彼氏のこと好きじゃないかも…交際1ヶ月で悩んだ時の対処法

彼氏,好きじゃない,1ヶ月

彼氏と付き合って1ヶ月しか経っていないの、「もしかして彼氏のことを好きじゃないかも」と感じてしまう事もありますよね。

好きじゃない気持ちを持ったまま交際するのは自分にとっても彼氏にとっても良い結果を招かないもの。

だからこそ、彼女として上手に対処する方法が知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による交際1ヶ月目なのに彼氏が好きじゃないかも…と感じた時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

交際1ヶ月目で彼氏を好きじゃないと感じた時の対処法ランキング

まずは、交際1ヶ月目で彼氏を好きじゃないと感じた時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた交際1ヶ月目で彼氏を好きじゃないと感じた時の対処法』によると、1位は『少し距離を置く』、2位は『コミュニケーションを増やす』、3位は『原点に立ち返る』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた交際1ヶ月目で彼氏を好きじゃないと感じた時の対処法

女性100人に聞いた交際1ヶ月目で彼氏を好きじゃないと感じた時の対処法では、1位の『少し距離を置く』が約15%、2位の『コミュニケーションを増やす』が約15%、3位の『原点に立ち返る』が約14%となっており、1~3位で約44%を占める結果となりました。

それでは、項目別で交際1ヶ月目で彼氏を好きじゃないと感じた時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】少し距離を置く

少し距離を置く

彼に正直に気持ちを伝え、少し距離をおく

付き合って一ヶ月、ほとんど毎日会っていたら急に飽きてしまい、連絡を返すのがめんどくさくなってしまい、好きじゃないのかも?と感じてしまった事がありました。

彼に正直に気持ちを伝え、少し距離をおく事にしましたが、その時ちょうど彼の仕事で転勤が決まり、なかなか会えない状況に。

そうなると急に、「会いたい、好き」という感情が出てきて、しばらく遠距離で頑張れました。

20代前半/金融・保険系/女性

しばらく連絡を控え、自分のペースを取り戻してから考える

付き合い始めの盛り上がっている期間が終わると、ふと冷静になる時がきました。付き合う前の生活リズムからだいぶ変わっているなど、ここまでする価値がある人なのかと不安になりました。

そこでしばらく連絡を控え、以前と同じような生活をしてみて、まず自分のペースを取り戻してから考えるようにしました。

30代前半/サービス系/女性

自分も忙しくして、彼氏のことを考えないで済むように行動する

当時、相手が忙しかったこともあって、付き合ってすぐなのにLINEも少ないし、デートも3週間に1回くらいしか会ってなくて、正直付き合ってる意味を感じませんでした。

本当に好きなら、もう少し時間を作ることもできるんじゃないかとも思っていましたが、彼の誠実でまじめなところを好きになったので、仕事で忙しいのを信じることにしました。

自分も仕事や趣味、遊びで忙しくして、彼のことを考える暇をなるべく作らないようにしてました。

20代後半/IT・通信系/女性

【2位】コミュニケーションを増やす

コミュニケーションを増やす

自分からも頻繁に連絡をし、一緒にいる時間を増やしてみる

ラブラブであるはずの期間なのに、連絡の頻度もさほど多くなく、会うこともほぼありませんでした。

彼から誘って付き合えたのに・・・と受け身の態勢でしたが、彼からの連絡は元々多くないと気付き、私からも頻繁に連絡をするようになり、会う回数も自然と増やしていくことができました。

彼は、連絡ベタだっただけなようでした。

20代前半/不動産・建設系/女性

お互いの価値観に関して話し合う時間を増やす

タイプですぐ好きになりお付き合いしたのですが、性格の不一致で価値観が合わず、見た目は好きだけど一緒にいてあまり面白くない、好きじゃないかも…と思うようになりました。

お互いの価値観に関してあまり話し合う時間を作っていなかったので、それを意図的に増やし、彼の考え方や家族のことや子供の頃の話を聞き、価値観に触れるようにしました。

そして、彼の好みの女性になるように努力をしていたら褒めてくれるようになり、会話も増え、仲良くお付き合いできるようになりました!

