「彼女が欲しい」と言う心理とは?男性100人の正直な理由

彼女,欲しい,心理

男性と会話をしていると「彼女が欲しい!」と言われることもありますよね。

「もしかして私に好意を持っているの?」と思いつつも思い違いだったらはずかしいもの。だからこそ、男性なりの心理や本音を知りたい方も多いのではないでしょうか。

この記事では、男性100人による「彼女が欲しい」という時の心理を体験談と共にご紹介しています。

「彼女が欲しい」と言う心理や理由ランキング

まずは、「彼女が欲しい」と言う心理や理由ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた「彼女が欲しい」と言う心理や理由』によると、1位は『相手に自分を意識してほしいから』、2位は『相手に好意があるので反応をチェックするため』、3位は『相手に好意があることをアピールするため』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた「彼女が欲しい」と言う心理や理由

男性100人に聞いた「彼女が欲しい」と言う心理や理由では、1位の『相手に自分を意識してほしいから』が約29%、2位の『相手に好意があるので反応をチェックするため』が約23%、3位の『相手に好意があることをアピールするため』が約19%となっており、1~3位で約71%を占める結果となりました。

それでは、項目別で「彼女が欲しい」と言う心理や理由を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】相手に自分を意識してほしいから

相手に自分を意識してほしいから

彼女募集中であることをアピールし、自分に興味を持ってもらう

彼女を募集していることを相手の女性へアピールします!

自分に興味を持ってほしいので、現在の恋愛事情を質問してもらう空気にもっていきます。

聞かれた際には、自分も相手のことを聞き出し現在の恋愛事情を聞き取り、交際に発展させるための一歩を作ります。

20代後半/サービス系/男性

紹介して欲しいだけの時もあるが、好みの相手には意識してほしい

単純に彼女が欲しいだけの時は、紹介してほしいんだという意味も込めて「彼女が欲しい」とだけいいます!

その相手を彼女にしたい思っている時は「〇〇(その相手)ちゃんみたいな彼女が欲しいな」と名指しで言います。笑

20代前半/メーカー系/男性

狙っている相手に自分を意識して欲しい、振り向いて欲しいという時

良い人を紹介してほしい場合と自分に振り向いて欲しいからいう場合があると思います。

狙っていた子がいたときに、彼女がほしいって言ったことがあります。その子は少し何を考えているか気持ちの読みにくい子だったので、探りをいれる感じで言ってみました。

その一言がきっかけで彼女も私を多少意識してくれたみたいで、その後何回か遊んだりしましたがそれ以上の発展はなかったです・・・

30代後半/メーカー系/男性

フリーであり、付き合いたいとアピールすることで女性のガードを下げる

女性は確実に付き合えると自信をもたない限り、なかなか告白できないと聞いたことがあります。なので、フリーであることをアピールするために彼女が欲しいことを伝えることが多いです。

付き合いたいときのアピールの一つとして使うことが多いです。

30代前半/メーカー系/男性

好きな人に冗談っぽく「今彼女がいないですよ!」というアピール

以前の職場でずっと好きな方がいて、その人にアピールとして「今彼女いなくてー、いい人探してます」といっていました。

同じ職場という近い距離だと彼氏彼女がいる、いないとは結構聞きにくいと思うので、冗談らしく言ってアピールしていました。

20代後半/医療・福祉系/男性

相手の女性にアプローチしてきて欲しい

異性に彼女が欲しいという時は、その相手に「私を恋愛対象として見て欲しい。」「アプローチをして欲しい。」という気持ちがあると思います。

相手の女性に対して何となく気になる気持ちがあるけれども、まだ本気で好きとは言えない曖昧な想いを抱いている時は、相手の女性に決定打を決めて欲しい気持ちになります。

そこで、自分が今フリーであり恋をしたいと思っていると伝え、相手が今後の恋を進展させてくれることを願いながら様子を伺います。

30代後半/医療・福祉系/男性

【2位】相手に好意があるので反応をチェックするため

相手に好意があるので反応をチェックするため

気がある相手のリアクションを確認する為

自分は今恋人を求めてるアピールをして、相手が乗ってきたら勝ち!乗ってこなくても相手からのリアクションを確認する為に行います。

あと私は男性ですが、男性は大体気がある相手にそういう発言を本人の前で言うのが多数かと思われます。

気がない相手にそういったことをして、逆にアプローチされても困りますので…w

30代前半/IT・通信系/男性

恋人が欲しいというアピールから脈ありかどうか探る

大体はお酒を飲む席で、恋人が欲しいという現状のアピールです。

雰囲気で脈ありかどうかを自分なりに受け止めて、いけそうなら「俺とどうでしょうか?」とかちょっとフランクに聞いてプチ告白します(笑)

そこで相手がそれなりのいい反応なら、その日はそのままなにもなくお別れして、ツンデレ交えて今後を展開していきます(笑)

30代前半/IT・通信系/男性

好きな相手の自分への関心度や恋愛観などを探りたいため

あまり親しくなっていませんが、自分が相手に多少好意を持っている場合、「彼女が欲しい!」という自分の欲求をトリガーに話を発展させていき、相手に彼氏がいるのか?彼氏が欲しいのか?自分のことをどう思っているのかなど、探りをいれることが多いです。

