忙しすぎる彼氏と付き合う方法!女性100人が実践した対処法

忙しすぎる彼氏

忙しすぎる彼氏と付き合うと、すれ違いが頻繁に起こってしまったりと付き合いが難しいと感じることもありますよね。結婚を考えられなくなってしまったり、最悪のケースでは寂しさから別れたいと感じてしまう事も。

忙しすぎる日々を送る彼氏に対して尊敬する部分もあるからこそ、彼女として今後も上手に付き合っていきたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による忙しすぎる彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介しています。

忙しすぎる彼氏と上手に付き合う方法ランキング

まずは、忙しすぎる彼氏と上手に付き合う方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた忙しすぎる彼氏と上手に付き合う方法』によると、1位は『自分磨きに精を出す』、2位は『干渉し過ぎない』、3位は『サポート役に徹する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた忙しすぎる彼氏と上手に付き合う方法

女性100人に聞いた忙しすぎる彼氏と上手に付き合う方法では、1位の『自分磨きに精を出す』が約37%、2位の『干渉し過ぎない』が約15%、3位の『サポート役に徹する』が約12%となっており、1~3位で約64%を占める結果となりました。

それでは、項目別で忙しすぎる彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】自分磨きに精を出す

自分磨きに精を出す

自分の時間を大事にして会えるまで待つ

忙しすぎる恋人と上手に付き合う方法は、彼が忙しいとわかっているので会える時まで自分の時間を大事にすることです。

忙しくても自分と一緒にいてくれてる彼との時間を大事にし、寂しくなったら時には甘えてみるのもアリだと思います。

30代前半/サービス系/女性

連絡が来ない時は何度も連絡したりせず、趣味や自分磨きをしながら待つ

私の彼の仕事は忙しい時と暇な時の差があります。暇な時は、たくさん会えたり連絡の頻度も多いですが、仕事が忙しくなると1日中忙しく、それが数日から長い時で1ヶ月ほど続きます。

私は彼の仕事のことは理解していて、忙しいことも分かっているので、連絡が遅いからといって何度も連絡を送ったりせず、仕事が落ち着くまで自分の時間を作って自分磨きをしたり、趣味をして過ごしています。

そうすると寂しいかな?と思っているのか、仕事の合間に時々連絡が来たりするので、私もとても嬉しいです。

20代前半/サービス系/女性

浮気を疑ったり落ち込むくらいなら、習い事など自分に費やす時間を増やす

社会人となり、急に忙しくなった彼は私とのデートの時間がほぼ無くなりました。もしかしたら浮気でも?と思って疑ってしまったこともありましたが、大変怒られました。

そこで、私は自由になる時間は習い事で埋めることにしました。パソコン、生け花、ゴルフ教室に料理教室等々、自分に費やす時間を増やしました。

30代前半/サービス系/女性

連絡やデートの頻度は相手の方に合わせ、自分磨きに精を出す

以前付き合った彼がかなり多忙な人でした。フリーランスなのでスケジュールが曖昧で、しかも本格的な大人向けの吹奏楽団に所属していました。

デートは多くても2週間に1度でしたが、あまりベタベタした関係が得意ではなかったので、個人的にはちょうどよかったです。

相手の今までの生活を変えてまで強制的に時間を割かせることはしなかったし、自分が反対の立場だったらそれは嫌なので、連絡やデートの頻度は相手に合わせました。

相手から何か用事で連絡が来た時だけ返すと、こちらも縛られすぎず心の余裕があって、むしろ暇な時間の自分磨きに力が入りました。

もしどうしても寂しいようなら、相手の暇な時間を教えてもらい相談してもありだと思いますが、本当にこちらのことが大事な彼なら、深刻なトーンで切り出せば向き合って何かしら改善してくれると思います。

