彼女に悩み相談できない…同じ経験を持つ男性100人の対処法

彼女,悩み

悩み事があれば彼女に相談したいもの。それなのに彼女に悩み相談が出来ないと辛いですよね。

長く付き合っていくためにも悩みを言い合える関係になりたいからこそ、彼女に悩みを相談できないときの対処法を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女に悩みを相談できない時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

彼女に悩みが言えない時の対処法ランキング

まずは、彼女に悩みが言えない時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女に悩みが言えない時の対処法』によると、1位は『思い切って正直に打ち明けた』、2位は『相談しやすい雰囲気を作り出す』、3位は『まずは自分で考えてみた』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女に悩みが言えない時の対処法

男性100人に聞いた彼女に悩みが言えない時の対処法では、1位の『思い切って正直に打ち明けた』が約26%、2位の『相談しやすい雰囲気を作り出す』が約17%、3位の『まずは自分で考えてみた』が約12%となっており、1~3位で約55%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女に悩みが言えない時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】思い切って正直に打ち明けた

思い切って正直に打ち明けた

素直に自分の気持ちを伝えることが大切である

嫌われることを恐れるよりも、正直に自分のことを話すことが大事かなと自分は思いました。

悩みを気軽に相談できる相手であれば、いろいろな問題や解決策を導き出すことができる、とても良い関係になると思います。

きちんと自分の気持ちをしっかり伝えて、悩みがあればすぐに相談できる関係になれば、どんなことも解決できるパートナーになると思います。

20代前半/金融・保険系/男性

相手も悩ませていしまっていたことに気づき意を決して正直に話した

私はもともとすごく緊張するタイプで、手汗がひどい人間です。なので、手をつなぐことがすごく嫌いで、彼女とも一度もつないだことがありませんでした。

手汗がすごい事もばれたくなくて、さりげなく避けていました。すると、彼女は「私のこと、本当は嫌いなんじゃないか」と友達に相談していたらしく、悩んでしまっていたようです。

相手は何も悪くないのに悩ませていたことに罪悪感を感じ、意を決して手汗のことを話しました。すると、「そんなこと気にしない」と言ってくれて、彼女の方から手をつないできました。

心のとげがとれたようでした。なんてしょうもないことで悩んでいたんだろうな、と今は思います。ちなみに、その女性は現在の妻です。

30代前半/サービス系/男性

心配かけまいとするほど周りの人は心配してしまうと胸に刻む

私は悩みを見せてはいけないとか、周囲に心配をかけてはならないと思っていて、悩みごとがあっても何もないふりをしてきました。

しかし、ある時「心配かけまいとするほど周囲の人はかえって心配するんだよ」と、当時の彼女(現在の妻)に言われて、それからは悩んでいることを打ち明けるようになりました。

結果として、それまで以上に妻と分かり合えるようになったので、良かったと思います。

30代前半/不動産・建設系/男性

悩みが小さいうちに解決して重くなりすぎるのを防ぐ

昔の彼女と付き合っていた頃、相手が浪人生という事情もあり、気を遣うことが多くて、2人の関係に関する悩みをほとんど相談できませんでした。

その結果、相手には自分の悩みは伝わらず、相手も自分のことで精いっぱいだったようで、すれ違いを感じることも多くなりました。

そして、徐々に溝が深くなっていき、最後は喧嘩別れになってしまいました。

今思えば、お互いに初めての恋人で、距離感が掴めず不器用だったのもあると思います。

悩みは小さいうちに解決して、重くなりすぎるのを防いだ方が良いと思います。

20代前半/大学生/男性

彼女のことを信頼して話してみる!

彼女と間もなく結婚を考える年になってきたときでした。その頃、私の仕事がうまくいっていませんでした。また、自分のやりたいことがあり、転職を考えていました。

それを彼女になかなか話すことができず、困っていました。

しかし、友達にちゃんとその旨を伝えるべきだと言われ、彼女のことを信じて話してみました。

そしたら、あっさり「仕事を辞めても、どこかでちゃんと働いてくれればいいです。」というお言葉をいただき、自分の心の小ささに気づかされたことがありました。

なので、しっかり彼女を信じて、どんな悩みでも話すべきだと思いました。

20代後半/流通・小売系/男性

【2位】相談しやすい雰囲気を作り出す

相談しやすい雰囲気を作り出す

お酒の力を借りて伝える

お互いを尊重し、思いやりある行動ができるように留意しています。

パートナーに言えない悩みは、お酒の力を借りて伝えることが多くあります。

「お酒の力」と聞くと否定的に思われますが、2人で晩酌をすることがルーティーンになっている私たちにとって、1日の終わりに話し合うことはとても大切な時間になっています。自分の悩みは、お互いの悩みだと思います。

20代後半/自営業/男性

旅行に誘って非日常空間の中でしっかり話し合いをした

結婚してから仕事が忙しくなってきて、嫁に出来るだけ家のことを任せたいと思っていたのですが、嫁も一応事務職の仕事をしていたので、なかなか切り出せずにいました。

今時、女は家を守って男は稼ぐというような古い価値観を伝えてギクシャクしても、と思っていましたが、このままモヤモヤしながら過ごしていても楽しくないし、幸せにはなれないと思って、旅行に誘って非日常空間の中で今後の人生について話し合うことにしました。

そうしたら、嫁も実はいろいろと思うところがあって、子供を作って仕事を辞めたいということがわかりました。

日々の生活から離れた場所でリラックス出来たことも、話し合うきっかけになったのかなと思います。

そして、自分が二人の関係性に悩んでいる時は、意外と相手も同じように悩んでいることもあるのだろうなと思い、それからは何かあれば話し合うようになりました。

30代後半/IT・通信系/男性

普段とは違う場所に連れて行って何気なく聞いてみる

普段一緒にいると、些細な行動に気が付きにくくなります。

そんな時に、共通の友人よから彼女が悩んでいるということを聞きました。

それを聞いてから改めて彼女を観察してみると、普段とは違うような表情を浮かべることがありました。

いつもと同じ環境だと話しにくい部分もあるだろうと思い、車でドライブに行って環境を変え、密室で「何かあったの?」とさりげなく聞くことで、悩みを打ち明けてもらいました。

30代後半/医療・福祉系/男性