彼女を傷つけずに振る方法は?男性100人が実践した別れ方

彼女,振る,方法

彼女を振る決断をした時は辛いもの。だからこそ、自分から別れを伝える場合は彼女を傷つけないように言葉や理由をしっかりと選ぶ必要があります。

今の時代、別れ話もLINEや電話ですることが多くなっていますが、2人の関係が終わる時だからこそ誠意が伝わる別れ方をしたいと考える男性も多いのではないでしょうか。

この記事では、男性100人による彼女を傷つけないで振る方法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

彼女を傷つけないように振った方法ランキング

まずは、彼女を傷つけないように振った方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女を傷つけないように振った方法』によると、1位は『連絡の回数を徐々に減らした』、2位は『本当の理由は隠して別の理由を告げた』、3位は『お互いに前向きになれるよう配慮した』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女を傷つけないように振った方法

男性100人に聞いた彼女を傷つけないように振った方法では、1位の『連絡の回数を徐々に減らした』が約24%、2位の『本当の理由は隠して別の理由を告げた』が約13%、3位の『お互いに前向きになれるよう配慮した』が約12%となっており、1~3位で約49%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女を傷つけないように振った方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】連絡の回数を徐々に減らした

連絡の回数を徐々に減らした

直接話すと相手が悲しむと思ったので別れ話をせずに自然消滅した

高校生時代に一年ほど付き合っていたのですが、最初から長く付き合う気は無く結婚も考えられなかったので、学生から社会人になるタイミングで上京を決意し、別れ話をせずに自然消滅となりました。

女性は立ち直りが早く容姿や性格も良い方だったので、直ぐに新しい彼氏が見つかりそなのもあって、自分が身を引くことにより後腐れなく自然に別れることが出来ました。

直接別れ話をすると相手が悲しむので、友達のように接して、自分への関心を徐々に無くしていくことが、相手の為にも良いと思います。

20代後半/サービス系/男性

理由は告げずに会う回数を少なくしていった

学生時時代にお付き合いしていた彼女がいました。

家で毎日会っていましたが、だんだんと重さを感じてしまいました。結局会う頻度が少しずつ減り、別れることになりました。

彼女には申し訳ないと思いながらも、また違うスタートができたと前向きな気持ちになりました。

今でも、自宅でたくさんの家事をやってくれたことを感謝しています。

20代後半/自営業/男性

時間をかけて連絡の頻度を徐々に減らしていった

3つ年上の方と1年程度付き合っていまいた。

社会人となり3ヶ月の頃、別れを伝えました。

別れた理由は、私の仕事上、日中はラインの返事をすることが難しかったのですが、彼女の束縛が激しく、連絡の頻度について意見をもらうことが多くありました。

正直キツかったです。私も入社してすぐだったので大変でした。

私は、付き合う時も別れる時も、必ず会って伝えることを決めていました。しかし、束縛が激しい方でしたので、約1ヶ月時間をかけて連絡の頻度を抑え、会う頻度を減らし、相手が感づいてくれるような時間の使い方をしました。

相手をしないことに対して文句を言われることもありましたが、ある日「私は仕事の関係でこの頻度しか返すことができない。わかってもらいたい」と伝えてみました。

しかし、結局3日坊主になってしまし、それもできませんでした。なので「少し距離を置きたい。お互いのために一度友達に戻って欲しい」とお願いして別れました。

時間はかかりましたが、理解してもらえたので、別れを伝えた後は特に問題にならなかったのでよかったです。

20代後半/サービス系/男性

少しずつ会う回数と連絡の回数を減らすようにした

年下の彼女と付き合っていた時のことです。

付き合い始めて3年経ち、倦怠感的な空気が漂い始めていました。

ただ彼女はそれでも「一緒にいると幸せだ」と言ってくれていたのですが、僕としてはもう気持ちが冷めてしまっていたのです。

とはいえ、振るのも気が引けたので、少しずつ会う回数と連絡回数を減らすようにして、冷たくもそっけなくもないような距離を保つようにしていました。

その内に彼女から連絡が来ることも少なくなったので、頃合いを見はからって別れ話をしました。

20代後半/自営業/男性

連絡頻度を下げて冷めてることを察してもらった

1つ年上の彼女と付き合っていた頃、私は仕事が忙しくて精神的にも疲れていました。

しかし彼女はとても構ってちゃんだったのもあり、毎日電話やマメな連絡を欲していました。

私は仕事の疲れで、1人の時間がもっと欲しかったので、それが少しずつストレスになっていきました。

そして、最終的にはそういった理由で別れました。少しずつ連絡頻度を下げていきました。

過剰な嫉妬や連絡の催促は、とてもストレスになるものだとわかりました。

20代後半/メーカー系/男性

【2位】本当の理由は隠して別の理由を告げた

本当の理由は隠して別の理由を告げた

やりたい夢があると言って別れを告げた

私自身、まだ若いという事もあり、まだモテると勘違いしてしまって、彼女を振ってしまった事があります。

その際には、主に「やりたい仕事や夢が見つかったので1人でゆっくり時間をかけて物事に取り組みたいから、今はお付き合いする気分じゃない。本当に申し訳ない」とお伝えしていました。

彼女は本当にいい人で、かけがえのない方です。感謝を伝えたくても、今はもう伝えられないのが心残りです。

20代前半/サービス系/男性

結婚する気はないと言えなかったので夢を頑張りたいと言った

年下の彼女と付き合っている時、彼女は早く結婚したいようでしたが、僕には夢があり結婚する気はありませんでした。

彼女は常に「会いたい、寂しい」などと言ってきたため、「今夢があって、付き合いながらだとお互い中途半端になり、傷つけてしまう。あなたの傷つく顔を見たくないので別れよう」と正直に話をしました。

すると彼女は、「夢を応援する」と心から伝えてくれて円満に別れることができ、今ではお互いなんでも言い合える、良き友達になりました。

20代前半/サービス系/男性

本当の理由は伝えずに部活に専念したいと伝えた

毎日、連絡や電話をしないと嫌だという彼女がいました。

最初は相手に合わせて対応していたのですが、だんだん重いと感じるようになりました。

そこで、部活の練習が忙しいのを理由に連絡しなかったり、会わなかったりしましたが、その事さえ面倒になっていき、最後は部活を理由に別れました。

別れ話の時はいろいろありましたが、最終的にはお互い納得して別れることができました。

30代前半/メーカー系/男性