彼女を部屋に呼ぶ!男性100人が教える注意点とアドバイス

彼女,部屋に呼ぶ

彼女を部屋に呼ぶときってドキドキ緊張しますよね。特に最初の頃だと何を準備したらいいのか分からなくなってしまったり、彼女が部屋に来てから何をして一緒に過ごしたらよいのか分からなくなってしまう事も。

せっかく彼女を部屋に呼ぶからこそ、終始楽しく仲良く過ごすための注意点やアドバイスを事前に知っておきたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男性100人による彼女を部屋に呼ぶ時のアドバイスを体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

彼女を部屋に呼ぶときの注意点ランキング

まずは、彼女を部屋に呼ぶときの注意点ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女を部屋に呼ぶときの注意点』によると、1位は『居心地の良さを意識する』、2位は『彼女に誤解されないようにする』、3位は『徹底的に掃除する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女を部屋に呼ぶときの注意点

男性100人に聞いた彼女を部屋に呼ぶときの注意点では、1位の『居心地の良さを意識する』が約21%、2位の『彼女に誤解されないようにする』が約21%、3位の『徹底的に掃除する』が約19%となっており、1~3位で約61%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女を部屋に呼ぶときの注意点を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】居心地の良さを意識する

居心地の良さを意識する

彼女が過ごしやすいことを第一に考える

自分ではわかりづらいのが「自分の部屋の匂い」です。対策としては長時間換気し、一旦リセットした上でアロマ等利用するのがおすすめです。

また、自分の視界に入る高い位置の汚れは気づきやすいですが、自分の視界になく彼女の視界には入る場所、つまり低い位置が盲点となりがちです。一度、腰をかがめたりして部屋を見回してみると、部屋の隅等だけに限らず、意外な位置の汚れが見えてきます。

ただ、あまり過剰にきれいにしすぎると、逆にくつろげなかったり、キレイ度のハードルを上げてしまい、彼女が負担に感じてしまうこともあるので、適度に生活感を残しておきましょう。

女性は化粧品をはじめ、細かに利用する持ち物を持っているため、身近なところにバッグや私物があると安心するので、彼女が荷物を置く場所を速やかに示してあげると、都度都度気も遣わず安心します。また、トイレの場所や、冷蔵庫・水道の利用など、自由に利用してよいとわかるだけでリラックスします。

過去のアルバムや本・雑誌など、外では知れない一面を見せると、相手も新鮮だと思います。他に、退屈や気まずくなる可能性がないよう、娯楽アイテムを配置しておくだけでもよいでしょう。

最後に、自身がいつも通り快適に過ごしていることで彼女の緊張もほぐれますので、あまり慣れないレベルまできれいにしすぎない方が良いかと思います(笑)。

30代前半/自営業/男性

部屋のテーマを決めて、居心地の良さを演出する

僕が彼女を部屋に呼ぶときに気をつけてるのは以下の3点です。

1つ目は玄関をキレイに維持できるようにしておくことです。玄関が一番最初に入るスペースになるので気をつけてます。

風水でも玄関をキレイにしておくと、幸運をもたらすような効果もあるみたいなので、ぜひ最優先でキレイにしてみてください。

2つ目は部屋の匂いに気をつけることです。僕は空気清浄機を置いてみたり、芳香剤・お香を置いてます。空気清浄機は花粉対策で置いてみましたが、女性にも部屋にあると安心するアイテムになります。

芳香剤・お香は匂い対策とリラクゼーション効果を兼ねてますが、話のネタにもなりますので参考にしてみてください。

3点目はトイレをキレイにすることです。彼女が来る前には掃除をして、清潔感を保つようにしてます。便座カバーやトイレマットの色を統一をしたり、簡単な造花や植物を置いたりしてちょっとだけ個性を出しています。

