彼氏が好きすぎる時こそ要注意!経験者100人が教える注意点

彼氏,好きすぎる

彼氏のことが好きすぎて、何をしていても彼氏の事を考えてしまう事ってありますよね。

でも、好きすぎる時こそ改めて自分の行動を見直したいもの。もしかしたら彼氏にとっては負担になっていることもあるかもしれません。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏が好きすぎる時の注意点を体験談と共にご紹介しています。

彼氏が好きすぎる時の注意点ランキング

まずは、彼氏が好きすぎる時の注意点ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏が好きすぎる時の注意点』によると、1位は『束縛しすぎない』、2位は『彼の事で頭をいっぱいにしない』、3位は『相手のプライベートも尊重する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏が好きすぎる時の注意点

女性100人に聞いた彼氏が好きすぎる時の注意点では、1位の『束縛しすぎない』が約30%、2位の『彼の事で頭をいっぱいにしない』が約22%、3位の『相手のプライベートも尊重する』が約14%となっており、1~3位で約66%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏が好きすぎる時の注意点を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】束縛しすぎない

束縛しすぎない

信じる気持ちが大切

彼氏のことが好きすぎるあまり、飲み会で隣に女の子が座るだけでやきもちを焼いてしまっていました。

私たちは同じ大学のサークルで出会い、付き合いはじめました。定期的にある大きなサークルでの飲み会では、「隣同士に座るのもな…」と敢えてバラバラに座りました。

すると、彼の隣に女の先輩が座りました。飲み会がはじまってからずっとその彼氏と先輩がどんな会話をするのか、どんな感じになるのか気になり、全然楽しく過ごすことができずにいました。

「彼の隣に女性が座っている」ということ自体が気に食わず、また、席を変えようとしない彼にも腹が立ちました。

特にボディタッチとか仲良く喋っている様子は見られませんでしたが、私はイライラしてしまい、彼がトイレに行ったタイミングで追いかけ、彼にビンタを一発食らわせてしまいました…。

彼は「え?」という感じでしたが、私の気持ちを伝えると、「ビンタはやりすぎだけど気持ちはわかったよ」と言ってくれました。

今思えば、異性の隣に座っただけでビンタはひどかったですが、それだけ誰にもとられたくない、彼が女の人の近くにいるのも嫌というくらい、彼にゾッコンだったんだなあと思いました。

20代後半/公務員・教育系/女性

問い詰めすぎは慎む

私が思う『彼氏が好きすぎる時の注意点』は、問い詰めすぎはNGだということです。

元々、男性と女性では脳の構造が違うことが分かっています。その違いで、お互いに理解できないという部分が出てくるのです。

それは日常生活の中にもあります。

例えば、私の体験談なのですが、私は彼を好き過ぎて、すぐに何でも詳しく聞いてしまう癖があります。でも彼はそれをいつも嫌がって「そんなにしつこく聞くのやめてほしい」と言われます。それが原因で大ケンカになったこともありました。

それ以降、彼と話をする時は、自分が聞きたい気持ちの半分ぐらいだけを聞くように心掛けています。

それからは彼とは大きなケンカは少なくなりました。

30代前半/専業主婦/女性

好きすぎて束縛していた

付き合い始める前から、彼が女性は勿論、男性の友達にもモテるタイプの魅力的な人だと言うことがわかっていました。

ところが、あまりにもあちこちからお誘いがかかって遊びに行くことが多いので、私が彼を束縛する事態になり、あれもダメこれもダメと彼の行動にいちいちケチをつけていました。

しかし、「それでは彼が可哀想だ」と友達に言われてはっとしました。

自由もなくては、と思い直してからは、彼が友達と遊びに行く時は私も自分の友達と遊びに行くことにしました。

30代前半/サービス系/女性

彼氏の独りになりたい時間や友達と過ごす時間を作ってあげるようにする

私にとって初めての彼氏で、男性の気持ちがいまいち分からない状況で付き合い始めました。

付き合い出して分かったのですが、私はとんでもなくヤキモチ焼きで、彼氏に女友達がいないか気になったり、彼氏が従姉妹や弟さんの彼女と話していたりするだけで、イヤな気持ちになってしまうような性格でした。

