彼氏との同棲を成功させる秘訣は?経験者100人のアドバイス

彼氏,同棲

彼氏との同棲が始まった時は毎日が幸せですよね。いつも一緒に居られるなんて幸せすぎる!と感じることも多いのではないでしょうか?

しかし、お互いの距離が近すぎるからこそぶつかることも多くなるのが同棲というもの。大好きな彼氏と長く付き合っていくためにも、同棲ならではの注意点を知っておきたい方も多いはず!

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏との同棲を成功させる秘訣やポイントを体験談と共にご紹介しています。

彼氏との同棲を成功させるポイントランキング

まずは、彼氏との同棲を成功させるポイントランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏との同棲を成功させるポイント』によると、1位は『目的やルールの明確化と共有』、2位は『金銭管理をしっかりする』、3位は『お互いを可能な限り尊重し合う』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏との同棲を成功させるポイント

女性100人に聞いた彼氏との同棲を成功させるポイントでは、1位の『目的やルールの明確化と共有』が約18.9%、2位の『金銭管理をしっかりする』が約17.5%、3位の『お互いを可能な限り尊重し合う』が約15.6%となっており、1~3位で約52%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で彼氏との同棲を成功させるポイントを体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】目的やルールの明確化と共有

目的やルールの明確化と共有

結婚を必ずする約束で同棲する

お互いがずっと一緒に居たいと思うようになり、同棲することになりました。その際、きちんと親にも伝えて、結婚をする約束をしてから住み始めました。

最初は家賃や食費等のお金の役割分担を決め、家事は基本的に私が担当することにしました。ただ共働きなので、時には彼にも皿洗いを手伝ってもらうこともありました。

結婚した後のことも考え、不調や多忙で家事が出来ないときはきちんと伝えて、手伝ってもらうことも大事だと思います。

20代後半/専業主婦/女性

結婚はいつくらいにするのかきちんと決めておく

私は付き合って1年程で同棲をしました。

最初は楽しく、毎日一緒にいれて楽しい気持ちが強かったですが、私は結婚願望が強かったこともあり、月日が経つにつれ相手の結婚願望がどのくらいあるのか、いつ頃結婚するのか、気になって仕方なかったです。

私がハッキリと気持ちを伝え、相手も結婚する気持ちが固まっていたので良かったですが、なあなあで終わってしまうパターンもあると思います。

そうなる前に、同棲する際に「いつ頃、入籍するのか」まず話し合っておくといいと思います!

20代後半/専業主婦/女性

しっかりとしたルールを決める

遠距離恋愛をする前はお互い近くに住んでいて、週に数回会っていました。その頃から、たまにケンカはしていて、次の日に影響が出るなんてこともありました。お互いに「こんなケンカは良くない」と分かっていながら、言い出すと止められないという状況でした。

そこで、同棲前に「夜9時から朝9時まではケンカをしない」という約束をしました。私たちの場合、これがかなりうまくいっています。

もし何かイラっとして、それが昼間なら、話し合いか小さいケンカで済みます。感情的になりやすい夜だと約束があるので、次の日まで待ちます。しかし多少のイライラも、寝てしまうと忘れるか半減するので、次の日には冷静に話し合うことができます。

自分たちが抱えている問題について、同棲「後」ではなく同棲「前」に考えることができて、しっかり決めごとができていると、良い関係を長く続けていくことができるのかもしれませんね。

20代後半/公務員・教育系/女性

同棲前にどのくらい同棲したら結婚するか決める

3年付き合った彼氏と、1年同棲したのちに別れました。やはり男性は同棲をすると、結婚しなくてもいいという感覚になるようです。

私は家の更新もあり、なあなあな感じで同棲を始めてしまいましたが、同棲は結婚の準備期間とする場合、開始する前に「どのくらいしたら結婚するのか」話し合えるとスムーズだと感じました。

20代後半/IT・通信系/女性

事前にルールを作り共有する

私達の場合はお互い潔癖ということがあり、互いの潔癖がどのようなものか話し合いをしました。

「え、そこ気になる!?え、逆に気にならないの!?」の連発でしたが、初めに話をしたことで掃除の分担とルール決めがしっかりできました。

他にも食材の管理のルールや、帰宅が早い方が何をするかなど、途中からやり始めるのではなく同棲スタートの時からルールを作ることで、今も互いにしんどい思いをせずに暮らせています。

