忙しい彼女でも連絡くれるもの?女性100人の正直な本音とは

忙しい彼女,連絡くれる

忙しい彼女があまりにも連絡をくれないと、忙しいと分かっているものの「たまには連絡をくれてもいいのに…」と不満に思ってしまう事もありますよね。

連絡を待つだけの日々は辛いからこそ、世の中の忙しい彼女は連絡をしているのかどうか知りたい男性も多いはず。

この記事では、彼女100人による忙しい時の連絡頻度を体験談と共にご紹介しています。

忙しい時期の彼氏への連絡頻度ランキング

まずは、忙しい時期の彼氏への連絡頻度ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『彼女100人に聞いた忙しい時期の彼氏への連絡頻度』によると、1位は『忙しくても毎日連絡をする!』、2位は『忙しくても2日〜3日に1度は連絡をする!』、3位は『忙しい時期が過ぎるまで連絡はしない!』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

彼女100人に聞いた忙しい時期の彼氏への連絡頻度

彼女100人に聞いた忙しい時期の彼氏への連絡頻度では、1位の『忙しくても毎日連絡をする!』が約47%、2位の『忙しくても2日〜3日に1度は連絡をする!』が約35%、3位の『忙しい時期が過ぎるまで連絡はしない!』が約11%となっており、1~3位で約93%を占める結果となりました。

それでは、項目別で忙しい時期の彼氏への連絡頻度を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】忙しくても毎日連絡をする!

忙しくても毎日連絡をする!

元気をもらえるから

私は忙しい時ほど連絡を取るようにしています。

忙しい時は会うことが難しいのでさみしくなると思いますし、やりとりをすれば元気をもらえると思うからです。

実際に仕事で残業が続いていたときもこまめに連絡を取り、仕事の話をするのではなく、他愛もない話をして一日を終えるだけで、仕事のことを考えずに眠れたり、翌朝すっきり起きたりもできます。

忙しくてもお互いコミュニケーションを取ることは大切だと思います。

20代前半/医療・福祉系/女性

コミュニケーションは一番大切だから

私は自分が忙しい時でもまめに連絡するようにしています。

なぜなら遠距離だからです。なかなか会えないので、1日に1回のメールくらいの連絡はするようにしています。

ラインなどの細かい連絡は返信がお互い大変になるので、1日1回お互いの報告、交換日記のようなメールでやりとりすることを大切にしています。

40代前半/サービス系/女性

コミュニケーション不足になりたくないから

恋愛においてコミュニケーションがとても重要ポイントだと思っています。コミュニケーション不足で気持ちが離れることもあると思っています。

実際、元彼が仕事が忙しいと自分のことで頭がいっぱいになるタイプの人で、連絡がとれなくなることがよくありました。

私は頻繁に連絡を取りたいタイプなので、そのときすごく寂しくなりましたし、相手の気持ちが自分から離れたのかと不安になりました。そして結局コミュニケーション不足で別れてしまいました。

どんなに忙しくても、彼氏に連絡をとる数分の時間は確保すべきだと思います。

20代前半/サービス系/女性

彼氏が好きで、連絡がこないと不安になるから

私は恋愛体質なのですぐ不安になります。

それにその時あったことなどをすぐ話したくなる性格なので、仕事中でもロッカーに用があるフリをしながらLINEチェック、トイレに行きながらLINEなど、しょっちゅう彼氏に連絡してしまいます!

ただしあくまでタイミングを見ながら、急かしたりはしないです。

30代前半/専業主婦/女性

コミュニケーションを取り、すれ違いを防ぐため

私は以前介護の仕事をしていた時に、人手不足でとても忙しい時期がありました。

その時は寝る前や夜勤の休憩中に、当時付き合っていた彼氏に毎日メールを送っていました。

お互いの状況を把握してすれ違いになって自然消滅するのを防ぐためにも、そしてコミュニケーションがとても大切だとこの介護の仕事をしていて実感していたので、時間を見つけて連絡を取るようにしていました。

