彼女が好きすぎる時こそ要注意!経験者100人が教える注意点

彼女,好きすぎる

彼女のことが好きすぎて、何をしていても彼女の事を考えてしまう事ってありますよね。

でも、好きすぎる時こそ改めて自分の行動を見直したいもの。もしかしたら彼女にとっては負担になっていることもあるかもしれません。

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女が好きすぎる時の注意点を体験談と共にご紹介しています。

彼女が好きすぎる時の注意点ランキング

まずは、彼女が好きすぎる時の注意点ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女が好きすぎる時の注意点』によると、1位は『束縛しすぎない』、2位は『相手のプライベートも尊重する』、3位は『恋人を偶像化しない』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女が好きすぎる時の注意点

男性100人に聞いた彼女が好きすぎる時の注意点では、1位の『束縛しすぎない』が約21%、2位の『相手のプライベートも尊重する』が約18%、3位の『恋人を偶像化しない』が約17%となっており、1~3位で約56%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女が好きすぎる時の注意点を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】束縛しすぎない

束縛しすぎない

いくら好きでもヤキモチを焼きすぎない

彼女の事が好きすぎて、ついつい不要なヤキモチを焼いてしまいます。

自分の自信の無さからなのか、漠然とした不安感からなのか、彼女に圧力をかけてしまいました。「どうしてそんなにヤキモチを焼くの?」と困った顔で聞かれた事もあり、「もうヤキモチは焼かない!」と宣言したのですが、やはりうまくいきませんでした。

しかし相手の気持ちを尊重し、自分を好きだと言ってくれている事に感謝し、何より相手を困らせないと決意すると、不要なヤキモチから可愛いヤキモチ程度には抑えられるようになったかなと思います(笑)。

30代前半/自営業/男性

相手の人間関係を縛らない

好きすぎるあまり束縛をしてしまう人もいらっしゃるでしょう。

お互いの時間・人間関係の中で特別なものだからこそ「付き合っている」ということに意味があると思います。

だからこそ自分は、相手が自分と付き合う前からの友達などと遊ぶ時も、快く送り出す事が大事だと思います。遊びに行く相手が男性であっても同じ考え方をするようにしています。

20代前半/商社系/男性

疑心暗鬼になっていないか注意する

私が若い頃、彼女が突然出掛けたりするとものすごく不安になった事があります。

彼女としてはコンビニに行ったりする程度のことだったのですが、私には疑心暗鬼な部分もあったのでいつも心配で仕方ありませんでした。

ですが、その気持ちを解消するには自分に自信を持つ事だとある本で読み、それを機に彼女を信じる事が出来る様になりました。

30代前半/流通・小売系/男性

好きすぎても、嫉妬、束縛のし過ぎには注意

彼女のことを好きすぎるあまり、一緒に居ない時も相手がどこで誰と何をしてるか気になり、四六時中彼女に質問のメール、電話をしてしまっていました。

最初の頃は「ほんまに心配性やなー。」と言われるだけでしたが、毎日毎日、繰り返しているうちに「重いし、しんどい。」と言われて振られてしまいました。

どれだけ好きで気になっていても、相手を信じ、自分の気持ちを抑える事も大事なんだと思います。

20代後半/専業主婦/男性

【2位】相手のプライベートも尊重する

相手のプライベートも尊重する

連絡が来なくてもしつこく送り続けない

彼女のことを思いすぎて、ずっと連絡をとりたくなります。

彼女が仕事で忙しくても関係なく、私を優先して欲しいと思っていた時期がありました。

しかし、返事が全く来なくなり、それでも返事を催促してた私に嫌気が差した彼女から、別れ話を切り出されました。

相手が仕事で忙しい時は、連絡をせず待っているのがいいですね。

20代後半/自営業/男性

あまりベタベタしすぎない

付き合いたての頃はお互い好きすぎて、会うたびにベタベタしていました。特に私の方が彼女にべったりでした。

付き合い始めて3、4ヶ月は何事もなく、その感じが続いていたのですが、ある日を境に彼女からの対応が冷たくなりました。何をしても素っ気ない態度を取られ、悲しい反面怒りも覚えてしまう場面も多々あり、私の気持ちも次第に離れてあまりベタベタしなくなりました。

私がベタベタするのをやめて1ヶ月ぐらいたった頃、今度は彼女が私にベタベタするようになり始めました。私は初めは訳がわかりませんでしたが、自分の気持ちが強くないにも関わらず、ベタベタされる気持ちをこの時ようやく知る事ができました。

それからは彼女とは適度な距離を保ちつつ、お互いに干渉しすぎないようにして今でも幸せです。

20代前半/医療・福祉系/男性

お互いの時間を大切にする

彼女のことがすごく好きな時があり、自分の趣味である野球の練習を疎かにしてしまっていました。

常に一緒にいる状況が続いた結果、けんかや言い合いなどが多くなり、けんかの方が増えていってしまいました。

このままではいけないと思い、お互いに違う人といる時間や違うことをしている時間を作ろうという話になりました。

一緒にいる日を決めてそれ以外は会わないという日を作ると、馴れ合いが消え、依存も消えて、一緒にいる時間を大切にするようになりました。

一緒にいることは当たり前ではないということを理解できると共に、お互いのリズムを大切にすることによって心に余裕が生まれました。

20代後半/金融・保険系/男性

連絡を取りすぎない、自分の時間を大切にする

好きだからこそ、彼女と一緒にいたい、連絡を取り合っていたいと思っていました。

また、相手が告白をしてきたので、当然彼女の時間は自分に使ってくれるものだと思い上がって、連絡を取りすぎたり会いたいとばかり言っていたことが、相手にとって負担になってしまい、別れると言う結果になってしまいました。

