彼氏から愛情表現が少ない…同じ経験を持つ女性100人の対処法

彼氏,愛情表現,少ない

彼氏と付き合っているのに愛情表現が少ないと、「あまり私の事は好きじゃないのかな…」と寂しくて不安になりますよね。

「もっと愛情表現をして!」とは中々言えないからこそ、彼氏の愛情表現が少ないときでも上手に対応する方法が知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏の愛情表現が少ないときの対処法を体験談と共にご紹介しています。

彼氏から愛情表現が少ない時の対処法ランキング

まずは、彼氏から愛情表現が少ない時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏から愛情表現が少ない時の対処法』によると、1位は『素直な気持ちを伝える』、2位は『自分から行動してみる』、3位は『あえて距離を置く』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏から愛情表現が少ない時の対処法

女性100人に聞いた彼氏から愛情表現が少ない時の対処法では、1位の『素直な気持ちを伝える』が約26.4%、2位の『自分から行動してみる』が約24.2%、3位の『あえて距離を置く』が約10.1%となっており、1~3位で約60.7%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で彼氏から愛情表現が少ない時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】素直な気持ちを伝える

素直な気持ちを伝える

寂しかったので拗ねた振りをしてみた

さばさばした男らしい彼氏と付き合ったときの話です。

私はどちらかというと女らしいタイプで、彼は元柔道部ということもあって、その体格に見合ったさばさばした性格をしていました。

こちらから甘えても、彼氏は相手にしてくれないことが多くて寂しかったので、試しに拗ねてみました。

いつもは甘えてくる私が拗ねて近寄らなくなったことに気づいた彼氏は「どうしたんだ?」とおろおろ。その様子がおかしくて笑ってしまったら、彼氏も一緒に笑って「こんな性格だからどうしたらいいのかわからないんだ」と謝ってくれました。

それからは構ってくれない時には拗ねた振りをして、ラブラブになりましたよ!

30代前半/自営業/女性

「愛情表現が少ないけれども、それについてどう思うの?」と素直に聞く

自分が彼にプレゼントをあげても、相手からは何も返ってこず、愛情表現や好きだという言葉も言ってもらえません。

そんな関係にやや腹が立って、「それってどうなの?」と膝を突き合わせて聞いたことがあります。

彼には自覚がなかった上、彼女にそんなことをする意味はないと思っていたようなので、ここまで価値観が違うと付き合っていても無駄だと思い、円満に別れました。

20代後半/IT・通信系/女性

思っていることを言い、二人で解決方法を探す

同棲3年目です。オンラインゲームが好きな彼は、少し前までは3日に1日は私と過ごす日を作ってくれましたが、ここ最近は毎日、昼間起きて夕方から朝までゲームをしていました。

彼は寝室でゲームをしているため、早寝早起きの私は毎晩、彼が漏らす笑い声やカチカチ音で眠れなくなり、ストレスが溜まっていました。

このままではいけないと決心し、思っていることをぶつけました。すると彼も不満だったことを打ち明けてくれて、私の生活態度にも悪いところがあったなと反省しました。

それからは思ったことはすぐに言い合い、一緒に住んでいるからこそ解決方法を探すようになり、今ではとても仲良しになっています。

思っていることを言い、二人で解決方法を探すのが一番だと思います。

20代後半/IT・通信系/女性

正直に意見を述べた

以前付き合っていた彼は、とにかく愛情表現が少ない上、下手でした(笑)。

寡黙だけど私に優しい態度を取ってくれたから距離が縮まり、付き合うことになったのですが、半年が経って慣れてきたはずなのに愛情表現が少ないので、「私のように愛情表現したほうが、もっとあなたを好きになる」と、意見してみました。

するとそれが響いたようで、少しずつ私に愛情をプレゼントしてくれるようになりました。

30代前半/サービス系/女性

素直にさみしいと伝える

そんなに器用ではなく、恋愛よりも仕事を優先してしまう私。だからこそ、愛情表現は大切にしていました。

でも、彼は仕事が忙しいと愛情表現がなくなる一方です。負担にはなりたくないけど、さすがに不安になりました。

そこで私は「愛情表現ないのはさみしいよ!お互い仕事があるし、会えない時もあるけど、だからこそ愛情表現大事だと思うの!」と素直に伝えました。

すると、彼も「そうだよね、ごめんね。」と言って気を付けてくれるようになりました!

