彼氏と温度差を感じる…同じ経験を持つ女性100人の対処法

彼氏,温度差

彼氏と温度差を感じるとつらいですよね。一緒に居ても疲れてしまったり、寂しいと感じることも。あまりに温度差が広がってしまうと別れることも考えてしまいますよね。

温度差があるという理由だけで別れる決断は下したくないからこそ、たとえ今は彼氏との間に温度差があったとしても上手に対処したいと考えている女性も多いのではないでしょうか。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏と温度差を感じる時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

彼氏と温度差を感じる時の対処法ランキング

まずは、彼氏と温度差を感じる時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏と温度差を感じる時の対処法』によると、1位は『一度距離を置いて自分の時間を持つようにした』、2位は『正直に気持ちを話した』、3位は『相手に合わせるようにした』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏と温度差を感じる時の対処法

女性100人に聞いた彼氏と温度差を感じる時の対処法では、1位の『一度距離を置いて自分の時間を持つようにした』が約26%、2位の『正直に気持ちを話した』が約19%、3位の『相手に合わせるようにした』が約15%となっており、1~3位で約60%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏と温度差を感じる時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】一度距離を置いて自分の時間を持つようにした

一度距離を置いて自分の時間を持つようにした

距離をとって自分の時間を楽しむことで彼氏中心の生活から脱却した

初めは一生懸命時間を作ってくれていた彼氏も、仕事や趣味に忙しい日々を送るうちに私が合わせることが多くなり、少しずつストレスを感じるようになっていました。

彼にとって私の優先順位が低くなったと温度差を感じたタイミングで、10日間距離を置きたいと伝え、連絡を断ち、自分の時間を大切にしました。

結果、彼は再燃し、私は彼氏に依存することなく心のゆとりを取り戻し、理想のバランスを取り戻しました。

30代後半/サービス系/女性

自分の時間を増やして彼に依存しすぎないよう気をつけている

付き合い始めて1ヶ月目で、連絡の頻度やLINEのレスポンスの違いにずれを感じました。

予定を聞くのはいつも私からになり、連絡をもっととりたいと思うのも私だけです。

しつこくしたくはないですし、縛りたくもないので、なるべく自分自身が他へ気持ちが向くように予定を入れたり、違う考え方に理解を深めたりしています。

男女の違いもあると思いますが、彼がそういう人なのだと思います。あまり依存しすぎないように付き合えるのが理想ですね。

30代前半/サービス系/女性

会う回数を減らして新鮮さを演出した!

彼とは付き合って二年です。ラブラブな関係は終わり、今では長年連れ添った夫婦のように落ち着いてしまいました。

彼をデートに誘っても、新鮮さがないのか気のない返事が多いです。

なので、彼に付き合い始めの気持ちを思い出してもらおうと、家デートは拒否して、お泊りも回数を減らすようにしました。

最初はなんでそんなことをするのかわからなかったようだけど、日数を空けて久しぶりに会うと、照れくさそうに笑うようになり、昔の気持ちを思い出したみたいです。

マンネリには会う回数を減らすのも大事なんだと思います!

30代前半/自営業/女性

お互いにひとりの時間を大切にした!

同棲して1年ほど経つと、休みや生活スタイル、仕事への送迎などを彼に合わせすぎて、彼にも同じようにして欲しいと求めすぎていました。

彼と自分との温度差を感じてからは、休みがかぶらなくても、やりたい仕事に就職し、ひとりの時間を大切に過ごしました。

すると彼も応援してくれて、会話も増え、お互いを思いやる事ができりようになり、幸せに感じる事が出来ました。

自分自身を大切にする事で彼も大切にできます。そういう当たり前の事に同棲してから気づくことができました。

初心にかえることで、また新たな気持ちでスタートできます!

