彼女の親に会う時の注意点は?男性100人が教えるアドバイス

彼女の親に会う

彼女の親に会う時は緊張しますよね。どんな服装で会えば良いのか迷ったり、手土産はどうするべきかなど悩むことも沢山出てきます。

大切な彼女の親に会う機会だからこそ、準備を完璧に整えて当日を迎えたい男性も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女の親に会う際の注意点を体験談と共にご紹介しています。

彼女の親に会う時の注意点ランキング

まずは、彼女の親に会う時の注意点ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女の親に会う時の注意点』によると、1位は『身だしなみは清楚で清潔なものを選ぶ』、2位は『誠実に対応するよう心がける』、3位は『笑顔で明るくハキハキと話すようにする』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女の親に会う時の注意点

男性100人に聞いた彼女の親に会う時の注意点では、1位の『身だしなみは清楚で清潔なものを選ぶ』が約26%、2位の『誠実に対応するよう心がける』が約19%、3位の『笑顔で明るくハキハキと話すようにする』が約16%となっており、1~3位で約61%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女の親に会う時の注意点を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】身だしなみは清楚で清潔なものを選ぶ

身だしなみは清楚で清潔なものを選ぶ

相手のご家族に合わせて身だしなみを整え、笑顔を崩さないように

初めて彼女の親にあった時、自分はジーパンとTシャツ姿というみすぼらしい姿でした。

彼女の親は医者なのでとても清潔感に溢れており、あまりにもちぐはぐで恥ずかしい思いをしました。

これ以降、自分もなるべくスーツを着用して清潔感を持った姿で合わせるようになりました。このおかげで、最近では普段着も清潔感を重視するようになり、周りから評判が良いです。

30代後半/金融・保険系/男性

身だしなみと自分から自己紹介する

私が彼女の親に初めて会ったときは自宅に呼ばれたので、小奇麗な恰好をしていきました。

すごく緊張していましたが、自己紹介などを話始めると割とスムーズに話が進んだような気がします。

挨拶のあとに沈黙があるとその先話しにくくなるので、最初が肝心だと思います。

30代前半/メーカー系/男性

清潔感のある服装、手土産、緊張していても声をちいさくしないこと

初めて挨拶したときは、緊張からうまく話せず全然でした。

手土産を渡して、彼女を介して徐々に会話が弾み、仕事や趣味などの話をして少しづつ距離を縮めることができました。

緊張しながらもなんとか話ができました。

30代前半/不動産・建設系/男性

綺麗な格好を心掛ける

私が最初にご家族に会ったのは、一緒にとあるイベントを見に行こうとお誘いを受けた時です。綺麗な格好を心掛けて出かけました。

彼女のお義母さんが先に着いていてホール内で着席していたので、余りお義母さんの顔が見えませんでした。

イベント終了後、みんなで食事に行こうとなったので、ようやく話す機会が出来ました。その時に先に食事、イベントだったら印象も少し違ってたのではないかなと思いますが、今は結婚もして特に問題もありません。

40代前半/メーカー系/男性

清潔で笑顔を大切に、名刺を渡して自分から話せればベスト

ご両親にお会いしたら「いつもお世話になっています」と言って、もし名刺があれば名刺を渡すといいかもしれないです。

自分の好きなことを自分から話をしてリラックスをすると良いです。相手も自分がどんな人間なのかわからないので、自分から話をすると気遣いが出来ると思ってくれます。

30代前半/医療・福祉系/男性

【2位】誠実に対応するよう心がける

誠実に対応するよう心がける

まず自分のことを率直に話す

事前にご家族が好きな話題や今ハマっているドラマなど、生活感が分かっていれば会話が盛り上がると思います。

私の場合はまず自分が何者であるか、仕事・趣味・家族環境などを話し、そこから趣味の話や今後の話になりました。

シリアスな空気になりましたが、自分の率直な気持ちを失礼なく申し上げたところ納得していただけました。

20代後半/公務員・教育系/男性

本人が語る両親像を信じすぎず、イメージと違っても対応できるよう心構えをしておく

初めてできた彼女はふわふわとした感じの優しい性格の女の子で、僕はいつも冗談を言ったりして軽いノリで接していました。

彼女の父親に会ったのは付き合い始めてから8か月がたったころでした。彼女とその両親と一緒に夕食を食べないかと誘われたのです。

事前に両親がどんな人かを彼女に聞いていたのですが、「優しい人だよ」と返されて、温和な性格だと勝手に想像していました。

しかし、彼女の家に着いたときにそれは裏切られました。

お母さまは無口な人でしたが、僕と世間話をするなどまだ接することができました。問題だったはお父様です。娘の性格からは想像もできないほど不愛想で、冷たい印象を受けました。僕があいさつをしても、「ああ、そう...」と言ったきりでした。

その後、僕は彼女の家族と夕食を食べたのですが、会話のペースが全くつかめず終始気まずい雰囲気でした。結局、夕食が終わると僕は逃げるように彼女の家から帰ってしまい、彼女とも数週間後別れてしまいました。

あの時どうすればよかったのか、今になってもわかりません。

20代前半/大学生/男性

お父さんの気持ちを考慮し、彼女について知った風な口をきかない

僕が初めて彼女の両親に会った時、自分が彼女といい関係なことをアピールしたくてついつい「彼女はこんな人で、こんなことが好きですよね!」と知った風な口をきいてしまいました。

お父さんとしては自分の娘を盗られたような気分になったらしく、ちょっと不機嫌になってしまいました。

大きな問題にはなりませんでしたが、初めて彼女の親に会う時は調子に乗って知った風な口をきかないほうがいいです。

30代後半/メーカー系/男性

彼女と将来どうしたいか、そのために具体的にどう進めたいかを明確に話すこと

自家用車で彼女が待つ実家でご両親にお会いするまでは、緊張の連続でした。

高速に乗り、途中何度もパーキングエリアに車を止め、想定される受け答えのシミュレーションをしました。

お会いして「二人で将来こうしたいので、何とか交際を許可してもらいたい」というと、和やかな雰囲気となりよかったです。

20代後半/自営業/男性