彼氏が甘えてくる心理とは?男性100人の本音を聞いた!

彼氏,甘えてくる,心理

彼氏が甘えてくると嬉しく感じる女性も多いですよね。しかし、あまりに甘えてくる行動が多いと疲れてしまう事も…

彼氏に直接「なんで甘えてくるの?」とは聞きにくいからこそ、彼氏が甘えてくるときの理由や心理など、男性の素直な気持ちが知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、彼氏100人による彼女に甘える時の理由や心理を体験談と共にご紹介しています。

\アドバイザーがお相手探しから紹介まで婚活サポート!/

まじめな婚活を始めるならスマリッジ

彼女に甘える時の心理ランキング

まずは、彼女に甘える時の心理ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女に甘える時の心理』によると、1位は『不安や寂しさを緩和して欲しい』、2位は『癒して欲しい』、3位は『自分を肯定して欲しい』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女に甘える時の心理

男性100人に聞いた彼女に甘える時の心理では、1位の『不安や寂しさを緩和して欲しい』が約30%、2位の『癒して欲しい』が約28%、3位の『自分を肯定して欲しい』が約16%となっており、1~3位で約74%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女に甘える時の心理を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】不安や寂しさを緩和して欲しい

不安や寂しさを緩和して欲しい

長い間、彼女に会えなかった時

数年前、大学受験に向け勉強に集中するために、彼女と一緒に過ごす時間も減らし頑張っていました。

しかし、思ったより成績が伸びず、模試の結果もあまり良くなく、とても不安になっている時がありました。そこで寝る前に毎日彼女と5分だけ電話をし、お互いを慰め合い、今日の努力を語り合っていました。

おかげで、「彼女も頑張ってるから俺も頑張らなきゃ」と思い、たくさん努力をし、自信に変え、受験を突破できました。

20代前半/大学生/男性

情緒不安定な時

僕が彼女に甘える時は、精神的に情緒不安定な時が多いです。どうにか構って欲しい、この気持ちに気づいて欲しいという自分勝手な感情から甘えが出ます。

彼女もなんとなくこちらの様子を感じとって快く受け入れてくれました。

しかし、あまりにもひどく幼稚な甘え方だと嫌われかねないので、適度に甘えるのが良いと思われます。

30代前半/流通・小売系/男性

お互いに忙しくて久しぶりに会ったとき

僕が彼女に甘えたくなるときは、忙しくて月に一回くらいしか会えなくなるときです。

本当は毎週のように会いたいのですが、お互い忙しいために会えない日が続くと寂しくなってしまいます。そんなときに一日だけ会うことができると「離れたくないな」と思い、甘えてしまいます。

お互いに資格取得に向けての忙しい時期なので、少し会うことができるだけでも次の日からの元気の湧きようが違います!

20代前半/大学生/男性

急に孤独を感じてしまったり、ちゃんと好きでいてくれてるのか心配になるから

僕が彼女に甘えるときは、急に孤独を感じてしまったり、ちゃんと好きでいてくれてるのか心配になるからです。

不安になって甘えたりすると「大丈夫。ちゃんと好きだよ」「そばにいるからね」など目を見ながら言ってくれたりしました。

普段はほんとにお互いイチャイチャする感じではないのですが、たまに甘えたりする時があってもいいんじゃないかと思っています。

20代前半/IT・通信系/男性

心の安定を保ちたい時

年齢が高くなるにつれて相手とは気軽に会えなくなりました。決して仲が悪くなったわけではなく、お互いが自分のやらなければならない事、やりたい事を優先している結果です。

しかし相手と会った時の充実感を覚えてしまっているため、ふとした時に会いたくなり、会った際には甘えてしまうのです。

やはり人間が誰かに甘えたくなる時というのは、心の安定を保ちたい時なのだろうと思います。

20代前半/大学生/男性

「次に会うまでの期間をがんばろう」という気持ちを作るため

彼女と会えるのが週末しかなく、次に会うまでに間が空いてしまうので、会った日の帰る前に甘えることが多いです。

次の週末、もしくはしばらく会えなくなることが分かっているので、やはり寂しく思う気持ちを紛らわせるのと、「次に会うまでの期間をがんばろう」という気持ちを作るためにも甘えたりします。