20代前半/サービス系/女性

自分の時間を大切にできるように趣味を見つける

付き合いたては、会うたびに楽しいし、話も盛り上がり、家に帰ってもメッセージを送り合って、常にコミュニケーションをとっていました。

しかし、一緒に住むようになってからは、会話も少なくなり、デートにもほとんど行かなくなりました。

彼は仕事から帰ってくると、ずっと携帯でゲームをしたり、ネットサーフィンをしています。

私が話しかけると、携帯をいじりながらも話は聞いてくれるのですが、上の空な感じがとても悲しいです。

そのことで何度か喧嘩になりました。彼の言い分としては、彼が私に話しかけるとき、私も携帯をいじっていることがあるからお互い様と言うのです。

私が彼に話しかけすぎている部分もあったのかもしれないと考えて、私もゲームアプリをダウンロードしたり、手芸を始めてみました。

自分の時間を一人で過ごせるようになると、彼との距離感や関係も良くなり、温度差も感じなくなりました。

今はお互いがそれぞれ何か別のことをしていても、寂しいとは感じません。

ただ一緒の空間にいるというだけで、幸せだなと感じられるようになりました。

おそらく私は、自分の時間をうまく使えず持て余していて、彼に頼っていた部分が大きかったのだと思いました。

30代前半/専業主婦/女性

お互い自分の時間を大切にすることで高め合うことが出来た

付き合い始めて2か月ぐらいに、読書や勉強にもっと集中したくなり、自分の時間が欲しいと思い始めました。

というのも、毎日彼が仕事終わりに電話をかけてくれて、寝るまでずっと繋げたままなんです。

特に「喋らなきゃ!」とプレッシャーに思うことはなかったのですが、やはり勉強する際にはなかなか集中できませんでした。

でも付き合ったばかりだから「電話は辞めよう!」ともなかなか言いづらかったのです。

しかし、彼も読書をするのが好きだったので、「夜11時からはお互いを高め合う時間にしよう!」と提案してみました。

すると彼も納得してくれて、彼の読書量も増えて、そのおかげで話題も増えました。

しかも「俺、毎日コツコツ何かを続けることが苦手だったけど、同じ時間に彼女が頑張ってるのを想像したら出来るようになった」といい方向に変わってくれました。

お互いの時間は必要だけど、だからといって距離を置くのではなく、お互いを高められるような提案も一つの手だと思います。

20代前半/サービス系/女性

デートの頻度が多いと一緒にいたい気持ちが薄れてしまうので適度な距離を保つ

もともと私は、同じ友達とずっと一緒にいられるタイプではないのですが、これは彼氏に対しても同じでした。

毎日電話したり、ラインしすぎたり、デートの頻度が多すぎてしまうと、一緒にいたいと思う気持ちが薄くなっていくので、そうならないように気を付けています。

また、「今私はこう思っている」と彼氏に伝えることで、お互い分かり合えるようにもなったので、長く一緒にいるためにも性格の把握は大事だと思います。

20代前半/大学生/女性

連絡回数を減らして一度距離を置いた

付き合い始めた頃、彼とは飲みに行く機会も多く、デートはだいたい居酒屋やBARでした。

夜ごはんを一緒に食べるデートで、毎日または週5日くらい一緒にいました。

最初はいろいろなお店に行くことが楽しかったし、一緒にいるだけで良かったのですが、2ヶ月くらい経った頃、金銭的に厳しくなり、毎日会っていたせいで正直マンネリ化していました。

