彼氏と同棲中に別れたい…同じ経験を持つ女性100人の対処法

彼氏,同棲,別れたい

彼氏と同棲をしていると、一緒にいる時間が長い分だけに喧嘩やすれ違いも多いですよね。上手くいかない時期が続くと「同棲を解消して別れたい…」とすら考えてしまう事も。

同棲をすることまで出来た大好きな彼氏だからこそ、たとえ今は別れたいと感じていたとしても上手に対処して長く付き合っていきたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による彼氏と同棲中に別れたいと感じた時の対処法を体験談と共にご紹介しています。

彼氏と同棲しているのに別れたい時の対処法ランキング

彼氏と同棲しているのに別れたい時の対処法ランキング

まずは、彼氏と同棲しているのに別れたい時の対処法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏と同棲しているのに別れたい時の対処法』によると、1位は『一時的に距離を取る』、2位は『自分の時間を楽しむ』、3位は『感情を整理する』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた彼氏と同棲しているのに別れたい時の対処法

女性100人に聞いた彼氏と同棲しているのに別れたい時の対処法

女性100人に聞いた彼氏と同棲しているのに別れたい時の対処法では、1位の『一時的に距離を取る』が約28%、2位の『自分の時間を楽しむ』が約21.7%、3位の『感情を整理する』が約12.4%となっており、1~3位で約62.1%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で彼氏と同棲しているのに別れたい時の対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】一時的に距離を取る

一時的に距離を取る

一旦距離を置いた

付き合って1年半経ち、一緒に住んでいるので、お出かけもデートというより買い物という感じになっていました。

同棲する前には見えていなかった相手の悪いところなどもいっぱい見えて、小言を言ってしまうこともあり、会話なども減っていきました。

いわゆるマンネリ化でしょうか。このままダラダラ付き合っていてもダメだと思い、一旦距離を置いて実家に帰ることにしました。

やはり離れてみてわかることもあり、彼と話し合いをして素直な気持ちを伝えると、彼も私への感謝などが足りなかったと言ってくれました。

これからはお互い思いやりを忘れず、楽しく過ごそうということになりました。

それからは仲良く生活しています。やはりすぐに別れるではなく、一旦距離を置いて考えることも大事だと思います。

20代前半/サービス系/女性

しばらく距離をおくために実家に帰った

一緒に暮らし始めた当初は、家事の分担とかもしっかりしていて、お互いにいい意味で気をつかって生活していたのですが、半年くらい経ってくると慣れもあって、家事をあまりしてくれなくなりました。

何度言ってもしてくれなかったので、理由を伝えて実家に帰りました。

しばらくすると、彼から謝りの連絡がきたので「ちゃんと決めたことはする」との約束で彼のところへ戻りました。

それからは仲良く同棲生活を送ることが出来ました。

30代前半/サービス系/女性

友達の家にとめてもらうなどして物理的にも距離を置く

私の場合は半同棲で自分の家もあり、彼の家に転がり込んでいました。

長く付き合っていたので、お互いの嫌なところばかり見えてしまい喧嘩が絶えず、彼の方から「距離を置こう」と言われました。

自分の家に戻りましたが、一週間程度離れたらお互いの良さに気付き、そのまま結婚することになりました。

距離をとったことでお互いの良さに気付けて、良い機会だったと思います。

30代前半/公務員・教育系/女性

実家に一旦避難するか友達の家にお泊りに行って気分転換する

ゲームが好きな彼。家事の手伝いもしてくれないので、イライラが募って別れたくなるときがありました。

外出もいつもの居酒屋ばかりで、デートらしいデートなんて久しくしていませんでした。

このままじゃダメだと思い、友達とおしゃれなバーに飲みに行き、そのまま友達の家にお泊りに行ったり、久々に実家に帰って息抜きをしたり、気分転換して乗り越えました!

20代前半/専業主婦/女性

とりあえず実家に帰る

付き合って1年で同棲をしました。最初は家事分担で役割も決めていたのに、どんどんしてくれなくなって、イライラしていました。

「俺は働いているから」という言い方をして、全く動いてくれない彼に怒りが爆発!