30代後半/自営業/女性

ゆっくり話す機会を作る

私は過去に1か月目で彼のことを、好きなのかわからなくなりました。

その時は彼と意思疎通ができてなくて、ギスギスしてたこともありました。

なので、一度、レストランでゆっくり話す機会を取りました。正直に話せて良かったです。

20代後半/専門コンサル系/女性

【3位】原点に立ち返る

原点に立ち返る

付き合う前のドキドキしてメッセージが届くだけで嬉しかった頃を思い出す

私と彼氏は遠距離で、たまにしか会えませんでした。彼氏は一日に何百回もメッセージするタイプで、返事が遅いと不安になるらしく、疲れてしまいました。それからは彼氏からメッセージを催促されるのが苦痛になり、自分が彼氏のことを本当に好きなのかわからなくなりました。

ですがそのことをちゃんと彼氏と話し合った結果、好きだからこそ相手が何を考え、何をしているのか知りたいという彼氏の気持ちを理解することが出来ました。

それからは私もメッセージを送る時、通知が来るだけで嬉しかった頃を思い出しながら連絡するようにしています。それからは関係が安定しました!

20代前半/サービス系/女性

恋人と付き合い始めた理由を考える

交際一ヶ月しか経っていないのに、彼氏のことを好きじゃないかもしれないと漠然と思ったことがあります。私は自分からあまり人を好きにならず、彼氏の猛アピールに折れて付き合ったからでした。

なぜ彼氏と付き合うことにしたのか、理由を冷静に考えて気持ちを取り戻すようにしました。

20代後半/公務員・教育系/女性

どこが好きで付き合ったのかを思い出す

まだ付き合って1ヶ月しか経っていないのに、一緒にいすぎたせいもあるのか、彼のことが好きじゃないかもと思う時がありました。

そんな時、私はなんで付き合ったのか、彼のどこが好きで付き合ったのかを思い出してみました。

楽しかった思い出や嬉しかったことなどを次々と思い出し、また新たな気持ちで彼と接することができるようになりました。

20代前半/公務員・教育系/女性

【4位】自分の気持ちを客観視する

自分の気持ちを客観視する

友人に話したりして、自分の気持ちを見つめなおす

気軽な気持ちで付き合った結果、1ヶ月程度で自分の気持ちに悩んでしまったことがありました。

その時は、友人に相談して自分の想いを言葉に出したりして、客観的に自分の気持ちを見つめ直すようにしました。

少し冷静になることで、彼の好きな部分にもう一度気づくことができました。

20代後半/流通・小売系/女性

本当に彼氏のことが好きなのか、恋に恋をしているのか自問自答してみる

当時学生でしたが、学校一のイケメンという男子に告白され、付き合ったことがありました。

当時はみんなからうらやましがられましたが、付き合ってみると結構横暴なところがあり、「学校一のイケメンといわれる俺がつきあってやっているんだ」という態度になってきて、とても不満でした。

私は、本当に彼氏のことが好きなのか、それとも彼氏がかっこいいといわれているから好きなのか、自問自答し、自分は恋に恋をしているんだということがわかり、彼とはそれからすぐにさよならしました。

30代前半/専業主婦/女性

彼が他の女性とデートしているところを想像してみる

寡黙な彼と付き合ったばかりの頃、素敵な雰囲気や色気に惹かれて付き合ったので、あまり話が弾まなくて「付き合うのは違ったのかな…」なんて考えてしまった事があります。

しかし、もし彼が私と別れて他の女性と一緒にいるところを想像した時に「あ〜いやだな、嫉妬するな〜」と思ったので、「彼と一緒にいること」をただ楽しむようにしています。

20代前半/大学生/女性

【5位】別れを切り出す

別れを切り出す

好きじゃないかもと思った時点で別れ話を切り出す

他校の友人の知り合いに一目惚れをして好きになりましたが、特に連絡先を聞いたり、友人に場をセッティングしてもらうようなことはしませんでした。ただ、友人からその人の学校での話を聞いて、「優しい人だな」、「男らしい人だな」と想像していました。