特にこちらからはっきりとは言っていませんでしたが、「最近仕事が忙しくなって」などと理由をつけて、会う回数を減らしていきました。

減らしていくうちに、本当に仕事が繁忙期に入って忙しくなり、毎日会っていたのがウソのように全然会えなくなってしまいました。

連絡はしていたものの、彼の連絡もあまり来なくなってしまい、「これはまずいかも・・」と別れを少し感じましたが、すぐには対応できないほど仕事に追われていました。

そして、一段落ついた頃に久しぶりにデートしました。

彼は「もう私は気持ちがないのかも」と心配していたようで、久しぶりに会えたことを本当に喜んでくれていました。

毎日会っていると雑になったり、温度差を感じたこともありましたが、時間を少し置くことで、彼の存在を改めて大事に感じることができました。

一度距離を置くとわかることもありますね。ひとりひとりの時間を大切にすることも必要だと経験しました。

20代後半/流通・小売系/女性

一人になる時間を使って彼と一緒にいられる大切さを感じた。

一緒にいる時間が長くなると、マンネリ化になって、彼と一緒にいる意味が分からなくなりました。

むしろ一緒にいていいのか迷っている自分に気づいて、一人でいる時間を作るようにしました。

それまでは一人の時間がなかなかなかったため、今まで自分ができなった勉強やあまり会えない友人に会ったりしていました。

彼と会わなくなってからは、彼の存在が大きく感じるようになりました。

一緒にいて当たり前ではなく、一緒にいてもらっているのがありがたく感じるようになりました。

30代前半/医療・福祉系/女性

【2位】正直に気持ちを話した

正直に気持ちを話した

嫌なことは正直に気持ちを伝えることで信頼関係を築く

毎晩寝る前に彼と電話するのが日課となっています。

彼は、「私の声を聞いて話をすることで、寝る前に考え事がなくなり安眠できる」とよく言ってくれます。

嬉しい反面、私としては仕事で疲れ切っていたり体調が悪い時に、きちんと彼の話を聞いてあげられないのが嫌で、正直断りたい日がありました。

なかなか言い出せない自分にも嫌気が差していて、これは良くないなと思って、勇気を出して彼に伝えました。

すると、「嫌なことは嫌と言い合える関係になっていこうね」と、前向きな優しい言葉が返ってきて、より一層信頼が深まりました!

20代前半/サービス系/女性

言わずに我慢するのではなく正直に本音を話した

私はあんまり会わなくても大丈夫なタイプですが、彼は毎日会いたいタイプです。

付き合い出した頃は彼の気持ちを優先して、自分の趣味を犠牲にしてまで会っていました。

しかし、数ヶ月が経ち、自分の生活リズムが変わってしまったことに、自分自身が苛立ち、ついに本音を彼に伝えました。

すると、分かったと言って私のことを理解してくれました。

その時、言わずに我慢していたことが逆効果になっていたのだと気づき、信頼し合っているから付き合っているのに、何で私はこんな些細なことも相談することができなかったのだろうかと思いました。

20代前半/サービス系/女性

素直な気持ちは伝えるがしつこくしないようにする

毎回デートして解散しようとする時に、どうしても寂しくなってしまい、彼を引き留めようとしたくなります。

そういった気持ちを黙っていると、結局不満が溜まって、やつ当たりしてしまうこともあるので、「寂しいからね!」とハッキリ、率直に、自分のことをキチンと表現するようにしています。

