彼氏との温度差が申し訳ない…経験がある女性100人の対処法

彼氏,温度差,申し訳ない

彼氏と温度差を感じると申し訳ない気持ちになりますよね。彼氏の愛情を感じれば感じるほどに辛くなってしまう事も…

温度差があるという理由だけで別れる決断は下したくないからこそ、たとえ今は彼氏との間に温度差があって申し訳ないと感じたとしても上手に対処したいと考えている女性も多いのではないでしょうか。

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏との温度差が申し訳ないと感じた時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

彼氏に温度差を感じて申し訳ないときの対処法ランキング

まずは、彼氏に温度差を感じて申し訳ないときの対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏に温度差を感じて申し訳ないときの対処法』によると、1位は『連絡や会う頻度を減らす』、2位は『思っていることを話す』、3位は『コミュニケーションを増やす』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏に温度差を感じて申し訳ないときの対処法

女性100人に聞いた彼氏に温度差を感じて申し訳ないときの対処法では、1位の『連絡や会う頻度を減らす』が約24%、2位の『思っていることを話す』が約21%、3位の『コミュニケーションを増やす』が約15%となっており、1~3位で約60%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏に温度差を感じて申し訳ないときの対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】連絡や会う頻度を減らす

連絡や会う頻度を減らす

べったりは苦手と伝えた上で、会う回数を少なくし、会っている間は優しくする

私は基本的に1人の時間が好きで、べったり一緒にいるのが好きではないので、それを伝えた上で会う回数を少なくしています。

その分2人でいる時は他の事は全て後回しにして、普段よりも優しく接したり、彼氏との時間を楽しむようにしています。

あと、私達は共通の友人がたくさんおり、他の人がいる前では友達に接するのと変わらないようにしつつ、たまに2人の時の雰囲気をわざと出して、友達にも「仲が良い」というアピールもしています。

彼氏にだけ態度を変える事で特別感を感じてくれているので、うまくバランスが取れています。

30代前半/サービス系/女性

会う機会を減らす

お付き合いをして数カ月経つと、マンネリ化してしまいがちで、お互いに「好き」という気持ちに差が出てきます。

そのときは、お互いにギクシャクしてしまうので、会う頻度を少なくして気持ちをもう一度確認するようにしていました。

20代前半/専業主婦/女性

連絡を控えてお互いの時間を作る

遠距離だったのですが、お互い大好きすぎて毎日頻繁に連絡を取ってました。

それもすごく楽しくて、毎日連絡が来るたびにドキドキしてたのですが、相手の生活環境が変わり連絡頻度がかなり減りました。

私は嫌われてしまったと思ってたのですが、お互い2人だけの世界に入りすぎたことに気づき、1人の時間もないとダメだなと学びました。

20代前半/自営業/女性

会わない時間を多くして、お互いの存在がいかに大切かを認識した

私は付き合い始めると、嬉しくて常に彼氏とくっついていたいタイプです。彼氏もそうでした。

だけどある日から突然1人で過ごす時間も欲しくなって、彼氏がいつものように私に構ってきても、何となく流すことが多くなり、これまでなかった些細な喧嘩も増えました。

これじゃお互い冷めてしまうし、そんな形でお別れするのは良くないと思い、敢えて会わない時間を多く設けることにしました。友達には「そんな事したら余計冷めちゃうんじゃないか」と言われましたが、私たちには効果抜群だったんです。

LINEや電話の頻度はそのままにしていましたが、会えない分だけ恋しさや会いたさが募ります。そして事前にしておいた約束の日がくるのが待ち遠しくなるし、実際その日がきたらもうラブラブです(笑)

この方法で、お互いのやりたい事を尊重したり、相手の気持ちを尊重しあえるようになりました。また段々最初の頃のように「ずっとくっついていたい」気持ちが戻ってきたけど、この状態をとりあえずは同棲するまで続けようと思ってます。

20代前半/流通・小売系/女性

傷つけるくらいなら、自分の気持ちがはっきりするまで会わない

私が彼への気持ちが分からなくなって、彼からの愛情との温度差に悩んだのは大学生の頃です。

お互い学生だったので比較的時間に余裕があり、会わない日はないほど一緒にいました。そのせいか、マンネリを感じた私は冷めてしまったのです。

変わらず愛してくれる彼にそっけない態度をし、彼を傷つけることもありました。

なので正直に、少し愛情が減ったことを打ち明け、自分の気持ちがハッキリするまで会わないことにしました。こうすることで、彼を傷つけることなく、自分の気持ちを見定めることができました。

結局、会いすぎていただけで距離を置くと寂しく感じ、忘れかけていた彼への愛情を取り戻すことができましたよ!

30代前半/サービス系/女性

会わない時間を作ってほどよい距離感で新鮮さを取り戻した

彼は付き合う前からアプローチが凄い人でした。警戒心が強い私は何度も告白を断ってきたのですが、それでも諦めずアプローチしてくれる姿を見て、その誠意に負け付き合うことになりました。

付き合って最初の2ヶ月くらいは、彼は私にぞっこんで常に私を部屋に呼び、仕事以外は毎日一緒にいました。

ですがだんだん家族みたいな扱いになっていき、それでも常に一緒にいるのに違和感を覚えました。

そこで私は仕事や友達と遊ぶほうを程よく優先にして、ちょうどいい距離感を保ちました。経験上、そのほうがお互いにまた気遣いができるので、長続きさせるためにもいいと思います。

20代後半/専業主婦/女性

彼と少し離れて大切さを実感した

付き合って三年。気づけば私の中で、彼へのときめきがなくなってしまいました。

彼は付き合いたての頃から変わらず私に優しいし、尽くしてくれ、毎週会ってくれていたのですが、私は冷めていったように感じました。

そこで一度会わない期間を作り、彼がいかに自分の生活に大切か見極めました。

30代後半/専業主婦/女性

会う量を減らしてやるべきことをこなし、彼氏と会っているときは遊ぶことだけに集中する

私は会話をしなくても、一緒にいるだけで満足してしまうのですが、彼氏からは「一緒にいる間は話したり構って欲しい」と言われました。

私はサークルや勉強などやることも多くて忙しかったので、それなら会う量を減らして、1人の時間にやらなければならないことをこなし、彼氏と会っているときは遊ぶことだけに集中できるように努力しました。

すると関係もよくなりました!

