彼氏がいないと寂しい…同じ経験を持つ女性100人の対処法

彼氏,いない,寂しい

彼氏がいないことで寂しい経験をした事がある方は多いのではないでしょうか。特に友達と恋愛の話が出た時には、一段と寂しくなりますよね。

誰にでも相談できる内容ではないからこそ、同じ経験を持つ方の対処法が知りたいと考えている女性も多いはず。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏がいないことで寂しい時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

彼氏がいなくて寂しい時の対処法ランキング

まずは、彼氏がいなくて寂しい時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏がいなくて寂しい時の対処法』によると、1位は『友達と遊んだりして予定を詰めて寂しくないようにした』、2位は『趣味や自分の好きなことをたくさんやった』、3位は『彼氏がいる時はできなかったことに没頭した』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏がいなくて寂しい時の対処法

女性100人に聞いた彼氏がいなくて寂しい時の対処法では、1位の『友達と遊んだりして予定を詰めて寂しくないようにした』が約19%、2位の『趣味や自分の好きなことをたくさんやった』が約16%、3位の『彼氏がいる時はできなかったことに没頭した』が約15%となっており、1~3位で約50%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏がいなくて寂しい時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】友達と遊んだりして予定を詰めて寂しくないようにした

友達と遊んだりして予定を詰めて寂しくないようにした

とにかく人と会う機会を増やして楽しく過ごす

恋愛対象となる人以外とも会う機会を増やしました。

職場の同僚や女友達、趣味の仲間など、さまざまなコミュニティにとりあえず参加してみると、彼氏がいないことや恋愛不足の欲求不満が小さく思えて、楽しく過ごすことができました。

あと、本当に寂しくて仕方がないときこそ、一人で凝った料理を作ります。

どれだけ手を動かしても、ごちそうを自分ひとりで食べる寂しさが来てしまいますが、あえて寂しさをしみじみと感じることで、人の大切さに気づくのも悪くないなかなあ、と思っています(笑)

20代後半/公務員・教育系/女性

ひたすら予定を詰め込んで無理やり充実させる

私が彼氏がいなくて寂しかった時にやっていた事は、普段は自分から人を誘ったりしないけど、自分から声をかけてお友達と食事に行ったり、ヨガやエステなどに定期的に予約を入れて通ったりしていました。

俗に言う「自分磨き」という事を、本能的にやっていた気がします。

30代後半/自営業/女性

仕事に熱中したり飲みに行ったり予定を詰め込んだ

仲のいい友人みんな恋人がいて、さらにイベントごとが近づいてきたときは寂しくなったことがあります。

そんな時は、仕事に熱中したり、会社の仲間と飲みに行ったり、行きつけのバーに1人で飲みに行って、そこのバーテンダーに相手してもらっていました。

30代前半/不動産・建設系/女性

家に帰っても寂しいので飲み会にたくさん参加するようにした

就職後、彼氏とは遠距離になり、そのうち疎遠になりました。家に帰っても寂しいので、友達と遊んだり、飲みに行ったりする時間を増やしました。

一緒に飲みに行っている間に、会社の先輩と付き合うようになったので、積極的に外に出ていってよかったと思っています。

30代前半/法律系/女性

男友達と楽しく過ごして寂しさを紛らわす

私は比較的、男友達が多いです。かといって、彼氏に発展することはなく、友達として交流しています。

私自身、男友達と遊んでいる方が気兼ねなくいられますし、ドキドキハラハラはなくても満足できます。

なので、彼氏がいなくて寂しい時期は、その男友達と遊んで「楽しく過ごす」ことを重点に置いて乗り越えました。

30代前半/流通・小売系/女性

サークルに没頭して仲間と過ごして楽しんだ

趣味のサークルが楽しかったので、そちらに没頭しました。

活動があった夜は、みんなでそのままミーティング兼食事をして、車を持ってる人が多かったので、そのまま送ってもらったりちょっとドライブ気分を味わったりしていました。

また、そのサークル活動に付随して、家でやる作業があったので、2、3人で家に集まって作業するのも楽しかったです。

楽しんでいれば、彼氏がいない寂しさは感じなくなりました。

20代後半/商社系/女性

友達・職場の人と飲みに行って寂しさを紛らわせた

私の職場は、プライベートでも仲が良いくらい人間関係が良好だったため、休みの日は飲みに行ったり、旅行に行ったりしていたので、彼氏がいない寂しさを紛らわせる事ができました!

