彼氏とのデート代はどうすべき?男性100人の希望と理由とは

彼氏,デート代

彼氏とデートをしたときに気になってくるのがデート代ですよね。割り勘を希望する彼氏がいる一方で、年齢差によっては自分が出したいと思う事も。

男性のプライドがある部分だからこそ、デート代に関する男性の本音が知りたいと思う方も多いのではないでしょうか?

この記事では、彼氏100人によるデート代の振り分けの理想と本音を体験談と共にご紹介しています。

彼女とのデート代の振り分けの理想ランキング

まずは、彼女とのデート代の振り分けの理想ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女とのデート代の振り分けの理想』によると、1位は『多少は自分が多く出したい!』、2位は『全部自分が出したい!』、3位は『割り勘が理想!』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女とのデート代の振り分けの理想

男性100人に聞いた彼女とのデート代の振り分けの理想では、1位の『多少は自分が多く出したい!』が約36%、2位の『全部自分が出したい!』が約30%、3位の『割り勘が理想!』が約17%となっており、1~3位で約83%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女とのデート代の振り分けの理想を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】多少は自分が多く出したい!

多少は自分が多く出したい!

感謝と次に繋げたい下心

男が矜持を示したいというのは、本能だと思います。

また、女性への負担を減らすことで、次の機会に繋げたいという下心があるのも事実です。

そしてなにより、単純に付き合ってくれたことへの感謝を示したいからです。

そこで私はじゃんけんやギャンブル(もちろん健全なものです笑)で、デート代の振り分けを決めることにしています。

じゃんけんは無理ですが、ギャンブルはいかさまで相手に勝ちを譲ることができます。

この方法のよい点は、彼女に「デート代は自分が勝ち取った」という満足感を覚えさせることで、奢られたという引け目を感じさせない点です。

感謝の押し付けにならない点が好きで使っています。

40代前半/IT・通信系/男性

彼女よりも収入が多いから

自分は奢ったり奢られたりするのがあまり好きではありません。

また自分の方が彼女より収入が多いため、彼女と半分ずつにするのも悪い気がするので、自分が多く出して端数くらいは出してもらうようにしています。

それなら奢ったことにはならず、お互いに気が楽で、後々お金で揉めにくいような気がするからそうして貰っています。

20代後半/メーカー系/男性

経済的に余裕があるので

自分の年収より稼いでいる彼女とは付き合ったことがないので、デートや旅行代金についてはいつも自分が多く支払いしておりました。

たまに同じくらい支払ってくれる彼女もいましたが、むしろ申し訳なくて素直に喜べないこともあり、あまり居心地がいいものではなかったので、やはり自分が払っているほうがいいです。

30代後半/メーカー系/男性

自分の方が収入が多いので

基本的に同じ年の人としか付き合ったことはありませんが、付き合っている彼女とのデート代は基本的に自分が多く出しています。

ただ全額出すというわけではなく、食事は自分が全部出して、カフェ等の代金は相手が出す等、うまいこと調整はしています(笑)

20代後半/金融・保険系/男性

いいところを見せたいから

以前付き合っていた10歳年下の女性とのデートでは、すべて自分が出してあげていました。

最初は良かったのですが、日数が経つにつれてそれが当たり前となってしまって、彼女とマンネリ化してしまいました。

全部を自分が出したいというのが本音ですが、人として女性に少しは出して欲しいですね!

30代後半/自営業/男性

女性に出させる男は頼りないと思うから

基本的には男側が全部奢るか、7割負担にしたほうがいいかなと考えております。

それが正解かはわかりませんけども、彼女に奢ってもらっていたり割り勘だったりすると、ちょっと頼りない男かなと私の中で感じるので、引っかかってしまうからです。

40代後半/自営業/男性

それが常識でありマナーであると考えるから

お付き合いしているのであれば、年齢や職業など関係なく、一人の男として少し多めに出すのが常識であり、マナーであると考えてます。

男性:女性=7:3のイメージです。

しかし、友人関係ならば一人の人間として対等に見るため、割り勘であるべきだと思っています。

20代後半/商社系/男性

相手の負担を減らしたいから

お互いに出したり出してもらったりしていました。

それでもお互いに気を遣ったり不満が出たら悪いと思って、二人のデート用の財布を作って、お互いに毎月7:3ぐらいでおこづかいを出し合って、それでデートをしていました。

