彼氏が結婚を意識してる時って?女性100人が感じた言動とは

彼氏,結婚,意識してる

彼氏との結婚を意識し始めたとしても、彼氏の結婚に対する意識が分からないとモヤモヤしますよね。「結婚を意識しているのは自分だけなのかな…」と消極的になってしまうことも。

彼氏の気持ちを直接聞くのはハードルが高いからこそ、男性が結婚を意識してる時の行動や言動を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏が結婚を意識してる時の行動・言動を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

彼氏が結婚を意識している時の言動ランキング

まずは、彼氏が結婚を意識している時の言動ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏が結婚を意識している時の言動』によると、1位は『結婚に関する情報収集をしていた』、2位は『子供や家族の話をするようになった』、3位は『二人の未来を考えた行動が多くなった』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏が結婚を意識している時の言動

女性100人に聞いた彼氏が結婚を意識している時の言動では、1位の『結婚に関する情報収集をしていた』が約24%、2位の『子供や家族の話をするようになった』が約23%、3位の『二人の未来を考えた行動が多くなった』が約20%となっており、1~3位で約67%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏が結婚を意識している時の言動を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】結婚に関する情報収集をしていた

結婚に関する情報収集をしていた

彼氏が事前にゼクシィを購入していた

私が社会人になってから交際していた彼氏の話です。私達は遠距離恋愛だったため、会えるのは月に一回程度でした。

遠距離恋愛を始めて二年が経過した頃、なんと彼が事前にゼクシィを購入していたのです!そして、デートの当日に「あとで二人で読もう!」と言われました。

率先してページを開き、楽しそうに読む彼の姿を見て、結婚を強く意識していることがよくわかりました。

30代後半/メーカー系/女性

知らない間に結婚情報雑誌を購入しチェックしていた

彼が結婚を意識していることに気付いたのは、彼が車内に忘れていったと思われる結婚情報雑誌を見つけた時です。

しかも、その本には付箋が貼ってあり、いくつかの会場をチェックしている様子でした。

しかし私は、彼の準備や気持ちを無駄にしないために、敢えて見知らぬふりを貫きました。

その後、満を持して彼からのプロポーズ。そろそろかなとは思っていたものの、やはり彼からのプロポーズはとても嬉しく、胸がいっぱいになりました。

20代後半/医療・福祉系/女性

アクセサリーに全く興味がない人が指輪のサイズを聞いてきた

旦那との交際中のことです。

旦那はアクセサリーに全く興味がなく、自分が身につけないのはもちろん、私にプレゼントしてくれたことも一度もありませんでした。

お付き合いしてから五年が経ったある日、旦那が「友達が彼女にアクセサリーをあげたいらしいんだけど何がいいと思う?」と聞いてきました。

そこで私は、本当に友達の話だと思っていたので、少しでも参考になればと色々とアドバイスをしたのです。

しかし、私の指輪のサイズを聞いてきたあたりで、「あれ?おかしいぞ?」と思い始めました。笑

その数ヶ月後に私は旦那からプロポーズをされ、サイズがバッチリ合った指輪を貰ったのです。

後から聞いたところ、旦那は「一生に一度のことなので指輪のサイズが合っていなかったら申し訳ないと思った」と話していました。

今でもこの時のことを思い出しては、二人で笑っています。笑

20代後半/公務員・教育系/女性

家族について詳しく聞いてきたり結婚式の日取りについて意見を言うようになった

これは、私がまだ旦那と結婚する前の話です。

旦那が結婚を意識していることに私が気付いたのは、「結婚は大安がいいよね」と言い出したり、私の家族について詳しく聞いてくるようになったことがきっかけでした。

「お父さん、お母さんの年齢は?」、「兄弟はいるの?今何歳?」など、事細かに私の家族について知ろうとするようになったのです。

そんな彼の態度に、私も自然と「お義父さん、お義母さんはどんな人?」、「兄弟はいるの?」などと旦那に聞くようになりました。

そんな中で旦那が、「結婚は大安がいいよね」と言い出したのです。そして旦那はその場で「僕達の記念日で大安が近い日はないかな」と言いながらスケジュール帳を開き始めました。