あまり意地を張らずに素直に伝えることは大事だなと思いました。

30代前半/サービス系/女性

愛情表現をしてほしいと伝える

当時の彼は15歳も年上だったので、落ち着いており愛情表現が少なく寂しい思いをしていました。

しかし一人で悶々としていたところで、こちらが愛情表現を欲していることを彼は知らないので解決しません。

そこで、勇気を出して「私はたくさん愛情を感じたいタイプなの。」と彼に伝えたのです。

すると彼は「愛情表現すると大人げないと思われるかと考えて控えていたんだよ。」と本音を教えてくれ、それ以降は沢山の愛情を伝えてくれるようになりました。

30代前半/サービス系/女性

彼のプライドを傷つけないように話し合いをした

お互いに予定を詰めてしまう性格だったので、彼と会えない時も多くありました。

デート終わりに次に会う日を決める事も多かったですが、そうでない時が増えると不安にもなりました。

また、会えていてもお互い仕事で疲れていて、映画やDVDを見ながら寝てしまうことも多く、このままだと倦怠期に陥ってしまうと危機感を持ちました。

全ては彼のハードすぎる仕事が原因でしたので、相手を尊重した上で話し合いをし、彼のプライドを傷つけず話すようにしたら解決できました。

やはり、話し合いが一番大事だと思います。

30代前半/メーカー系/女性

自分の気持ちを素直にそのまま伝えること

私は性格が正反対の人とお付き合いしておりました。

そのせいか相手の考えている事が分からず、LINEでやり取りしていても文の解釈違いでたびたび喧嘩に発展してしまったり、お互いの愛情が分からなくなっていた時がありました。

そこで文字でのメッセージを電話に変えたり、会う回数を増やすことで誤解は減りました!

後は自分の気持ちを素直にそのまま伝えることだと思います。下手にオブラートに包むと伝わるものも伝わらないので、正直にあるがままの気持ちを伝えると、相手も分かってくれる事が多かったです!

それを続けることによって、相手の愛情表現のパターンも分かってくるようになり、気持ちも楽になりました!

意外と自分が相手の愛情表現に気づけてない事もあるので、まずは相手の普段の行動や、自分のためにしてくれた事を思い返すというのもいいのかなと思います!

20代後半/サービス系/女性

「会いたい」や「さみしい」などの気持ちを素直にぶつけてみること

彼は普段から愛情表現が少ない人です。私もそこまで愛情表現をする方ではないので、うまく成り立っている部分もあるのですが、やっぱりたまには愛情表現をしてほしいなと思うときがあります。

そのときには自分の方から彼に愛情表現をして、素直に「今日だけ甘えてもいい?」と聞きます。すると彼も「今日だけじゃなくて、普段からもっと甘えていいのに」と言ってくれ、少しモヤモヤが解消されます。

