繁に会うようにしていましたが、お互い仕事が軌道に乗ると会う回数も減ってきました。

電話はしていましたが、このままズルズルするなら別れたほうがいいかなと思って、そう伝えると彼が会いにきてくれました。会って真剣に話すと、気持ちは離れてないことに気づけました。

30代前半/金融・保険系/女性