彼女を親に紹介する時のポイント!男性100人のアドバイス

彼女,親に紹介

彼女を親に紹介する時は、彼女はもちろん自分も緊張する物ですよね。「会話をどうしよう…」、「なんて紹介したらいいのだろう」など、頭を悩ませることも。

大切な彼女と親を合わせる機会だからこそ、準備を完璧に整えて当日を迎えたい男性も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女を親に紹介する時のポイントを体験談と共にご紹介しています。

彼女を親に紹介する時のコツやポイントランキング

まずは、彼女を親に紹介する時のコツやポイントランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女を親に紹介する時のコツやポイント』によると、1位は『服装や当日の流れについて恋人と計画を立てておく』、2位は『恋人の良いところをアピールするようにする』、3位は『笑顔を絶やさないようにして橋渡し役を頑張る』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女を親に紹介する時のコツやポイント

男性100人に聞いた彼女を親に紹介する時のコツやポイントでは、1位の『服装や当日の流れについて恋人と計画を立てておく』が約34%、2位の『恋人の良いところをアピールするようにする』が約21%、3位の『笑顔を絶やさないようにして橋渡し役を頑張る』が約17%となっており、1~3位で約72%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女を親に紹介する時のコツやポイントを体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】服装や当日の流れについて恋人と計画を立てておく

服装や当日の流れについて恋人と計画を立てておく

手土産は彼女自身に渡してもらいそれを会話のきっかけにする

私の彼女は洋菓子専門店に勤めており、自分の会社の商品を手土産として用意してくれていました。

私はそれを彼女から渡すように伝え、初めましての挨拶を終えた後に、直接私の親へ手渡してもらいました。

そして彼女は、自分の勤めている会社の商品であることや、お菓子自体の商品説明をしました。

ある程度話したことで、彼女の緊張も少しほぐれたように見え、私もホッとしました。

20代後半/医療・福祉系/男性

フランクな空気作りのため事前に打ち合わせをしておく

私の親へ彼女を紹介することが決まった際、私は彼女と事前に打ち合わせをしました。

どんな話題を振るかや、ボケとツッコミのタイミングなど、できるだけ当日の会話が盛り上がるように仕込んでおいたのです。

お互いがリラックスしている状態の方が良いと思うため、なるべく話題は厳選して絞っておくといいでしょう。

20代後半/法律系/男性

第一印象を良いものにするため身なりをきちんと整える

初めて彼女の両親に挨拶に行った時、私はとにかく、清潔感のある見た目になるように心がけました。

というのも、企業見学の際に、見た目で人間の印象は大きく変わると習ったためです。

そのため、挨拶当日は、顔のケアや服装をしっかり整えて出陣しました。

結果、彼女のご両親は、和やかな雰囲気で接してくださり、気まずい空気になることもなく無事に挨拶を済ませることができました。

加えて後日、彼女からご両親が僕のことを良い人だと言っていたことを聞き、思わずその場でガッツポーズをしたのを覚えています。

やはり、人間は第一印象が重要です。相手のご両親に受け入れられるためにも、見た目を整えることに焦点を当てることが大切ではないでしょうか。

20代前半/大学生/男性

彼女には丁寧な言葉遣いで親と接してもらう

私の彼女は常識のある人なので、両親に紹介することになった時も、あまり心配はしていませんでした。

ただ、少々言葉遣いが荒いところがあったので、それだけが若干不安でした。

けれども、「初対面の時は丁寧な言葉を使ってくれ!」とお願いするのもなんだかなあと思い、逆転の発想をすることにしました。

私は、事前に彼女の言葉遣いを褒めることにしたのです。彼女が綺麗な言葉遣いをした際に「言葉が綺麗だと上品だよなあ」等と褒めることで、彼女が自ら言葉遣いに気を使うよう仕向けました。

おかげで、挨拶当日は何の問題もなく乗り切れました!