恥ずかしい気持ちはあるかもしれないけれど、「会いたい」や「さみしい」などの気持ちを素直にぶつけてみることも大切だと思います。

20代前半/大学生/女性

正直に構ってほしい!と伝えた

同級生と付き合った時の事です。相手はあまり感情を出さない人で、もちろん愛情表現も滅多にありませんでした。

でも私はどんどん愛情表現をしてほしくて、色々と遠回しに伝えてみたりしたのですが、それでもだめでした。

なので思いきって、正直に気持ちを伝えてみたら、それからはたくさん愛情表現をしてくれるようになりました。

今ではその彼も旦那さんとなって、子供にたくさん愛情表現をして幸せに暮らしています。

20代前半/専業主婦/女性

寂しいからかまってほしいと素直に伝える

遠距離恋愛で普段も彼に会える機会は少ないのですが、私の彼はあまり愛情表現が多い方ではなく、連絡もマメな方ではありません。

付き合い始めた当初は、自分から愛情表現や連絡することが得意ではなかったので、寂しいということを黙っていました。

それを友達に伝えると、「素直に自分の気持ちは言ったほうがいい」と言われたので、勇気を出して寂しいときは寂しいと伝えるようになりました。

そうすると、向こうから「電話しよう」と言ってくれたり、「好き」と言ってくれる回数が増えました。素直に寂しいことを伝えることは大切だと思います。

20代前半/公務員・教育系/女性

どうして?など責める口調ではなく、優しく素直に気持ちを伝えてみる

過去にお付き合いしていた方は、仕事中心の生活で頻繁に会うこともなく、愛情表現の少ない方でした。

初めは我慢して耐えていたのですが、このままでは私がつらくなってしまうと思い、素直に彼に思っていることを伝えてみました。

するとその後から気を使って連絡をくれたり、会うと好きだと言ってくれたり、愛情表現が少しずつ表れてきました。

男性はなかなか女性の気持ちに気づかないことが多いので、素直に自分の気持ちを伝えるのも大事だと思いました。

20代後半/不動産・建設系/女性

【2位】自分から行動してみる

自分から行動してみる

彼の仕事が忙しく会えなくなった時、自分から電話をしたり彼の家に行った

彼は農家の為、時期により出掛けることができないくらい忙しくなります。朝早くからの作業があるので、夜に連絡をしたくても彼は早く寝てしまい、それも難しくなりました。

そのような時はせめて声を聞きたくなり、彼に負担になりすぎない程度に自分から電話をかけました。

しかし「彼に会いたい、一緒に居たい」という気持ちを抑えきれない時は、彼の家に行き、仕事の手伝いも行いました。

我慢するとストレスが溜まりますし、「自分に興味が無くなったのかも」と余計な心配をしてしまうので、相手の負担にならない程度に自ら行動を起こすことが大切だと思いました。

30代後半/専業主婦/女性

自分から愛情表現をする

高校の時に付き合った彼が、愛情表現が苦手な人だったので、私は自分からガツガツ愛情表現していきました!

自分からすることで、相手も自分が愛されているという自覚が湧くのかわかりませんが、スキンシップや愛情表現の言葉も次第に増えてきました。

愛情表現を増やしてほしい時は、自分がしてほしいことをまず相手にするようにするといいと思います!

20代前半/大学生/女性

自分から歩み寄る

自分から相手への愛情表現を豊かにして、歩み寄るようにしています。

連絡のやり取りの中では、普段あまり使用しないハートマークをやや多く取り入れて可愛らしくしたり、好きだとストレートに言葉にしたり、一緒に過ごす時には一段と甘え、スキンシップを図るなどして愛情を伝えます。

そうすることで、相手も徐々に愛情表現をしてくれるようになるので、待つのではなく自分から伝えることが大切です。

20代後半/医療・福祉系/女性

彼氏への愛情を行動で示す

付き合いが長くなるにつれて、だんだんと彼氏の愛情表現が少なくなりました。仕方がないことなのかな?と思いつつ、でもやはり寂しかったです。

「私の事好き?」などと聞いてウザがられたりするのは嫌だったので、行動で示すことにしました。

彼氏が風邪を引いたら、ゼリーやアクエリアスなどを買って看病しに行ったり、彼氏が好きなアーティストのDVDなどを私も見て一緒にライブに行ったりしました。すると彼氏も行動で愛情表現してくれるようになりました。

やはり、互いを思いやる気持ちが大事なんだと実感しました。

20代前半/サービス系/女性

自分から手を握ったりスキンシップを取る

相手に何かを求めると、なかなか自分の思い通りにはいかないので、愛情表現をしてほしいなら自分からスキンシップをとります。

やはり「もっと、もっと」と求めてしまうと、彼も引いてしまいます。

彼のことが大切なら「彼にこう思われたい、ああ思われたい」という気持ちは置いておいて、素直に自分の行動で表していくのが一番かなと思います。

30代後半/専業主婦/女性

いつもより彼氏との距離を詰めてみる

同じ大学の同級生の彼氏だったので、一緒にいる時間が長くなります。そのせいか一緒にいるのが当たり前と思ってしまう時期がありました。

恋人というより友達と接しているような感じで、あまりおしゃべりもしないし、スキンシップも少なくなってしまいました。

お互いに愛情表現が無かったので、このままだと自然消滅しちゃうのかなと不安になりましたが、自分から「好き好き」とも言いたくなかったので、行動でアピールしてみることにしました。