私の経験上、社会人になれば忙しい時期があるのは当たり前なので、少しでも時間を見つけて連絡を取った方がうまくいくと思います。

30代後半/専業主婦/女性

大して時間もかからず、苦にならないから

私は自分が忙しくても恋人と連絡を取ることは苦にはなりません。なので、毎日でも連絡することができます。

それに連絡と言っても数秒あれば返信ができますし、返信が面倒なときは数分間電話をすれば良いという考えです。

20代前半/専業主婦/女性

すれ違いを防ぐため

忙しいと言っても、LINEなどを送る時間が全くないということはないと思います。

忙しいと会う時間をとるのが難しく、すれ違いが起こりやすくなってしまうので、どんなに忙しくても1日に1回以上は連絡を取るようにして、すれ違いを防ぐ努力は必要だと思います。

20代前半/サービス系/女性

催促しなければ相手の負担にならないと思うから

忙しくても恋人には毎日連絡します。頻繁ではなくても1、2回くらいなら相手の負担にはならないと思います。

ただ大事なのは、相手への催促は絶対しないことです。負担をかけないような内容を送ります。

30代前半/サービス系/女性

お互いの状況がよくわかるから。

毎日お互いの仕事が終わったタイミングで連絡をしています。

そうすれば仕事の時間ではなく、フリーの時間になったということを知らせることができます。もしフリーの時間に用事があれば、仕事終わりの連絡の時に追記で知らせます。

お互いの1日のサイクルがわかるようになるので、デートなどもしやすくなります。

30代前半/公務員・教育系/女性

自分の癒しや心の拠り所として

忙しいことは承知の上でのお付き合いであっても、それを理由に恋人との関係を疎かにはしたくありません。

忙しいからこそ、少なくとも1日一回は連絡をします。そうすることで彼との安定した付き合いを進められるのももちろんですが、仕事以外に考えることがあることで自分の癒しや心の拠り所にもなりますし、感情をリセットする機会になるからです。

20代前半/公務員・教育系/女性

相手に心配させないため

仕事で忙しい時でも連絡は取りたいです。

やっぱり離れている分、相手にも心配させないために連絡はとっておきます。

連絡を入れるだけで相手にも今の状況を理解してもらえるし、心配させないですむので、お互いにその方がうまくいきます。

20代後半/専業主婦/女性

「お互いのことを考えている」と安心できるから

好きな人とは毎日連絡をとりたいです。

いくら忙しくても、食事の時や多少の休憩時間はあると思いますしね。

そのわずかな時間に相手から連絡をもらえたら、自分の事も考えてくれているんだなぁと、安心できます。

なので、忙しくても1日1回、少しでも連絡をしたほうが相手としてもうれしいと思います。

20代前半/専業主婦/女性

ちょっと息抜きがしたいから

私は忙しい時でも毎日連絡します。

連絡がないと相手も心配だと思いますし、少し息抜きしたいなと思ったタイミングで連絡を取ればいいので、そこまで時間がかかるものでもないですから。

そうすることで相手に余計な心配をかけず、長続きすると思います。

20代前半/大学生/女性

相手を気遣いたいから

私は忙しくても毎日必ず連絡はします。

仕事はシステム部門なので、深夜まで働くことがあります。そんな時でも、行き帰りの電車・歯を磨いている時間・布団に入って寝落ちするまでの数分など、隙間時間は作ることができます。

相手を気遣うからこそ、おはようとおやすみだけでもいいので、連絡を交わすことが愛情だと思います。

20代後半/商社系/女性

【2位】忙しくても2日〜3日に1度は連絡をする!

忙しくても2日〜3日に1度は連絡をする!

潤滑油的な機会として

私には現在、同居中の恋人がいます。

一緒に暮らしているので基本、連絡を取り合う必要性はないかもしれません。

ですが彼の職種が精神をかなり使うものである為、どんな問題が発生しているか(あくまでコンプライアンスで引っかからない程度に)、今日はこういう状況だから残業しそうだよ…といったものを聞き取るようにして、色々と連絡を取り合っております。

またこちらの仕事の状況や身体の調子を伝えたりする事も多いですが、「今日、こんな可愛いネコ見たよ」とか「会社近くに美味しそうなパン屋が出来たから買っていくね!」などといったやり取りをラインで行ったりして、『連絡=潤滑油的な役割』として時折行っています。

帰宅して互いにムスッとしたり、いきなり愚痴りだすよりも、ちょくちょく連絡を取り合っては「さっき言ったアレなんだけど」と軽く話しながら夕食を食べる方がいいですし、あまりしつこくならない程度の『連絡』は、気持ちよく付き合う上での大事なツールだと思います!