あと、ただ飲みできるのと彼氏探しも含めて、よく相席屋に行ってました(笑)

それでも彼氏はできませんでしたが(笑)、職場以外の男性とお話しできてすごく楽しかったです。

20代後半/不動産・建設系/女性

友達とたくさん遊んだりバイトを頑張って過ごした

学生時代はほぼ女子校だった為、出会いがありませんでした。

ですが、毎日友達と過ごしたり、バイトを頑張ったりして過ごしていました。

ほぼ毎日、友達と放課後にカフェに行って喋ったりして楽しかったのですが、やはり彼氏が欲しいと思うお年頃でした。

新しいバイトを始めて、そこで出会ったのが今の彼氏です。

話していくうちに家が近かったこと、小学校が一緒だったこと、まさかの私の親友の親戚だったことが判明し、すぐに打ち解けました。

年が違うので、バイト先で出会わなければ話すことはなかったと思います。運命だと感じています。

20代前半/サービス系/女性

女友達とたくさん遊んで寂しさを感じないようにした

恋人がいなくて寂しいときに、変に異性のいる場所に行ったり、出会いを求めたりすると、そんなに好きでない人に惹かれているように錯覚してしまいます。

なので、無理にがっつかずに女友達と遊ぶ機会を増やして、寂しさを感じないようにしていました。

20代前半/専業主婦/女性

【2位】趣味や自分の好きなことをたくさんやった

趣味や自分の好きなことをたくさんやった

趣味に没頭したり好きなことをして幸せな時間をたくさん作る

彼氏がいなくて寂しい時期は、「とりあえず友達とたくさん遊ぶ!」「趣味に没頭する!」に限ります。

私はたくさんライブに行きました。好きな人たちを見ることによって、寂しい気持ちも無くなり、幸福感に包まれます。

ライブ後は美味しいご飯を食べ、帰宅したら好きな香りの入浴剤を入れて、iPhoneとBluetoothスピーカーと炭酸水を持ち込んで、ただひたすらに長風呂してました。

幸せな時間が続くと、案外寂しさは忘れられるものだと実感しました。

20代後半/メーカー系/女性

ケータイゲームに没頭して寂しさを紛らわす

普段はそんなに寂しいと感じることはありません。

しかしふとした時、例えば友達のSNSを見てしまったときや、少女漫画をうっかり読んでしまった時に寂しくなります。

そんな時は、ケータイゲームにしばらく没頭することで、いちばん寂しさを紛らわすことができます。

20代後半/メーカー系/女性

恋愛から距離を置いて他のことに集中した

学生の頃、彼氏は欲しいけど、なかなか好きな人すらできない時期がありました。

周りの友達が彼氏と遊ぶ中、自分は恋愛トークすらできない状況で、何だかとても寂しかったです。

なので私は部活動に集中し、空いた時間は自主練をすることで、とりあえず恋愛を忘れることにしました。

そんなことをしてるうちに自分がいいなと思える人は現れるものです。時期によっては、一度恋愛から距離を置くのも大事だなと思います。

20代後半/専業主婦/女性

出会いは天に任せて好きなことに熱中する

大学を出てから、しばらく彼氏がいない時期が続いていました。

職場も女性や既婚者が多く、出会いはほとんどありませんでした。

「もう出会いは天に任せよう!」と開き直り、休みの日は、今まで気になっていたけど見る機会がなかった映画やドラマを観たり、新作映画をチェックしに映画館に通い詰めるなどしてみました。

そのうちに、寂しさがどんどん紛れていき、いつのまにか自他共に認める映画通になりました。

そして、たまたま友人の紹介で知り合った男性も映画好きで、私が大好きなマイナーなアジア映画を彼も好きだという事を知り、付き合うようになりました!