20代前半/サービス系/女性

彼氏に依存せずに自分磨きをしたり、今の生活を楽しむようにする

彼氏が忙しすぎて、こちらに時間がありすぎると釣り合いません。自分から会えない、相手してもらえない不満ばかり増えていって、うまくいきませんでした。

そこで自分の趣味を増やしたり、それに集中したり、自分磨きをするようにしました。女子力を高め、より魅力的な女性になれるように努力しました。相手がいなくても輝く自分でいる、文句を言わないことで、関係は修復されてよりよい状態になれました。

依存していないため、向こうも時間ができると必ず連絡をとって時間を作るように変わりました。

30代前半/サービス系/女性

連絡が取れないのを嘆くのではなく、その時間を使って良い女になる

彼の繁忙期の時期、会えないことを嘆くのではなく「自分磨きに時間をかけることができる!」と前向きに考えるようにしています。彼が好きそうな料理を作る練習をしたり、身体を動かしてボディラインを引き締めたりと、努力をしています!

そうしていると、会えたときにその事を彼が喜んでいて褒めてくれるようになりました!

20代後半/サービス系/女性

会える時間は濃密に、会えない時間は自分の時間として謳歌する

職業柄忙しいことは分かった上でお付き合いをすることに決めたけれど、当直があったり、休日も勉強会や急な呼び出しもある彼と付き合って、初めは寂しさを感じていました。

でも、仕事を頑張る彼の姿も大好きだったので、会えない時間は自分の女友達と会う時間に当てて楽しんだり、エステサロンに通うなど、プラスに考えるようにしました。

すると自然と会える時間がとても大切に感じられて愛が深まった気がします。彼からも、「君のように理解がある女性って今までに会ったことがない!すごく居心地が良い。」と言ってもらえました。

会えないことに文句をつけず、会えない時間を有効に使うようにすると恋にメリットがたくさんあると思います。

30代前半/医療・福祉系/女性

さみしいと素直に打ち明け、彼を信じて自分磨きに集中する

彼は仕事も忙しく残業ばかり、その上多趣味で自分を大切にする人でした。それを理解したうえでお付き合いを開始したのですが、あまりにも構ってもらえないとやはりさみしくなってしまいました。

さみしい気持ちを押し殺せなかったので、素直に彼に自分の気持ちを伝えたうえで、彼のことを信じて自分も新しく趣味を持ったり、自分磨きに集中するようにしました。

30代後半/医療・福祉系/女性

自分磨きをしてよりいっそう美しくなり、次に会った時びっくりさせる

彼が忙しい時は、文句を言ったり連絡を要求するような事は控えました。忙しい時は余裕が無いと思うので、文句や連絡を要求すると喧嘩、最悪の場合別れにも繋がると思うので。

会えない時こそ、自分磨きをして前よりも美しくなるように努力しています。彼と会った時に前より綺麗になったと言われるために!

20代前半/金融・保険系/女性

自分も忙しくして彼氏のことを考えないようにする

彼氏が忙しくて自分が暇だと彼氏のことばかり考えてしまって、悪い方向に物事が進む気がします。

そこは割り切って自分も好きなことをしたり、女友達とでかけたり、自分の生活をまず充実させることがうまくいくコツだと思います。

30代前半/公務員・教育系/女性

彼に期待しすぎず、彼に負けないくらい一生懸命に自分のスキルを上げる

彼が忙しくしていてなかなか会えない連絡もくれない、となると、私はこんなに彼を思っているのに彼は何もしてくれない、私のことを思ってないんじゃないか?と否定的な事ばかり考えてしまい、本来尊敬していた部分や好きだった分より怒りの方が強くなってしまいます。

眉間にしわを寄せ、文句ばかり言っている人をあなたはどう思いますか?そんな事で自分の感情を乱すよりも、今自分のできる事はなんだろうと考え、彼に負けないくらい何かに一生懸命になって自分のスキルを上げた方がいいと思います。