40代前半/商社系/男性

男性より女性の方が準備の時点でコストがかかっているはずだから

基本的には、デートに対しては女性の方がコストがかかっているはずです。

日々のケアとか、化粧品とか、洋服とか、デートのために準備する要素が多いと思います。

反対に男性は女性に比べて、そういう部分のコストは低いと考えることができます。

ですから、女性より多くお金を払うことに積極的になっていいのでは?と考えています。

40代前半/専門コンサル系/男性

男の方が多く出す方がカッコいいから

いつもは割り勘が基本ですが、男の方が多く出す方がカッコいいと思っているので、特別な日、例えば彼女の誕生日や記念日等は自分が全て出すようにしています。

お互い社会人として働いているのでいつも割り勘でも良いのですが、時に全額出すからこそ相手の喜びも増すと思いますので、そのようなスタイルでやっています。

30代後半/不動産・建設系/男性

日頃の感謝とプライドのため

2人で会う時は彼女の家に行くことが多く、その時は彼女が夕飯を作ってくれるので、食材代とお礼としてお金を渡します。

彼女も仕事をしているのですが、いつもの感謝を込めて、外出するときは私が多めに出すようにしています。

男だからというのもありますが、私の方が年上でもありますので。

ただすべてを支払おうとすると、彼女が申し訳なさそうにしてしまうので、お互いのちょうどいい金額で毎回それぞれが払っている形です。

40代前半/流通・小売系/男性

男である以上、見栄を張りたいから

年齢は彼女の方が1つ上ですが、男として多く払いたいという私の中でのプライドと、私の方が収入が多いと言う単純な理由があります。

しかしながら、すべて払うと彼女にも申し訳ない気持ちがあるかと思うので、私が7、8割、彼女に2、3割ほど負担して貰ってます。

ほぼ割り勘でもいい関係は築けると思いますので、後は自分の性格の部分だと思います。

20代前半/流通・小売系/男性

【2位】全部自分が出したい!

全部自分が出したい!

見栄を張っていたいだけかも

会計時にわちゃわちゃするのが嫌ですし、後から「いくらだった」と請求するのもカッコ悪いという気持ちから、普段は自分が支払うと決めています。

正直なところ、ただ見栄を張ってるだけだと感じることもありますが、それはそれでいいのかなと(笑)。

たまに自分の車でドライブなどに行く際は、彼女が運転してくれたり、ガソリン代や高速代(使用した場合)は自然と彼女が支払ってくれているので、そういう分担もありなのかなと思っています。

40代前半/IT・通信系/男性

所得が高い方が出すのが一番

彼女は一回り年下で、私は役職もあるので彼女に支払いはさせたくないです。

貢ぎたいのが男の性かもしれませんが、やはり金銭面も含み頼れる彼氏でいたいので、全額私が出します。

彼女も出してもらって当たり前な精神を持っていないので、支払う側も心地よくいられます。

30代前半/IT・通信系/男性

自分の経済力を知らしめ、相手を安心させたい

食事をしに行ったときに支払いができない男性には女性は寄ってきてくれません。

そこでカード(ゴールド以上)を使うことで、相手に安心感を与えてあげたいです。

見栄もありますが、カードで払えばスマートだし、女の子が財布からお金を出すこともなく終われるのでいいと思います。

ただ自分は小銭が嫌いなので、必要なシーンで出してくれるとありがたいですね。

40代前半/サービス系/男性

スッキリしないから

男だから偉いんだ、というわけではありませんが、相手がどのような立場であったとしても、自分が支払わなければいけないと、つい考えてしまいます。

そうでないとスッキリしません。

相手が少しでも出すと言うと、自分でも理由ははっきりしませんが、なんだかモヤモヤ気分です。

50歳を過ぎた男の古い考え方でしょうか。そうとしか思えません。

50代前半/メーカー系/男性

自分の方が基本収入は高いはずだし、彼女は家のことなどをしてくれるから

週末は一緒に僕の家で過ごすようになっており、その間、基本的な家事は彼女がやってくれます。

僕もしないことはないのですが、彼女にやってもらっているということに感謝をしなければいけないと思っています。

それと、炊事にかかるお金(食材など)は彼女が払ってくれたりもするので、外に出てかかるお金は基本収入が高い自分が出さなければならないと思っています。

30代前半/メーカー系/男性

付き合っている期間は男が出すのが当たり前だと思うから

相手が年上だろうが、私は今まで付き合ってきた彼女に一度も出して貰った事はありません。

私の誕生日は除きますが、決して見栄を張ってとかいう事ではなく、男が出すのが当たり前だと今日まで思っています。

40代前半/メーカー系/男性

お金に余裕がある男が払った方がいいと思うから

付き合っている彼女が働いているかどうかにもよりますが、社会人であってもデートの時の会計時は男が支払いたいと思います。

女性は少しは財布を出したりして「いくら?」という感じで聞いてくれるような心遣いだけで満足です。

40代前半/公務員・教育系/男性

いつもお世話になってるから

自分が仕事で疲れて帰ってくると、いつも彼女がご飯を作って待ってくれてるし、お風呂も入れてくれてるし、癒されすぎて贅沢してるぐらい幸せです!笑

なので、デートに行く時ぐらいは彼女にも贅沢してもらいたいから、自分が全部払いたいと思います。

20代前半/商社系/男性

単純に男が出すのが当たり前と思うから

自分は付き合うのが年下ばかりなので、どこにいっても全部自分が払います!