いつもより彼との距離を詰めて、それとなく「何か言ってよというオーラ」を出してみました。これを見た彼の「どうしたの?」の一言から、徐々にいちゃつくことができました。

そこからは付き合いたてかなというぐらいのイチャイチャ期がやってきました!笑

この方法、お勧めします!

20代前半/自営業/女性

自分から愛情表現をする

記念日や季節のイベントを大切にし、「大好き」などの気持ちは口に出して相手に伝えることが大事です。それを行なっていないから、愛情表現を感じないと思ってしまうのです。

せっかく一緒にいるのであれば、ずっと仲良くラブラブでいたいですよね?照れ臭いかもしれませんが、前向きな言葉を口に出してみましょう。

あとは女性は自分磨きを怠らずに、年々綺麗になることが大事ですね。私も頑張ります!笑

20代前半/公務員・教育系/女性

自分から電話する

彼は飲食業で休みも少なく、彼のほうからはラインをたまにするくらいでした。

中々デートも出来ず連絡もそっけないので、愛情表現が少なく感じた時には私から電話をしていました。頻繁にするのは迷惑なので週に一回あるかないかでしたが、そっけないラインの文面とは違い、お互いの気持ちを言い合えるので安心出来ました。

直接話しているのでデートなどの予定もスムーズに立てられて、会う回数も自然と増えていきました。

ある程度、声を交わすことや気持ちを伝えることは本当に大事だと思います。

20代前半/サービス系/女性

自分から、彼に愛情を伝えてみた

付き合った当初は彼が、「かわいい、会いたい、愛してる」など沢山伝えてくれました。それがとっても嬉しくて、そこが彼の好きな部分でもありました。

しかし、付き合って1年以上経った今、あまり伝えてこなくなりました。特に仲が悪いというわけでもないのですが、私には少し物足りない日々でした。

そこで、今度は私の方から彼に、「好き、かっこいい」など伝えてみたら、彼も返してくれるようになったのです!

お互いに伝え合うのが大事だと感じました。

20代後半/自営業/女性

相手の言葉が欲しいなら、まず自分の言葉を届けること

会社の同僚とお付き合いしていました。

仕事では愛想よくニコニコ振舞っていた彼ですが、仕事モードがオフになると愛情表現どころかびっくりするくらい不愛想、無口になり、生活能力もゼロみたいな部分がありました。

それでも数少ない言動の奥底からは優しさが感じられて、少し物足りなさを覚えながらも不満とまではいきませんでした。私自身、自分からグイグイ行くタイプではなかったので、彼もその静かさが心地よかったのかもしれません。

ただ、どうしても甘えたいときは思い切って素直に伝えると、私が頑張って口に出したことを理解してくれて、彼も同じように言葉で返してくれるようになりました。

相手の言葉が欲しいなら、まず自分の言葉を届けることが大事だと思います。

20代後半/メーカー系/女性

こちらが相手の分まで愛情表現をする

彼からの愛情表現が少ないと思うなら、自分が彼の分も表現すればいいと私は思っています。

相手はもしかしたら表現の仕方がわからない、恥ずかしいと思っているかもしれません。

自分が足りないと思うなら、相手の分も自分が相手に表現してしまえば、満足できるのではないかと思います。

自分が表現できる思いっきりの愛情表現を彼が見たら、もしかしたら彼からの愛情表現も増えるかもしれないと思います。

30代前半/メーカー系/女性

【3位】あえて距離を置く

あえて距離を置く

わざと自分も冷たく接してみた

最初は我慢していましたが耐えられなくなり、私の気持ちを分かってほしかったので、わざと私も彼に対して冷たく接してみました。

すると驚いた彼からどうしたのかと聞かれたので、事情を説明しました。

彼は私の気持ちをわかってくれたみたいで、次からは人が変わったように優しく接してくれるようになりました。

30代後半/専業主婦/女性

素っ気ない態度をとった

現在の彼氏ですが、サービス業で休みが少なくストレスも多い仕事をしています。

休日は「自分の体調管理のために寝ていたい」とか、「普段できないことをしたい」とデートがたまに飛びます。

勿論、頭では分かってはいるのですが、私としては久しぶりに会いたいし寂しい気持ちがあるのです。「会いたい」とメールをしても「仕事が忙しいんだ」と言われるだけで、毎度余計に辛くなりました。