秘密にしておくのは良くないと思い、そんなことも隠さずに彼氏に話したところ、やはり『束縛』と思われたらしく、『重たい彼女』認定され、別れを切り出されてしまいました。

辛くて辛くて『別れたくない、自分自身が良くなかった』と謝り、よりを戻すことになりました。

それからは彼氏の時間を大事に考え、同窓会などで女性と会うことがあっても、グッと我慢して彼氏を信じるようにしました。その上で『どうだった?楽しかった?』と探りを入れてしまっていたのですが、彼氏からはあまり重たいとは思われなくなったようです。

やはり彼氏の気持ちも尊重して、信じてあげなくてはいけないと強く思うようになりました。

30代後半/流通・小売系/女性

お互いのことを共有する時は、相手に負担がかからない程度にする

彼が好きすぎて、彼の1週間のスケジュールなどを事細かく聞いて、何をしているのか把握していました。彼も特に嫌がらないので、今でも何をしているか聞いています。

また、彼も私のことを把握したいらしく、何をしているかよく聞いてきます。

相手に負担がかからない程度に、お互いのことを共有できるのはいいと思います。

30代前半/サービス系/女性

お互いに執着しあわない

お互いの気持ちが強すぎると、お互いが束縛しすぎているな、と感じます。

毎日のようにLINEや通話をするようになり、返事が遅くなると不安になったり、遠距離なので片方の仕事が休みのときは、何をしているのか気になったりしてしまいます。

付き合い当初はそんなこともなく、誰と絡んでても全然大丈夫だったのですが、SNSや連絡先に女性がいると嫌になったりと、束縛や嫉妬をするようになりました。

彼に集中するあまり、重たいと感じられてしまうのではないか不安になります。

遠距離なので、お互いが安心するように早く同棲をして結婚したいと思うようになりました。

20代後半/サービス系/女性

彼のすべてを知るのが当たり前と思わないこと

同棲中の彼氏のことが好きすぎるあまり、彼のすべてを知るのが当たり前と思ってました。携帯チェックをしたり、通帳の残高を見ていたり、どこに行くのか誰といるのかを逐一報告させていました。

その結果、彼は耐えられなくなり別れを告げられ、同棲も解消になりました。

彼が私のことを本当に愛してくれていたことはよくわかっていました。しかし、彼が女友達と話していたり、連絡を取っていることが許せませんでした。自分に自信がなかったからです。かわいい子なんて他にもいる、男はやっぱりかわいい子に求められたら断れないと思って、彼の行動を縛っていました。

彼にはすごく申し訳ないことをしたと思っています。別れた後は後悔ばかりでしたが、今ではその経験から相手を信じようと思い行動しています。

20代前半/専業主婦/女性

携帯チェックはほどほどに

彼氏の勤め先が女性が多い職場という事もあり、不安過ぎて当たり前のように束縛をし、携帯チェックが欠かせませんでした。

「俺にもプライベートがあっても良い、そんなに信用ないか?」と疑われて、よく喧嘩もしました。

今では長年付き合ってきた積み重ねがあるので、携帯チェックする事もありません。

好きという気持ちはとても大切ですが、周りが見えなくなってしまうと大切なものを失ってしまうかもしれないので余裕が大事だと思います。

20代後半/専業主婦/女性

【2位】彼の事で頭をいっぱいにしない

彼の事で頭をいっぱいにしない

過剰に不安にならないこと

私は彼のことが好きすぎるあまり、すぐに会いたくなってしまったり、会えない時やLINEの返事がなかなか来ない時に過剰に不安になってしまったりします。

「自分ばかりが好きなのではないか」と思ってしまうこともありました。

ですが、きちんと彼と話して、彼は普段とてもクールなだけで私と同じ気持ちなんだ、と分かりました。

その後はお互いに励まし合いつつ、「離れていても仕事は違っても一緒に頑張ってるんだ」「会いたい気持ちは同じなんだ」という気持ちでいられるようになりました!