今は遠距離になってしまいましたが、お互いオススメの映画情報をシェアし合うなど、安定した関係が続いています。

人生はどこでどうなるかわからないなー、と思った経験でした。

20代後半/不動産・建設系/女性

ジャンルを絞らず読書して前向きな気持ちになるようにした

彼氏がいなくなってしばらくは、出来てしまった時間を持て余している状態でしたが、「どうせなら誰かが一緒にいてはできないことをしよう!」と思い立って、沢山の本を読むことにしました。

恋愛マニュアルのようなものも、ビジネス本も、小説も、ジャンルを問わずに読んだことで気分転換ができましたし、新しい知識が付いてパワーアップしたような、前向きな気持ちになれました。

話の引き出しが増えたので、読書経験を仕事に活かすこともできました!

40代前半/自営業/女性

お菓子作りが好きなので料理教室に通った

高校生の時は彼氏がいましたが、彼氏が遠い学校に進学をしたので、少しずつ疎遠になり自然消滅をしました。

彼氏がいなくて寂しいですが、趣味のお菓子作りを上達させたいと思い、人気の料理教室に通ってレッスンを受けました。

同年代の女性が多く通っていたので、お菓子作りを一緒にすることで、楽しく過ごすことが出来ました。

無理に彼氏を作ろうとしなくても、好きなことを学ぶのも楽しかったです。

20代後半/サービス系/女性

【3位】彼氏がいる時はできなかったことに没頭した

彼氏がいる時はできなかったことに没頭した

我慢してきたオタク活動に専念した

長年付き合っていた彼氏と別れて、しばらくの間、出会いがなく寂しい時期がありました。

今まで彼氏と過ごすことが多く、一人で過ごす時間がとても暇でした。そこで一人で楽しめることを探した結果、抑えていたオタク活動に没頭してみました。

見ていなかったアニメを見たり、イベントにいったり、創作活動をしたりして満喫しました。

現在まだ彼氏はいませんが、誰かと趣味を共有したい気持ちからSNSを始めて、趣味の知り合いができました。

「あれしてみよう、これしてみよう」と、一人で行動できる範囲が広がっています。

20代後半/IT・通信系/女性

一人旅をして自分の好きなところを周りまくった

彼氏とひどい別れをしたあとに、自分の行きたいところだけをまとめた一人旅にでました。

動物が好きなので、動物園や水族館などを周りまくり、ついでだからと観光地を周りました。自分が楽しいことだけをすると、なんだか気持ちがすっと軽くなりました。

「小さいことで悩んでいたな」と思い、悩んでいたこともどうでもよくなり、一人旅を楽しむことができました。

それ以来、今もたびたび一人旅をして満喫しています。

20代後半/IT・通信系/女性

彼氏がほしいことは考えないで一人で楽しむ

「恋人がいなくて寂しい、恋人が欲しい」と思う時ほど出来ないと思っているので、それは考えないようにして一人で遊びに行き、一人で食事を楽しんでいました。

私は一人でも平気でカラオケや焼き肉に行けるので、虚しくなる事も無く一人の時間を楽しむ事が出来ました。

その生活を続けていたら、いつのまにか彼氏が出来て結婚していました。

20代後半/専業主婦/女性

いつも彼氏のために頑張っていたが自分のために頑張るようにした

自分に非があり別れたので、元彼に未練しかなく、その当時はただ時間が過ぎてくのを感じながら過ごしていました。

時間が薬になったのか、ある時から他のことへ目を向けられるようになり、特にずっと怠っていた趣味に意識を向けました。

その瞬間、自分の世界が彼氏に染まっていたのを実感し、自分の世界を広げるためにファッションや娯楽を楽しみました。

いつも彼氏のためだったけど、今度は自分のためのケアをしたのです。

結果、心の豊かさを取り戻すことができました。一度自分の世界を整理することで一歩前進できるのだと思いました!

20代後半/不動産・建設系/女性

彼氏がいたらできないことに専念する

彼氏がいたらできないことに専念していました。

夢のために養成所に通い、生活とレッスン代のためにバイトをし、自宅は寝るためのものって感じです。

さらに個人的にシナリオ業を勉強したり、やりたいことを心置きなく楽しみました。

経験は後の生活に活きていくので、いろいろやっといて良かったです。

30代後半/サービス系/女性

彼氏が居ないからこそ出来る事をする!

