彼氏の親に会う時の注意点は?女性100人が教えるアドバイス

彼氏の親に会う

彼氏の親に会う時は緊張しますよね。どんな服装で会えば良いのか迷ったり、手土産はどうするべきかなど悩むことも沢山出てきます。

大切な彼氏の親に会う機会だからこそ、準備を完璧に整えて当日を迎えたい女性も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏の親に会う際の注意点を体験談と共にご紹介しています。

彼氏の親に会う時の注意点ランキング

まずは、彼氏の親に会う時の注意点ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏の親に会う時の注意点』によると、1位は『身だしなみは清楚で清潔なものを選ぶ』、2位は『手土産は必ず用意する』、3位は『基本的なマナーを忘れないようにする』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏の親に会う時の注意点

女性100人に聞いた彼氏の親に会う時の注意点では、1位の『身だしなみは清楚で清潔なものを選ぶ』が約26%、2位の『手土産は必ず用意する』が約22%、3位の『基本的なマナーを忘れないようにする』が約12%となっており、1~3位で約60%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏の親に会う時の注意点を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】身だしなみは清楚で清潔なものを選ぶ

身だしなみは清楚で清潔なものを選ぶ

身だしなみに気をつけ心身共に飾りすぎず、自分らしさも織り交ぜる

初めて恋人の両親に会う時はやはり第一印象が大事なので、まず化粧をあまり濃くしない事や、露出を控えることなど身だしなみを気を付けました。

それとお話しする機会には、今後長く付き合っていく可能性があるので、自分自身の性格を飾りすぎないように心がけました。やはり、飾ってばかりいるといつかボロが出るからです。

良い印象を持ってほしいので比較的丁寧な言葉で話をしましたが、自分はどんな人かわかるように自分らしさも出すように心がけました。

20代後半/医療・福祉系/女性

清潔で清楚な雰囲気で、リラックスしつつ普段から気を付けていることを実践する

初めて彼の両親にお会いした時は、彼にご両親の食べ物の好みを確認して近くのデパートで手土産を買いました。

手土産の持参はマストですが、マナーの確認も大切です。靴の脱ぎ方など細かいマナーも勉強しておいた方がいいでしょう。

お部屋に入ってから桜茶をいただきながら自己紹介をしました。主に経歴や自身の仕事についてなどです。先方のご家族についても紹介していただき、その後は趣味の音楽や楽器演奏の話や仕事の内容などについて話をしました。

とても緊張しましたが自身のことをよく知ってもらうチャンスだと思い、聞かれたことに関して+αで聞き返したりしながらハキハキと答えていきました。

挨拶も勿論ですが、座る姿勢や片付けなどを手伝おうとする積極性を見せたり、感謝の言葉を口にするなど普段から気を付けていることをそのまま実践するつもりでいれば大丈夫です。

緊張するかもしれませんが、普段の自分が見られるのだと思ってリラックスして臨みましょう。

20代後半/公務員・教育系/女性

身だしなみや礼儀に気を遣い、事前に両親の好きなことを把握しておく。目を見て話し、あいづちをタイミングよくうつ。

初めて両親にお会いした時は、彼の両親の趣味、好きなことなどを事前にリサーチしていきました。

当然、身だしなみは念入りにチェックしました。女性はメイクをなるべくナチュラルにしたほうが好印象を持たれると思います。洋服も清楚系だといいイメージを持たれやすいです。

また、言葉遣いも凄く気を使いました。両親がフレンドリーな方でも「ため口」はNGです。

手土産は個包装になっていて、その地域の有名なもの、日持ちするものがベストだと思います。

20代後半/金融・保険系/女性

第一印象が大切だと思うので、清潔感のある服装、丁寧な言葉遣い、ニコニコ楽しく会話することが一番。好き嫌いはあまり主張しない方が良さそう

第一印象が大切だと思うので、化粧は控えめにして露出の少ない清潔感のある服装にします。

あまり堅くなりすぎるのも良くないですが、ご両親の前ではなるべく丁寧な言葉遣いで話すように心がけます。

あとはとにかくニコニコ楽しく会話することが一番だと思います。一緒にいて楽しい子だな、と思ってもらいたいので。

私はもともと食べ物の好き嫌いが多いのですが、彼氏のご両親と初めて食事に行った時は少しだけ苦手なものも我慢して食べるようにしました。

何回もお食事をするような間柄になってからは少しずつ言えるようになりましたが、初めは好き嫌いが多いのは印象が悪いかな…と思ったので。

思い切って苦手な食べ物を口にしてみたら意外においしくて、そこで好き嫌いの克服までできてしましました!