短い時間で鬱憤を伝えた後は「またね!」と言って、私の方からスッキリ別れるようにしています。

彼もモゴモゴされるよりはハッキリ言ってくれる方がいいみたいなので、良かったです。

20代後半/大学生/女性

正直に自分の時間が欲しいと伝えたら改善してくれた

付き合い始めて半年経つ彼氏と同棲を始めた際に、自分の時間が欲しいと思った時期がありました。

彼は付き合いたてと同じ態度でした。温度差を感じていたので、正直に私の気持ちを伝えて、自分の時間が欲しいと伝えました。

すると、納得してもらえたので、今は適切な距離を保って付き合っています。

20代後半/サービス系/女性

自分の気持ちを素直に話すようにした

付き合い始めの頃、彼のことは好きだったのですが、人として好きなのか恋愛として好きなのか、わからない時期がありました。

自分が恋愛として好きじゃないことが彼にばれてはいけないと思っていたら、「何を考えているのかわからない」と言われてしまいました。

それからは自分の気持ちをなるべく素直に言うようにしたら、私の気持ちも楽になって、何でも話せる彼のことがとても大切になりました。

20代前半/大学生/女性

自分の気持ちを正直に伝えて納得してもらう

私は彼氏第一というよりも、友人との時間も同じくらい大切にしたいと思っています。

しかし、彼氏は常に一緒にいたいと感じるタイプで、友人との約束が先だったのでそちらを優先すると、不機嫌になることが多いです。

なので、予定は早めに報告することと、友人も大切であるということをしっかりと説明することで、納得してもらいました。

20代後半/医療・福祉系/女性

【3位】相手に合わせるようにした

相手に合わせるようにした

二人の時は彼に合わせるようにして自分のやりたいことは一人で行った

マンネリ感が出始めると、やはりお互いのテンションを合わせるのに疲れてきた時期がありました。

付き合い始めは、特に興味はなくても彼の趣味に合わせてあげたり、興味があるみたいに演じてみたりしていました。

それはおそらく彼も同じで、付き合ってしばらく経つと、目に見えてめんどくさそうなのがビシビシ感じられることも多くなりました。

それは自分も同じだなと思ったので、一人の方が良さそうなことは彼を誘うのはやめるようにしました。

彼と会っている時間は、自分の趣味や買い物には付き合わせずに、彼のしたいことに付き合うようにしました。

彼が楽しそうだと自分も楽しくなるし、そうすると自然にお互いのことを思いやれるようになって、楽しい時間が過ごせました。

40代前半/サービス系/女性

彼の趣味であるゲームやスポーツ観戦を一緒にやってみる

交際し始めて1年、今まで喧嘩もしなかった私達ですが、さすがに彼が少し飽きているように感じました。

以前までは週一で会っていましたが、私のために時間を割くことが少なくなっているように感じました。

そこで私の方から「野球観戦に行こう!」と誘ってみると、「あれ?興味あったっけ!?」と少し驚いておりましたが、なんだかんだ嬉しそうでした。

いつも居酒屋でマンネリ化していた飲みも、明治神宮でのビールは新鮮で、違ったデートをする事ができ、また会える頻度が戻ったように感じます!

いつも同じ繰り返しではなく、たまには違ったデートをすると、同じパターンのデートも新鮮なデートも両方楽しめる気がします!

20代前半/サービス系/女性

彼氏からの一言で愛情表現の仕方を変えた!

愛情表現が苦手で奥手な彼氏と、積極的に愛情表現をする私で、温度差を感じることがありました。

最初は私ばかり情熱的で、寂しい思いもしましたが、彼氏からの「もう大人でしょ」という言葉に、落ち着いた愛情表現をしようと心を切り替えました。

愛情は言葉ではなく、行動で表現することにしたのです。それからは、同じ温度で付き合えていると思います。

20代後半/公務員・教育系/女性

彼氏と遊ぶ時は彼氏のことを第一に考えて思いっ切り楽しむ

彼氏とは家が近かったということもあり、ほぼ毎日学校が終わった後に会っていました。

最初は毎日会えることが嬉しくて、学校が終わると急いで帰宅していました。

ですが、だんだんと友達との時間も大事になってきたので、放課後に友達とごはんを食べに行ったり、一緒に勉強したりという時間も増えました。

もちろん彼氏のことは大事でしたが、友達との時間も大事にしたいと思うようになってしまったのです。

そして、以前に比べて彼氏と過ごす時間も減ったことにより、彼氏への気持ちも落ち着いてきてしまいました。

このままではいけないと思い、彼氏と遊ぶときは彼氏のことを第一に考え、おもいっきり楽しむように心がけました。

結果、彼氏のことは更に大好きになり、変な温度差を感じることはなくなりました。

たまには距離を置き、相手のことをよく考え、行動することが大事だと学びました。

20代後半/専業主婦/女性

彼をよく観察して性格や思考パターンを理解するように努めた

私の彼はおしゃべりが好きな人です。

付き合い始めは特に、私よりも彼がしゃべることが多く、私はほとんど聞き役になっていました。

もともと聞き役タイプの人間だったため、一緒にいて楽だなと思っていました。

しかし付き合いが長くなると、そこまで話すこともなくなってくるのか、沈黙の時間が増えたり、私が話しかけても上の空なことが増えました。

私は「どうして無視するんだろう」とか「つまらないのかな?でもそれを思いっきり態度に表すような人ではなかったはず」などといろいろ考えこんでしまいました。

しかし、彼の行動を観察してみると、私の話を無視しているのではなく、携帯ゲームをしている途中だったり、何か考え事をしている時だったりすると、私の声が聞こえていなくて、届いていない状況だったということが分かりました。