20代後半/サービス系/女性

いつまで同棲をするのか期限を決め2人用の財布を1つ用意する

まず初めに決めたのは、お互いの性格的にだらだら続いてしまうと思い、同棲する期限を設けることにしました。

次に、2人用のお財布を作ろうと決めました。家賃、光熱費、食費、日用品など1ヶ月お財布に分けて入れ、余ったものは貯金にしています。

自分の貯金+2人の貯金+彼の貯金が簡単にできるので、同棲をすればするほど貯金することが出来、一石二鳥です。

30代前半/自営業/女性

【2位】金銭管理をしっかりする

金銭管理をしっかりする

お互いの性格だけでなくお金の問題もきちんと考え生活していくべき

一緒に暮らしていると、相手のだらしない部分などの短所も見えてきて、ストレスが溜まってしまう人も多いと思います。起床や帰宅時間によって、自分の生活が上手く成り立たない事もあると思います。

自分と相手の性格がマッチしているか、また相手の性格などを受け入れて生活を続けていけるかが大事だと思いました。

学生のうちはともかく、お互い社会人になった時は、この先どうしていくか、結婚について真剣に考える時が来ると思います。

お互いの性格だけでなく、お金の問題もきちんと考え生活していくべきだと思います。

20代前半/大学生/女性

将来のことやお金の分担のことを話し合う

なんとなく一緒に住み始めてしまったので、お金の分担などはあまり考えていませんでしたが、引越しがきっかけで将来のことやお金の分担のことを話し合う時間を設けました。

それが良かったのか、あまりお金のことで揉めることはありませんでした。

家事は最初に彼が分担を決めてくれたので、不満を抱くことなく一緒に暮らせました。

時々彼の分担を私が手伝うと、ありがとうと言ってもらえるのも、関係性の潤滑油になっていたと思います。

30代前半/専業主婦/女性

家事とお金の分担を事前にきちんと決めておく

私は同棲を始める前に、家事とお金の分担をどのようにするかきちんと話し合いました。

彼の方が収入が多かったのと、残業時間に応じて収入に変動があったため、毎月固定金額を共通の銀行口座に入れるのではなく、お互い7割を共通の銀行口座に入れて、そこから家賃や生活費を払うというルールにしました。

収入が多い方が残る3割の金額が多くなるため不公平感もなく、無事に同棲を開始することができました。

30代前半/専業主婦/女性

お互いの生活のペースを尊重しお金の話は前もってしておく

お互いの生活のペースを把握しておくのは良いと思います。

私は主人と職場恋愛から始まり、同棲を始めましたが、お互い夜勤や早番のシフトがある職場だったので生活がすれ違うことも多かったです。その中で徐々に相手と生活するにあたってのペースが分かってきます。

シフト以外でも細々した相手のこだわりも見えてくるので、それを受け入れつつも自分の好みやこだわりもしっかり伝えるのが大事だと思います。そういったことを擦り合わせていくのが、同棲期間ではないかと思っています。

結婚してから困ったのがお金の問題です。もともと積立ての共通の通帳は作っていましたが、定額を入れているだけで、あとは自分たち任せにしていたところ、主人は生活費等を除いたお金を毎月使いきっていたことが判明しました。

金銭感覚の違いは、同棲した時から話し合っておくべきだったと後悔しています。自分の中の当たり前は当たり前ではないと実感しました。

20代後半/医療・福祉系/女性

お金だけは最初にどうわけるか決める

お金の管理はしっかりと、どのようにわけるか決めておいた方がいいです。初めに相談しないと、後から言い出しにくくなってしまいます。

それから感謝の気持ちをちゃんと言葉にするようにしています。すると、相手も「彼女のことを考えて行動してよかった!」とハッピーな気持ちになりますし、私としても相手の行動が当たり前ではないことを再確認できます。

不満を口にするよりも「ありがとう」を意識することと、お金だけは最初にどうわけるか決めることが同棲を成功させるポイントだと思います。

20代後半/サービス系/女性

お互いにどれだけお金を出し合うかは絶対に決めておいたほうがいい

お互いどれだけ好き同士でも、お金が絡んでくると絶対に喧嘩になると思います。

私の場合は同棲前に、お互いどれだけお金を出すかなどをしっかり決めていたので、喧嘩をしなくてすんで良かったと思っています。

お金関係で喧嘩をしているカップルの話をよく聞くので、お金のことだけは同棲する前にきちんと決めておくべきだと思います!