30代前半/メーカー系/男性

相手に対して気があるとき反応を見たい

異性に対して彼女が欲しいと言う時の本音は、その言った相手に対して気になってる時です。

彼女が欲しいなと相手に話して、相手がどんな反応を見せてくれるのか探りたいのもあるし、そこから少しでも発展したら良いなと思ってる気持ちもある時です。

30代前半/サービス系/男性

自分のことを異性として意識して欲しいし、脈ありかどうか探るきっかけにもなる

相手に異性として意識してもらいたいと思ったときに言ったことがあります。彼女が欲しいなと少しアピールすることで、自分が意識していることを少し強調しました。

その話をすることで、相手にも聞きやすいので話のきっかけにもなりました。

20代後半/メーカー系/男性

【3位】相手に好意があることをアピールするため

相手に好意があることをアピールするため

今フリーなので良かったら付き合ってみませんか?と遠回しにアピールし、相手の心を開くため

自分自身が付き合っていない事や、フリーでお付き合いしたいとか結婚したいというアピールを遠回しにする場合、私も実際にしていますが、相手にいかに心を開いてもらうか、そして、いかにこちら側へ来やすくするかを考えます。

20代後半/サービス系/男性

好きな相手に「あなたが好き」と伝えたい

僕は前々から気になっている女性がいて、実は彼女のことが好きです。

しかし、彼女は僕のことを確実に男として見ていません。なぜなら、以前に「友達としてはいいやつだよね」と言われたことがあります(泣)しかし、素を出してくれる彼女が大好きです。

その日も何人かでご飯を食べていました。会話の中で僕は「彼女ほしいんだよね」と言いました。彼女は聞き流していましたが、遠回しには僕の気持ちを察してほしいなと思っていました。

20代後半/マスコミ系/男性

遠回しの告白の可能性もあるが、必ずしも相手に好意を寄せている訳ではない

同級生(中学校)の女子から「彼氏欲しいなぁ〜」と言われました。私は即「そうか。喜べ。俺が付き合ってやるぞ。」と応えました。そしたらしばらく沈黙があり、「いや、嫌だよ。」とドン引きされました(笑)。その子は恋愛対象ではあったのですが、友達感覚もあり、砕けた間柄の冗談で済みました。

なので、「彼氏が欲しい」と行ってくる女性が、必ずしもあなたに好意を寄せている訳ではありません。大切なのは「あなたが相手のために答えを出すこと」です。私のような冗談のケースもあれば、遠回しの告白であることもあります。

果たして、あなたに「彼氏が欲しい」と言ってくる女性はどういう感情で言っているのでしょうか。それは、その女性とあなたにしか分かりません。幸あれ!

20代後半/公務員・教育系/男性

ずっと友達状態である気になる異性と付き合いたい。仮にダメでも周りにいい人いたら紹介してほしいという気持ち

寒くなってきたり、イベントが多い時期には彼女が欲しいと思います。

なので可愛いけどずっと友達のままだなという雰囲気の異性の友達には、彼女が欲しいと言います。それはある意味、ずっと友達だったけど付き合いたいなという気持ちもあります。

君のこと気になってるからこれからもご飯に誘ってねという気持ちと、仮にダメでも周りにいい人いたら紹介してほしいという気持ちです。また少しだけ合コンやろうという感じもあります。

20代後半/商社系/男性

【4位】誰かいい人を紹介してほしいというアピールのため

誰かいい人を紹介してほしいというアピールのため

好感を持っていて今後も良好な関係を続けていきたい相手に恋人がいる場合、その人に誰か紹介して欲しい

この人なら、誰か紹介してくれそう!と思うからです。

本音では、相談している時点で相手の方に対して好感は持っています。つまり、これからもその相手の方と繋がっていたいと思う気持ちがあり、その手段であります。

これは相手に彼氏がいることがわかった後にとる行動です。

40代前半/流通・小売系/男性

どうやって恋人を作ればいいかわからなくなり、誰かいい人を紹介してほしい

私の場合には、彼女と別れた後、1人または友人と一緒に散々遊び回っていました。

そろそろ恋人が欲しいと思った時に、どうやって恋人を作るのか分からなくなり、友人に相談のふりをして紹介目当てに「彼女がいない!」といってました。

20代前半/サービス系/男性

相談相手には興味がないが、誰がいい人いたら紹介してほしい。

相手のことを好きならば、そんな言い方はしないでもっと具体的な言い方でアプローチをします。

本人には興味がないけれど、誰がいい人いたら紹介してほしい時に、彼女欲しいんだけど、なんか私に合いそうな人いない??って感じで、友だちとか同僚とかで恋人を募集している人を見繕って欲しいのでお願いします。

40代前半/メーカー系/男性

【5位】一人が寂しいからつい言ってしまう

一人が寂しいからつい言ってしまう

一人が寂しい時、友人からいい情報を得たい

一人が寂しい時、それとなく友達から情報を得るようにしています。もし気になる人に恋人がいたら、諦めて考えないようにしています。

叶わない夢だと思っています。勇気がないので話しかける事はしないです。

自分からは何も行動しないですが、相手の情報を得る事はしています。

20代前半/マスコミ系/男性

【番外編】その他

その他

信頼できる恋愛対象外の友人に相談したい

好きな人ができたら、その人にはっきりと好きと言います。なので、仮に恋人がほしいと異性に相談したとしても、その人は恋愛対象外の人ですが、本当に悩みを聞いてもらいたい友人です。

できれば異性にこのような相談はしたくはないのですが、ついつい相談してしまいます。

40代前半/メーカー系/男性

まとめ

男性100人に聞いた「彼女が欲しい」と言う心理や理由では、1位は『相手に自分を意識してほしいから』、2位は『相手に好意があるので反応をチェックするため』、3位は『相手に好意があることをアピールするため』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、男性100人による「彼女が欲しい」という時の心理を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼氏が欲しいという時の心理編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

「彼氏が欲しい」と言う心理とは?女性100人の正直な理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