恋人がいない時期に、人肌が恋しくなったり、好きな人にドキドキしたいなぁと思う事があります。

そういう気持ちはあっても悪い事だと思わないですが、そればかりになると良くないかなと思います。

好きな人は作ろうと思って作れる訳ではないし、好きな人が居ても、対人間なので相手の気持ちが私に向かないとお付き合いは出来ません。

だから、恋人が居なくて寂しくなった時は、恋人が居ない時にこそ出来る事を沢山します!

男友達と遊んだり、思いっきり夜更しして呑み歩いたり、友人宅へのお泊まり等、いろいろです。

私は付き合うとすぐ同棲するタイプです。元カレは苦手な食べ物が多かったのですが、今はそれを気にする必要がないので、料理する時間が増えました。

料理していると無心になれるので、そこで気持ちをリセットできます。

30代前半/自営業/女性

【4位】新しい世界に足を踏み入れてみて熱中できるものを探した

新しい世界に足を踏み入れてみて熱中できるものを探した

寂しいときに没頭できる趣味を見つけた

彼氏がいなくて寂しいというのは、自分の機嫌を自分でとれないということです。

大人なら、自分の機嫌は自分でとれるようになるのがマナーかと思います。

寂しいと感じることは悪いことではないので、その気持ちを受け止めつつ、他に没頭できることを探すのが賢明な判断かと思います。

恋人がいたとしても、忙しかったり気持ちが彼女に向かないこともあります。

そんな時に没頭できる趣味を一つ持っていると、今後の人生が実り多いものになると思います。

20代後半/医療・福祉系/女性

今までと違う世界に足を踏み入れてみる

物心がついた時から人見知りしない性格だった私ですが、医療従事者の両親の影響なのか、多少頭の固い人間でした。

一度彼氏が出来ると、数年単位でお付き合いする事が当たり前だったんですが、30歳を目前にして、当時お付き合いをしていた彼との交際が7年目に突入しました!

「いよいよ結婚か?」と、私も両親も心浮かれていた矢先に突然別れることになりました。何もかもが嫌になり、仕事終わりにお酒に逃げる事もしばしばありました。

そんな時、上司に誘われ生まれて初めてのスナックに足を踏み入れました。

それまでは、仕事柄・世間体・人間関係ばかりを気にして、周りに合わせた飲み会が多かったのですが、その時ばかりは感情が入ってしまい、最終的に泣き崩れるまでお酒に酔いました。

その日がきっかけになり、醜態を晒してしまったスナックに足を運び、話を聞いてもらううちにアルバイトとして働くようになりました。もちろん初めての接客業です。

常々、最低限の身だしなみには気を付けてはいましたが、流行のファッションを研究したりメイクをコロコロ変えてみたりしておしゃれに気を遣いました。

日々出会うお客様のお仕事や、私生活の話に共感を受けて、色々な事にチャレンジしてみることもありました!

その結果、これまで専門としていた業種の資格だけでなく、他部門の資格取得もし転職もしました。

いまだに頭の固い両親は、30歳を過ぎてからの転職に戸惑いを隠せないでいますが、転職先で知り合った彼と現在は同棲中で幸せです!

育った環境や交友関係の中で相談して、慰められて立ち直るような、そんな寂しさの紛らわせ方もあると思います。

でも当時のことを思い出すと、「180度視野を変えること」が、いちばん気が紛れるし新しい発見で楽しさも見いだせるのかな、と思います。

私の場合は極端で大袈裟な体験でしたが、これからも何かで心が折れてしまったときは、別の世界を覗いて、刺激をバネに乗り切っていこうと思います。

30代後半/サービス系/女性

他に熱中できるものを見つける!

他に何か、自分が熱中できることを探すようにしました!

具体的には、好きなアーティストを作り、そのアーティストのライブに行ったりDVDを観たり、音楽を聴いたりして、少しでも寂しさを感じないように努力しました。

40代前半/公務員・教育系/女性

寂しさを紛らわせための行きつけの場所を見つける

寂しいという愚痴を聞いてくれそうなバーや、ほっと気分転換できるようなカフェなど、家とは別のお気に入りの場所を見つけるといいと思います。

自分が好きな店には、自分の嗜好と似たような人が訪れる可能性もあり、そこで新たな出会いがあるかもしれません。

30代前半/専業主婦/女性

【5位】人と会う機会を増やして視野を広げるようにした

人と会う機会を増やして視野を広げるようにした

たくさんの場所に出掛けて交流を広げた!

