彼女が甘えてくる心理とは?女性100人の本音を聞いた!

彼女,甘えてくる,心理

彼女が甘えてくると嬉しく感じる男性も多いですよね。しかし、あまりに甘えてくる行動が多いと疲れてしまう事も…

彼女に直接「なんで甘えてくるの?」とは聞きにくいからこそ、彼女が甘えてくるときの理由や心理など、女性の素直な気持ちが知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、彼女100人による彼氏に甘える時の理由や心理を体験談と共にご紹介しています。

彼氏に甘える時の心理ランキング

まずは、彼氏に甘える時の心理ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏に甘える時の心理』によると、1位は『不安や寂しさを緩和して欲しい』、2位は『癒して欲しい』、3位は『嫌なことがあった時』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏に甘える時の心理

女性100人に聞いた彼氏に甘える時の心理では、1位の『不安や寂しさを緩和して欲しい』が約35%、2位の『癒して欲しい』が約17%、3位の『嫌なことがあった時』が約16%となっており、1~3位で約68%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼氏に甘える時の心理を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】不安や寂しさを緩和して欲しい

不安や寂しさを緩和して欲しい

私の存在を認めてほしい

私がお付き合いをしている彼に甘えるときは、「自分という人間を認めてほしいとき」です。

彼以外の人と過ごす仕事などでは、自分に対して好意的ではない人とも関わらなければなりません。また接客業などで多くの人と接する仕事であれば、不条理な理由で存在を否定されてしまうこともあります。

そんなときには、「私ってこの世界に必要とされていないのではないか。」といったネガティヴな感情でいっぱいになってしまいます。

こんな状態になったとき、彼に全力で甘えて「私は愛されている。存在を認めてくれる人がいる。」と感じたいのです。

30代前半/サービス系/女性

自分に自信がないときに肯定してほしい

転職活動中に面接で落とされてばかりで、なかなか仕事が決まらず、自分はダメなやつだと言われているような気持ちになりました。

なかなかうまくいかず心が折れかけてましたが、彼はいつも私に寄り添い、私の弱音や愚痴を受け止めて応援してくれました。

自分を肯定してどんな私でも甘えさせてくれる人がいると思うと、気持ちが楽になり、無事に転職先も決まりました。

20代後半/流通・小売系/女性

特に理由もなく漠然とした不安が襲ってきた時

彼に対して特に不満はないけれど、自分自身が不安定になってしまった時によく甘えてしまいます。

彼と一緒に座っている時に、彼が席を立とうとするのを手を掴んで阻止したりして、彼も「どうしたんだよ」と言いながら構ってくれるので、私の漠然とした不安がなくなっていくのを感じます。

彼に頼りたいと思ってしまっているのだと思います。

20代後半/メーカー系/女性

疲労やホルモンバランスの関係で急に不安や寂しさを感じ、人肌が恋しくなった時

私が彼に甘える時は、夜勤が続いて不規則な生活が続いた時や、仕事で患者さんが亡くなった時にものすごく喪失感を感じるため、不安になったり、寂しくなったりします。

女性特有のホルモンバランスが不安定な生理前は、特に不安や寂しさを強く感じてしまうことが多くあるため、愛情を身近に感じられる彼氏に甘えて、安心感を得て、日々のモチベーションを高めています。

30代前半/医療・福祉系/女性

寂しい時やかまって欲しい時

辛いことや悲しい事があった時は彼氏に甘えることが多いです。心寂しい時は誰かと一緒にいると安心するし、落ち着きます。

自分の弱い所を見せられるのは限られた人だけです。心を解放できる居心地のいい場所はとっても大切です。嫌なことやネガティブになった時は、本当に必要なものだと感じますし、明日からまた頑張ろうという気持ちになれます。

20代後半/専業主婦/女性

会えなくて寂しい気落ちを共有したいとき

遠距離恋愛中で半年ほど会えていない彼がいるのですが、毎日電話で話していて普段は寂しさを感じなくて済んでいます。

いつも同じ時間に寝るので、電話をつないだまま寝落ちすることもしょっちゅうです。

ただ、仕事で疲れて彼がかなり早くに眠気を訴えることがあり、私だけ取り残されたような気分になることがあるのです。

こんなこと、疲れている彼には言えないので「おやすみ」と素直に諦めるのですが、たまに「なんでここにいないんだ!」と突然悲しくなって、うとうとしている今の内だと思って寂しいということを伝えます。