彼にそのことを聞いてみても、私が話しかけたことにすら気付いていないようでした。

彼は悪意があって返事をしないわけではない、ということに気付けた私は、以後同じような反応があっても、イライラしたり不安になったりすることがなくなりました。

「温度差があるな?何かおかしいな?」と感じた時には、彼をよく観察し、何を考えているのかを理解することも、関係性を良くすることに繋がると感じています。

20代後半/不動産・建設系/女性

【4位】自分から積極的に行動するのをやめた

自分から積極的に行動するのをやめた

彼が会いたくなるまで距離を置いて自分の時間を楽しんだ

少し関係が進んでくると、相手が仕事で忙しいと言うようになり、少し距離を置くことになりました。

私はいつも暇だったのですぐに会いたがっていましたが、それが良くなかったのかなと思い、勉強をしてみたり、自分の時間を過ごすようにして、相手が会おうと言ってくれるのを待つようにしました。

しばらくお互いの時間を過ごすようにしていると、半月後ぐらいにまた会うことになり、楽しい時間を過ごせました。

いつも会おう会おうばかり言われていたのは、彼にとってストレスだったようです。

私も新しい趣味を見つけることが出来たし、話の幅も広がって、距離を取ったことはお互いにとって良かったみたいです。

20代後半/サービス系/女性

あえて冷たい対応をして彼の熱を上げさせる

本音は束縛したいし、相手が何をしているかいつも気になるのですが、あえて「私は忙しいから」という態度をとるようにしています。

前の彼女の事もすごく気になりますが、「私は平気」という態度をとっています。

明らかに前の彼女と同棲していただろうという部屋に連れていかれて、「友達と住んでたんだ」と言われたときも、突っ込むのを我慢しました。塩対応をすることで、彼の熱を上げるように心がけました。

40代前半/専業主婦/女性

待ってみることで彼から行動してもらうようにした

彼は連絡はマメなのですが、自分から誘ったり提案したりをしない人でした。

私は割とせっかちなので、どんどん自分から提案して決めてしまうことが多く、その事で自分ばかり彼のために行動することが多いと感じてしまっていました。

しかし、せっかちにどんどん提案してしまうのではなく、少し彼からのアクションを待ってみることで、彼の方からデートの提案と場所の候補を挙げてもらうことに成功しました!

20代前半/商社系/女性

【5位】考え方が違うのは仕方ないと前向きに捉えた

考え方が違うのは仕方ないと前向きに捉えた

もともとの生活リズムが違うのは仕方ないので割り切る

同棲し始めて、お互い仕事が終わる時間が遅く、平日は2人でゆっくり話をする時間がありませんでした。

私の方が早く帰った時は、ご飯を作って彼の帰りを待ってから一緒に食べます。

しかし、彼の方が早く帰った時は彼は自分でご飯を済まし、先に寝る準備をします。

この差に温度差を感じています。でも、もともと違う生活リズムだった2人が一緒に暮らすので、「しょうがないか!」と気にしないことにしました。

30代前半/金融・保険系/女性

価値観の違いを嘆くのではなく前向きに捉える

映画を観たときのことでした。

私的には感動で涙を流すほどの作品でしたが、彼はつまらなかったようでした。

その他、ドラマや本、食べ物まで、私とは価値観が合いませんでした。なんでこんなにも違うのかと悩みました。

彼にそのことを告げると、彼はあっさり「違うから面白いよ」と言ったのです。

『違うことが面白いと言ってくれる彼』のことを、私も面白いと思えるようになりました。

30代前半/サービス系/女性

【6位】お互いに今の気持ちを話し合った

お互いに今の気持ちを話し合った

お互いに温度差を感じることがあったらとにかく話し合う

私も彼もテンションの上がり下がりの幅が大きいので、その日によって温度差を感じることが多々あります。

お互いに少しでも違和感を感じたら、自分の中で心を落ち着けてから、喧嘩腰にならないように話し合うと決めています。

「そばにいて欲しい、話を聞いて欲しい、放っておいて欲しい」など、思っていることを正直に話しているので、今のところ無駄な衝突は避けられています。

20代後半/メーカー系/女性

二人のルールを決めて目標に向かってお互い頑張ることにした

私も彼も大学4年生で同棲していて、私は就活、彼は公務員試験の勉強をしています。

ですが、彼は勉強が忙しく、家にいても一緒にいる時間が減ってしまい、私ばかり寂しいような感じがして温度差を感じていました。

それでも、彼が私との将来のために勉強を頑張ってくれていたのは知っていたので我慢していましたが、結局耐えられずに喧嘩してしまいました。

なんとか仲直りして、夜ご飯はできるだけ一緒に食べることと、週に1度は一緒に料理したり近場でデートして二人の時間を作ること、そして一緒にいないときはそれぞれのことに集中する、というルールに決めました。

