彼女が好きすぎる彼氏の対処法は?女性100人が実践した方法

彼女,好きすぎる,彼氏

彼女のことが好きすぎる彼氏っていますよね。周りから見ていても「本当に大好きなんだな~」と分かってしまう事も。

一見幸せそうなことにも感じますが、実際に自分が彼女の立場だと困ったりするもの。だからこそ、彼女が好きすぎる彼氏に対処する方法が知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼女が好きすぎる彼氏への対処法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

彼氏が自分の事を好きすぎる時の対処法ランキング

まずは、彼氏が自分の事を好きすぎる時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏が自分の事を好きすぎる時の対処法』によると、1位は『思っていることを伝える』、2位は『適度な距離感を保つ』、3位は『別な物へ目を向けさせる』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏が自分の事を好きすぎる時の対処法

女性100人に聞いた彼氏が自分の事を好きすぎる時の対処法では、1位の『思っていることを伝える』が約30%、2位の『適度な距離感を保つ』が約24%、3位の『別な物へ目を向けさせる』が約10%となっており、1~3位で約64%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏が自分の事を好きすぎる時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】思っていることを伝える

思っていることを伝える

飲み会等に参加する時にしつこく聞かれるのではっきり嫌だと言った

嫉妬心が強くて私の行動を逐一チェックしたがる彼です。

会わない時の予定をいつも聞かれ、飲み会や集まりがあるとどういう人が参加するのか、男性はどのくらいいるのか等をしつこく聞いていました。

最初は私も愛されてる感じがして満更でもなかったのですが、あまりのしつこさに段々うんざりしてきました。

私の彼への愛情を疑われているように思えて、「私のこと信じてくれてないの?そんなにしつこく聞かれたら傷つくよ」ときっぱり言いました。

そうしたら彼も反省してくれて、前のようにいちいち束縛してくることがなくなりました。

20代後半/IT・通信系/女性

あなたのことを本当に大切に思っているということを丁寧に伝える

私の元カレは、自分に時間があるときは常につながっていたいというタイプの方でした。

自分は暇なのに、彼女が遊びに行っていて連絡が取れなくなると不機嫌になったり、彼へのメールの返事より、SNSの更新を先にすると怒ったり、という状況でした。

好きだからこそ、常に1番に対応してほしいという気持ちのようでしたが、そういうわけにもいかないので「彼を好きな気持ちをしっかり言葉で表す、連絡がとれないときは先に伝えて安心してもらう」など工夫をしていました。

20代後半/サービス系/女性

束縛が激しいので「あまりしつこいなら別れるよ」と言った

付き合った当初は自分のほうが好きだったのですが、いつの間にか逆転して、彼がめちゃくちゃ束縛してくるようになりました。

女友達にもヤキモチをやいて飲み会までついてくる状態で、すぐ返信しないと拗ねたLINEがずーっと届きます。

あまりにも鬱陶しいので、「私の事を信じてないからそうなるんだ、しつこいなら別れる」と言ったら、少しマシになりした(笑)

30代後半/金融・保険系/女性

困っていることを正直に伝えた

彼はサプライズが好きで、私を喜ばせようと連絡もなく急に家に来たり、会社の前で待っていたりすることが度々ありました。

時間をかけて会いに来てくれるのは嬉しいと思うのですが、正直仕事で疲れていて休みたいときは自分のプライベートの時間を奪われるような感覚になってきていました。

言わないとこれが続くのは苦になると思い、正直に自分の気持ちを伝えました。彼は私にそんな思いはさせたくないと言ってくれ、それからは会えるかどうかちゃんと確認してくれるようになりました。