30代後半/サービス系/男性

とにかく挨拶だけはキチンとするように事前に伝えておく

私の親は口が達者なので、会話が止まってしまい、彼女が話題に困るような心配はありませんでした。

私が彼女に伝えたのは「挨拶だけはキチンとしてほしい」ということだけです。

親世代の方々には、挨拶を重視する人が多いため、そこだけはしっかりしてもらえるようお願いしました。

また、個人的には、女性に手土産は持たせない方がいいと思っています。

男性が挨拶に行く時には必要だと思いますが、女性が持っていくと、親も気を使ってしまうと思うのです。

そして、もしも挨拶の席で会話が詰まってしまっていたら、すかさずフォローしましょう。

親と普段のようなテンションで会話をしながら、彼女にも話を振るなどして巻き込むようにすると、彼女も気兼ねなく会話に参加できると思います。

30代前半/流通・小売系/男性

彼女に手土産を持参してもらえるようお願いしておく

初めて彼女を親に紹介した時、私は手土産を持参してもらえるようお願いしました。

私の場合、諸事情により自宅で会うのが無理だったので、カフェで紹介することにました。

外で会う方が彼女の周囲への気遣いや態度なども親に見てもらえるため、カフェを選んで正解だったと思っています。

20代後半/流通・小売系/男性

彼女に清潔感のある服装や髪型で来てもらうこと

恋人を両親に紹介する時は、彼女に清潔感のある服装や髪型で来てもらうことが重要です。

また、彼女にはお菓子などの手土産を持参してもらうとよいでしょう。私が親に初めて彼女を紹介した時は、自宅に彼女を招待しました。

両親は話好きなので、彼女との会話をとても楽しんでいるようでした。

彼女は清潔感のある清楚な服装で来てくれており、それも親の好感度を上げる要素になったようです。

また、彼女が持ってきてくれた和菓子も、親が大変気に入り喜んでいたので、良かったです。

20代後半/医療・福祉系/男性

【2位】恋人の良いところをアピールするようにする

恋人の良いところをアピールするようにする

事前に家族へ彼女の良い話を刷り込んでおく

彼女を紹介すると決めたなら、とにかく事前に彼女の良い話を刷り込んでおくことです。

良い子だな、と思わせておくと同時に、彼女と付き合えていることで自分がどれだけ嬉しいかをアピールしておきます。これは特に母親には効果絶大です。

ただし、あまりに話を盛り過ぎると、実際に対面した時に見劣りしてしまうので、あくまでも本当のことだけを話しましょう。

20代後半/公務員・教育系/男性

事前に親に伝える情報は彼女のアピールポイントに絞っておく

初めて彼女を私の親に紹介した時は、あまり彼女の情報を事前に話し過ぎないようにしました。

親に伝えるのは、「彼女が最近イベントの仕事で活躍した」という、彼女のアピールにも繋がる話題だけに絞ったのです。

その結果、彼女が来た時にはその話題で終始盛り上がっており、彼女も親も気分良くその後の関係を築くことができていました。

30代後半/メーカー系/男性

事前に彼女へ服装のアドバイスをした上で当日は彼女を褒めることに重点を置く

初めて彼女を紹介する時は、私はもちろん、彼女もとても緊張していました。しかし、だからといって失敗するわけにはいきません。

そのため、事前に彼女にはどのような服装で来るべきかのアドバイスをしておきました。

そして当日は、親に彼女の良い面を知ってもらうため、彼女を褒めることを心がけて紹介しました。

その結果、彼女は好意的に受け入れられ、交際も認めてもらえたので嬉しかったです。

20代後半/金融・保険系/男性

彼女の良いところを全力でアピールする

私は、紹介の場でも特別かしこまる必要はないと思っています。変にかしこまってもボロが出るだけです。

紹介する際のポイントとしては、彼女の良いところを全力でアピールすることです。

また、自分にとって彼女といることが、どれだけプラスなのかをしっかり話すといいでしょう。

彼女は普段通りの自然な姿を見せればよいと思います!

30代前半/法律系/男性