20代前半/サービス系/女性

自分のやるべきことを見失わないこと

彼氏のことを好きすぎるあまり、仕事中も彼のことで頭がいっぱい、彼の一挙手一投足に一喜一憂している時期がありました。

いつも気持ちに余裕がなく、すぐ不安になったり寂しくなったりして、彼を束縛しそうになりました。

そこでハッと我に返り、「しっかりしなきゃ!」と自分に言い聞かせ、自分の趣味や友達・家族との時間を意識的に作ることで、彼に依存することなく、自分の時間も大切にできるようになりました。

今は半同棲生活を送っていて一緒にいる時間が長いですが、喧嘩も束縛もなく、お互いに支え合いながら過ごしています。

20代前半/サービス系/女性

周りが見えなくなってしまいがち

好き過ぎると周りが見えなくなってしまった経験が若い時にありましたが、それも私の「人生のバロメーター」になっていたと思います。

何人かお付き合いして失敗もありましたが、今は真面目な旦那様に出逢えて幸せです。

大好きな旦那様のために頑張れてエネルギーになれているのは、本当に出会うべき方に出逢えたからだと思っています。

若い時の出来事はいい経験になり、私の宝物です。

50代後半/医療・福祉系/女性

彼氏の駄目だと思うところも全部見えなくなりがち

好きすぎてたまらない時は、常に一緒に居たい気持ちになり、彼氏の駄目だと思うところも全部見えなくなり、全部プラスに変えてしまってました。

周りが見えなくなって、駄目なところは無視して、好きな気持ちでいっぱいになります。

冷静になるためには、親しい友人から冷静に客観的な意見、アドバイスをもらうようにします。厳しいことを言われないと現実に戻れないので、そういう時こそ厳しく言ってくれる友人にお願いし、全てプラスに取らないように心がけました。

駄目なところをスルーすると関係が表面上だけになり、彼氏にも良いことはないので、第三者から厳しい意見を聞いて、自分をニュートラルにすることで関係改善に繋がりました。

30代前半/サービス系/女性

情緒不安定になったり、依存しないように一旦冷静になる

好きすぎるあまり、夜中に「彼が死んだらどうしよう!」と突然悲しくなり泣き出したことがありました。

彼からしたら、私がなんの前触れもなく突然泣き出すのでとても困ったと思います。

それくらい好きなのは幸せなことですが、いちいち情緒不安定になったり、依存してしまうようでは彼の負担になってしまうなと反省し、大好きな気持ちはそのままでもしっかり自立できるようにしようと意識しました。

そうすることで、他の部分でも彼に甘え過ぎず、恋人だからといって困らせるようなことをしないようにきちんとした距離感を保てるようになりました。

20代後半/流通・小売系/女性

周りが見えなくなりがち

話題が彼氏のことばかりになって周りの人をうんざりさせたり、自分の理想を押し付けたり、行動を彼氏に合わせすぎて逆に彼氏に疎まれ、自分の意思を持てと言われたりしがちです。

視野狭窄にならないように気をつけようと努めています。

20代後半/専業主婦/女性

自分のことも大事にする

彼氏が好きすぎる時の注意点は、きっと付き合いたてや彼に対しての愛がすごく大きい時は、彼氏のことばっかりで周りが見えてない状況になっていることが多いと思うので、彼氏への気持ちも大事にしつつ自分も大事にしてあげることも大切だと思います。

30代前半/サービス系/女性

【3位】相手のプライベートも尊重する

相手のプライベートも尊重する

相手の趣味の時間を奪わない

私は彼のことが好きすぎて、彼の全ての時間を自分に使って欲しいと考えてしまっていました。趣味をしている彼に「自分のことが大切じゃなくなったの?」と怒ってしまうこともありました。

そのことが原因で喧嘩も増え、別れ話も出ることが多くなり、やっと自分が彼の全ての時間を占領しようとしていることに気づきました。

話し合いをするなかで、私も新しい趣味を見つけお互いに1人になる時間を作ることにしたら、喧嘩もあまりしなくなり、2人でいる時間をより大切にできるようになりました。

20代後半/不動産・建設系/女性

相手の気持ちや楽しみも尊重する

彼氏のことが好きすぎるあまり、束縛してしまう時期がありました。

彼の通う学校は女の子の割合が多く、友達も女の子率が高かったことで不安になってしまうことがありました。

私のことを蔑ろにしている訳ではないのに、もっと私のことも考えて欲しいと常に思ってしまい、彼氏が友達と遊ぶ時間や、1人の時間が欲しいなどの気持ちを尊重できませんでした。

