彼女が泣いた…!同じ経験を持つ男性100人が実践した対処法

彼女,泣いた

彼女が泣いた時は自分もパニックになってしまいますよね。どう対応したらよいかもわからず何も出来なくて後悔してしまう事も…

大好きな彼女が泣いている状況だからこそ、彼女として上手に対応してあげる方法を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女が泣いた時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

彼女が泣いた時の対処法ランキング

まずは、彼女が泣いた時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女が泣いた時の対処法』によると、1位は『何も言わずに寄り添う』、2位は『話を聞いて共感するようにする』、3位は『もし自分が原因なら謝罪する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女が泣いた時の対処法

男性100人に聞いた彼女が泣いた時の対処法では、1位の『何も言わずに寄り添う』が約24%、2位の『話を聞いて共感するようにする』が約24%、3位の『もし自分が原因なら謝罪する』が約12%となっており、1~3位で約60%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女が泣いた時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】何も言わずに寄り添う

何も言わずに寄り添う

真剣に心配しているのが伝わるように気をつける

とにかくしっかりと、真剣に心配している態度を示してあげることが大事です。

「大丈夫?」と言って抱きしめてあげるようにすると、彼女の気持ちはだんだんと落ち着きを取り戻していきます。

そして彼女がいろいろ話し出したら、とにかく聞く耳を立てて、しっかりと聞いてあげることが大事です。

一言で言えば、彼女のすべてを包みこんであげるくらいの感覚で接するのです。

40代後半/自営業/男性

まず理由を聞き泣き止まなかったらそっと抱きしめる

年上の彼女の話です。彼女はプライドが高く、頑張り屋ですぐ無理をしてしまう性格なのですが、子育て、仕事、恋愛と考える事が多い日々の中で疲れてしまったのか、ちょっとした言い合いから喧嘩になってしまいました。

そして、突然大泣きしました。理由をこちらが聞いても、ずっと泣き止みませんでした。なので、とりあえず抱きしめて、落ち着くまでそのままでいました。

10分ぐらいの時間が経った後、彼女が泣き止んだので、それから理由を聞き、自分は目を見ながら話を聞きました。

彼女は、話を人にした事で満足したのか、『ヨシ!』といい笑顔になり、お互いに謝って仲直りしました。

女性は男性より、感受性が豊かだと思うので、まず泣くほど心にショックなことがあったのかと話を聞いてあげる事が大切だと思います。

そして、そのときは否定する事なく、まずその話を受け止めるようにします。

それから、「他にはなにかある?」と掘り下げてあげると、心が落ち着くように思います。

30代前半/不動産・建設系/男性

理由は聞かないでまずは寄り添ってあげる

離婚した同士で付き合っているのですが、お互いの子供が付き合うことに賛成していないことに悩んでいました。

彼女はこの状況に疲れてしまったようで、電話をしたときに「自信がないから付き合えない」と泣き出してしまいました。

この時に、理由を聞くでもなく責めることもなく、「大変だったね、辛かったね」と伝えて、「好きにしていいよ。ただ俺は好きだからいつまでも待てるよ」と言いました。

彼女はそれが良かったのか、すぐに落ち着いて、僕に対する信頼感も上がったようです。まず寄り添ってあげる事が大事です。

50代後半/商社系/男性

喧嘩で泣いてしまった場合はただ沈黙するのが一番良い

事情があって会えなかったときに「私ばかり会いたいと思ってる。あなたは私に会いたいと思っていない。」と、泣きながらに言われたことがあります。

正直その時は仕事も忙しく、彼女の優先順位は低くなってしまっていました。

そんな時に何を話しても、言い訳にしか聞こえないみたいです。謝りましたが、それすら否定されました。

結果、沈黙することがいちばん事を荒げない対策として有用でした。

時間を置いてから「僕の話を聞いてほしい」と言うと、スムーズに話し合うことができました。

20代後半/医療・福祉系/男性

落ち着くまでそばにいて静かに見守った

仕事のことで失敗が続き、落ち込んでいた彼女は、外で会うときは元気そうに振る舞うものの、二人になると泣き出しました。

私は、言葉をかけるよりも静かに見守ってみることも大事だと思うので、泣かせたいだけ泣かせてあげました。

しばらくすると落ち着いた様子で、話を詳しく聞かせてくれました。

その後は、気持ちがすっきりしたのか表情が明るくなりました。

20代後半/IT・通信系/男性

話を聞いて落ち着くまで一緒にいた。

大学生の時にお付き合いしていた彼女が、バイトの店長とそりがあわず、仕事中によく怒鳴られていたそうです。

最初の方は「全然我慢できる」と言っていたのですが、怒鳴られ始めて1ヶ月くらいしてバイトの話をしていると、急に彼女が泣き始めました。

僕はただ話を聞いて一緒にいただけなのですが、「だいぶ楽になった。一緒にいてくれてありがとう。」と言われました。

何かいい言葉をかけなくても、ただ一緒にいるだけでも恋人の心が楽になると思います。

20代前半/医療・福祉系/男性

無理に理由は聞かず彼女が話せるタイミングまで待つ

無理になぜ泣いているのかは聞かず、彼女が話せるタイミングになるまで寄り添い、待つようにしています。

ある程度、彼女が落ち着いて話せるようになったら、私自身も落ち込んだ時は意見を述べられるよりもただ話を聞いてほしいタイプのため、彼女にもそうするようにしています。

もちろん、何か解決策を探しているのであれば一緒に探します。

話をしても気分が優れない場合は、気分転換になるようなことをしたり、彼女は眠ると忘れるタイプなので就寝します。

20代後半/自営業/男性

言葉よりもとにかくそばにいてあげる

女性によっても違うとは思いますが、特に寂しがり屋さんな女性に有効なのが、とにかくそばにいてあげることです。

いろいろな慰めの言葉や優しい言葉なども必要かと思いますが、それとは別に、そっとそばにいてあげるだけで、次第に心が落ち着き、涙も止まっていくと思います。

あまり言葉を発しすぎると逆効果になるので、言葉は程ほどがいいと思います。

40代前半/サービス系/男性

【2位】話を聞いて共感するようにする

話を聞いて共感するようにする

アドバイスや茶化すのはやめて話をひたすら聞く!