たまに会ってはお互いに癒されリフレッシュ出来たらまた仕事も頑張れるし、お互いがお互いを高め合える存在だと思えば関係も続いていくのでは、と私は思います。

20代後半/IT・通信系/女性

自分の時間を充実させれば「会うのが楽しみ」になる

彼が忙しくてなかなか会えないと寂しくなるのは、自分が暇だからということに気づきました。

そこで自分から積極的に友達を遊びに誘ったり、一人でも好きなところへ出かけたり、ジムなど自分磨きの時間を増やすことで心も強くなり、会えない寂しさが、会うのが楽しみという気持ちになりました。

20代後半/メーカー系/女性

会えた時の喜びを分かち合えるように、自分磨きをして美意識を高める!

彼が出張三昧でなかなか会う時間が取れず、不安が募る時もありました。

しかし会えた時の喜びを一緒に感じて欲しかったので、彼の邪魔にならない程度に連絡をしたり、癒してあげられるような存在になるべく自分磨きを頑張りました。

会う度に可愛いと言われ、どんどん好きになってくれたので私も嬉しくて、頑張って良かったと思いました。

20代前半/不動産・建設系/女性

友人と会ったり自分磨きをしたりして、自分の時間を充実させる

私は以前、お付き合いしていた方が毎日休みなく働いていました。そのため、なかなか会うことが出来ませんでした。

その分自分の時間が出来ると思い、女友達との時間を作ったり自分磨きに時間をかけたりするようにして、寂しさを感じないようにしていました。

20代前半/流通・小売系/女性

寂しさを感じなくて済むよう、自分の生活を充実させて相手に依存しない!

学生頃に付き合った年上の男性でしたが、車で2時間の遠距離かつ仕事が忙しい人でした。

会えても週末の土日のみ、会えなければ数週間空きました。連絡も数日空いたと思えば海外出張だったり、海外からの電話だったり。それくらい連絡してくれてもいいのに、と思いましたが、ビジネスマンにとって仕事が忙しいのは有難い事なので文句は言いませんでした。

その代わりに私も平日は会社の飲み会や友人との遊びを存分にして、毎日を充実させていました。そうすると彼に依存する事がなく、連絡が少しであっても会う回数が少なくても寂しさを感じず、むしろ良い距離が保てていたと思います。

20代後半/専業主婦/女性

相手にばかり気が行かないように、予定を詰め込み自分も忙しくする。

私が暇で相手だけが忙しいと「かまってかまって」ばかりになるので、私自身も忙しくなるよう予定を詰めました。

仕事の後はゴルフレッスンや脱毛サロン、会えない休日は大掃除や一人旅などの予定を詰めて彼氏にばかり気が行かないようにしていました。

30代前半/専業主婦/女性

彼が忙しい時期は自分磨きのチャンスと考えて資格の勉強やスキンケアに勤しむ

付き合いだして約1年後、彼の仕事が忙しくなり、会う時間がぐんと減ってしまいました。会えない時間がとても寂しく、彼のことばかり考えて泣いてしまう日々が続きました。

それを友人に相談したところ、「会えない時間で自分磨きしよう!」と言われ、寂しさを誤魔化すために自分磨きに勤しみました。資格の勉強をしたり色々な本を読んだり、スキンケアを変えたりと様々なことをしてきました。

すると、久しぶりの彼とのデートで、「なんかいつもより可愛いし、色々勉強してるのが会話でもよくわかるよ。いっぱい頑張ったんだね。忙しくても俺の負担にならないようにってしてくれてたの?ありがとう。」と言ってもらえました!

自分磨きをすることで、彼と会えない寂しさをまぎらわすことも、自分の魅力を高めることもできて一石二鳥でした!

20代前半/大学生/女性

次に会う時により魅力的な自分になれるよう、お互いに自分の時間を大切にした!