20代後半/サービス系/男性

隅々まで気を配り、あらゆる準備をしておく

まず掃除は徹底しましょう。特に水回りを綺麗にして、シンクや洗面台なども水滴一つ残さず磨き、スリッパも新しいものを用意します。

玄関やトイレ、部屋などはディフューザーで香りも意識し、ソファ、クッションなども心地よいものを用意しておきます。

彼女と一緒に楽しめるように、映画やゲーム、料理など、彼女が好きなものをしっかりリサーチした上で準備しましょう。

音楽も要望があればすぐに流せるように、スピーカーAIなどを取り入れると便利です。

とにかく隅々まで気を配り、リラックスできて、一緒に楽しめる空間を一番意識します。

30代前半/自営業/男性

多少生活感も出し、居心地の良い空間を演出する

私の場合ですが、玄関は靴を2足置き、トイレ・キッチン等の水回りを綺麗にします。

部屋はTHANNのフレグランスミストを全体的にかけて良い匂いにしておき、映画のDVDを綺麗に並べて映画好きをアピール、サブカル感を出します。

テーブルはガラスなので綺麗に掃除をして、飼っているハムスターの家の掃除も忘れずに行います。

多少生活感も出し、居心地の良い空間を演出するように努力します。

20代後半/サービス系/男性

冷蔵庫の中身を整理整頓する

私はいつも、家庭的で料理上手な彼女にご飯を作ってもらっています。そこで彼女を部屋に呼ぶときは、冷蔵庫の中身を整理し充実させることを意識しています。

外食を好まない彼女にとって、冷蔵庫の中身は命でもあります。なので、使い勝手の良い庫内を整えることで、彼女のモチベーションも上がると思っています。

おそらく彼女も気づいているとは思いますが、私は作ってほしいものの材料を、事前にこっそり冷蔵庫に入れています。日々、水面下での戦いが起きています(笑)。

20代後半/自営業/男性

【2位】彼女に誤解されないようにする

彼女に誤解されないようにする

綺麗に掃除し、元カノなど「他の女性」を感じさせるものを置かない

前日にリビングとトイレの清掃を行います。リビングの清掃の際はコロコロと掃除機をかけることをお勧めします。

また、トイレの清掃の時はトイレットペーパーの確認を必ず行って下さい。ない場合、大変不便なことになります。忘れることが多いですが、トイレの蓋も閉めると良いと思います。

なお、元カノの物や女の子向けのようなコップなどは、事前に片づけるか処分しています。これが見つかると、彼女を嫌な気持ちにさせたり、疑われたりとロクなことになりません。

同じ理由で、匂いが良すぎる芳香剤も「他にも女の子が来ているのかな」と疑われてしまう可能性もあるので、消臭剤などのニオイ消しがよいかと思います。

あとは、手持ち無沙汰になると気まずいので、お菓子や飲み物を用意していると何かと便利かと思います。

20代後半/商社系/男性

適度に掃除する

元々彼女ができる前は、面倒くさがりな性格のため部屋が散らかっていました。

せっかくできた彼女を部屋に呼ぶ際、さすがにこれでは引かれてしまうと思い、彼女が来る前はフローリングのごみを取ったり、水回りを洗ったり、散らかっているものを棚に入れたりしていました。

ピカピカにしなくても、大きなごみがあったり部屋が散らかっていたりということがなければ、特に指摘はされませんでした。

ある番組で言われていたことですが、ごみ出しの日ではないのに部屋に全くごみが見当たらないなどは、逆に他の女性の存在を疑われることがあるようなので、掃除をする際には注意が必要だと思いました。

30代前半/医療・福祉系/男性

他の女性を連想させる物を置かないなど、隅々まで配慮する

玄関に入った時、汚れていたり靴が散乱していると引く方もいますので、きちんと靴は揃えておきます。色や種類によって揃えると印象が良いです。

ワンルームなど狭い部屋の場合だと、布団が敷きっぱなしだったりするので、洗濯物同様に必ず畳んでおきます。ここは需要なポイントで、特に布団の場合は下心があると勘違いされる場合もあります。