3年間彼氏がいない時期がありました。

その時はいつ素敵な人に出会ってもいいようにと、服装を気にかけたり、いつもより美容室に行く回数を増やしました。

そして、なかなか出会いの場がなかったので、街コンなどに参加して人との交流を増やしました。その時に出会ったのが今の旦那です。

どんなときも身だしなみに気をつけて、交流の場を広げることは大事だと思いました。

20代後半/流通・小売系/女性

あえてラブラブな人の話を聞いてポジティブに考えるようにする

友達の彼氏との幸せライフを聞いて、うらやましくて落ち込んだりすることが多くて、暗くなってしまったことがありました。

以前はそういう時は、同じように彼氏のいない友達と遊びに行ったりしていたのですが、ある時「これじゃずっと彼氏できないかも」と思いました。

それで、今度は逆に積極的に、幸せな結婚をしている先輩カップルのところに遊びに行ったり、彼氏とラブラブな友達の話を聞かせてもらったりするようにしました。

最初は「ああいいな、うらやましいな、どうして私にはそんな素敵な出会いがないのだろう」と落ち込むばかりでした。

でも「ハッピーオーラを浴びさせてもらった、ありがとうございます」とポジティブに考えて、その感謝を口に出すようにもしていました。

ある時、先輩から「旦那の同僚が彼女募集中なんだけど会ってみない?」と紹介されたのが、今の夫です。

先輩のお宅に遊びに行ったときに私が帰った後、夫婦二人で「彼女は雰囲気が優しいから彼に似合うな」と話していたと言われました。

さらに先輩からは「ハッピーオーラが嬉しかったって言われて、あなたにもおすそ分けしたいなって思った。」とも聞きました。

うらやましすぎるからと、幸せな人を避けたりせず、逆に雰囲気を味わせてもらうほうが、自分の心からネガティブなトゲが外れて、いいことがあるのだと感じています。

30代後半/医療・福祉系/女性

合コン等の出会いの場にいっぱい出向く!

「彼氏ができなくて寂しいし、職場は女性ばかりで出会いがない、30歳を前にして駆け込みでまわりの友達はどんどん結婚していくし、とにかく寂しい!」と、私にもそんな時期がありました。年齢的に結婚に焦っていたのもあります。

その時に実際に私が試したことは、まずは男ウケを意識した見た目に変えることです。髪型はモテ重視の栗色のロングヘアーに変えました。

服装も少し体のラインが出るような、Vネックのワンピースを着ました。

そしてコンパの誘いは絶対に断らないようにしました。来るもの拒まず精神で、紹介などもとりあえず受けました。

あとは、男性がたくさん居そうな場所にこちらから出向くことです。私は友人にスナックのママがいたので、彼女のお店に毎週のように顔を出しました。

そうすると男性との絡みが必然的に増えるし、ママがキューピットになってくれて、気になる男性ともお近づきになれました。実際にそこで彼氏ができたこともあります。

彼氏がいなくて寂しいのを脱却するのは、彼氏を作ることでしかできないと私は思っています。

なので、とにかく出会いの場を広げることと、モテるために努力できることは全部することが、私にとっての彼氏を作ることの近道だったように思えます。

30代後半/専業主婦/女性

出会いを待ってるだけではなく自分から動くことが大切!!