普段あまり甘えることがないので、素直に甘えると「あらら、可愛い」と喜んでくれてます。

20代後半/専業主婦/女性

仕事で嫌なことが続いたり、彼の愛情不足を感じてしまったりした時

普段からそっけない彼に合わせて私もそれほど甘えることをしていません。

ただ、生理周期のせいかその期間に自分をコントロールできず、仕事が嫌になったり物寂しくなったりすると、めちゃくちゃ彼の背中にくっついたりします。

そのような行動を月一でし続けると、大体彼の方も私の気持ちの起伏が激しい期間が来たと感じるようになりました。おかげで甘え始めると思いっきり甘えさせてくれます。

30代前半/サービス系/女性

彼からのスキンシップが減って不安だから

8つ年上の彼氏がいます。最初は年の差もあり、なかなかタメ語で話せませんでした。

彼からのスキンシップが多かったのがいつも嬉しかったんですが、だんだんとお互いに慣れて半年ほどたつと、スキンシップが減ってしまいました。

それが悲しくなって、今では私だけが好きなんじゃないかと不安で、甘えに走ってしまいます。

20代前半/サービス系/女性

ストレスが溜まっていたり、生理前で何となく精神的に不安定な時

私が彼氏に甘えるときは、精神的に不安定であるときが多いです。仕事でうまく行かなかったり、生理の前後で精神的に不安定な時に、少しでも精神の安定を取ろうという無意識の行動だと思われます。

彼氏にくっついたり、手をつないでもらったり、抱きしめてもらったりと、普段より近くに体温を感じられる距離にいてもらう事が多いです。

特に返事は求めず、言葉を聞いてもらう事も多いです。”何でこんなことが出来ないんだろう?””お腹痛い”など、とりあえず声に出して誰かに聞いてもらっていると思うと、安心とストレス発散になるからです。

20代前半/医療・福祉系/女性

仕事で心配事が溜まっている時

私が彼に甘える時は、仕事で心配事が溜まっている時です。例えば、人前でプレゼンテーションをする予定があるとき、私はとてもあがり症なので、すぐ心配して不安になってしまいます。