付き合って一年経つ彼は、転職活動や引っ越し作業が同時になってしまった時期があり、多忙を極める日々を送っていたことがありました。

その際は連絡や会う機会がめっきり減ってしまいましたが、次に会うときにより自分が魅力的になるように自分の時間を大切にしました。

20代前半/流通・小売系/女性

【2位】干渉し過ぎない

干渉し過ぎない

お互い干渉し過ぎないよう、同棲を解消して自分の生活に集中する

付き合った当初すぐに同棲を始めたのですが、自分の時間が制限されていることや相手の仕事付き合いの忙しさで、構ってもらえずイライラしていました。

今は同棲を辞めて別々に暮らし、週末に予定が合えば会う程度にしています。冷めた関係になっているのかもしれませんが、大人な付き合いだと思いながら私も仕事や友達付き合いに集中出来てます。

20代前半/メーカー系/女性

ネガティブになっても良いことはないので、不満を言わず気にし過ぎない

拘束時間の長い仕事をしている彼に、最初は寂しさから、「今どこで何してる?」ときいてばかりいました。さらに「電話の相手をしてくれない、LINEの返事がない、会ってくれない」と相手への不平不満ばかりぶつけていた頃がありました。

でも、ぐっとこらえて、ネガティブな事と相手への不満は言わず、「仕事で電話もできない位疲れてるんだ」と思うようにしました。

すると、自然と相手に優しい気持ちが持てるようになり、「今度うちにきたら彼の好きな麻婆豆腐と焼きそばを作ろう」と、彼の喜びそうな事を頑張っていたら、寂しさも紛れ、料理の腕もあがりました。そのせいか、彼が毎週うちにご飯を食べに来てくれるようになり、自然とLINEも向こうからしてくれるようにもなりました!

彼は彼で頑張っているんだ。だから私は私で頑張ると割り切って考えると、少しの時間しか会えなくても有意義に過ごせました。

40代前半/メーカー系/女性

彼の生活リズムを壊さない様に遅くまで通話したりメールのやり取りをしないなど、お互いを尊重する

運送業の彼は体力や気力を使う為、体調面を気遣う様にしています。また朝早くから動いているので、彼の生活リズムを壊さない様に、遅くまで通話したりメールのやり取りをしないで、睡眠不足にならない様、気を付けてます。

彼は責任ある立場でもあるので、忙しいのは当然と思っています。お互いに大人なので、若い時の様にわがままを言わず、話を出来るだけする様にして、お互いを尊重する様にしています。お互いに仕事を持っているので会えない事も多いですが、時間が取れる時に無理のない程度に会う様にしています。

ちゃんと想いを伝える事は勿論、異業種同士、仕事の大変さを理解出来る様に、仕事の愚痴や話を聞く事が必要だと思っています。

知り合えて良かったと言ってくれている彼。心の支えになる事が大切だと思っています。

40代前半/医療・福祉系/女性

彼のストレスを助長する恐れもあるので、連絡は控えめにして落ち着くまで待つ

忙しいときに頻繁に連絡すると、おそらく彼に返さなくてはというストレスがかかり関係が悪化しがちです。

1番は彼が落ち着くまでじっと待つことです。彼の気持ちが冷めていなければ、必ず余裕ができたとき連絡をくれます。信じる気持ちが大切だと思います。

20代後半/サービス系/女性

とにかく相手のペースに合わせ、連絡を控えて会えた時に楽しむようにする

「会えないのは彼の仕事が忙しいからだ」というのを、きちんと心に留めておきました。

寂しいとか泣き言的なことも言われるのはイヤだと思うので、なるべく連絡もしないようにして、会えた時には全力でその時間を楽しむように努力をしました。

40代前半/公務員・教育系/女性

自分からはあまり連絡せず、相手のことを忘れているくらいの気持ちでいる

彼氏にはついついつまらないことで話を聞いてもらいたくなったりして、それが叶わずに不満がたまることもありました。

思いやりは必要ですが、あまり相手のことを考えすぎないようにしてこちらからは連絡をせず、普段は忘れているくらいのほうが、忙しい相手の負担にならず、うまくいく気がします。