そこで「一人の時間を楽しんでみよう」と思い、彼氏からきたメールを放っていたら、普段はしてこない電話をかけてきたりして焦っているようでした。

押してダメなら引いてみることも大事かもしれません!

30代前半/専業主婦/女性

お互いの時間を大切にするため、自分から連絡しない

20代半ばから2年ほどお付き合いをしている彼がいます。

同い年の彼は、営業職で給料面でも浮き沈みが激しいです。彼の仕事がうまくいっていないときは、どんな話をしても上の空なので、私はあえて彼と会わないようにします。

すると、彼も落ち着いて仕事に取り掛かれるので、気持ちや仕事が落ち着いたときに、また連絡をくれるようになります。

なので、お互い辛いときに八つ当たりなどせず、仲良くスキンシップができるようになりました。

20代後半/サービス系/女性

自分も引いてみる

彼氏にとって私ははじめての彼女です。

半年を過ぎたのでかなり落ち着き始め、話すこともなくなってきたので、連絡もあまり取ることがありません。

彼氏から連絡が来なくなったので、私は話の内容を色々考えて送ったりしたのですが、思っていたような返事が来ないので連絡するのをやめました。

すると彼から電話がかかってきて、実は自分から連絡するのが苦手だということや、もっと会って話したいという本当の気持ちを伝えてくれました。

今ではお互い無理することなく連絡を取り合ったりしています。

20代前半/大学生/女性

【4位】いつもと違うことをしてみる

いつもと違うことをしてみる

いつも行かない遠出のデートに誘った

付き合って2年半、半同棲でほぼ毎日会っていたので少しマンネリ化し、愛情表現が減ってきて不安になってきました。

誘えばデートはしてくれる彼だったので、久々にレンタカーで海沿いを走りました。いつもと違う風景、空間で会話もはずみ、笑顔も増えて楽しい1日でした!

たまには2人で新しい事にチャレンジしたり、普段しないことをするのは大切だなと感じました。

20代後半/サービス系/女性

普段と違ったデートに誘ってみた

彼とは趣味の音楽鑑賞で意気投合して、出会って数ヶ月で同棲することになりました。

付き合った当初は彼の趣味である居酒屋開拓に付き合ったり、一般的な遊園地や映画館でのデートなどもしていたのですが、数年一緒にいるうちにマンネリ化してしまい、休日は家で映画を見たり、仕事帰りに最寄駅で待ち合わせをして、行きつけの中華料理屋に行く程度になっていました。

同じ空間にいても違うことをしている時間が増えたことに焦り、夏フェスに誘うと彼の好きなアーティストが来日するらしく重い腰をあげてくれました。

フェス中も広い会場でバラけて過ごしたりもしましたが、信頼関係があったのでとても楽しめました。

また日が暮れてきて足元が見づらく、なかなか前に進めない私の手を彼が引っ張ってくれて、頼もしいところを再確認できました。

30代前半/IT・通信系/女性

空いた時間を使って自分磨きをする

彼氏が自分に飽きているような様子であれば、構ってもらえない分、自分磨きをするのが良いと思います。ダイエットやメイクの研究など、彼が次会った時に構わずにはいられないくらい素敵な女性になってやればいいと思います。

彼に構ってもらえないからと、ストレスを感じてしまっていては、自分に損しかない上に彼に一歩も近づけない状況のままです。

「なんで彼氏が悪いのに、私ばっかり頑張って構ってもらおうとしなきゃいけないのよ」という意見もあると思いますが、もし可愛くなった自分を見た時、彼が反応を見せてくれなかったとしても、可愛くなった分、他に男の人はいくらでも選べるし、「なんで私が」と思うくらいなら別れるべきだと気づけます。

