彼氏と別れるべきか…同じ経験を持つ女性100人の対処法

彼氏と別れるべきか

彼氏と喧嘩をしたときや倦怠期に陥った時期など時には別れるべきか考えるもありますよね。

普段は大好きな彼氏だからこそ、今は別れるべきか考えていたとしても、出来ることならば別れないで対応する方法を知りたい女性も多いのではないでしょうか。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏と別れるべきか考える時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

彼氏と別れるべきか悩んだ時の対処法ランキング

まずは、彼氏と別れるべきか悩んだ時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏と別れるべきか悩んだ時の対処法』によると、1位は『距離を置いて考えた』、2位は『話し合いを重ねた』、3位は『別れたい原因を解決した』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏と別れるべきか悩んだ時の対処法

女性100人に聞いた彼氏と別れるべきか悩んだ時の対処法では、1位の『距離を置いて考えた』が約26%、2位の『話し合いを重ねた』が約13%、3位の『別れたい原因を解決した』が約12%となっており、1~3位で約51%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏と別れるべきか悩んだ時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】距離を置いて考えた

距離を置いて考えた

一度距離を置き、それでも好きな気持ちがあるか確かめた

彼氏と同棲中にすれ違いの生活が続き、好きかどうか分からなくなりました。

このまま付き合っていても先がないのでは無いか…など不安な気持ちを1人で抱えて悶々とすることが増えました。

不安な気持ちを伝えて、実家に帰ることで一度距離を置き、彼からどう思っているのか気持ちを聞けたことがまたやっていこうという決めるきっかけになりました。

20代後半/公務員・教育系/女性

一旦距離を置いて、気持ちが落ち着いたら会う約束をした

同棲してから生活感の違いや気持ちのすれ違いが頻繁にあり、ケンカも多くなってきました。

ケンカしてから仲直りするのにも時間がかかってしまうことも多く、よく実家に帰りたい・・と思うようになりました。

このままじゃいけないと思い、お互いに1人になる時間を作って、冷静になれたら連絡しようと約束し、別々に暮らして3週間くらいで気持ちもだいぶ落ち着きました。

ケンカはだいぶ少なくなり、お互いに思ったことは正直に言いあうことを決め、仲良く暮らせるようになりました。

20代後半/メーカー系/女性

時間と距離を置いて1人の時間を作るようにした

彼とは同じ職場でした。デートがなくても職場で毎日会えたので良かったのですが、彼の体調が優れなく仕事も休みがちになってしまい顔を合わせる事も少なくなってしまいました。

私は常に一緒にいたいタイプだったのでその状況がとても不安でした。彼は私とは逆で、1人の時間も大切にしたい人だったので体調が良かった時期も趣味の為に時間を割いていた事もあり、その時の不満も重なって辛く当たる事が多くなってしまいました。

その時に彼の病気の事を聞きました。それまでの不満や病気の事を言ってくれなかった苛立ちなど、色々思う事があり暫くの間は連絡を控えました。

彼のことは大好きだったので勿論体調の事も心配でしたが、会えなく連絡も全然くれない(会社には休みの連絡を入れているのに、私には一言もなかったです)。当時は本当にどうしたらいいのか分からなく、追い詰められて病んでしまいました。

結果的には別れを選びましたが、現在は私のことを大切にしてくれる人がいて、彼も遠出が出来るまで回復しているようなので今はその選択は正しかったと思います。

20代後半/流通・小売系/女性

距離を置き冷静になって状況整理をする

同棲中の彼氏と喧嘩をして、このまま付き合っていていいのか悩んだ時がありました。

考えようにも家で彼と顔を合わせていたら自分と向き合えないと思い、1週間ほど友達の家に泊まりに行きました。

友達に沢山話を聞いてもらい、客観的な意見を聞き彼氏と会わない時間を作ったら、自ずと自分には彼氏が必要だと感じることが出来ました。

20代前半/不動産・建設系/女性

1ヶ月連絡を取らず、お互い本当に必要な相手か考えた

私は時間があるときは会いたいタイプ、彼は彼女より友達を優先するタイプと考え方の違いから別れを考えた時がありました。

彼は学生で時間に余裕が有り、私は働いて忙しい日々を送っていましたが、私の時間があるときは少しでも会いたいと思っていました。

しかし、連絡は毎日とっていましたが彼はいつも友達との約束を優先してしまって、お互いに気持ちのすれ違いから不満がたまってきました。

そして1年ほど経った頃から、お互いの気持ちが分からなくなってきました。話し合いの末、毎日とっていた連絡を1ヶ月とらずにお互いの気持ちを確かめ合うことにしました。

すると、この間にお互いに必要な存在だと確かめることができ、前より楽しく付き合っていけるようになりました。

30代前半/サービス系/女性

敢えて一度距離をおいてお互いの最優先事項を尊重した

彼が昇進の為の試験を控えている期間に、私も部署異動がありお互いに忙しい状態が続く時期がありました。

少ない時間をやりくりして会う時間を作っても、お互いに自分の方が大変だという気持ちがありピリピリしてしまって、せっかくのデートも楽しめない日が続きました。

電話やメールも、どちらかが忙しいタイミングだったりしてイライラしてしまい、負担になることが増えてきました。

このままではお互いがお互いを潰し合ってしまうと考え、2人で話し合い、彼の試験が終わるまで互いに連絡を取らないようにしました。

彼はその間は試験勉強に集中、私もその期間内に仕事を一段落させると目標を立て、相手も頑張ってると思うことで自分を鼓舞しながら頑張りました。

ちなみに期間は約2ヶ月。その間に気持ちが離れる可能性もあると思いましたが、これで離れてしまうなら今後も続かないと話し合いの時に意見が一致した相手だったからこそ出来たことだったかなと思います。