その後私達は、お互いの家族についてもきちんと情報を交換し合った上で、記念日に近い大安の日に結婚をしたのです。

結婚をするということは、相手の家族とも末永くお付き合いをしていくということです。

事前にどんな家族なのかをきちんと知っておけば、結婚後に相手の両親に会ってギクシャクするようなことはないでしょう。

私達は、旦那が結婚を意識したことで事前に家族について積極的に話し合うことができたので、よかったなと思っています。

30代後半/流通・小売系/女性

理想の結婚式の話を振ってきたり指輪のサイズを聞いてくるようになった

現在の夫と付き合い始めてから三年程が経った頃、夫が理想の結婚式の話を私に振ってくるようになりました。

また、それと同時に、私の指輪のサイズや、好みのデザインについても聞いてくるようになったのです。

そんな彼の言動に、私は「結婚を意識しているのかな?」と、思っていました。

すると、予想は的中し、数ヶ月後にプロポーズされたのです。私は思わず「やっぱり!」と言ってしまいました。笑

本人は完全にサプライズのつもりだったようです。この時のことは、今思い出しても二人で笑い合える、とても良い思い出になっています。

20代後半/専業主婦/女性

【2位】子供や家族の話をするようになった

子供や家族の話をするようになった

家族に会わせたがったり車を買い換える際に結婚を前提とした車種選びをしていたこと

元カレは元々、私を自分の親に会わせたがったり、自分から私の親に挨拶をしたいと言ってくるような人でした。

そんな彼の言動の中で、特に結婚を意識しているなと感じたのは、車を買い替える時のことでした。

彼は、「家族向けの大きな車にしようと思うんだ」と、私に話してきたのです。独身ならば、わざわざそのような車を選ぶ必要はありません。

敢えて「家族向け」を選ぶのいうことは、彼の頭の中には、私と結婚し子供と一緒に出かけるイメージがあるということでしょう。

しかし、私はこの段階ではまだ全く結婚を考えておらず、子どもも欲しいと思っていませんでした。

けれども、彼からは「子供は三人欲しい」とまで言われるようになってしまい、結婚への思いがどんどんエスカレートしているように感じました。

そのため私は、彼の思いに答えることはできないと判断し、別れを決意しました。

20代後半/サービス系/女性

彼の両親に会いに行こうと言われたこと

私には三年間交際している彼がいます。数ヶ月前に、突然彼から「両親に会いに行かないか?」と言われました。

彼の実家は県外だったため、これは結婚も視野に入れてくれているのではないかと感じました。

そもそも、全く結婚を考えていない相手ならば、両親に会わせようとは思わないはずです。

私は彼と共に彼の実家へ行き、初めてご両親にお会いしました。私のことを真剣にご両親に紹介してくれる彼の姿を見て、とても嬉しくなりました。

20代後半/医療・福祉系/女性

家族のことを色々と聞いてくるようになった

今の旦那とまだ交際していた頃、ある時から、旦那に家族のことをよく聞かれるようになりました。

私達はお互いの地元がかなり離れていたので、「地元を案内したい」とか、逆に「地元に行ってみたい」と言われるようになったのが始まりだったように思います。

そして次第に、「家族に会ってみたい」、「自分の家族に会わせたい」と言われるようになりました。そんな話があってからしばらくして、旦那からプロポーズを受けたのです。

男性が自ら家族の話題を出す時は、少なからず結婚を意識しているのだと思います。

20代後半/金融・保険系/女性

私の親に会いたいと言うようになった

以前、彼と旅行に行く約束をした際に、「その前に君の親に挨拶をしたい」と言われたことがありました。

しかし、私はそんな彼の発言を深く考えておらず、一緒に旅行に行くだけで挨拶なんてと思い、「会わなくていいよ」と答えていました。

しかし今考えると、この時の発言は、彼の結婚の意思の表れだったのかなと思います。

私は決して鈍感な方ではないと思うのですが、この時に関しては全く察することができず、彼に申し訳ないことをしてしまいました…。

その後、彼の会社が主催するイベントに、彼が私と親を招待してくれました。そこで、ようやく彼は私の親と対面を果たしたのです。

そして、このイベントの後から、彼に「結婚についてどう思ってる?」などと聞かれるようになりました。

私は、ストレートに聞かれたことで、やっと彼の思いに気付くことができたのです。このように聞かれなければ、気付かないままだったかもしれません。

相手に結婚の意思を伝えたい時には、遠回しな言い方などではなく、なるべくわかりやすく伝えた方がいいですね。笑

30代前半/専業主婦/女性

お互いの家族やお金などの話が多くなった

今の旦那とは、お互いに婚活している中で出会ったため、元々結婚前提でお付き合いをしていました。

とはいうものの、出会ってすぐの頃はお互いの趣味や好きな食べ物などの話が多く、特に結婚を意識しているような素振りはありませんでした。

しかし、交際期間が長くなるにつれて、次第にお互いの家族のことや仕事の話をされるようになり、「もしかしたら、本気で結婚を考えてくれているのかな?」と感じるようになったのです。

その後も、子供に対する考え方やお互いの貯金、双方の働き方などを二人で話し合う時間が増えていきました。

この話し合いのおかげで、彼の中で具体的な結婚のイメージが固まったようで、プロポーズを受けたのです。

私自身も、事前にこのような話ができたことで結婚後のイメージがしやすかったため、とてもよかったと思っています。

20代後半/流通・小売系/女性

子供に関する具体的な質問をされるようになった

今の旦那とまだ恋人だった頃、ある時期から「将来は何人ぐらい子供が欲しい?」、「男の子と女の子ならどっちが欲しい?」などと、子供に関する質問が増えてきました。

旦那は元々、大の子供好きではありましたが、このような質問をしてくるということは、結婚を意識してくれているのかな、と感じていました。

中でも決定的だったのは、子供に付けたい名前の候補まで考えていたことです。

これには私も驚き、彼は本気だと確信しました。その後、無事にプロポーズされ、結婚に至ったのです。

私達は、将来の話を付き合っている時からよくしていたため、結婚後の生活がイメージしやすかったのも、プラスに働いたと思います。

20代後半/サービス系/女性