小学生から中学生まで容姿の事でいじめられていたので、まず自分から人に話しかけるということが苦手で、怖い部分もありました。

中学の同級生があまりいない高校を選び、そこで友達も数名出来ました。

でも、やはり男性に話しかける事は、いじめのことを思い出してしまい、出来ずにいました。

高校3年生の頃、ある男子から図書館に呼び出され、告白されました。

付き合ったのですが、風邪をひいてデートを断った時、その男子から、罰ゲームで告白した事やからかってやろうかと思ったことなどを言われ、悲しくて泣きました。

それから女学院の大学に行き、職場の介護の仕事で女性が多く、出会いのないまま月日が経ちました。

頑張ってダイエットや、メイクも教えてもらったりと自分に出来る事はしていましたが、周りの彼氏の話を聞くと、やっぱり羨ましかったり寂しい気持ちになりました。

思い切ってモバゲーなどで、男性の方とコミュニケーションとってみたり、出会いを探してみたこともあります。

正直、顔も知らない人と会うのは勇気が必要でした。なので、会う時は、必ず人の多い場所で、車に乗らないで現地解散するようにしていました。

しかし、自分から話題を振ることも出来ず、いい出会いはありませんでした。

その後、10歳以上離れた男性の方と出会い、一生懸命話をしてくれることやリードしてくれることから、なんとなく一緒にいて居心地が良いと感じました。

彼と何回かデートをし、付き合うことになりました。「出会いを待ってるだけではダメなんだ、自分から動く事も大切なんだ」と思いました。

今ではその彼氏が旦那さんで、今年赤ちゃんが生まれます。苦労も絶えませんが、後悔はしていません。

30代前半/医療・福祉系/女性

友達とたくさん遊んで自分の世界を広げるようにした

彼氏がいないことで塞ぎこんでばかりいると、視野や見聞まで狭まってしまうので、出来るだけ多く友達と遊ぶ機会を作りました。

ただ食事をするだけでも、さまざまな考え方を取り込むことが出来て勉強になるし、友達の得意分野を教えて貰うことで視野も広がります。

一人だからと殻に閉じ籠るのではなく、むしろ積極的に世界を広げるいい機会だと行動してみました。

20代後半/医療・福祉系/女性

【6位】同じような境遇の友達と遊んで楽しんだ

同じような境遇の友達と遊んで楽しんだ

同じような境遇の友だちと遊んで楽しむ!

例えば、クリスマスやバレンタインなど、みんな彼氏と過ごすような時期はとても寂しかったです。

でもそういう時は、自分と同じように彼氏のいない同性の友達何人かで集まってパーティーしたり、どこか遊びに出かけたりして、友人同士で楽しんでいました。

そうすると、寂しい気持ちも感じなくてよかったです!

20代後半/流通・小売系/女性

彼氏がいない時こそ友達と仲良くなれる

長く付き合っていた彼がいたので、彼氏がいない時期は短かったのですが、その時期に仲良かった友達はいまだに仲がいいので、彼氏のいない時期は友情を深めるのにいい期間だと思います。

お休みの日も彼氏の予定を気にしなくていいですし、彼氏持ちだとなかなか合コンや異性がいる場に誘ってもらえないので、彼氏がいない時期だからこそ楽しめる遊びがあると思います。

30代後半/メーカー系/女性

同じ境遇の友人と飲んだり旅行したりした

接客業の仕事が、オンオフ関係ないくらい忙しかったので、なかなか相手ができない時期がありました。

幸いにも、同僚や友人に恵まれて、比較的同じ境遇の友人たちとタイミングを合わせて飲みに行ったり、旅行へ行ったりして楽しんでました!

なので、無理して「彼氏欲しい、寂しい」とかはありませんでした。

焦らなくても、いつかは良い人と出会えるタイミングはあると思います。私も今は主人と出会って、一児の母です。

30代前半/サービス系/女性

【7位】次の恋愛のために自分磨きをした

次の恋愛のために自分磨きをした

次の恋愛のために自分磨きをして趣味を充実させた

彼氏と別れてからは、自分磨きのために筋トレを始めました。体型を維持させて、いい出会いがあったときのために備えるようにしました。

また、私の趣味は旅行なので、いろいろなところに旅行に行くようにしました。

自分が楽しんでいれば自然といいことがあると思うので、自分のやりたいことを、とことんやるようにしています。

20代後半/医療・福祉系/女性

自分のスキルアップの時期と割り切って気持ちを切り替えた!

初めの頃は、寂しくて寂しくて、そればかり考えていました。

毎日、夜電話することもないし、一緒にご飯食べに行くことも出来ないからです。

ですが、だからこそ「今は全ての時間を自分のために使えるんだ!」と割り切って、もっと友達と会う時間を増やしたり、自分の勉強になるような講演会やイベントなど参加したりしました。

「恋」のことは考えず、いかに自分が成長するか、自立するかということに集中しました。

すると、毎日が充実して楽しかったし、違う世界も広がったなと思いました。

30代前半/IT・通信系/女性

趣味や仕事に一生懸命打ち込み自ら外に出る!