そんなときは常にポジティブな彼にたくさん甘えて、ポジティブな意見をもらうと「不安だけど大丈夫」と自信に繋がります。

このように不安や心配事を取り除いでくれる彼には、甘えることで私もリラックスできます。

私はいつも二人だけの空間にいるときに甘えるようにしています。お酒を飲むともっと甘えたくなるので、お互いお酒を飲むことが多いです。

仕事の人間関係で疲れてしまったときは癒しを求めているので、彼氏に甘えます。彼氏から愛情表現があれば、私のスイッチが入るのですぐに甘えてしまいます。

20代前半/流通・小売系/女性

恋人が他の異性と仲良くしていて、不安を感じたりヤキモチをやいた時

私が彼に甘える時は、彼に対してヤキモチを焼いたり、不安に思った時です。

彼が他の女性と親しげにしているのを見て、少しもやもやした気分になると、思わずいつもより甘えてしまいます。

彼女である自分だけにしか許されない、甘えられる時間を堪能することで改めて幸せを感じられます。

彼が「ヤキモチを焼いている時の顔、可愛い」と言ってくれることが多いので、それを待ってるのもあるんですけど。笑

20代前半/大学生/女性

うまくいかない時、仕事でストレスがたまり疲れた時

彼がそばにいてくれるだけで頑張れるけど、くじけそうになった時、近くにいるだけでは不安になってしまうことがあります。私は一人じゃないと実感したいです。

彼がいる心強さ、安心感がほしいので彼に甘えて「大丈夫、〇〇は頑張っているよ。俺がそばにいる」と直接聞きたいです。

仕事でストレスを感じて疲れているときは優しく抱きしめてほしいです。

40代後半/IT・通信系/女性

【2位】癒して欲しい

癒して欲しい

自分のストレスを癒して欲しい時

仕事をしていた時、アパレル関係で女性だけの職場でした。

気楽な部分もありましたが、女性特有のジメジメした陰湿な所も多々見ているので、そういう時にはパートナーにいろいろ話を聞いてもらっていました。

話を聞いてもらいながらも客観的なアドバイスをもらえたりもしたので、自分も気持ちを切り離すことが出来ました。そうやって自分のストレスを癒してもらっていました。

40代前半/専業主婦/女性

疲れたときに緊張状態を緩めるため

私が彼に甘えたくなるときは、仕事や人間関係で疲れを感じたときです。

疲れが溜まってくると緊張状態からなかなか抜け出すことができず、更に疲れを溜めてしまう悪循環に陥ってしまいます。

そんなときに彼に甘えると、緊張状態にあった心と身体がふっと緩んでリラックスするのを感じます。

そうやって上手くリラックスできると気持ちの切り替えも上手くでき、心と身体をリフレッシュすることができます。

30代前半/専業主婦/女性

勉強、仕事でストレスがあるから癒されたい

学生のときに彼氏ができて、そのまま4年付き合いました。

勉強、仕事のストレスがある時は「彼氏に会いたいなー。癒されたいなー」と感じていました。嫌なことがあったり両親の束縛や、口論となった時も彼氏にわがままを言って「会いたいからきて」と会いに来てもらっていました。

今から考えるとかなり恋人依存だったと思いますが、私にはこの彼がいてくれるから、他に誰もいらないとまで感じていたのかもしれません。

昔のことを考えると彼氏には相当わがままを言って甘えていました。そうすることで自分の心のバランスを保とうとしたり、親から受けられなかった愛情を彼から感じ取ろうとしていたのではないかと思います。

20代後半/専業主婦/女性

癒されたい、安心したいという時

普段から頼られることが多いので、誰かに頼りたい、甘えたいという癒しを求めることがあります。そんな時は彼にくっついて癒されていました。

疲れていると感じ取ってくれるのか、彼はされるがままになってくれたり、甘いものを出してくれたり、お茶を淹れてくれたりと何も言わなくてもしてくれます。

なんの心配もなく、子供のように彼にお世話してもらうことで、やる気をチャージしています。

20代前半/サービス系/女性

仕事などで疲れが溜まり、癒されたい時

仕事などで疲れが溜まり、癒されたい時だと思います。私は特に「味方がいるんだ」と認識したい時にやたら甘えにいきます。

帰ってこれる場所があるのだなとわかると、心からほっとできて癒されます。

仕事や人間関係で疲れた時に、彼の側に寄って行ってすりすりと甘えていると、さっきまでのイライラや疲れがいつの間にかどこかへ飛んで行っている気がします。

30代前半/流通・小売系/女性

仕事で疲れたとき

私が彼に甘える時は、仕事で疲れきった時です。いつも会社では気を張って頑張っている分、彼といる時はいっぱい甘えさせてもらって、パワーを蓄えています。

ただ抱きしめてもらったり、頭を撫でてもらえるだけでとても元気が出ます。彼も優しく受け止めてくれるので、仕事もまた切り替えて頑張ることができています。

30代前半/サービス系/女性

仕事で嫌なことがあったり、うまくいかなかった時に癒されたい

私が彼氏に甘える時は、仕事でうまくいかなかった時にまた翌日から頑張るために思いっきり甘えます。

仕事でうまくいかなかった時は、とにかく話をゆっくり聞いて慰めてほしいと思っています。一番身近で何でも話せる相手だからこそ、すべてを話したいし、また元気がないことに気づいてくれるのも嬉しくて甘えたいと思います。

何も言わずに心配をかけるより、素直に話すほうが彼ともうまくいくように思うからです。

20代後半/法律系/女性

【3位】嫌なことがあった時

嫌なことがあった時

仕事で嫌なことがあった時

職場の上司からパワハラまがいなことをされている時期がありました。上司は気に入らない人に対してはとてもきつく当たる人で、私も日常的に当たられることもあり、いつもは気にしないように何か言われても受け流してました。