付き合うきっかけになったのは、友人と食事をしていたところにたまたま彼が居て、その場で連絡先を聞かれ、その後告白をされ付き合うことになりました。

しかしいざ付き合ってみたら、束縛が激しく、私服がダサかったり、なんだか聞いていた話と違うと感じてしまうようになりました。当時は彼が携帯を持っていなかったので、家電でのやりとりだったのですがそれすらもなんだか嫌になってしまいました。

冷たく当たったりするのも嫌だったので、その時も家電に電話して「好きじゃないので別れましょう。今までありがとうございました。」と一言言って電話を切りました。若気の至りのひどい対応だったという思い出です。

30代前半/自営業/女性

思い切って手を繋いでみて、気持ち悪かったら別れる

一度だけ、いわゆる一般的なイケメンに告白されて、とんとん拍子で付き合ったことがありました。

当時、私の趣味はロックフェスに泊まり掛けで参加する事。いつも一緒に参加するグループがあり、テントやバーベキューもするので、もちろん男性もたくさんいました。それが面白くなかった彼は、付き合ってすぐに参加を予定していたロックフェスに「行ってほしくない」態度を取り始めました。愛されてるな、と思いながらも、好きな事は好きなので、帰った翌日デートをする約束をしてロックフェスには2泊3日で参加しました。

しかし、そのロックフェスでブヨに襲われ、翌日には足がパンパンに晴れ上がり、慌てて皮膚科に駆け込みました。

彼に理由を説明しデートをキャンセルしたところ、浮気を疑うような口調になり、最終的には電話口で泣き始めてしまいました…。私は「なんて女々しいんだ!!」と苛立ち、たいして好きじゃない事に気が付きました。

というわけで、足の腫れが治まった後にファミレスで別れ話をしました。それまで女子らしい服装でしか会っていませんでしたが、パーカー&ジーパンで行きました。彼はまた泣いていました。

今思い出しながら、1ヵ月で別れて悪かったけど、引きずるより良かったよね、と思っています。笑

40代前半/不動産・建設系/女性

【6位】思っていることを正直に伝える

思っていることを正直に伝える

小さなことでも自分の思っていることを全部言ってみる

交際して1ヶ月も経つと相手の素顔が見えてしまい、小さなことだけど許せないことが目につくようになり「好き」という感情が薄くなってきてしまいました。

友人に相談しても、「そんなこと?」と言われるような小さなことで、私にとっては当たり前だけど、彼にとっては当たり前ではないといったことなので、注意する程のことでもなく、日に日にストレスが溜まっていきました。

まだ1ヶ月だし、早めにお別れした方がいいかな、とも考え始めたのですが、どうせ別れるなら自分の思ったことを全部言ってみようと思い、小さいことも全て言うようにしました。

彼も最初は面食らったような顔をしていましたが、「直すようにするね。でも僕も言いたいことあるから言っていい?」と、そこからお互い気持ちを伝え合うことができました。

30代前半/自営業/女性

全ての不満を彼に話す

付き合っても1か月に1~2回程度しか会えず、「会えなくて不安」ではなく、付き合う意味があるのかと思うようになってしまいました。

遠距離なら多少は諦めがつくのですが、大して距離があるわけでもなく、単に仕事が忙しくて時間が取れない故でした。連絡も挨拶程度の言葉ばかりです。

そこで考える時間を設けて、好きかどうか、一緒にいて楽しいかどうか判断してみたところ、会っても楽しくない、好きかわからない、全くときめかない、連絡が来ても嬉しくないという気持ちに気づいてしまったのです。