恋人がいなくて寂しいと思うのは、今の自分に夢中になったり、一生懸命になったりすることがないからだと思います。

好きなアーティストのライブに行くとか、友達と遊びに行くとか、おいしいものを食べに行くとか、きれいな海を見に行くとか、自分の心を満たすものがあれば、寂しいなんて思わないはずです。

だから、今恋人がいなくて寂しいと思うなら、趣味や仕事に一生懸命に打ち込めばいいです。自ら外に出て、新たな出会いを呼び込めばいいと思います。

40代前半/自営業/女性

【8位】漫画や動画を使って疑似恋愛をして寂しさを紛らわした

漫画や動画を使って疑似恋愛をして寂しさを紛らわした

YouTubeで女性専用ボイスを聴く

私は普段は「彼氏は必要ない、めんどくさい」と思う人なのですが、病んだ時などはたまに寂しくなり、人肌が恋しくなる時があります。

その時はYouTubeのボイスドラマを検索して、疑似体験的に寂しさを紛らわせています。

20代前半/医療・福祉系/女性

漫画の中の登場人物に感情移入し恋愛体験を楽しんだ

20代の頃は仕事が忙しくて、恋人を作る機会を積極的に活かすことができませんでした。

恋人は欲しいけれど、完全に仕事優先の状態で、うまく付き合っていけるか不安だったからです。

しかし、地元の友人から「彼氏と順調でいずれ結婚も…」なんて話を聞くと、彼氏がいない自分というのが寂しく感じられたものでした。

私は通勤途中に、趣味である漫画、とくに少年漫画を読んでいたのですが、その中のほんのりとした恋愛表現に癒されていたように思います。

少女漫画のような、恋愛が話の中心になっているものではなく、あくまで少年漫画です。

なぜかというと、ほとんどの場合、少年漫画の主人公はヒロインの気持ちに気づけなかったり、気がついたとしてもうまくヒロインと意思疎通ができないなど、恋愛に疎いからです。

読んでいるといつの間にか応援したくなっています。

自分の恋愛感情に気が付いた主人公が、なかなか素直にそれを相手に伝えらない様子も、気が付いてもらえないけれど健気にアピールする女性キャラに対しても、まるで自分かのように感情移入してしまいます。

読んでいた作品が恋愛的にハッピーエンドで終わったときには、本当に感慨深い気持ちになりました。

たかが漫画と思う人も多いとは思いますが、損得無しで相手を好きになれる純粋さや、好きになってもらえるように自分を変えたいという気持ちなどから、心の豊かさや相手のために自分を変えていくという、人としての成長を見ることができました。

もし誰かとお付き合いできることになったら、とにかく恋愛をしたいという自分本位な気持ちではなく、相手のことも考えて二人で穏やかに楽しく過ごせるように努めたいと思ったものです。

それが功を奏したかどうかは分かりませんが、今は「この人だ」と思った方と結婚して、慎ましくも楽しい日々を過ごせています。

30代後半/公務員・教育系/女性

【参考記事】彼氏がいないことに悩んだら読んで欲しい記事6選

彼氏がいないことに悩むことって多いですよね。しかし、誰にでも相談できる内容ではないからこそ、同じ経験をした女性の体験談や解決法をなるべくたくさん知りたい方も多いのではないでしょうか?

famicoでは、彼氏がいないことに悩んだ時に読んで欲しい記事10選をまとめていますので、是非ご覧ください。

まとめ

女性100人に聞いた彼氏がいなくて寂しい時の対処法では、1位は『友達と遊んだりして予定を詰めて寂しくないようにした』、2位は『趣味や自分の好きなことをたくさんやった』、3位は『彼氏がいる時はできなかったことに没頭した』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏がいないことで寂しい時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女がいないことで寂しい時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女がいないと寂しい…同じ経験を持つ男性100人の対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年02月18日~03月04日
回答者数:100人

みんなのコメント

まだコメントがありません。
是非、初めてのコメントをお願いします!


コメントはfamico編集部の承認後に表示されます。常識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や誰かが傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。