ちなみにこの彼とはその後に連絡を取り元通りに仲良くなりました。

30代前半/サービス系/女性

まずは距離をおき、それから直接会いお互いの本心を伝え合った

普段から喧嘩をする機会はありませんでした。なぜなら私自身溜め込んでしまうタイプですぐ自分が謝ってしまいます。

人から見たら情けないとか感じるかもしれませんが、私はそれが一番長く続く秘訣だと勘違いしていました。

それに気付いて謝らずに話し合おうと相手に告げると面倒臭いといい、しばらく連絡が取れない日が続きました。

私は早く話し合いたかったのですが、逆に日が経つにつれて気持ちが楽になってきました。イライラしたら、好きなネイルをしてみたり、友達とカフェにも行きました。

そんな時に相手から連絡があり、会って話したいと言われました。待ち合わせの時間になり、お互い何故か笑顔が溢れました。時間をおくことで、お互いが自分の気持ちを見直すことが出来たのです。

何か壁にぶつかる度にお互い自然と時間をあけるようになり、自然と仲良く戻ります。不思議ですが、結構普段の気付かないストレスもスッキリし、お互いのためになっているんだろうと感じています。

30代前半/サービス系/女性

連絡をとらずに冷静になって考えた

付き合って1年過ぎた頃に、彼が海外に転勤で遠距離恋愛になってしまいました。

5年は戻ってこれないことが分かっていて、私は日本を離れることはできなかったので、遠距離で続けるべきか、別れるべきか本当に悩みました。

自分の気持ちを冷静になって考えたくて、彼が転勤してからしばらく連絡を絶つことにしました。そうすると、自分の家族や身近な友達など、彼氏よりももっと一生大切にしたい人達が見えてきて、結局彼と別れることになりました。

30代前半/メーカー系/女性

【2位】話し合いを重ねた

話し合いを重ねた

根気よくじっくり話し合いをした

彼が自分の本音を伝えない人で、どう思っているのか分からない時がありました。聞いても私が嫌な気持ちになるから言わないと言い、私のイライラが募るばかりでした。

それでも根気よく話すことにより少しずつ話の内容を零してくれて、何となくわかった気がします。長続きするにはやっぱりお互いの思っていることを言い合うことが大事なのかなと思います。

20代後半/IT・通信系/女性

何が嫌なのか、どう改善していくか話し合った

元カノに浮気された経験から束縛が激しい彼氏。大切にしてくれていると実感しながらも束縛のストレスに耐えられなくなり別れを考えました。

話し合いを重ね、ネットで対応を検索してみたりと周りの知識も借りて、彼のトラウマを受けいれてしっかりと向き合ってみようと思い直しました。

20代後半/公務員・教育系/女性

すぐに結論を出さず話し合いを続けた

同じ職場の彼です。当たり前ですが毎日顔を合わせて一緒に仕事をしていました。そして、その後のプライベートも一緒。当然、喧嘩が増えてデートもあまりできなくなり、険悪な日が続きました。

当時は私もキャリアを目指していて仕事も頑張りたいと思っていので、彼もあまりよく思っていなかったようです。

仕事のキャリア、プライベートとの分け方を考えて、彼とよく話し合うことで少しずつ解決していきました。

20代後半/公務員・教育系/女性

冷静になって考える時間をつくり、直してほしいところを伝えた

彼と同棲を始め、今まで見えなかったものがたくさん目につくようになり、別れるべきか悩んだときがありました。

しかし今まで築きあげてきたものを簡単に壊したくなかったため、何が原因で別れたいのか、本当に別れてもいいのかを冷静になって考える時間をつくりました。

そして彼としっかり話し合い、同棲していく上で直して欲しいところを伝えることにしました。自分一人で溜めずに彼に話をしたことで今まで以上に仲良く過ごせるようになりました。

20代前半/公務員・教育系/女性

真剣に話をする姿勢を作った

交際して3年、一緒に住んで2年。

親にも挨拶をして真面目に付き合ってるのに結婚に踏み切れない様子の彼に、そろそろ決断して欲しくて話があると切り出しました。

そのまま話をするのではなく、きちんと話し合いがしたいこと、時間を作ってもらうことを伝えて、話し合いができる環境にしました。

結婚に応じてくれなければ別れる覚悟、段取りを考えた上で話しをして、向こうの気持ちもきちんと聞くことにしました。

一回の話し合いでは決まりませんでしたが、何回かの話し合いで結婚がきまり、お互い言いたいことをきちんと話が出来て、そこから1年後に入籍することができました。

30代後半/サービス系/女性