また、男性は寂しがり屋なのに、プライドが邪魔して「自分からはいかない」という強い意思を持っている方が意外と多くいます。

この手の彼には、自分の気持ちを素直に伝えるのが大事なコミュニケーションであると感じます。

20代前半/大学生/女性

【5位】気持ちを文字にする

気持ちを文字にする

Twitterで自分の理想の彼氏像をよく呟く

付き合って1年半の彼氏がいます。

付き合いたてはラブラブで、相手が愛おしい気持ちでいっぱいですが、それでも長い時間を過ごすことで、お互いに慣れが生じてしまいます。

彼は現在、当初の猛烈な愛情表現は滅多になく、むしろ友達のように感じてしまうほどです。

そこで私は、彼氏も見ているSNSで「友達の彼氏が毎日彼女にかわいいって言ってるらしくてさ。そういう人、ほんと素敵よねぇ」と、自分の理想の彼氏像をよく呟くようにしていました。

すると彼は、徐々に私が呟いた内容を、覚えている限り行動に移してくれるようになりました。

「もしかして冷められてる?やばい…」と思ったら、人は変わるんだなと思いました。笑

20代前半/医療・福祉系/女性

交換ノートを始めて気持ちを書く

社会人になってから付き合った彼氏はシャイな性格で、あまり自分からスキンシップをとったり言葉で愛情を伝えるタイプではありませんでした。

私も自分からグイグイ行くタイプではなかったので、「直接言うのは難しくても、文章なら素直に伝えられるかな?」と思い、交換ノートを提案したら大成功でした。

お互いに普段は面と向かって言いにくい言葉も書いてくれて、より絆が深まりました。

20代後半/専業主婦/女性

あえて長文を送り自分の溜まった気持ちを丁寧に伝える

普段の短い言葉のやりとりは、どうしても簡素で事務的になってしまいます。

短い言葉のやりとりは愛情表現も削っていくので、そんな時は長文で丁寧に自分の気持ちを伝えるようにしています。

相手の時間のある際にじっくり読んでもらえますし、なおかつ向こうにもじっくり返信文を考える時間を作るようにしています。

彼はこちらの長文に対して、同じくらいの長文を送ってくれます。彼が私のことを考えながらこの長文を書いてくれたと思うと心が温かくなり、少し寂しさも解消されます。

30代後半/専業主婦/女性

【6位】メリハリを利かせる

メリハリを利かせる

離れているときは少しだけこちらからの連絡をしないでみた

1年を過ぎた頃から一緒にいる時間が少なくなり、倦怠期に突入モードでした。

私は普段から愛情表現を欠かさないのに、彼から無いのは寂しいと思ったので、何とか彼の方からたくさんアピールしてくれないかと考え、いろいろ試してみました。

その結果、一番有効だったのが「会っているときはラブラブで、離れているときはそっけなく作戦」でした。

心理の本を読んでいたら、男性は追いかけたい動物だから、追わせるのがコツと書いてありました。そこでデートの時はべったりとくっついて過ごし、別れ際は今までのようにぐずらず、私の方からあっさり「じゃあね」という感じで去り、しばらくは連絡も簡単にしてみました。

今までは 「会いたい・さみしい・次いつ会えるかなぁ」などというメールをかなりたくさん送っていたのですが、それも一切やめました。

1週間後にデートした時に「なにかあったの?連絡少なかったからさ」とか言われましたが、「特別無いよ」と躱し、デート自体は思い切り楽しむのですが、その後はまたあっさり…を繰り返したところ、ひと月ほど経った頃には彼も付き合い始めのようにメールをしてくれるようになりました。

30代前半/サービス系/女性

彼を尊重するスタンスで、連絡があった時だけ甘える

彼はとにかく忙しい人で、友達や家族と過ごす時間を大切にする人でした。

私はそういう彼が好きだったので、わがままは言わず「時間があれば連絡してね」と少し余裕をみせて、彼から連絡があれば、ここぞとばかりに甘えます。

すると「強いって思ってたのに、寂しい思いさせてごめんね」と優しくしてくれ、私と会う時間を増やしてくれたり、電話の回数も増やしてくれるようになりました。

今では彼から「電話したい!会いたい」など弱い部分を見せてくれるようになりました。

お互いのこれまでの生活をいきなり変えるのは難しいので、平然としながら少し甘える姿を見せれば、彼も気付いてくれます!