しかし、ある日突然、理不尽にキレられお客様の前で怒鳴られてしまい、その日は今まで我慢してた感情が爆発して涙が止まりませんでした。

家に帰っても落ち込んでいたら、様子がおかしいことに気づいた彼がずっとそばにいて話を聞いてくれました。

辛い時に彼が支えてくれたことで、感謝して前に進もうと思えました。

20代後半/流通・小売系/女性

嫌なことがあってストレスが溜まった時

私は、何か嫌なことがあってストレスが溜まった時に、たまらず彼氏に甘えたくなります。

彼の方も、「どんどん甘えていい」と言ってくれているので、お言葉に甘えて結構甘えてしまっています(笑)。

どんなに嫌なことがあっても、自分を全力で慰め、励まし、甘えさせてくれる人がいるということに安心感を感じています。

20代前半/大学生/女性

仕事で理不尽なことで怒られてイライラした時

仕事で上司の指示に従ったにも関わらず、なぜか私のミスのように言われて一日中イライラ。そんな日は彼氏にまるで子供のように甘えてしまいます。

仕事中はどんなことがあっても、平然を装い、自分を偽らないといけない時が多々あります。

だからありのままの自分を受け入れてくれる存在がいるだけで心が癒されるし、それを確かめる意味でも甘えてしまうんだろうなと思います。

30代前半/サービス系/女性

嫌なことがあって傷ついているとき

1年に1〜2回、何故か仕事でもプライベートでも嫌なことが重なる時があります。

そうなると全てが悪循環で、同僚とも話をしたくない、友人にも相談したくない!とすべてが嫌になってしまい、夜眠れなくなり、毎日が憂鬱になってしまいます。

そんな時、彼に甘えまくって心のうちをすべてぶちまけます!彼は必ず私の味方をしてくれるので、思いっきり甘えることができます。

30代後半/サービス系/女性

仕事や人間関係に疲れた時や嫌なことがあってストレスが異常に溜まっている時

納期がぎりぎりの仕事ばかりを1人で任され続け、寝不足で疲れていたり、上司に理由もなく何度も怒鳴られたり、こういう事が重なると理不尽すぎるし、何で私ばかりとすごくイライラします。

他にも仲の良い子のグループが集まっているのに、私だけお誘いが無かったりすると悲しくなります。

そんな時は恋人に話を聞いてもらったり、共感してもらったり、慰めて欲しくなります。

普段「癒し系」と言われ、人の相談なども聞くことが多い私ですが、友人にはあまり見せない弱い所や悩んでいるところを、恋人になら見せても大丈夫かなと思わせてもらっています。

30代前半/サービス系/女性

ストレスが溜まっている時や嫌なことがあって落ち込んでいる時

私が彼氏に甘える時は仕事で疲れている時です。

飲食店勤務なので、繁忙期や土日、祝日はとても忙しく、足はパンパンになるし、動き回っているので1日仕事が終わるとヘトヘトになります。

そんな日は彼に足をマッサージしてもらったり、「今日はこれだけ頑張ったよ!」と話を聞いてもらいながら労いの言葉をもらうと、明日からも頑張ろうと励みになります。

30代後半/サービス系/女性

【4位】素の自分を受け止めて欲しい

素の自分を受け止めて欲しい

素の自分を受け止めて欲しいから

私が恋人に甘える時は、素の自分を受け止めて欲しい、認めて欲しい時に甘えます。

仕事柄か、私は性格がしっかりしてると思われることが多く、理不尽な目にもよく遭います。1日の大半をそう過ごしていると、私はこんな人じゃないのに…という気持ちが沸々と芽生えてきます。