40代前半/専業主婦/女性

【3位】サポート役に徹する

サポート役に徹する

心のよりどころになれるよう、出来る範囲で相手を支える

同棲していた彼は朝から晩まで働き詰めで、休みはほとんど取れないくらい忙しい人でした。

でも彼は「二人で出かける時間がなくても家に帰ったらご飯があるし、洗濯された服がある。それがあることで仕事が頑張れる」と喜んでくれました。彼の支えになることが大事だと思いました。

会えない時間が愛を育てるとよく言いますが、ふと落ち着いた時に「あぁ、いてくれて良かったな」と思ってもらえる存在でいることが長続きするなぁと感じました。

20代前半/サービス系/女性

「連絡が取れない時にも相手を信じること」、「相手を尊重し自己主張しすぎないこと」、「相手を理解し見守ること」

スポーツ選手だった彼は、練習時間が長く遠征も多かったことから連絡が非常に取りづらく、不安が大きかったです。そして、社会的に注目されているということから、スキャンダルにならないように付き合っていくのは本当に大変でした。

しかし、一緒に過ごしている時は、一緒にいるだけで笑みがこぼれるくらい嬉しい気持ちとなれました。

私自身が心がけていたことは、試合を必ず見て活躍した場面の感想を伝えるようにしたことと、栄養管理をするためにバランスの良い食事を作ることでした。

会えないと寂しいですし不安にもなりますが、「相手を信じること」「相手を尊重すること」「応援すること」「サポートすること」が上手に付き合うためには必要だと痛感しました。

その彼は今、私の旦那さまです。

50代前半/医療・福祉系/女性

たまにしか来ない連絡にも「仕事忙しいのにありがとう」と前向きに考えるようにして、出来る範囲で相手を思いやる

彼氏から「忙しくなると連絡が中々できないかも」といわれました。最初は不安や不信になることもありましたが、全く連絡が無いわけではなく必要なときやたまにくれることもあるので、忙しい合間でもわたしの事を考えてくれているんだな〜、忙しいのにありがとうと前向きに考えていたら、上手に付き合えました。

相手に負担をかけないように、一方的にLINEをしたり電話をしたりしないことや、頑張ってと言い過ぎてプレッシャーをかけないこと。陰で支えてあげられるよう、不満を言わないことを心がけていたほか、彼が好きなものを作ってそっとドアノブにかけ「無理しなくていいからね。休めるとき休んでね」と手紙を添えて渡したところ、数日後にありがとうと連絡が来ました。「携帯の音がなるだけで仕事の催促な気がして不快だ」といってた彼に、手紙は効果覿面でした!

それから、「忙しいから連絡するまでしないで」といわれたときは黙って連絡を待ちました。一方的に連絡して、重い自分の気持ちを押し付けるのは良くないです。相手の立場や気持ちを考えてあげると喜ぶと思います。

以上がわたしの経験です。彼が悩んでいて話を聞いてほしいんだろうなというときは、彼の唯一の味方になってあげて話を聞いて同調します。その時「わたしは、こうおもうよ」というような反論はよくないです。相手が話を聞いてほしいときは、ただ静かに聞いて、気持ちを察してあげるだけでも、お互い信頼関係が深まります。

30代後半/専業主婦/女性

居心地のいい部屋を保つために、彼が仕事を頑張れるような環境を作る

自分は学生で相手は社会人。立場が違うし、忙しいのを知ってて付き合ったけどやっぱり我儘を言いたくなるときもありました。

でも仕事が忙しくても彼が頑張ってスケジュールを合わせようとしてくれていたことも知っていたし、子どもっぽい自分がいやだったので、勉強もやりつつ、ご飯を作ったり、彼が仕事を頑張れるような環境を作ることに専念しました!細かいことかもしれないけど、居心地のいい部屋を保つために家事を頑張るのは良いと思います。