その結果、「君と付き合っていると、友達との時間や自分の楽しみのための時間を一切取ることができないから距離を置こう」と言われてしまいました。

それからは、私も気持ちを改め、彼の気持ちを考えることに努めました。ただでさえ大変な学校生活の中で彼の楽しみを奪わないよう、自分の時間や友達との時間を作ってもらうように心がけました。

また、その際に私も自分磨きや趣味のための時間を取るようにし、有意義に過ごせるようにしました。

すると私の気持ちにも余裕ができ、彼との仲も前より良いものになり、彼からの愛情表現も増えました。

20代前半/医療・福祉系/女性

相手の時間も尊重すること

遠距離恋愛中の彼氏との話です。彼のことが好きすぎるあまり、メッセージのやり取りが止まらず寝不足になってしまうことがしばしばありました。距離が離れている分、繋がっていられる時はつい少しでも長くと思ってしまいます。

しかしお互い、朝に強い方ではないので仕事への影響は少なくないし、美容や健康にも良くありません。

そこで、寂しさも好きという気持ちもはっきり言葉で伝えることと、「明日早いからおやすみ」という一言を自分から切り出すことを始めました。そうすることで、曖昧な状態で彼の返信を待ってしまい、際限なく起きていることや寝落ちはなくなりました。

自分から気持ちを言葉にするのは、相手の時間を尊重することにもつながり、関係を長く続けるためにも大切だと思いました。

20代後半/金融・保険系/女性

あまりベタベタせず、一定の距離感を保つ

彼氏の事が好きすぎて、一緒に過ごす時間はずっとくっ付いていたくて、彼氏が室内で動く時は付いて回ったりしていました。

その結果、喧嘩が増え、別れ話にまで発展しました。自分の気持ちが強すぎるあまり、彼の気持ちを無視してしまったのです。

そこで、自分の気持ちばかり優先するのでは無く、彼の気持ちも考え、仲良く一緒に過ごすにはどうしたらいいか話し合いました。

それ以降、この事での喧嘩は無くなり、以前より一緒に過ごす時間が楽しくなりました!

20代後半/サービス系/女性

好きすぎてずっと顔を見てしまうと、相手の負担になることもある

彼氏の顔が自分のドタイプなので、ずっと顔を見てしまうクセがありました。

彼はあまり見られるのが好きでないので、見すぎてしまうと逃げていくようになって、なかなかじっくり見つめることができなくなりました。

でも彼の顔が大好きな気持ちはどうしようもないので、好きな表情の写真を待受にすることで解決しました。

20代後半/サービス系/女性

【4位】相手に合わせすぎない

相手に合わせすぎない

彼の言うことを何でも信じたり、自分の気持ちを後回しにしてはダメ

会社の憧れの先輩が彼だったので、尊敬と信頼も含めて大好きでした。

すべて彼の予定に合わせていた為、自分1人の時間は何もできないような毎日でした。

本当は嫌なことも言えず、何でも信じて「yes!」と言っていたら、実はずっと二股をかけられていたんです…。しかも彼はもう1人の彼女と同棲を始め、私は捨てられました。

会社を辞めて新しい人生を始めて気づいたことは、自分の気持ちと向き合って付き合わないと、「好き」という気持ちだけではダメなんだな〜ということです。

40代前半/メーカー系/女性

彼に合わせすぎないこと

学生の頃、彼のことが好き過ぎるあまり、なんでも彼に合わせてばかりのことがありました。

彼の好きなテイストのお洋服を着たり、彼が好きな色のものをなるべく選んだり、とにかく嫌われたくない一心で彼に合わせるのに必死でした。

また大学までは自分の下宿先から向かった方が圧倒的に近いのに、できるだけ彼と一緒に過ごしたくて半同棲状態となり、毎日片道1時間半かけて通学していました。

その結果、マンネリになり、浮気を何度もされる始末。いろんなことを飲み込んで2年お付き合いしましたが、最後はお互い泣いてお別れしました。

別れてからしばらくは辛くて毎日泣いていましたが、自分の中でもかなり無理をして付き合っていたのがわかっていたので、1ヶ月経つと自分を大切にしてくれない彼と別れてよかったと素直に思うようになり、その後出会った彼との付き合い方は180度変わりました。