最終的に全ての不満を彼に話すことで解決しました。

30代前半/専業主婦/女性

【7位】じっくり相手を理解する

じっくり相手を理解する

今はまだ「友達」として交際する期間だと捉え、今後の付き合い方を考える

1カ月なら、好きじゃないかもと気持ちが揺れ動くことはよくあると思います。

彼との距離を掴むのに悩む方は、まず付き合う前にしばらく友達として交際する期間を多く取った方がいいと思います。

お相手が「そんなのじれったい」と思えばそれまでですし、じっくり待ってくれる人なら、その後の付き合いでも長続きするかもしれません。

30代前半/医療・福祉系/女性

一時的な気持ちに振り回されず、現実をちゃんと見る

どんな人間にも、良い面と悪い面があります。人と知り合って、一番初めは良い面ばかり見えていたけれど、しばらく付き合っていくうちに、悪い面ばかり見えてくるようになります。

最初のトキメキだけで、あまり知らない相手の印象を一方的に決めてしまって、その理想像に当てはめてみると、ますます後から見えてくる嫌な面が強調されるのです。

幻滅という言葉もあるように、人に対して抱く好意はほぼ幻想です。だから現実をちゃんと見て、好きなところも嫌いなところも、みんな含んで「愛しい」という大きな愛情に変わっていくまで、一時的な気持ちに振り回されて別れるかどうか悩むのはやめて、ゆっくりと時間を積み重ねていけばいいと思います。

30代後半/サービス系/女性

【8位】思い出に浸ってみる

思い出に浸ってみる

彼との写真、動画を見返す

高校3年生の卒業間近、当時付き合っていた彼は2つ下の高校1年生の部活の後輩でした。その後輩が同じ部活に入部してすぐ、この子はきっと私のことが好きなんだろうな、と薄々感じていました。私もそんな彼に心を許すようになり、彼から告白を受け付き合うこととなりました。

メールと電話のやり取りでは仲良く今まで通りに接することが出来ていましたが、お互い部活と就職活動で忙しくて、付き合ってからの初めてのデートは1ヶ月になろう頃でした。

初めてのデートの日、私は急に恥ずかしくなりました。私は太ってはいませんでしたが、決して痩せてはいませんでした。しかし彼は細身で、私より身長が低かったのです。その見た目の違いにとても違和感を感じたし、周りから見てどう思われているのだろうと恥ずかしくなってしまったのです。

こんな気持ちを抱いてしまうのなら本気で好きだといってくれている彼に申し訳ないと思うようになり、デートが終わった後、メールで別れようと送ろうとしましたが、送れませんでした。

彼と撮った部活中の写真、デートの日に撮った写真を見返してしまい、涙が出ました。彼の写真を見るとやはり好きという気持ちが溢れました。この写真を撮る時にしゃべった話、行った場所、そういうのが脳裏に過ぎってとても別れたいとは思えませんでした。

私の場合、過去の思い出の写真が彼と別れたくないという気持ちを思い出させてくれました。写真がなければきっとあの場の勢いで別れていて後悔していたと思います。

20代後半/流通・小売系/女性

恋人との楽しかった思い出を振り返ってみる

付き合って1か月で好きじゃないかもと思ったことがあります。

そんな時には、恋人との楽しかった思い出を振り返ってみます。そうすると彼といる時間の大切さを見直すことができ、彼の大切さが分かります。

1か月ではまだ何も思い出がないかもしれませんが、些細なことでも振り返ってみると、彼のやさしさなどを思い出すことができます。

20代前半/流通・小売系/女性

【参考記事】彼氏を好きだけど悩んだ時に読んで欲しい記事16選

まとめ記事

famicoでは、この記事以外にも【解決法】彼氏を好きだけど悩んだ時に読んで欲しい記事16選のまとめ記事も公開しています。

お悩みに役立つ体験談や対処法などが見つかるかもしれませんので、是非あわせてご覧ください!

まとめ

女性100人に聞いた交際1ヶ月目で彼氏を好きじゃないと感じた時の対処法では、1位は『少し距離を置く』、2位は『コミュニケーションを増やす』、3位は『原点に立ち返る』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による交際1ヶ月目なのに彼氏が好きじゃないかも…と感じた時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『交際1ヶ月目なのに彼女が好きじゃないかも…と感じた時の対処法編』も気になる方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女のこと好きじゃないかも…交際1ヶ月で悩んだ時の対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年03月19日~04月03日
回答者数:100人