20代前半/金融・保険系/女性

外でベタベタするのは好きじゃないとハッキリ伝えた

一つ年上の彼氏でしたが、彼の猛アプローチでお付き合いすることになりました。

私のことをとても大切にしてくれて、大好きでいてくれることはすごく伝わって嬉しいのだけれど、 30代にもなって所構わずくっつかれるのが嫌になってきました。

我慢していた時もありますが、やっぱり耐えられなくなったので、「部屋で2人きりの時は良いけれど、外でベタベタするのが嫌!」とはっきり伝えました。

その日から、案外素直に直してくれるようになりました。

30代前半/医療・福祉系/女性

彼が好きと伝えてくれた時には「ありがとう、私もだよ」と伝える

私は彼と遠距離です。会えない期間に、彼の好きという気持ちが溢れているのがわかりました。

それ自体はとてもありがたい事なのですが、やがて「仕事を休んで会いにきてほしい」とまで言うようになり、こちらのことも考えてほしいと喧嘩をしていました。

ですが、彼が私を好きでいてくれる事は当たり前のことではないと思い、彼が私に会いたがっている時や、好きと伝えてくれた時には素直に「ありがとう私もだよ」と伝えるようになったら、彼も変わってくれて、前よりもさらに仲が良くなりました!

20代前半/医療・福祉系/女性

自分の心境や状況を説明した後、「大好きだよ」とフォローを入れる

現在 同棲中の彼は収集癖があり、住んでいる部屋がコレクションであふれてしまっています。

最近、部屋の掃除をしたのですが、かなり時間が掛かる上、今は使用していない物がたくさん出て来ました。

収納も雑だった為、私が唖然としていると「呆れさせてごめんね、嫌いにならないで。もしどうしても嫌なら、全部捨ててもいいから…。」と、とても不安そうな顔で覗き込んできました。

それほど私を好きなのだとわかったので、「嫌いにならないよ。コレクションを集めちゃうのは仕方ないけど、収納はちゃんと出来るようにしようね。大好きだよ。」と付け加えてハグしました(笑)

30代前半/メーカー系/女性

自分だけの時間が欲しいと説明し理解を求める

私の彼は頻繁に連絡したいし会いたいタイプです。一緒にいる時もニコニコ目を合わせて笑ってくれて、周りから見ても私のことが好きなのがわかる状態でした。

付き合い始めは良かったのですが、だんだんと私も自分だけの時間が欲しくなりました。

このままだと続かないと思い、状況を説明して理解してもらい、今は適度な距離感でお付き合いしています。

20代後半/医療・福祉系/女性

我慢はせず気持ちを伝えあうことが重要

彼は他の人がいると少し距離をとるのですが、2人の時はスキンシップが多く、しょっちゅう私を触ったり、くすぐって笑わせてきたりします。

以前は遠慮して言えなかったですが、やめてほしいときもあるので、徐々に言えるようにしていく努力を始めました。

また、私が忙しくて一緒に過ごす時間が少なくなると、「趣味の時間を減らしてほしい」とか、「アウトレットに買い物に行きたい」とか、他の人への嫉妬なのかなと思うような反応も出てきます。

そういう時は、自分のスケジュールを見直して、彼ともできるだけ一緒に居られる時間を作るようにしています。

どれくらいの距離感がいいのか、一緒に暮らすことで分かってきた部分もあります。ずっと一緒というよりは、1人で過ごす時間も欲しいという思いはお互いにあるので、我慢はせず気持ちを伝えあうことが重要だなと思います。

20代後半/公務員・教育系/女性

【2位】適度な距離感を保つ

適度な距離感を保つ

いつでもどこでも電話してくるので、携帯の留守電の利用を停止した

彼の方が私よりも仕事が忙しく時間がなさそうでしたが、まめに連絡をくれるタイプで、時間ができたらすぐ電話してきました。

最初はそれが嬉しかったのですが、電話に出れないと留守電に何度も入れてくるようになり、留守電の履歴件数を見るのも嫌になってきました。

そこで、思い切って留守番の利用を停止しました。彼にも停止するのを連絡した上で、着信履歴があったらこちらから連絡するようにしました。

しばらくは着信履歴が留守電履歴と変わらないなぁと思っていましたが、少しずつ適度な連絡になりました。

50代後半/IT・通信系/女性

心配することは何も無いということをわかってもらう

彼はとにかく嫉妬心や束縛が強く、私の仕事中にも不必要な電話をかけてきたりするほどでした。

嫉妬すると訳がわからなくなって自分の体を傷付けたり、私の女友達との連絡も制限するようになったばかりか、ストーカーまがいの行動を取るようになってしまったので何度も話し合いをしました。