40代前半/商社系/女性

連絡がないと寂しくなるから

私は忙しくても彼氏と繋がっているという実感がほしいので、3日に1度は連絡をするようにしています。

連絡がないと寂しくなってしまい、仕事に集中できなくなってしまうので、どんなに忙しくても連絡を取っています。

20代後半/医療・福祉系/女性

相手が何をしているか気になるから

私は忙しい時は最悪1週間くらい連絡を返してない時もありましたが、前付き合ってた彼は一日で連絡を返さないと何件も連絡してくる人でした。

初めは「忙しいのに面倒だなあ」くらいに思ってたんですけど、それに慣れてくるとだんだん私の感覚も変わってきて、一日で連絡が返ってこないと、「彼は今何してるのかな」とか、「忙しいのかな」とか不安に感じるようになりました。

相手の気持ちを考えて連絡をマメに返すことが大事だなと思うので、これからは気をつけたいと思いました。

20代前半/大学生/女性

相手の寂しさを少しでも和らげたいから

私は3日に一度は連絡します。

彼は忙しい人なので、私は「恋人が忙しい時、連絡ができない寂しさ」を知っています。私は彼にそんな思いをなるべくさせたくありません。

なので、2日に一度は連絡するようにしています。「おはよう」「お休み」「お疲れ様」「好き」などの一言だけでも連絡が来ると安心しますので、一言だけでも送るようにしています。

彼から連絡を要求されたことはありませんが、私が連絡したいので連絡します。

20代前半/大学生/女性

なんで付き合っているのかわからなくなるのを避けるため

普段からLINEなどをあまり見ないため、もともと返信がおそいです。

さらに忙しい時期となると、一日に一度LINEチェックすることはできても、適当に返してしまったり、返信に迷って考えていたら用事が出来て、既読無視をしてしまったということがあります。

本当に既読無視をしたかった訳ではないのにやってしまった時は、申し訳なさでいっぱいでした。

この事件から連絡頻度の話し合いをした結果、忙しい時期には返信できない場合があることを考慮し、2~3日に一度ということになりました。

逆にそれ以上空いてしまうと、なんで付き合っているのかと二人の関係性に疑問を持つかもしれないので、私には2~3日に一度が丁度良いです。

20代前半/大学生/女性

元気とやる気につながるから

こちらの忙しさはこちらの都合でしかないので、相手にはいつも通り連絡してほしいと思っています。

忙しくてもLINEくらいは出来ると思うので、最低でも2〜3日に1度、「おはよう」とか「おやすみ」くらいの挨拶は出来るはず。

何より、ちょっとでも彼とコミュニケーションが出来れば元気が出るし、やる気につながると思います。

30代後半/専業主婦/女性

相手のことを思っていることを伝えるため

私も付き合っている相手も営業マンなので日々忙しいのですが、相手のことを考えていることは共通で認識しているため、どんなに忙しくても2~3日に一度は連絡し、相手のことを思っていることを伝えるように心がけています。

20代後半/メーカー系/女性

相手の状況が何となく分かって安心なので

「おはよう」や「おやすみ」ぐらいの連絡はできるのではないかと思うけど、忙しすぎてLINEを打っている途中で寝てしまうこともあると思います。

毎日とは言わないですが、2〜3日に1度ぐらいは連絡があると、相手の状況が何となくわかって安心できますね。

忙しい時に相手から毎日LINEがきて、返信できないままでいるうち、だんだん相手へのイライラが募ってきてしまうこともあるので、ある程度の距離感は必要だと思います。

30代前半/不動産・建設系/女性

それを楽しみに毎日頑張れるから

忙しいとはいえ、数日に一度、恋人に連絡を取るくらいはできると思います。

文章の量ややりとりの質に差はあれど、数日に一度は連絡したいし、逆の立場でもしてほしいかな。

その連絡・やりとりを楽しみに毎日頑張ることもできると思います!

20代後半/メーカー系/女性