30代前半/サービス系/女性

経済的なルールは初めにきちんと決めておく

同棲を始める前、もしくは始めた直後に家賃や光熱費、水道代などの支出に関する顕在的なルールを決めておくことが必要だと思います。

最初に細かいところまで決め、お互いに不満がない状態で始めないと、後々トラブルになってしまうことが多いと聞きます。

私の場合は家賃の半分に加え、食費・光熱費・インターネット・食費等もろもろ含めて1万円もらっており、正直私のほうが出費が多いのですが、反対にデートなどで外出した際は彼に多めに出してもらっています。

お金のことは自分が不満に思っていても言い出しにくいものなので、なるべく初めの段階で話し合いをすることをお勧めします。

お互いの収入なども考え、金銭的トラブルがないようにすることが必要だと思います。

20代後半/サービス系/女性

【3位】お互いを可能な限り尊重し合う

お互いを可能な限り尊重し合う

無理にリズムをそろえ過ぎずある程度の自由を残しておく

私がフルタイムの仕事で、彼より帰りが遅くなることも多かったので、「先にお風呂に入っておいてほしかったのに」とか「食事も先に食べておいてくれたらいいのに」という不満が募り、ケンカになったことがありました。

その時、彼から「ああしろこうしろと、何でもルールを勝手に決めるのはやめて欲しい。こっちも良かれと思ってやっているのに」と言われ、ハッとしました。

お互いが暮らしやすいよう、ある程度ルールを決めた方が生活しやすいかなと思っていたつもりが、彼は結構我慢をしてくれていて、行動にも制限を掛けてしまっていたんだと気づきました。

協調性が全くないのは問題ですが、無理にリズムをそろえ過ぎず、彼の守りたいエリア(逃げ道)は確保してあげたり、あくまで別々の人間が共同生活しているだけと割り切るのも大切なのだと感じました。

30代後半/専業主婦/女性

お互いの事を尊重し感謝の気持ちを言葉にする事

彼の家庭環境の悪化から、私の一人暮らしの家で突然同棲が始まり、事前に話し合いたかったルールなどを決めることができませんでした。

何度か彼がお泊りした事はありましたが、1週間以上の共同生活をした事はありませんでした。

突然変わった生活環境に戸惑いながらも、お互いの事を尊重し、感謝の気持ちを言葉にする事で、同棲生活3年を迎える今でも仲良く続ける事ができています。

注意点としては、どちらかの収入が不安定になった時に支えられる事が出来るか、前向きに柔軟性のある考えが出来る相手かどうかを、日常の中で見極めることが大切だと感じました。

30代前半/サービス系/女性

干渉しすぎない

恋人とはいえ、もとは他人同士です。生活スタイルが別々なので、ムリに最初から合わせようとするとどこかで生活しづらさが生まれてしまいます。

なので最初はお互いのペースをそれぞれ尊重し合いながら生活し、徐々に妥協点のようなところを見つけると喧嘩せずにすみます。

どうしても合わせられないと思ったら、結婚はまず難しいので、そこがひとつの境目になると思います。

20代前半/大学生/女性

彼と「違って当たり前!」という認識を共有しておく

同棲を始めるにあたって、上手く暮らせるよう彼と決めたのは「違って当たり前!」という認識を共有しておくことでした。

お互いそれぞれ違う環境で成長してきたので、生活の端々に違いがあることは当然です。

実際に同棲をしてみると、パスタを食べるのは箸かフォークか、便座は上がるか下げるかなど数々の違いが発覚し、イライラすることもありました。

しかし、事前に確認していた「違って当たり前!」を合言葉に、「あなたの家ではそうだったんだね!私の家ではこうしてたよ!どっちにするか決めよう!」と前向きな話し合いがスムーズにできました。