昔、励ましてあげようとしてアドバイスをしたり、茶化して笑わせようとしたところ、「そういう気分じゃない。」と、余計悪い雰囲気にさせてしまったことがあります。

それを教訓に、その後はとりあえず話をひたすら聞き、話す内容に相槌を打ち、全て肯定しています。

時間が経てば気持ちも落ち着いてくるみたいなので、効果的だと思います。

20代前半/大学生/男性

取り敢えず泣き止んでもらってからしっかりと話を聞く!

過去に付き合っていて彼女と大喧嘩をしてしまった際に、彼女が大泣きしてしまいました。

その時、僕はとりあえず彼女を泣き止ませ、一度息を整えて落ち着いてもらうように努めました。

その際、彼女を愛おしく思い、ずっとハグしていました。そして泣き止んだ後は、彼女の言うことをしっかりと聞き、お互い納得し合う形で話し合いをして仲直りしました。

20代後半/商社系/男性

彼女が落ち着くまでずっと話を聞く

私の彼女は4つも年下で、現在も大学に通っています。

そのため、二人の流れる時間や労働やお金に対しての価値観がそもそも合っていないので、二人の間で考えの異なる点があります。

そのためか、たまに彼女から『仕事と私どっちが大事なのよ!』と盛大に泣かれる時があります。

そういう時は大抵、彼女なりに我慢したり耐えてきたものが一気に爆発して、自分でもどうしていいかわからない時なので、彼女が落ち着くまで話をずっと聞くようにしています。

20代前半/商社系/男性

じっくり話を聞いてあげて肯定してあげる

彼女が、就活に対する不安で泣いてしまったことがありました。これは私にはどうすることもできない問題です。

それを踏まえた上で、私にできることは何かを考えた結果、彼女の不安な感情を全部受け止めてあげて、それから彼女の今までの努力、心構えなどをすべて肯定してあげることにしました。

そうすることで不安も少しは減ったのか、再び前を向くことができたようです。

20代前半/メーカー系/男性

とりあえず泣き止むまで慰めながら話を聞き続ける

彼女が突然泣き始めたとき、理由が思い当たらなかったため、まずは泣き止むまで、何があったのか聞き出しながら話を聞くことにしました。

すると、どうやら僕が、最近バイト先で一緒になることが多い後輩の女の子と連絡を頻繁に取っていることに不安になり、泣いたようでした。

僕としては相手の相談に乗っているだけで、異性として意識していなかったことと、彼女以外の女性には異性を意識することがないということを伝えました。

そして、そのことを彼女もわかっていると思っていたので、何も気にしていなかったことが原因だと反省しました。

不安を取り除くことが大事だと思ったので、彼女のことが大好きだとひたすら伝え続けているうちに、「そんなに好き好き言って、バカじゃないの」と、彼女も笑い始め、仲直りできました。

相手を信頼しすぎて、配慮が欠けていたのだと反省しました。

どんなに信頼し合っていても、定期的に気持ちを伝えあうことは大事です!!

20代後半/大学生/男性

とにかく彼女が話し尽くすまで聞いてあげた

仕事中に同僚と大きなケンカをしてしまったそうです。

普段はお昼休憩を毎回一緒にとるくらい仲が良いらしく、帰ってくるや否や泣いていました。

私は、とにかく話を出し切るまで聞いてあげました。その上で、何が原因だったのか、落ち着いてきたタイミングで聞いてみました。

すると、彼女も何が原因かはやんわりわかっていたみたいなので、その原因を次に起きないようにどうするか、またこれから友人と話合い、関係性をどう築き直すかを一緒に話しました。

明日は頑張って、彼女の方から話しかけに行くそうです!

20代後半/サービス系/男性

話を聞いて意見するのではなく共感するようにする

彼女の気持ちが不安定なときに泣いてしまうことがたまにあります。

そういうときには、まず話を聞きながら落ち着くのを待った後で、意見を言ったり否定的なことは言わず、共感したり相槌を打つようにしています。

必要に応じて軽くアドバイスするときもありますが、言いすぎるとまた泣いてしまうので、気を付けています。

その後は相手を気遣って、身の回りのことを手伝ったりして二人の時間を多くとるようにします!

20代前半/大学生/男性

溜め込むのは良くないのでまずは話を聞いて共感してあげる

泣いているという事は、辛い事があった証拠です。

辛い事があった時に溜め込んでしまうのはいちばん良くないです。なので、まずは聞いてあげましょう。

人間というのは、人に共感してもらうと凄く嬉しくなるものです。例え面倒だと思っても、とにかく丁寧に落ち着いて聞いてあげます。自分の意見を述べるのではなく聞くのです。

そうすれば、彼女も少しは楽になるのではないかなと思います。その後は美味しいものを一緒に食べて、一緒に寝るのがいちばんです!

20代前半/サービス系/男性