20代後半/IT・通信系/女性

身だしなみなどのマナーやご両親の趣味を理解して行くようにする

私がご挨拶に行くときは、丈の長い白いワンピースで綺麗めな格好で行き、地元の有名なお菓子を持っていきました。

彼氏にご両親の趣味、お花や刺繍などが好きと聞いていたので、私も手芸が好きなのでそこから色々話せました。

20代後半/メーカー系/女性

食べやすい手土産、清楚な格好で脱ぎ履きしやすいパンプスがおすすめ。ハキハキと話すこと。

義両親と初めて会ったときは、物産展のお土産をもっていきました。

初めての顔合わせだったので義両親の好みがわからず、しょっぱい系と甘いものの2種類(せんべいとクッキー)をもっていきました。好みが分かっていれば選びやすいですが、何でもよいといわれたら、せんべい系などのすぐに食べやすいもののほうがいいと思います。

服装も清楚系の白系をメインとした服装で、ズボンではなくスカートで行きました。一番最初の挨拶はロングスカートなどの膝下のスカートのほうがいいかもしれません。

靴はすぐ脱ぎやすく履きやすいパンプスがおススメです。着脱がめんどくさい靴は玄関で時間がかかり周囲に余計な気遣いをさせてしまうかもしれないので、ベルトタイプではないパンプスのほうがいいです。

20代後半/金融・保険系/女性

準備ができるのであれば格好や髪型にも気を配る。どんな時でもきちんと挨拶をしにこやかに。

初めて彼のご両親に会ったのは、彼の社会人野球の試合観戦でのことでした。

突然ご両親もいらっしゃることを彼から聞かされ、彼から教えてもらったご両親の姿をお見かけしてすぐに挨拶に行きました。

自宅にご挨拶に伺うときとはまた違ったシチュエーションでしたが、どんな状況でも言えることは、きちんと自分から挨拶をすることが大事だと思います。

後はあまり緊張せずにニコニコしていれば、第一印象が悪いということにはまずならないと思います。

30代前半/流通・小売系/女性

彼氏のお姉さん受けも意識した清潔感のある格好で、ご家族の好みのお土産を持参する。

わたしが初めて彼氏(現在の夫)のご両親に会ったのは、結婚のご挨拶だったので、服装は清潔感と愛らしさと少しの華やかさを意識し、お化粧はいつもより気持ち薄めで挑みました。

愛らしさを意識したのは、彼氏にはお姉さんが2人いたので、お姉さん受けも狙いました(笑)

ご両親は自分の両親より10歳以上年上だったので、彼氏にご両親の好きなお菓子をきいてデパートで和菓子を買って持っていきました。少し変わった和菓子が好きだと彼氏から聞いていたので、それを持っていったら大変喜んでいただき、印象が良くなったように思います。

現在は結婚して10年がたち、ご両親とは付かず離れずの良い距離感で接しています。

40代前半/IT・通信系/女性

清楚な服装と親御さんの好みの手土産、言葉選びに注意

初対面なら第一印象を注意しなくてはなりません。ワンピースなどの清楚な服装と、髪型も清潔感あるものがいいと思います。

手土産は親御さんの好みを彼から事前に聞いて選びました。

最初はお互いに緊張をしましたが、話をしていく中で打ち解けていったと思います。

丁寧に相手を見て受け答えをするようにし、言葉選びも注意をはらいました。

40代前半/メーカー系/女性

身なりは清潔感のあるものをチョイス。第一印象を考え、自然体で笑顔多めに

まずは、初対面なら第一印象を注意しなくてはなりません。ワンピースなどの清楚な服装と、髪型も清潔感あるものがいいと思います。

初対面でどちらもどういう人間か分からないので、第一印象がとても大切だと思います。

あとは自分を隠すことなく自然体でお話する事だと思います。明るく笑顔多めに、受け答えはなるべく言葉を濁さず答えること!身なりは清潔感のあるもので、決して高級感のある服装をするものではないのです。