それと、普段自分はどちらかというと素っ気ない態度をしていると思うので、たまにでも甘えると彼女にも自分の気持ちを伝えられるかなと思ってます。

30代前半/サービス系/男性

寂しさを伝えたいとき

男の立場からすると、言葉ではなかなか「寂しい」などと伝えられなかったりするので、甘えたりすることによって「寂しいんだよ」ということを伝え、構ってもらいたいです。多分、そういう男性はかなり多いと思います(笑)。

ただあまり甘えすぎてしまうと、相手も重く感じてしまうと思うので、ほどほどにしたりする度合いが難しいと思います。

40代前半/サービス系/男性

不安な時や自信が無い時

仕事でミスをしてしまった時や、次の日大きな取引があるなどといったときに甘えたくなります。

弱気になっている時こそ大切な人、彼女に甘えて「ひとりじゃない」と思わせて欲しいんだと思います。ひとりじゃないから相手に必要とされてると思えるし、仕事も頑張ろうと思うことができます!

男は「守る存在」がいるからこそ、いつも以上の力を発揮することができると思います。

20代前半/商社系/男性

【2位】癒して欲しい

癒して欲しい

仕事やプライベートなどで疲れが溜まっているときに癒しを求めて

私はイベント関連の仕事をしており、現場に出ると頭と体の両方を使うため、一気に疲れが溜まります。そのイベントが連日となると、非常に癒されたい衝動に駆られます。

家に帰ると、その疲れから思い切り解放されたくなり、その絶好の相手が彼女です。

私は普段、あまり外では人に甘えたりするタイプではないため、たまに家の中で思い切り甘えることで、心と体を満たしております。

30代前半/サービス系/男性

ストレスを感じている時や疲れている時

私が彼女に甘えるときは、ストレスを感じている時や疲れている時です。

私は今、大学院生ですが、あまり話したことのない教授や先生方と接する機会が多々あります。やはり自分よりも目上の人と接する場合、気を遣うためストレスを感じやすいです。

そんな時、大学が終わって彼女がいてくれれば気も安らぐし、自分にとっての癒しになってくれます。

そういう時は思いっきり彼女に甘えてストレスを発散させるようにしています。

20代前半/大学生/男性

ストレス発散と気分転換のため

日常の生活ではストレスが溜まり発散することがありませんので、彼女と会えて自然に気分転換ができ甘えたくなります。

特に休みの日に彼女の家でゴロゴロして、美味しい料理を作ってもらい、ゆっくりと2人の時間を過ごすことが楽しかったです。

彼女の笑顔や美味しい料理、また優しい言葉で、仕事へのモチベーションにもなります。

20代後半/サービス系/男性

仕事でミスをしたり、怒られた時に癒されたい

私が恋人に甘える時は、仕事でミスをしたり、怒られたり、何かしら不安やストレスが溜まった時です。

普段は仕事でもプライベートでも男らしく振る舞っていますが、流石に無敵ではありません。反省もしますし、落ち込む時だってあります。

そんなに時に、愛する人に抱き締められるだけで、「他は何もかもどうでもいい!」と思える時があるのです。

恥ずかしながら、その癒しを求めて甘えてしまいます。毎回では、流石に彼女も引くかも知れませんが、どうしようもない時の対処法として甘えてみるのはいかがでしょうか?