単純に男が出すのが当たり前と思ってるのもあるんですけど、彼女にいろいろやってあげるのが好きなので笑。

女の人に払わすのはちょっと自分の中で許せないですね笑。

だからテレビとかでやってる割り勘野郎みると腹が立ちます笑。

30代前半/IT・通信系/男性

【3位】割り勘が理想!

割り勘が理想!

収入が同じくらいなので

最初の頃は私が多めに出そうとしていましたが、相手も社会人で負担が均等になるよう支払いしようとすることが多く、揉めることが増えたので、現在は割り勘にしています。

お互いの収入も同じくらいなので、割り勘で気にならなくなりました。

40代前半/IT・通信系/男性

一方の負担を大きくすると気持ちが離れるから

僕は年齢関係なく、割り勘にするべきだと思います。

僕は交際やデートは、ゆくゆく結婚を見据えた人としたいのです。

そして結婚したら共働きをしたいです。

その際に、それまでどちらかが多く支払っていると、それが常識になってしまい、金銭的にも気持ち的にも一方の負担が大きくなる可能性が高いです。

金銭は気持ちにも直結するので、割り勘にしたいです。

20代後半/メーカー系/男性

どちらかが多く出すのが習慣になるとお互いに気を使いそうなので

年下の彼女との関係では、外食時は基本的には自分で食べた物は自分で支払いしますし、居酒屋などに行った時には割り勘にしています。

特にどうしようと話したことはありませんが、自然とそのようになっています。

たまにコンビニでアイスや飲み物を買ったりするときには、自分がご馳走してあげることがある程度です。

どちらかが多く出すのが習慣になるとお互いに気を使いそうなので、そのほうが楽なのかなと思っています。

40代前半/医療・福祉系/男性

付き合いが長く、同程度の収入だから

2人とも社会人で、同業種、同じような収入です。

付き合いたての頃(もう何年か前ですが…)は私が多く払っていましたが、そのことに彼女も思うことがあったようで、話し合いになりました。

結果的には、ほぼ折半で代金は支払うようになりました。

彼女はとてもしっかりしているので、こちらも助かっています。

20代前半/医療・福祉系/男性

まともな人なら、全てを奢られるのが当たり前とは思わないと思うから

女性の中には、財布を出す振りだけして男性に奢られるのは当たり前という態度の人がいます。

男性の中にも、女性に出させないで自分が全て奢るのが当たり前という人もいます。

最初はお互い知らないのでそれで良いと思いますが、あまりその事に拘るより、もっと考えることがあると思います。

端から割り勘と決めればよいのではないかと思います。

50代前半/金融・保険系/男性

彼女と対等な関係でいたいから

全て男が払うというのは一見カッコいいと思いますが、あくまで彼女とは対等な関係でいたいので、できれば割り勘にしています。

毎回こちらが全て払っていると、彼女も申し訳ないと思ってしまうと思うので、余計な気遣いをさせないためにも割り勘が1番良いと思っています。

20代前半/公務員・教育系/男性

お互いに同じ立場だから

学生の時に付き合っていた彼女とは、どちらも学生でバイトをしていなかったため、基本は割り勘にしていました。

男性がすべてお金を出すという考えもなくはないですが、やはり学生の場合は割り勘が普通だと思います。

20代前半/自営業/男性

【参考記事】彼氏とのデートで悩んだ時に読んで欲しい記事10選

famicoでは、この記事以外にも【解決法】彼氏とのデートで悩んだ時に読んで欲しい記事10選のまとめ記事も公開しています。

お悩みに役立つ体験談や対処法などが見つかるかもしれませんので、是非あわせてご覧ください!

まとめ

男性100人に聞いた彼女とのデート代の振り分けの理想では、1位は『多少は自分が多く出したい!』、2位は『全部自分が出したい!』、3位は『割り勘が理想!』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、彼氏100人によるデート代の振り分けの理想と本音を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女100人によるデート代の本音と理由編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女とのデート代はどうすべき?女性100人の希望と理由とは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年03月05日~03月20日
回答者数:100人