一緒の時間が減り、寂しい時間も増えますが、その分一緒の時間が大切に感じられるようになりました。目標に向かって、二人三脚で頑張りたいと思います!

20代前半/大学生/女性

【7位】楽しい雰囲気になるように心がけた

楽しい雰囲気になるように心がけた

自分から会話を振るようにして楽しい雰囲気を出していく!

付き合いが長くなると、彼と遊んでいても、ご飯の時だけはあまり盛り上がらなかったり、彼は早く帰りたそうな雰囲気だったりすることがありました。

本当にどうしようもない雰囲気なら、一旦少し日を空けてリセットするのもありだと思います。

でも、せっかく空いている時間があって遊ぶことができているんだから、お互い楽しかったって思いながら帰りたいと思うのです。

なので、こちらから「この間こんなことがあってね」と話を振るようにしています。

そこで彼が笑ってくれて話が盛り上がれば、こっちも楽しかったって思いますし、お互いが気持ちよく終わることができるので、そのように対応しています。

20代前半/医療・福祉系/女性

お互いの好きな温泉旅行や海外旅行の予定を立てて同じテンションに持っていく!

私は基本的にいつでもテンションが高めです。

彼も普段はそんな私のテンションについてきてくれるのですが、ごくまれに仕事で疲れすぎているときは煙たがれることがあります。

こんなときはそっとしておくのがいちばんいいのかな、とも思うのですが、やはり仕事を頑張る理由があったほうがいいと思うので、お互いが好きな温泉旅行に行って癒されたり、海外旅行の計画をしたりしてモチベーションを上げています!

私たちは旅行が好きなのでこの方法なのですが、お互いの好きなことをするのはおすすめです!

20代後半/サービス系/女性

【番外編】その他

その他

彼に合わせて頑張りすぎないで、自分の価値観にぴったり合う男性を探す

以前付き合っていた男性は、90%は友人との時間、残りの10%が恋人との時間という配分の方でした。

一方、私はその真逆で、90%の時間を恋人に費やしたいという思いがありました。

最初は彼に嫌われたくなかったので、自分自身も友人や一人で過ごす時間を増やして、彼との時間が10%くらいになるようにしていました。

しかし、その内に私の中で我慢の限界が来てしまい、彼に強く当たったり、「こんなに会えないのに何で付き合っているのだろう?」という思いが募ってきてしまい、半年ほどで振られてしまいました。

「この人しかいない!」と思っていたので、当初はひどく落ち込みました。

しかし、数ヶ月後に恋人との時間に対して、自分と同じ価値観の男性に出会うことができました。

もう4年ほど付き合っていますが、距離感について何も不満がなく、まだ一度も喧嘩をしたことがありません。

相手のことが好きなうちは、その人のことしか考えられなくて無理してしまう女性の気持ちはすごくわかります。

ですが、男性は星の数ほどいます。頑張りすぎなくても、自分の価値観にぴったり合う男性に必ず会えると思います。

今の彼のために頑張ることに疲れてしまったら、一旦息抜きという意味も含めて、他の男性に目を向けてみてもいいかもしれません。

今よりもっと幸せになれる明日に出会えるかもしれません。

20代後半/医療・福祉系/女性

まとめ

女性100人に聞いた彼氏と温度差を感じる時の対処法では、1位は『一度距離を置いて自分の時間を持つようにした』、2位は『正直に気持ちを話した』、3位は『相手に合わせるようにした』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏と温度差を感じる時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女と温度差を感じる時の対処法編』も気になる方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女と温度差を感じる…同じ経験を持つ男性100人の対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年04月08日~04月23日
回答者数:100人