30代前半/不動産・建設系/男性

疲れて癒されたいと感じた時

彼女に甘えたいのは、肉体的・精神的に疲れている時に癒されたいと感じるからです。

大学の部活で遠征に行った後、試合に出て体が疲れ、精神的にも疲れていました。

帰宅後、彼女と会う約束をしたのですが、やっぱり彼女の癒す力というのは絶大です。向こうも疲れていたりした時は思いっきり甘えてきてくれるので、自分も彼女に思いっきり甘えたいと感じます。

甘えることで「明日からまた頑張ろう」と感じられますし、次会う時の楽しみになります。

20代前半/大学生/男性

幸福になりたい時

彼女に甘えるということは、幸福を欲していることになります。

甘えると、彼女はどのような反応をしてくれるかワクワクすると思います。その時、脳内では幸福物質のドーパミンが多く分泌されています。そして、彼女が応えてくれたときは、快楽物質であるエンドルフィンが分泌されます。最高の幸福感に包まれたという証拠です。

つまり、彼女に甘えるときの理由や心理は、脳内の幸福物質の分泌を促し「幸福になりたい」という欲求だと思います。

20代後半/自営業/男性

公私において寂しさや疲労感ほかのストレスを感じ、人的または社会的な繋がりを求めるから

自宅と職場の往復のみで、ほぼ四六時中、自身の意と反するような感じて身柄を拘束されていると、昨今の社会情勢からも、精神的肉体的疲労感を感じたり、ただ何者かの意の赴くままに操られているのだなあという無力感に襲われることがあります。

若い頃は職場の同僚たちと終業後に街に繰り出して弾けることもあったのですが、今はそれもなくなり、職場では表面的な繋がりのみになっているような気がします。

そんな時に人の温もりと癒しを求めたいと思い、甘えてしまうことが多いです。

40代前半/メーカー系/男性

大人ぶって疲れた時

自分は若い時に9歳年上の彼女がいましたが、その時の心理状態としては「下に見られたくない」一心でした。その為、お店とかでの態度や言動が横柄だったと思います。それが大人なんだと勘違いしていました。

そういうのに疲れるので、家に戻ってきた時にはすごく彼女に甘えていました。外では大人ぶる、家では甘える、みたいな感じでした。

40代前半/メーカー系/男性

疲れを癒して、励まして欲しい

自分が彼女に甘えるときは、仕事が終わって帰宅したときです。まず最初に疲れを癒してくれる彼女の笑顔を見て、その後、一緒にご飯を食べるとき「あ〜ん」と食べさせてもらうと幸せを感じます。