20代後半/流通・小売系/女性

【7位】お互いのペースを守る

お互いのペースを守る

自分のペースは守り、相手のペースは乱さない

愛情表現というのは人それぞれだと思うので、いつも愛情表現できる人とそうでない人がいます。「好きだけど、口に出せない、苦手なんだよね」という人も結構いると思います。

そういう人が彼氏の場合は、とにかく自分のペースだけキープして、相手のペースは乱さないようにします。無理に「好きって言って」とか、「口に出して」と言っても、余計なプレッシャーやストレスを与えてしまうだけです。

時が来れば口に出してくれると思うので、その時に思いっきり味わって感激したらよいと思います。それが相手に伝わったら、「もっと大切にしよう」と思ってくれるので、うまくいきます。

30代前半/サービス系/女性

相手に合わせ様子を見てみる

相手が転職し、自分も新しい派遣先になり、お互いに新しい環境になったときでした。

私が大手企業に派遣されたのを、相手があまりよく思っていなかったようで、なぜか次第に冷たくなっていきました。

ですが、私からいきなりベタベタするのは逆効果と思って、相手に合わせ様子を見てみることにしました。

忙しいと言われたら日を改めて会うなど、イライラせずにじっと待つことが良い方向に向かいました。

40代後半/専業主婦/女性

【8位】相手を喜ばせる

相手を喜ばせる

彼氏が興味を持っていることを一緒にやりたいとアピールする

私は出不精で彼氏は活発な方です。好きだという感情があるから付き合ったものの、お互い共通の趣味と言えるものが無く、今ひとつ会話が弾まない日々で、もどかしい距離感が続いていました。

しかし「彼ともっと一緒にいろいろなことをしたいし仲良くなりたい!」と思い、ここは私が殻を破ろうと決意しました。そして彼に「今ってどんなことに興味ある?」「良かったら一緒にやりたいな!」等と声をかけました。

結果、一緒にキャンプに行ったりスキーをしたりと、共通の思い出や経験ができたことで、ぐっと距離が縮まりました。

これをきっかけに、彼氏も私が興味を持っているインドアのアクティビティを「一緒にやろう」と言い出して、今は二人してこれからやりたいことの会話で持ちきりです。

興味のあることを一緒に調べながらやっていくので、達成感もひとしおですし、必然的に一緒にいる時間が増えて、愛情表現不足に悩むことも無くなりました!

20代後半/金融・保険系/女性

お互いが好きなことを一緒にしてみる

付き合いが長くなるにつれて、過ごす時間が少なくなったりした時期がありました。一緒にいるのが当たり前で、デートもマンネリ化してしまいました。

色々試行錯誤しつつ、お互いが好きなことを一緒にしたり、何かしてくれたら「ありがとう」など感謝の気持ちを伝えました。

その後、愛情表現が少ないと感じていたのは、自分の愛情表現が足りなかったことに気が付きました。

30代前半/専業主婦/女性

【参考記事】彼氏の愛情表現で悩んだ時に読んで欲しい記事4選

まとめ記事

famicoでは、この記事以外にも【解決法】彼氏の愛情表現で悩んだ時に読んで欲しい記事4選のまとめ記事も公開しています。

お悩みに役立つ体験談や対処法などが見つかるかもしれませんので、是非あわせてご覧ください!

まとめ

女性100人に聞いた彼氏から愛情表現が少ない時の対処法では、1位は『素直な気持ちを伝える』、2位は『自分から行動してみる』、3位は『あえて距離を置く』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏の愛情表現が少ないときの対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女の愛情表現が少ないときの対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女から愛情表現が少ない…同じ経験を持つ男性100人の対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年05月09日~05月24日
回答者数:100人