20代前半/大学生/女性

一度会うのを控え、相手に借りた服の匂いを嗅いで恋しく思う事で気持ちを再確認!

やはりよくあるマンネリといいますか、だいたい半年も経ってくるとお互いの嫌なところばかりが目につくようになりました。

だんだんイライラする事が増え、このままでは別れてしまうのではと思った私は、勝手に少し距離を置くことにしました。話し合ってしまえば、相手へのイライラが明確になってしまうからです。

その時、彼の衣服を1枚こっそり持って帰り、寂しくなるとその匂いを嗅ぐようにしました。

不思議なことに、離れてみれば思い出すのは楽しかった時のことばかり。ほんの2、3週間の期間だったとは思いますが、私にとっては1年も2年も経っていたように感じた1人の時間でした。

再び彼と会うようになっても、別に彼の何が変わったわけではありません。ただ、そういう部分も含めて彼が好きなんだと分かった私が変われたのです。

人間誰しも完璧ではありませんから、嫌だなと思う部分を許す事も大切なのだと気づきました。だって楽しい思い出の方がずっとずっと沢山だったのですから。

20代後半/サービス系/女性

【2位】思っていることを話す

思っていることを話す

一緒にいるだけで幸せなんだよと伝えた

彼は最初から愛情が強く、ついていくのが大変な時期がありました。

私は愛情が足りてないと、それが気になって相手を追いかけてしまう性格なので、彼といるときは愛情を感じ、仕事とか恋愛意外の事に集中できて、本当に精神的に幸せでした。

温度差があって不安になったり、相手を不安にさせたりしたときは、素直に相手に「一緒にいる事でこんな気持ちでいられる。ほんとにありがとう」と伝えるようにしてます。

20代後半/IT・通信系/女性

自分のペースをきちんと伝えるべき

大学の頃に付き合っていた彼は、毎日会いたいと思ってくれる人でしたが、それが私には息苦しく感じられ、一人の時間を求めるようになっていきました。

一緒にいると自分の趣味や勉強の時間が削られるような気がして、せっかく会いに来てくれても素っ気なくしてしまう自分がおり、彼との温度差に苦しくなってしまいました。

このままでは彼を傷つけるだけだと感じ、正直に思っていることを話しました。すると、「会いに来るときは事前に連絡をするので、そこで会えるかどうかを教えて」と言ってくれました。

そこから毎日会うことはなくなりましたが、毎日会わなくなった分、会えた時はとても新鮮な気持ちで会えるようになりました。

「相手のため」と我慢するだけでなく、きちんと気持ちを伝えることが二人の関係をより良くしてくれると感じました。

30代後半/専業主婦/女性

正直に温度差があることを伝えて受け入れてもらう

熱心に口説いてくれて付き合った彼氏とは、当初から愛情に温度差があると感じていて、私の方はそこまで盛り上がらず申し訳ないと思っていました。

とても言いにくかったのですが、意を決して温度差があることを伝えました。正直に言うことで、彼氏に私の思いが伝わり、良かったと思います。

20代後半/公務員・教育系/女性

素直に自分の気持ちを言う

彼は一人暮らしなのですが、私の実家からは少し遠い場所に住んでいます。そのため頻繁に会いに行くことが難しいのです。

彼は「好きな時にいつでも来て!ずっといてよ!」と言うのですが、実際半同棲ということをしてしまうと私的にも不便だし、1人の時間も欲しくなってしまうので困惑してしまいました。

彼のことは好きだけど、そういった面では温度差を感じてしまいましたが、素直にその気持ちを伝えたら分かってもらえました!

小さなすれ違いも言葉にするのが大切です!

20代前半/大学生/女性

彼氏のペースに合わせながらも、自分のしたいことなどを相手にハッキリ伝える

同棲を始めてから3年ほどになります。

もともと外出好きな私とは違い、彼はゲームなど、家で一緒に何かしたがるタイプのため、「休みの度に家で終始ゲームはつらいな・・・」と感じることが多かったのですが、自分のしたいことなどを相手にハッキリ伝える事によって、お互いに理解しあって遊べるようになりました!

自分で思っているだけでは伝わらないことの方が多いので、相手に伝えることも大事だと思います。

20代前半/商社系/女性

自分から働きかける機会を増やした

付き合い始めてすぐの頃から、「好きって言ってよ」「月がきれいですねって言ってよ」など愛情表現を『させられる』ことが多く、負担に感じていました。

言わされるということは自発的ではない、つまり「自分の意志じゃない」ということなので、「言わされなきゃ言わないなんて、本当は私、この人のこと好きじゃないのかも…」と思うようになってしまいました。

そこで、言わされる前に自分から「好き」と言うようにしてみました。彼は喜ぶし、自分から言葉にすることで「やっぱり好きだわ」と思えたので、やってみてよかったです。

20代後半/サービス系/女性