お風呂やお手洗い、水回りは綺麗にしておくべきですが、あまりに綺麗過ぎると、逆に完璧すぎて彼女が引いてしまう場合があるので気を付けて程々にします。

そして需要な点としては、昔お付き合いしていた女性に関する物は捨てておきます。これは男女関係なく気持ちのいいものではありませんので必須です。

意外な盲点としてはペットです。爬虫類などは特に嫌がる女性もいます。

私の場合は熱帯魚を飼ってましたが、彼女が生き物に全然興味がない方でしたので、「熱帯魚とかペットを飼うの嫌だから、趣味が合わないよね・・・」と言われた事があります。まあこちらに関しては、家に呼ぶ前に聞いておくことをお勧めします。

最後に家族写真を飾っておくことで、結婚したら同じように家族写真や子供の写真など飾ってくれるんだなと想像できるので、相手に安心感を持ってもらえます。

40代前半/IT・通信系/男性

凝った調味料や調理器具は処分しておく

貴方が普段から料理が得意であることを公言しているのでなければ、あまり一般的でない馴染みの薄い調味料等は彼女の目に入れないことが大切です。

キッチンに変わったものがあると、それを見た彼女は別の女性の影をどうしても疑ってしまいます。一度怪しんでしまうと、仮に自身で使っていたとしてもそれを証明することは難しくなります。

男性の為に手料理を振る舞ってあげたいと考える女性は多いため、彼女が使いやすい調理器具を一緒に買いに行くなどして、また部屋に呼ぶ口実を作るのもオススメです!

30代前半/大学生/男性

最低限の清潔ラインは死守した上で、飾りすぎない空間作りをする

彼女を部屋に呼ぶときに一番に注意することは「元カノの気配はすべて消すこと」です。自分の部屋の中にある物たちと今一度向き合って、どんな経路で入手したのかを思い返してください。

自分にとっては部屋の景色の一部でも、初めて部屋を訪れる彼女にとってはすべてが未知です。何の気なしに飾っていたマスコットや、洗面所に置きっぱなしの化粧水などが地雷となることもあります。十分に注意しながら片づけを進めることが大事です。

また、清潔感についても要注意で、水回りの綺麗さはマストです。男性は立って用を足す方が大半だと思いますが、女性はそこに座ります。そのため、トイレは便座やウォシュレットのパネルまでしっかりと綺麗にするべきです。

洗面所の鏡や洗面台も要注意です。市販のメラミンスポンジで簡単に掃除できますので、彼女を呼ぶことをきっかけに掃除のクセを付けてしまうのもおすすめです。

部屋の綺麗さについては、ゴミがない、掃除機がかけられているなど、最低限こなしてあれば問題ないです。

隅々まで掃除されていて、棚も整頓が行き届いている上、ルームフレグランスでいい匂いがする、なんてお部屋は、2回目以降のお家デートのハードルを上げてしまいます。ありのままの自分をさらけ出すつもりで覚悟を決めてしまうのが一番です。

部屋での過ごし方については、退屈しすぎないよう、2人で楽しめるものを用意するのがお勧めです。映画や撮りためたテレビ番組でもいいですし、2人で遊べるボードゲームなんかがあっても楽しいですよ。

もし家にそういったものがなければ、事前に用意するより彼女と一緒に選びに行く方がいいかもしれません。

用意が良すぎるのも「慣れ」を感じさせてしまうので、注意が必要です。

考えることが多く大変ですが、お家デートが成功すれば、2人の仲はグッと縮まりますよ!

20代前半/サービス系/男性

浮気を疑われる恐れのある要素はあらかじめ排除する

アイドルファンの方は、あからさまなアイドルグッズを置いていてドン引きされないように気を付けましょう。

あとは友人など、彼女以外の女性を呼んだあとは、長い髪の毛が部屋に落ちていないか入念にチェックします!

部屋をキレイにしすぎると、逆に目立って浮気を疑われる恐れがあるため注意です。

20代後半/メーカー系/男性