30代前半/サービス系/女性

お互い責めずに生活する

同棲しておいて本当に良かったと思います。付き合っていて週末に会うだけでは分からないこと、本当にたくさんあります。

食べものを食べた後にごみを置きっぱなしなど、自分では考えられないようなことが当たり前に起こります(笑)。

そんな時は彼を責めるのではなく、さりげなく見えるように自分で捨てると「捨てておいてくれたんだ。ありがとう。」などと言われ、そのうちごみを捨ててくれることも増えてきました。

自分も悪いところはたくさんあるので、お互い責めずに生活するのがポイントだと思います。

20代後半/医療・福祉系/女性

相手への気遣いを忘れない

やはり相手への気遣いが大切だと思います。

食事や掃除などは、もし時間があるようなら自分がやる方がいいかなとも思います。

また、いくら付き合っているといっても家族にはなっていないので、金銭面はきっちり分けた方がいいです。

あとは、やはり一緒に生活してもプライベートの時間はお互い持つようにするのも大切です。

40代後半/専業主婦/女性

【4位】役割を分担する

役割を分担する

同棲はお互いの得意を活かし合う

同棲歴4年です。得意を活かし合うためには、相手をなるべく褒めることと、さり気なく助けることだと思います。

価値観のすり合わせや役割分担はもちろんですが、年月が経つとなあなあになりがちですので、まず、お互いしっかり基盤を作ることが大事になります。

彼はパソコンや機械に強いので、家電の購入のアドバイスはよく聞きます。「最終的にはお前が決めな」と言いますが、抑える所は抑えて考えてくれるので助かっています。そこについては「はー、勉強なるー。ありがとうね」と沢山言います。

また、彼が極度の人見知りなので、いつも店員さんに尋ねるときは私が対応します。生活の知恵がその分つきますので、私もレベルアップに繋がります。

喧嘩はしょうがないですが、ここぞというときに助け合える関係を目指しています。

30代前半/医療・福祉系/女性

すべて同等に分担する

私は彼になんでもしてあげたくなるタイプでした。

同棲した事が嬉しくて、朝起こしてあげたり、お弁当を作ったりと、家事は全て私がやってました。

食費は私が出して、家賃や光熱費は彼が負担してくれていましたが、全てを折半するべきでした。お互いがそれぞれの負担している部分の金額に不満を覚えるようになってきて、ストレスになりました。

それと彼は私に甘えてダラダラとした生活になってしまい、結局別れてしまいました。

やはり、同棲は同等に分担するのがいいですね。

40代後半/医療・福祉系/女性

基本的に自分のことは自分でやるようにしつける

実家から出てきたばかりの男性と付き合うときは、基本的に自分のことは自分でやるようにしつけていくべきだと思っています。

下手に手助けをして「あ、この人はやってくれる」と匂わせると、なんでもやってくれると勘違いして、後々自分のやりたいことができなくなります。

ある程度、自立した男性でなければ同棲するメリットがないと思います。

20代後半/IT・通信系/女性

家事を一人でせず分担する

彼が一人暮らしをしていた所に一緒に住む事になり、ゴミ出しや掃除などは分担しました。

休みが違ったので、休みの日は彼に料理や洗濯などの家事全般を任せていました。家事と仕事の両立が大変なのが分かってもらえるので、一人でしてしまうよりは、きちんと決めておいた方が良いです。

お財布の事もしっかりと決めておく方が揉めずに済みます!