出かける時には行き先や時間を伝え、長くなりそうな時は出先から電話をしたり、彼氏を呼んでもいい時には呼んだりもしました。

とにかく心配することは何も無いということをわかってもらうように心がけていました。

50代前半/流通・小売系/女性

毎日電話していたのをやめた

付き合ってから3年目になる彼氏がいます。

最初の頃はお互いに好きで好きでたまらず、実家暮らしなのに日付を越えても一緒にいたり、会えない日にはずっと電話したりしていました。

流石に電話で長々と話すのは疲れてきてしまったので、ラインでお互いの名前の呼び方のスタンプを購入し、それを送りあっています。笑

20代前半/医療・福祉系/女性

会う頻度を減らすようにする

私の彼は仕事が忙しいのに、仕事中でも連絡してくる人ですが、私は仕事が忙しくなると返信が面倒くさくなってしまうタイプです。

連絡を頻繁に取りたい彼に合わせて、疲れていても「お疲れ様」くらいはラインするようにしています。

ただ、休みの日は敢えて会う頻度が多くならないようにして、自分のペースを大事にしています。

30代前半/公務員・教育系/女性

少し距離を置いた態度を取る

高校時代の恋人と毎朝同じ電車に乗って通学していました。

しかし、私は朝起きるのが面倒になり、いつもの電車に乗らないようになりました。

すると、相手から「電車に乗ってくれなくて寂しい」という旨の手紙を渡され、少し引いたので、「いや、だって朝起きれないから」と言ったりして冷めた対応を取り、それによって距離ができました。

結局向こうも冷めてしまったので、今では自然消滅ですが。

20代前半/大学生/女性

職場とプライベートでメリハリをつけよう

あまり人から好かれることがなかった私ですが、彼とは仕事で意気投合したことをきっかけに仲良くなりました。

しかし彼は、職場で私が別の男性と話をしているとジッと睨んでくるタイプ。嫉妬するほど私を好きな気持ちは伝わりますが、ずーっと監視されているような気がして、正直たまりませんでした。

付き合っていることを会社には知られたくなかったので、「会社では分け隔てなくしゃべる」「2人でいるときはべたべたする」というメリハリをつけることにしました。

すると彼もわかってくれたのか、メリハリをつけて仲良くすることができました。

20代後半/IT・通信系/女性

少し距離を置きたいと伝える

出会って2回目のデートで告白され、真っ直ぐな性格に安心感が持てたのでお付き合いすることになりましたが、付き合ってからその真っ直ぐさが負担に感じるようになりました。

まだ2回しか会っていないのに、「○○ちゃんが好き!」「○○ちゃんと結婚を考えてる!」とストレートに伝えてくる彼に、私のどこがいいんだろう、私の何を知ってるんだろう、と困惑し始め、光栄に思いつつも、重荷に感じるようになってしまいました。

少しでも彼の気持ちに応えるために毎日メールはしていたものの、彼の返信の速さや文字数の多さに狂気じみたものを感じてしまい、かなりの温度差を感じました。

また、彼は私の家を知っていたので、傷つけたらストーカー化するのではないかと心配になり、直接話し合うことは避けてしまいました。

結局共通の知人に協力してもらって、二度と会うことなくお別れしましたが、今にして思えば、もっと言葉を使って「大丈夫だよ」「不安にならないでね」と伝えてあげていれば、彼が不安になって詰め寄ってくることもなかったのではと思っています。

恋人との激しすぎる温度差は致命的だと思いました。

20代後半/専業主婦/女性