そういう時に思いっきり甘えてます。彼は「しっかりしてない自分」という存在を認めてくれるありがたい存在です。

20代後半/サービス系/女性

普段は絶対に甘える事なく仕事などをしているので

私は普段、人前ではしっかりと仕事をし、割と神経質でもあります。そのため、プライベートで恋人と一緒にいる時間くらいは自分らしく甘えているのが好きです。

特に私生活では「しっかりしていないと」と思ってしまうのですが、恋人は唯一自分のものとして独占できるので、二人きりの時は特に甘えます。

もちろん甘えられるのも好きですが、ストレス発散にもなるので基本的には自分から甘えに行きます。

20代後半/サービス系/女性

普段はあまり甘えられないので、少し酔っぱらっているとき

私は家族や本当に仲良しの友人数名と彼氏にしか素を出すことがありません。その中でもあまり人に甘えることはしてこない人生でした。

もちろん、彼氏にも常にべたべた甘えることはなく、逆に心配されるぐらいクールな方だと思います。

けれど、なぜかお酒を飲むと彼に甘えたくなってしまいます。飲み会の後や友達と飲んだ後、彼氏の家に帰るときはここぞとばかりに甘えてしまいます。

酔っているものの記憶はあるので、甘えられて喜んでいる彼を見るのも幸せです。

20代後半/マスコミ系/女性

仕事や人間関係に疲れてしまった時、気を許せる彼氏に甘えると元気になれるから

私の場合は、仕事や人間関係に疲れてしまった時に、一番気を許せる彼氏に甘えたくなります。

私は周りにとても気を使ってしまう性格で、外では「ちゃんとしなくては」と気を張っています。そんな毎日の中で、「今日は仕事や人間関係で疲れてしまったな」という時は彼氏に甘えたくなります。

彼氏の前では気持ちを解放出来て、自然体でいられるので、唯一甘えることが出来るためです。彼氏もありのままの私を受け止めてくれるので、外での疲れが癒されて再び元気になれるのです。

30代前半/医療・福祉系/女性

【5位】相手を大切に感じている

相手を大切に感じている

幸せだと感じてる時に

私が彼に甘えてる時は、彼の事が心から好きだと感じてる時です。

友達の恋愛の話を聞く機会がとても多いのですが、付き合っているのに相手への不満が多かったり、不幸だったりという悩みが多いです。

それに比べて私は、彼の嫌なところも愛しく思えています。一緒に出かけたり、ご飯を食べたり、幸せだと感じてる時につい甘えたくなってしまいます。

20代後半/IT・通信系/女性

心を許している証拠だから

自分的には人に甘えると言うのは得意ではなくて、恥ずかしいと思ってしまうけれど、彼氏には心を許しているし、他の人にはできないことを彼氏にすることによって特別感も生まれます。

恥ずかしいと思うことも共有することによって、距離も縮まり関係性も良い方向に進むと思います。

しかし、自分ばかりが甘えていると彼も疲れてしまうと思うので、彼のテンションが低かったり何か気になることがあれば「どうしたの?」とか、彼にも甘えられるような状況を作ってあげることも大切だと思います。

20代前半/大学生/女性

【6位】頼りたい

頼りたい

自分一人で何かできないことがある時

私が彼に甘えたいと思う時は、大抵自分一人ではできない何かがある時です。

例えば、病気の時がそうです。病気の時、一人でご飯や家事も出来ず、動くことさえできない時、甘えて連絡します。その時は随時甘え声で話し、時に涙も流してしまいます。

あとは、家の何かが壊れてその修理ができない時なんかもそうです。自分にはそれができないと思う時、彼に連絡してできなかったことを終始聞いてもらいます。その時も甘え声で話し、聞いてもらうだけですっきりします。

このように、自分一人ではできない何かがある時、彼に甘えることで気持ちが落ち着くのだと思います。

30代前半/サービス系/女性

まとめ

女性100人に聞いた彼氏に甘える時の心理では、1位は『不安や寂しさを緩和して欲しい』、2位は『癒して欲しい』、3位は『嫌なことがあった時』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、彼女100人による彼氏に甘える時の理由や心理を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼氏が甘えてくる理由編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏が甘えてくる心理とは?男性100人の本音を聞いた!

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年04月08日~04月23日
回答者数:100人

みんなのコメント

まだコメントがありません。
是非、あなたの意見や体験談などを教えてください!


コメントはfamico編集部の承認後に表示されます。常識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や誰かが傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。