20代前半/大学生/女性

なかなか会えなくても文句や不満は言わず、身体を気遣う

付き合った当初から彼は忙しくてなかなか会えませんでした。月に会えるのは、多くて3回程でした。会えない寂しさはありましたが、会えた時には、彼が癒されるように常に笑顔でいる事を心がけていました。

連絡する内容は、体調の心配をする内容が多かったです。忙しくて会えない事に不満はありましたが、一回も不満を言った事はありませんでした。

しばらくすると、いつもありがとう。と彼の方から突然言われました。言葉は少ないですが、気持ちが伝わっているんだと思って、嬉しかったです。

30代前半/流通・小売系/女性

【4位】負担にならない程度に連絡する

負担にならない程度に連絡する

彼の負担にならないように、空いた時間を見計らって連絡をとる

お店を切り盛りしている彼の負担にならないように、空いた時間を見計らって連絡をとるようにしています。朝と夜の「おはよう」「おやすみ」をメッセージアプリで一言書くのを日課にしたり、夜だけの場合も電話をして少しの時間だけでも、話すようにしています。

我慢しすぎると私も不満がたまって、けんかになってしまうと思うので、そんなときは寝る前に電話をして声を聞くようにしています。彼のちょっとした声色や話し方で、今どのぐらいわがままを言ってもいいのかもわかりますし。

久しぶりに会えたときは、さりげなく彼の好きなおつまみを作ってあげたり、たくさん愛を伝えてあげています!恥ずかしいですけどそれが大事だと思いました!

30代後半/自営業/女性

毎日1通は心を込めたラインを送り、気持ちが冷めないようにする

私は返信がなかったとしても、毎日1日1通ラインを送るようにします。私の気持ちもそうですが、気持ちが冷めないようにしています。

しっかりと気持ちを届ければ、忙しくても1回でも返事があれば自己満足をしても良いです。

30代前半/専業主婦/女性

相手の負担にならないように心がけ、連絡が来たら自分の気持ちも伝える

彼が忙しくて2人の時間が取れない時はやっぱりとても寂しく感じました。今まで朝に来ていたLINEも来なくなって、とにかく寂しくて構って欲しい気持ちが強かったです。

ですが、忙しいときに連絡をしても構ってもらえないのは当然ですし、なにより迷惑をかけたくないので返信が来ても即レスせず2、3時間後に返すことを心がけていました。

しかし、ある日電話をくれた際に『寂しかった』『わがままだと思うけどもっと構って欲しい』と伝えました。そうすると『時間とれないくてごめんね』『わがままだと思わないし、もっと甘えて欲しい』と言ってくれました!負担になると思っていましたが、少しのわがままは言っても大丈夫なのかなと感じました。

彼の都合を無視してたくさんLINEをするとか、忙しいのに会いに行くのは相手に負担がかかりますが、自分の気持ちもちゃんと伝えてわかってもらうことも大事なのだと思いました。

“男性は言われないと気付かない”というのは本当だなとこの時強く感じました(笑)

30代前半/自営業/女性

【5位】忙しさも彼の魅力の一つと考える

忙しさも彼の魅力の一つと考える

相手に過度な期待をせず、忙しくしている彼も素敵だと思う気持ちを持つ

お付き合いする前から忙しい人だと分かっていましたし、忙しく仕事をこなす彼が好きでした。なのでお付き合いすることになって、忙しさの裏で疲弊する彼を見る機会が増え、自然とサポートしてあげたいと思えました。

疲れているのに彼が私の事を大切にしてくれて、今まで見れなかった弱音を吐く姿もまた、新しい一面が見えて、日に日にいとおしく感じるようになりました。

忙しくしている彼が素敵だと思う気持ちを忘れなければ、長く続く関係になると思います。

30代前半/サービス系/女性

「忙しい=仕事が充実している」と考え直し、わがままを言わずに応援する

転職をして忙しくなった彼。最初は寂しくて返信を求めるようなラインを送ったりしていました。またラインの既読スルーにイライラもしていました。

それでケンカをしたこともありますが、デートの時に仕事の話をしている彼の表情を見ていたら「忙しい=仕事が充実している」と考え直し、彼を応援しようと思うようになりました。