おみやげを持参するのも大切だと思います。

20代後半/医療・福祉系/女性

【2位】手土産は必ず用意する

手土産は必ず用意する

事前に趣味や好きなものを把握し手土産を選び、笑顔で挨拶すること

現在の夫とは学生時代から付き合っていたので、初めてご家族にお会いしたのも大学2年生の時でした。

おしゃれで洋服が好きなお義母さんと伺っていたので、お義母さんの好きなブランドのストールをプレゼントしました。本当はお菓子などの気軽なものがいいのでしょうが、まだ学生でマナーや社会常識を備えていなかったので、なかなか重い贈り物をしてしまったと思います。

ですが、お義母さんは「それだけ自分のことや息子のことを考えてくれている」と感じられたようで、真剣に付き合っていることもご理解いただき、すごく喜んでいただけました。

服装はカジュアルな服装でお会いしました。襟付きのシャツと、スカートは短すぎないものを選びました。おしゃれなご家族だったので、ワンピースやきれいめの服装よりもそちらの方が好評でした。

お義母さんに会うと決まったときは何を手土産にするのがいいか悩みましたが、相手のことを考えて選んだものであればきっと喜んでいただけるのではないでしょうか。

ただ、場合によっては形に残る物だと相手も気を使うので、お菓子や飲み物などのあとに残らないものが無難かと思われます。

服装に関しても、お相手のご両親の趣味や好みに合わせてもいいかもしれませんが、どんな服装でも清潔感が感じられる服装が好ましいと思います。

20代後半/サービス系/女性

手土産を忘れずに常に笑顔で、姿勢よく

初めて彼のご両親にお会いした時は、彼に事前にご両親がどんなお菓子が好きか聞いておき、そちらを手土産として持参しました。

待ち合わせの最低15分前には到着し、イヤホン等は外して姿勢良く待ちましょう。

お会いした時はずっと笑顔で愛想良く、可愛らしい雰囲気もありつつ姿勢は綺麗に保ち、しっかりしているなという印象を与えるようにしましょう!

20代前半/専業主婦/女性

手土産にちょっと高いお菓子やお茶など「いいもの」を持っていく

彼氏の親に会うときは、初めてあった時もそれ以降会うときも、毎回必ず手土産に「いいもの」を持っていきます。

ちょっと高いお菓子とかちょっと高いお茶とか、そう言ったものをあげてさりげなく彼氏の親にアピールしてます。

30代前半/サービス系/女性

手土産はご両親の好きな食べ物にし、あまり気負わず少しきれいめな格好で。

初めて彼氏の親にお会いする際は、アポイントを取って伺いました。

ご両親がお酒が好きとのことでしたので、お酒に合う手土産を持っていきました。

私がお会いした時は彼氏の家に遊びに行った際だったので、あまりきれいすぎな服装にせず普段の服装より少しきれいめな服装でお邪魔しました。

お酒を飲みながら手土産のお菓子も食べてくださり、ご両親から彼氏の幼い頃の話がたくさん聞け、とても楽しい1日となりました。

あまり、気負わず笑顔で話をしていると緊張も解け、楽しい時間を過ごせると思いますよ。

30代前半/公務員・教育系/女性

ご両親の好みの手土産を用意し、第一印象に気を付け、しっかり目を合わせて笑顔で会話する

私は挨拶や礼儀を意識してお会いしました。緊張しやすいので、モジモジ声になったりと第一印象が悪くなってしまうのを気を付けました。

あとは笑顔で挨拶したり、話すときや話を聞くときはしっかり目を合わすことですね。

ご両親が好む手土産を準備してお伺いし、緊張感があった空気を少しだけ和ますことができたと思います。

30代前半/専業主婦/女性

手土産持参で清楚を意識し、言葉遣いをきちんとする

初めて彼氏の親に会うので、手ぶらよりは手土産持参だと好印象に取られて良いと思います。

服装も派手よりは大人しめの清楚な服装が無難です。やはり、最初ですので見た目は大事だと思います。

また、言葉遣いもきちんと目上に対する話し方をしないと印象も変わってくるので、気を付けたほうが良いと思います。

40代前半/サービス系/女性

【3位】基本的なマナーを忘れないようにする

基本的なマナーを忘れないようにする

緊張してお酒を飲みすぎないように!