若いうちは、誰しも自分を見失うほど好きになってしまうこともあるような気がしますが、結局は女は「愛する」より「愛される」方が幸せになれると実感しています。

30代前半/専業主婦/女性

必要以上になんでも我慢したり許したりしない

相手の事が好きすぎて、失礼な事をされても許してしまったり、我慢したりしていた時期がありました。

たとえば「約束の時間を守らない」「予定のドタキャン」などはしょっちゅうでしたが、「仕事じゃないんだし」と、つい甘い顔をしていたら、そのうち私に非がない事象で責めてくるようになりました。

私が調子に乗らせ過ぎたために、彼は「自分を不機嫌にするなんて許せない」的な態度を取るようになってしまったのです・・・。

人として言うべきことはしっかり伝えるべきだと学んだ一件でした。

40代前半/流通・小売系/女性

【5位】気持ちを押し付けすぎない

気持ちを押し付けすぎない

自分の気持ちを押し付けすぎないこと

元カレとは遠距離恋愛だったこともあり、好きすぎる気持ちが盛り上がりすぎました。

その結果、嫌気が差したのか元カレは地元に別の相手を見つけ、二股をかけられた上に振られてしまいました。

電車賃・あるいはガソリン代も大変だっただろうに、毎週のように彼を呼び出したことや、好きすぎる気持ちをメールで毎度伝えていたことで呆れられたのでしょう。

40代前半/専業主婦/女性

愛されていることを実感したくてたまらなくなりがち

私は彼氏のことが大好きすぎる時に、愛されていることを実感したいため、やきもちを焼かせたくなります。

そのため、仲のいい男友達や実際には存在しない男性の話をし、自分がモテてるアピールをあえて行います。

ただ、それを彼氏に気づかれてしまうと、「計算するめんどくさい女」だと思われてしまうので、要注意です!

20代後半/金融・保険系/女性

【6位】不満を溜め込みすぎない

不満を溜め込みすぎない

不満を自己完結させず、自分と合わないことはきちんと伝える

大好きフィルターがかかっている時期は、彼氏のどんな言動も許してしまいます。

彼氏が自分の意思や友達との遊びを当然のように優先する時も、自分の価値観が当然と思い込んでいる時にも、女性は「ん?」と思っても「今回は事情があったんだ」「まぁ仕方ないか」「結婚したら直るだろう」「子どもができたら直るだろう」と不満を不満と捉えず、自己完結して溜め込んでしまいます。

彼氏に依存せず、「1人でも全然生きていける!」と一度冷静になって彼氏の人間性を見てみましょう。

不満じゃなくても自分と合わないことはきちんと伝えましょう。

20代後半/専業主婦/女性

【7位】恋人以外を疎かにしない

恋人以外を疎かにしない

優先順位をしっかり持つ

彼氏が好きすぎる時期は、彼と話したくて一目見たくてたまらない気持ちになると思います。

しかしここで大切なのが、優先順位をしっかり持つということです。彼氏のことが好きなあまり、彼氏を優先してばかりいては、あなたの周りから友達は去っていきます。

彼氏とも友達ともうまくやっていくために、先に入れた約束は守ることや、友達を蔑ろにしないことをしっかり意識してほしいと思います。

20代後半/専業主婦/女性

【参考記事】彼氏を好きだけど悩んだ時に読んで欲しい記事16選

まとめ記事

famicoでは、この記事以外にも【解決法】彼氏を好きだけど悩んだ時に読んで欲しい記事16選のまとめ記事も公開しています。

お悩みに役立つ体験談や対処法などが見つかるかもしれませんので、是非あわせてご覧ください!

まとめ

女性100人に聞いた彼氏が好きすぎる時の注意点では、1位は『束縛しすぎない』、2位は『彼の事で頭をいっぱいにしない』、3位は『相手のプライベートも尊重する』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏が好きすぎる時の注意点を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女が好きすぎる時の注意点編』も気になる方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女が好きすぎる時こそ要注意!経験者100人が教える注意点

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年03月29日~04月13日
回答者数:100人