30代前半/専業主婦/女性

家事の分担お金の分担をきっちり決めてから同棲を始めるべき

恋人といっても他人なので、分担は初めに決めておいた方が後からトラブルにならずに済むと思います。

私は、家事の分担もお金の分担もあやふやなまま同棲を始めてしまったので、後からどっちがやるかで揉めて大喧嘩になりました。

その後、2人で話し合い、きっちり分担を決めているので、今では衝突することがなくなりました。

20代後半/金融・保険系/女性

【5位】自分だけの時間を確保する

自分だけの時間を確保する

お互いひとりの趣味の時間を確保する

同棲しはじめて1番感じたことが、お互いひとりの時間も確保することが大事という事です。

同棲前は「ずっと一緒にいられる!嬉しい!」と思っていましたが、絶対ひとりで趣味のゲームやマンガなどに没頭する時間が欲しくなります。

特に彼氏がゲーム好きで、「同棲してからゲームできる時間が短くて嫌」と言っていた時期があり、ケンカしたこともありました。

その為、同棲の際、部屋は2部屋以上あると良いです。また、お互いがお風呂に入っている時間は1人の時間を楽しむなど、1人の時間を持てる空間、時間を設けることがポイントです!

20代後半/専業主婦/女性

自分の時間をそれぞれ作る

ずっと一緒にいると、お互いの悪い部分が目につくものです。

そこで、なるべく友達や知り合いなどと出かける機会も作るといいと思います。そうすると、自然に彼に会えなくて寂しいと感じるものです。それでいっそう相手の必要性や、相手に対する愛情を感じることができます。

お互いのプライベートな時間を作り、大切にすることが鍵だと思います。

30代前半/サービス系/女性

自分の時間を確保する

お互いにルールを決めて同棲していたのですが、重要視していたのが、それぞれが家で一人の時間を作るようにするということです。

同棲するとずっと一緒にいるので、なかなか一人の時間が確保できなくなり、ストレスも溜まってくるので、「一日のこの時間は同じ部屋にいたとしても、干渉せずにお互いのやりたいことをやる」という時間を作りました。

そうするとストレスも減って、ちょっとした言い合いも減りました。

プライベートな時間を確保することは大切だと思います。

20代前半/公務員・教育系/女性

自分一人の時間を作る

彼氏と同棲を始めると、良くも悪くも二人で過ごせる時間が増えます。

ただ一方で、自分一人の自由な時間が減ることから、ストレスを感じてしまうこともあります。

なので、無駄な争いを避けるために、お互い自由に一人で過ごせる時間を尊重し、干渉し過ぎないことが仲良く暮らすポイントです。適度な距離感を意識しましょう。

30代前半/サービス系/女性

【6位】相談して話し合うこと

相談して話し合うこと

同棲する前にお互いの事を知ったり大事な事を話し合っておく

いざ同棲が始まると想定外の事が起こるというか、お互いの自我が強く出てしまうようになります。

彼は平日の仕事以外は家でゴロゴロしてる事が多く、私が「出かけよう」と誘うと、面倒くさそうにします。その寂しさを埋める為に、私も古い男友達と長電話するようになり、段々とお互い距離が生まれたような気がします。

お互いの温度差が有りすぎたり、どちらかが負担になってるのがわかってるのに、改善出来ないような同棲はうまくいかないと思います。

好きだからと、見切り発進しては失敗する可能性大です。同棲する前にお互いの事をもっと知ったり、大事な事をもっと話せば良かったと思います。

40代後半/サービス系/女性

話し合いをして早期の問題解決を図る

彼と同棲をするということは、将来を意識しての行動と判断します。

結婚するとなると、自分の考えだけでは暮らしていけません。彼のことを考えられないと、同棲を始めてもうまくいかないのです。

同棲を始めて問題が生じた場合、話し合いをして早期の問題解決が必要になってきます。彼の意見に耳を傾けて、彼の考え方をきちんと理解してください。

同時に自分の意見も彼にしっかりと伝えるようにしましょう。

30代後半/サービス系/女性

話し合いをして家事のバランスが取れるようにする

お互いに働いているので、家事は時間のある方が動くということにしていました。しかし、どちらかが早く帰宅すると、家事をする人が偏ってしまいトラブルになります。

そのため、手を抜く日を決めたり、休みの日をうまく使うという話し合いをして、バランスが取れるようにしました。

そうすることにより、お互いが気持ちよく不満なく、過ごせるようになりました。

20代後半/流通・小売系/女性

お金の件や家事分担などについて事前に十分話し合う

私の場合、相手の家に何度も行き来するようになり、いつの間にか同棲する方向になったので、事前にちゃんと話し合うことがなく、お金の件や家事分担などで争いが増えてしまいました。

だんだんとマンネリ化してしまい、休みの日もどこも出かけずダラダラと過ごし、デートをしなくなってしまうので会話を作る努力が必要だと思います!