最初の顔合わせは、彼の実家ではなく料亭だったのですが、彼の親がお酒好きだったこともあり、お酒を嗜みました。

顔合わせから来る緊張からか、飲むスピードが早かったのか、自分ではそんなに飲んでいないつもりなのに、飲みすぎてしまったみたいでグデングデンに酔ってしまいました(汗)

とりあえずその場は乗り切れたのですが、次の日に更なる試練が待っていました。

彼の親が空港まで送ってくれて、ご飯を食べてバイバイと、本当ならとても素敵な出会いになったはずなのですが・・・二日酔いに見舞われた私はご飯の間ずっとトイレにこもってしまい、みんなに大変な迷惑をかけてしまいました。

顔合わせは緊張とかもあるので、特に意識して飲みすぎないように心がける必要がありますよ!

30代前半/サービス系/女性

手土産や挨拶といった基本的な礼儀作法に気をつけ、明るく振舞う

初めて彼の実家にお邪魔したときは、私の出身地のお菓子を手土産に持参しました。

当時はまだ大学生だったので、私が手土産を持参したことや、玄関で初めてお目にかかった時の挨拶などが出来ていただけで、ご家族には好印象を持っていただけたようです。

無理して背伸びする必要はないので、最低限の礼儀作法があれば、リラックスしてご家族と打ち解ける事ができるのではないかと思います。

20代後半/IT・通信系/女性

挨拶と正しい言葉遣いを意識し、相手の話を傾聴する。お土産はちょっとした珍しいものがおすすめ

初めて恋人の両親に会うときには、第一印象が大事なので清潔な身だしなみはもちろん、挨拶や言葉遣いに気をつけました。普段は彼の名前を呼び捨てで呼んでいましたが、下の名前に「さん」付けもしくは、苗字で呼ぶようにしました。

自分がでしゃばりすぎずに、きちんと相手の話を聞くという姿勢が大事だと思います。

またあまりにも大仰なお土産を持っていくとかえって向こうの負担になるので、ちょっとした珍しいものを持参すると話のきっかけにもなるのでおすすめです。

40代前半/自営業/女性

なるべく素が出ないよう緊張感を持ち、優等生を演出する

私の悪いところは、とても口が悪く気性が荒くなってしまう時があることです(笑)しかし、最初からそういうキャラだと思われてしまうのは嫌でした。

そのため、彼の親に会うときは、とにかく清楚な格好で自分の悪いクセがでないよう、常に緊張感を持ち接していました。

30代前半/不動産・建設系/女性

【4位】事前にご両親についてリサーチしておく

事前にご両親についてリサーチしておく

事前にご両親に好まれる人物像を彼にリサーチし、愛想よく振る舞って気を遣うこと

初めて彼のご両親に紹介してもらう時は、事前にどんな人物が好ましいのか彼に聞いてリサーチをしました。そして、清潔な格好をして愛想良く振る舞い、彼とご両親に気を遣うことを心がけて行きました。

すると好印象だったみたいで、彼のご両親が私をとても気に入ってくれて、会うたびに笑って話せるぐらいの仲になれました。

20代後半/医療・福祉系/女性

事前に彼の家族や出身地に関する情報に触れて、話のきっかけになるデータを集めておくこと、笑顔を忘れずに、ハキハキ話すこと。

初めて彼の親にお会いした時の手土産は、好みや嫌いなものはないか確認してから選びました。その中で地元で美味しいと人気なものを選び会話のきっかけにしました。

また、彼の出身地の県に伺うのも初めてだったので、事前に調べて会話の話題も困らないようにしていきました。

会話が続くと段々緊張も和らいで、楽しいひと時になりました。

30代後半/メーカー系/女性

ご両親の好みのリサーチを怠らず、清潔な格好で愛想よく。会話の時は相手の目を見て。

まず事前にご家族がどんな方かリサーチをし、手土産や話すことなどを自分の中で決めておきます。甘いものがお好きなのか苦手なのか、好みは何なのかなど、おおまかにイメージしていくといいですね。

女性はスカートかワンピースで清楚な格好をし、男性なら特別感を出して必ずジャケットを着ていきましょう

挨拶をするときは相手の目をよく見て、簡単に自己紹介をし手土産をお渡しします。

30代後半/公務員・教育系/女性

【5位】ありのままの自分で過ごす

ありのままの自分で過ごす

普段からきているような服装でありのままのおしゃれをしていくこと

初めて彼の親にお会いすることになったのですが、すごく厳しい人みたいに彼から聞いていて緊張していました。

どうしようか悩んだ結果、どうせ服装や言動など取り繕っても、結婚したりそもそも外で遭遇したりしてご両親に知られる可能性を考え、ありのままの普段着ている系統の服でオシャレして挨拶をさせていただきました。