好きだからこそ相手のペースに合わせて行動し、お互い自分の時間を持つことが大切だと思います。

20代後半/不動産・建設系/男性

【3位】恋人を偶像化しない

恋人を偶像化しない

自分の理想像を作って勝手に期待しすぎない

彼女が好きすぎるあまり、なんでもわがままを聞いてしまい、結果的に無理して自分の予定を潰したことがありました。

また会えない時間が多く、その間、期待や妄想などが強くなってしまい、会った時に不満など言えませんでした。

でも「君はこういう人だろう」など理想を押しつけてしまい、結果的に心の距離が離れてしまいました。

やはり自分の理想像を作って勝手に期待しするのは良くありません。ダメなものにははっきりダメと言うことも必要だと思います。

30代前半/自営業/男性

現実の相手をよく見ていないことがある

好きな人の事ばかり考えて、何も手につかないフワフワしてる時、要注意です。

恋愛している自分に酔っていて、現実の相手をよく見ていなかったりします。

後で後悔しないようにたくさん会話して、一緒に色々経験して、価値観が似てるとわかればお互い楽だし、楽しく良い付き合いが続いていくのだろうと思います。

ちなみに私は会話が足りない話下手タイプです(笑)。

40代後半/サービス系/男性

欠点に気づいた瞬間、どんどん熱が冷める可能性が高い

彼女を好きすぎる時は自分だけが舞い上がっている可能性もあります。

あまりに好きで良い点しか目に入らないと、時間が経って冷静になった時にハッと欠点に気づくので、そうなるとどんどん熱が冷めていきます。

結果、短期間でお付き合いが終わってしまうこともあるので、要注意です。

30代前半/医療・福祉系/男性

【4位】恋人以外を疎かにしない

恋人以外を疎かにしない

自分の時間を疎かにしない

一個下の後輩である彼女のことが好きすぎて、受験生であるにも関わらず毎日電話をし、第1志望に落ちました・・・。

今思えば、その時間に寝てれば次の日の授業も集中出来ていたかなと思っています。

今年は彼女が受験なので、邪魔しないように適度に電話をしようと決めました!

20代前半/大学生/男性

依存しすぎないように注意する

片思いしていた人と付き合えるようになった時、あまりにも嬉しくて舞い上がってしまい、彼女への好きが日に日に増してました。

行き過ぎると依存になってしまい、彼女に重いと思われてしまうのではと思い、客観的に自分を見つめて少し冷静に距離を取るように工夫をしたりしました。

20代後半/流通・小売系/男性

【5位】相手に合わせすぎない

相手に合わせすぎない

嫌われたくなくて注意ができない

同姓中の彼女がお皿を洗うのが苦手なのか、泡がたくさん残っていたりしても、脱いだ服をそのままにしていても、嫌われたくなくて注意できませんでした。

ですが、彼女は頭がいいので、私が「お皿洗い代わるよ」と言えば、意味を察してくれました。

お互いのために遠回しにでも意志疎通することは大切だと感じました。

30代前半/自営業/男性

好き過ぎるがゆえに言うことを聞きすぎる

彼女のことがずっと好きで、何度も告白して付き合ってもらえることになりました。

やはり好きになりすぎた側の立場は弱いです。彼女のわがままなど、けっこう困った事になるし、尻に敷かれてしまいます。

あまり言うことを聞きすぎないように気を付けたいところですが、そんな彼女のことが今でも大切です。

30代前半/自営業/男性

【6位】愛情表現は小出しにする

愛情表現は小出しにする

適度な距離感を保つこと

好きすぎること自体には問題がないと思います。

しかしそれを彼女に伝えすぎると、相手を調子付かせてしまったり、逆に好きなのを隠そうとすると「嫌いになられた」と思わせたりする可能性があると思うので、適度な距離感が大切だと思います。

20代前半/専業主婦/男性

【7位】感謝の気持ちを忘れない

感謝の気持ちを忘れない

感謝の言葉と気持ちは忘れずに伝える

彼女が好き過ぎて同棲する事を決意し、親御さんに挨拶に行きました。

最初はとても緊張しましたが、私の気持ちが伝わったようで、最後にはお義父さんから「よろしくお願いします」の一言を貰えました。

その後は結婚をし、子供も3人生まれて、家族賑やかに暮らしております。

しかし安穏に慣れてしまうことなく、大好きな妻には常に感謝の言葉と気持ちは忘れずに伝えるようにしています。

30代後半/メーカー系/男性

【参考記事】彼女を好きだけど悩んだ時に読んで欲しい記事16選

まとめ記事

famicoでは、この記事以外にも【解決法】彼女を好きだけど悩んだ時に読んで欲しい記事16選のまとめ記事も公開しています。

お悩みに役立つ体験談や対処法などが見つかるかもしれませんので、是非あわせてご覧ください!

まとめ

男性100人に聞いた彼女が好きすぎる時の注意点では、1位は『束縛しすぎない』、2位は『相手のプライベートも尊重する』、3位は『恋人を偶像化しない』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ男性100人による彼女が好きすぎる時の注意点を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼氏が好きすぎる時の注意点編』も気になる方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏が好きすぎる時こそ要注意!経験者100人が教える注意点

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年03月29日~04月13日
回答者数:100人

みんなのコメント

まだコメントがありません。
是非、あなたの意見や体験談などを教えてください!


コメントはfamico編集部の承認後に表示されます。常識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や誰かが傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。