朝になったら、彼女に起こしてもらって仕事に出勤するのも良いです。

あと、人間関係で落ち込んでいたりしたときにも励ましてもらうと頑張れます。

彼女にはいつも甘えてばかりなので、彼女が辛いときにも支えてあげられ、甘えさせられるような関係を保ちたいです。

40代前半/流通・小売系/男性

【3位】自分を肯定して欲しい

自分を肯定して欲しい

彼女に自分の存在価値を認めてほしい時や、彼女の事を良く知りたい時

私が彼女に甘える場合は、彼女がこちらを向いているかどうか確かめたい時と、彼女の性格を少しでも分かればいいなと思う時です。

例えば、昨年のクリスマスの日でしたが、経済的に少し苦しかったので安いワインとバラの花を1本だけ持って、彼女のマンションに行き一緒に過ごし少し甘えました。

そういう時に、彼女の体調や精神状態を察する場合のツールとして甘える事もあります。

とにかく彼女の事をもっと良く知りたいし、私の事も知ってほしいと思った時によく甘えます。

50代後半/自営業/男性

自分自身を認めてほしいという承認欲求からの甘え

彼女が他の男性に興味を持ってしまったのではないかという不安から、甘えてしまいます。

また、自分のことをもっと見てほしい、知ってほしいという面でも彼女に甘えてしまいます。

ですが一番の理由としましては、自分自身を認めてほしいという承認欲求からの甘えがほとんどです。

職場等ではあまり認められないのが、このご時世です。やはり家に帰った時くらいは、最愛の人から認められたいと言う気持ちがあるので甘えてしまいます。

20代前半/不動産・建設系/男性

ただ寄り添って自分という存在を認めてもらえる時

甘えるときは特に何か解決策が欲しいわけではなく、ただ寄り添って自分という存在を認めてもらえるだけで、安心して甘えたくなるのだと思います。

はじめて甘えたくなった人は会うのも初めての人だったのですが、積極的に話されるでもなく、何事なく時間だけが過ぎていくような感じでした。

ただこちらから話をすると少し話がはずみ、無理に合わせるでもなく自然に自分に合わせてくれているみたいでとても気分がよかったのを覚えています。

40代前半/金融・保険系/男性

承認欲求を満たされたい

私が彼女に甘えたい時の心理は、私を認めて欲しいという気持ちです。

自分のやっていることが誰にも賛成されない時、もしくは多くの人から批判された時でも、「そのやり方を続けたら良いんだよ」、「今やっていることは間違っていないよ」、そんな言葉をかけてもらえることで、自分自身に対してプラスのモチベーションを保つことができるようになります。

20代後半/医療・福祉系/男性

周りの人に対して劣等感を感じてしまった時

私は部活やアルバイトなどで、周りの人に対して劣等感を感じ、自分に自信がなくなってしまった時に彼女に甘えます。

周りの人と比べて自分が劣っていると感じると「自分は必要とされていないんだ」と辛い気持ちになってしまいますが、彼女が相談に乗ってくれたり励ましてくれることで、自分を大切に思ってくれる人がいるということを実感でき、また頑張ろうという気持ちになれます。

20代前半/大学生/男性

【4位】嫌なことがあった時

嫌なことがあった時

嫌なことがあった際や、ストレスがたまっている時

仕事で嫌なことがあったり、ストレスが溜まっていてフラストレーションを発散できない時に、彼女に甘えたくなります。

自分の性格上、他人に対してあまり心を開けません。そして仕事では気を張っています。

そのため、彼女に対しては普段他人に見せない素顔を見せて、思いっきり甘えることによってバランスが保てているのだと思います。

20代後半/商社系/男性

仕事でとても緊張感あるプレゼンや商談があった日や、大きなミスをしたとき

彼女は私の仕事の詳細や人間関係は知りませんが、神経を使う仕事ということを理解してくれており、
帰ってきた時の顔色を見て察してくれているようです。

特に会社で大変な仕事をしてきた時は、自分から求めていなくても家事を手伝う姿勢を見せてくれたり、普段はしないのにお酒を進んで注いでくれたりと、私を気遣っての優しさに、ここぞとばかりに甘えてしまいます。

30代前半/IT・通信系/男性

【5位】相手を大切に感じている

相手を大切に感じている

可愛い、愛おしいと感じたら

私はどちらかと言えばシャイなタイプなので、あまり甘えたりすることは少ないかと思います。彼女にそのような姿を見せるのが恥ずかしいのです。

しかし彼女の可愛い部分が見えたりすると、デレーっとなってしまっているのは確かです(笑)。

その反動で、お酒で酔っ払ったりすると、普段は恥ずかしい甘えるという行動を起こしてしまいます。

20代後半/流通・小売系/男性

【6位】頼りたい

頼りたい

単純に体が疲れているとき

基本的に仕事で嫌なことがあったりしても、彼女には一切話さないし、そこで甘える気にはなりません。

甘えたくなるのは、単純に体が限界まで疲れた時、寄りかかりたくなったり、マッサージをお願いしたりすることですかね。

ただ、私の彼女の場合はマッサージをお願いしても、面倒くさがって結局何もしてくれないので、そういった「拒否される」積み重ねもあって、彼女には甘えにくくなっているのかもしれないです。

30代前半/自営業/男性

まとめ

男性100人に聞いた彼女に甘える時の心理では、1位は『不安や寂しさを緩和して欲しい』、2位は『癒して欲しい』、3位は『自分を肯定して欲しい』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、彼氏100人による彼女に甘える時の理由や心理を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女が甘えてくる理由編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女が甘えてくる心理とは?女性100人の本音を聞いた!

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年04月08日~04月23日
回答者数:100人

みんなのコメント

まだコメントがありません。
是非、あなたの意見や体験談などを教えてください!


コメントはfamico編集部の承認後に表示されます。常識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や誰かが傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。