普段通りの自分を見せて第一印象が悪くなるかもと思っていたのですが、ありのまま会いに来る潔さがよかったのか会いに行ったその日に叔母さんや祖父母の方のところに連れて行かれ、はじめて会ったとは思えないくらい受け入れていただくことが出来ました。

お互い気を使ったりすることはちゃんとありますが、素直な態度で臨めばありのままでいられる関係になれると思います。

20代前半/医療・福祉系/女性

相手の警戒心を解くためにも、不自然に飾り立てず素の自分を見せること

彼氏の両親に会うと言っても、不自然に飾り立てることはありません。彼氏の両親は自然な相手の姿を見たいと思っているのです。

自分を見せようとしない相手には誰でも警戒心を抱いてしまうでしょう。彼氏の両親も同じです。

素を見せようとする相手には心から向き合ってくれます。

30代後半/サービス系/女性

【6位】誠実に対応するよう心がける

誠実に対応するよう心がける

同性や結婚を考えているなら早めに挨拶へ。ご両親の人柄を知り、自分をアピールするきっかけになる

彼氏と付き合い始めて、安定してこれからお付き合いしていくだろうなとお互いが思ったら、早いうちに彼氏の親にあいさつした方がいいと思います。

付き合いの程度にもよりますが、同棲や結婚を考えているなら早いうちにどんな親か見ておいた方がいいですし、向こうにしても息子がどんな人と付き合っているのか知りたいと思うでしょう。

あまり肩の力を入れずに、手土産を渡しにまずはご自宅に寄るくらいでいいと思います。

30代前半/専業主婦/女性

お土産は必ずしも必要ないが、ご両親の心遣いを受けたらきちんと反応すること

彼氏が暫く自身のご両親に会っていなかった為、ご両親も息子の顔を見たいという思いが一番だったようなので、お土産は持っていきませんでした。

お正月でしたのでお母様が漬けられたカズノコをいただいた時に、とても美味しくて箸が止まらなくなりましたが、そんなに美味しいのならと逆に喜んでもらいました。さらに「なんなら持って行って」とお土産にカズノコをいただきました(笑)

私も息子がいますが2人とも県外にいますので、お土産よりも元気な顔を見せてくれる事がなにより嬉しいです。

20代後半/医療・福祉系/女性

【7位】日頃から話題の引き出しを増やしておく

日頃から話題の引き出しを増やしておく

日頃からニュースをチェックし、様々な話題に対応できる引き出しを増やしておくこと

彼のご両親に初めてお会いしたとき、自己紹介も終えお茶をいただいていました。

突然、彼のお父様が政治の話をし始めました。私は日頃から政治経済のニュースはなるべくチェックしていたので、お父様と話が弾みました。

お父様はとても感心して、「人は見た目で判断したらダメだね」ととても誉めてくださいました(笑)お母様からも「若いけどしっかりしてるのね」と誉められました!

普段からニュースを読むことがこんなところで役に立つとは思っていなかったですが、人生日々勉強することは本当に自分にとっての宝物になります。

今でもご両親にとても可愛がってもらっていますし、頼りにもされています。とても幸せです!

30代後半/サービス系/女性

【番外編】その他

その他

彼との連携を忘れず、事前に根回ししてもらうこと

彼氏の親に会うときは第一印象・身だしなみ・言葉遣いなどももちろん大事ですが、一番大切なのは彼からの「事前の根回し」だと思います。

私がどんな人なのか、どこで出会ってどれくらい付き合っているのか、などを事前に共有しておいてもらう事で、親御さんとも打ち解けやすくなると思いますよ!

20代後半/メーカー系/女性

まとめ

女性100人に聞いた彼氏の親に会う時の注意点では、1位は『身だしなみは清楚で清潔なものを選ぶ』、2位は『手土産は必ず用意する』、3位は『基本的なマナーを忘れないようにする』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏の親に会う際の注意点を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女の親に会う際の注意点編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女の親に会う時の注意点は?男性100人が教えるアドバイス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