それからはわがままを言わず、彼の負担にならないように彼を見守っていました。

40代前半/自営業/女性

【6位】それが自分達のペースだと考える

それが自分達のペースだと考える

いつも支え合うのではなく倒れそうになったらそっと支えてくれる関係だと思うようにする

仕事などを理由になかなか会えない日が続くと、どうしても彼は本当に自分を愛してくれているのか、この関係を付き合ってると言えるのか不安になる事があると思います。

そんな時、私はお互いが彼氏彼女という関係より前に「一人の人間」として生きていることを考えると、気持ちが楽になります。

お互いをいつも支えあって生きていくのではなく、倒れそうになったらそっと支えてくれる関係だと考えれば気持ちが楽になります。

20代前半/大学生/女性

周りと比べず、それが自分達のペースだと思うようにして人生を楽しむ

周りのカップルはもっと頻繁に会ってるとか、連絡取り合ってラブラブしてるとか周りと比べずに、なかなか会えなくてもそれが自分達のペースだと思うようにすれば良いです。

1人の時間は有効に使って、相手が忙しくて会えなくてもとにかく人生を楽しむことが大切だと思います。

20代前半/大学生/女性

【7位】こまめに連絡し応援する

こまめに連絡し応援する

好きな人からの連絡は励みになる場合もある

システム関係の会社に勤める彼氏で、夜勤も多くあり、デートするなら週一で彼氏の家が定番でした。連絡もまめではなく辛かったことを覚えています。ただ、私は毎日まめに連絡をし、会えない日はお料理の勉強やヨガに通って自分磨きをしていました。

忙しい時期を過ぎた後、彼氏に当時のことを聞いてみたところ、毎日連絡をくれたから励みになったと言っていました。好きな人からの連絡ならば、忙しくても嬉しいんだとわかりました。

そして彼の方から、会えない時間が多いのが辛いと言われ、同棲がスタートしました!忙しくても好き同士なら上手くいきます。

20代後半/商社系/女性

【8位】あらかじめデートする日を決める

あらかじめデートする日を決める

無理にコンタクトを取らず、あらかじめ決めたデートを楽しみに過ごす

仕事で多忙な彼は、日々終電・始発に追われて過ごしています。

そんな時に無理にコンタクトを取ったり、デートに誘っても逆効果なので、あらかじめ決めたデートの日を楽しみに過ごします!

それ以外の日は連絡が取れなくても仕方ないと思うようにしています。

20代後半/メーカー系/女性

【9位】相手の状況を理解し共感を寄せる

相手の状況を理解し共感を寄せる

自分の趣味や経済力をつけ、相手に共感し、一緒の時間は楽しく過ごす

現在の彼の状況を会話の中で理解し、「共感」や「分かっているよ」の意志表示をしぐさや表情で表現をします。この時、あくまでもヒヤリングや責められていると相手に感じさせないことが大事です。

自立した女性として見られるように、自分の趣味や経済力をつけ、彼に依存し過ぎないのもいいと思います。

できるだけ癒しよりも、二人でいる「楽しい」時間を無理なくつくることが大事ですね。

30代前半/サービス系/女性

まとめ

女性100人に聞いた忙しすぎる彼氏と上手に付き合う方法では、1位は『自分磨きに精を出す』、2位は『干渉し過ぎない』、3位は『サポート役に徹する』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による忙しすぎる彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『忙しすぎる彼女と上手に付き合う方法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

忙しすぎる彼女と付き合う方法!男性100人が実践した対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年03月10日~03月25日
回答者数:100人