これらは同棲する前に、きちんと十分に話し合うことが必要だと思います。

20代前半/専業主婦/女性

【7位】無理をしない

無理をしない

相手のために自分の感情を犠牲にしない

一緒に住んでいると「疲れてるけど家事をしないと…」とか「ご飯はしっかり作らないと…」など、相手優先に考えがちですが、そのように義務として考えてしまうと、絶対に長く続かないと思います。

相手のために自分の感情を犠牲にすると、後からそこに見返りを求めてしまうようになり、どんどんきつくなってしまうからです。

なので、私は「できるときに、やりたいときに、やる!」と決めています。そうすると、自然と相手の力も抜け、お互いに楽になれます。

そして、もし怒られてしまってもめげないこと!笑

30代前半/サービス系/女性

ルールは決めすぎない方がいい

同棲と言えども他人同士なので、ルールを決めすぎるとお互い窮屈になっていきます。

お金のルールはある程度決めておいた方がいいかと思いますが、帰ってくる時間や将来について話し過ぎると「そうしなければいけない」とストレスになったり、破った時に喧嘩になったりと、ぎくしゃくしてしまいます。

お互いがどのような気持ちで同棲するのかを理解してからにするのをお勧めします。

30代前半/サービス系/女性

【8位】譲れない点を話しておく

譲れない点を話しておく

これだけは譲れないというポイントを話しておいたほうがいい

結婚することを前提に同棲を始めたので、それぞれの親と会って話をしました。その為、それぞれの家族との関係は良好です。

お金についてもそれぞれ今までの生活費を出し、その中で二人で話し合って決めました。彼の方が稼いでいたので多く負担してもらいました。

しかし、お互いが譲れないポイントについて話していなかったのは失敗でした。彼はずっと使っていたものを直しながら使い続けたいタイプなのに対し、私は新しいものに買い替えたいタイプで、一緒に住んでから言い合うことも増えましたが、結局は私が折れる形になりました。

インドア同士で、家での過ごし方が違いますが今は慣れもあり、うまく生活できています。

譲れないことは特に話しておいたほうが、お互いイライラしなくて済むと思います。

30代前半/専業主婦/女性

直してほしいと思う点は同棲の最初から素直に伝え合っておく

それまで暮らしてきた環境が違うため、一緒に生活し始めると、洗濯物の干し方や掃除の仕方などの細かなところからでも、すれ違いが生じてきます。

それを最初のうちから我慢せずに、伝えていくことが大切だと思います。もちろんそれは相手も同じことで、直してほしいことがあれば、遠慮せずに伝えてもらうようにします。

元彼とはこれができなかったため、最初のうちは我慢できていても、だんだんと相手の嫌なところ、直してほしいところばかり見るようになって、別れてしまいました。

今の彼とは、最初から変えてほしいところを伝え合うようにしていて、同棲したての楽しい時期からお互いの意見を聞き、妥協し合うことができています。

そのため、無理なく生活スタイルを合わせていくことができました。

20代後半/IT・通信系/女性

【参考記事】彼氏との同棲で悩んだ時に読んで欲しい記事12選

まとめ記事

famicoでは、この記事以外にも【解決法】彼氏との同棲で悩んだ時に読んで欲しい記事12選のまとめ記事も公開しています。

お悩みに役立つ体験談や対処法などが見つかるかもしれませんので、是非あわせてご覧ください!

まとめ

女性100人に聞いた彼氏との同棲を成功させるポイントでは、1位は『目的やルールの明確化と共有』、2位は『金銭管理をしっかりする』、3位は『お互いを可能な限り尊重し合う』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏との同棲を成功させる秘訣やポイントを体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女との同棲を成功させる秘訣やポイント編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女との同棲を成功させる秘訣は?経験者100人のアドバイス

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年05月13日~05月28日
回答者数:100人

みんなのコメント

まだコメントがありません。
是非、あなたの意見や体験談などを教えてください!


コメントはfamico編集部の承認後に表示されます。常識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や誰かが傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。