私は実家に帰り、彼に全部家事をやらせようと1週間放置しました。すると彼が実家に迎えに来てくれて、「家事を全部任せっぱなしにしてごめん。大変さが分かった」と謝ってくれました。

今ではきちんと分担してやってます!

20代前半/不動産・建設系/女性

お互い頭が冷えるまで別々の部屋に居た

付き合って1年のタイミングで結婚前提の同棲を始めたのですが、思った以上に家事は私任せでイライラが募っていました。

以前のように一人でぼーっとする時間がなく、静かに過ごしたいときも彼は大音量でテレビを見ていたりと、生活習慣の違いに疲れていました。

ストレスのない生活をしたいと考え、彼の生活習慣を把握した上で、私の趣味でないことを始めようとした時は、別の部屋に移動して一人の時間に当てていました。

また、言いたいことはなるべくやんわりと伝えた上で妥協点を探すようにしました。

20代後半/医療・福祉系/女性

会わない連絡を取らない期間を設けた

毎日一緒に過ごしているうちに、初めは二人で物事を共有し一緒に楽しむことを優先してましたが、だんだんお互いの時間がなくなり、イライラするようになってしまいました。

ですので少し距離を置き、日中も極力連絡を減らすことで会話が増え、お互いの自由な時間を持つことでストレスが軽減されていきました。

結婚しているわけではないので、ある程度の距離感と自由さは必要だと感じました。

20代後半/マスコミ系/女性

彼といる時間を少なくして本当にこの人が大切なのかを確認

お互い、精神的にボロボロだったときに、喧嘩が多くなってしまい、「これ以上この人といて何がいいんだろう」とさえ感じました。

でも、親の反対を押し切ってここまできたのだから、一時の迷いで別れるなんて思ってはいけないと思い、なるべく彼といる時間を少なくしてみました。

敢えて実家に帰る日を増やしたり、ご飯の時間をずらすなどしてみました。

実家から家に帰ると綺麗な家のままで、「彼が頑張って掃除してくれてたんだな」と嬉しくなりました。そんな気遣いをしてくれる彼を手放すことなんてしたくないと思い、話し合いをして別れるのを回避できました。

20代後半/専業主婦/女性

ある程度の距離感があったほうがいい

付き合ってすぐ、ほぼ同棲のような状態になりました。

ずっと一緒にいたので一人の時間がほしいことがあったり、お互いがいて当たり前の存在になってしまったりと、ときめきはなくなっていったように思います。

現在は仕事の関係で遠距離になってしまったので、お互いの大切さを再確認できたように感じています。

一緒にいる期間が長くなると、当たり前すぎて空気のような扱いになるので、遠距離がいい感じに役立ってくれていると思います。ある程度の距離感があったほうがいい気がしました。

20代前半/医療・福祉系/女性

一人の時間を作って自分の気持ちを整理した

同棲して一年ぐらい経った頃、毎日喧嘩するようになりました。喧嘩してもなるべく早く気持ちを立て直すようにはしていたのですが、あまりの頻度に疲れてきました。

帰ってからの時間はずっと一緒だったので、一人で冷静になって現状を見つめたいと思い、しばらく家出しました。

彼から離れて過ごすうちに、私の中で彼の存在がいかに大きかったのか思い知り、喧嘩をしたとしてもこれからもずっと一緒にいたいと思いました。

家出の間、彼も寂しく思ってくれていたようで、こまめに連絡をくれて、彼からの愛情も再確認できました。

30代前半/サービス系/女性

一旦実家に帰るなどお互い一人になる時間を作った

家事の分担など、生活のことを話し合わずに同棲を始めたので、お互い仕事の忙しさなどから心に余裕が持てなくなり、生活の小さなことで揉めることが多くなりました。

一旦、私が実家に帰り、物理的な距離を置いて頭を冷やした後、一緒に生活していくためのルールを話し合いで決めました。

彼氏とはいえ違う環境で育った他人なので、一緒に住むにはそれなりにお互いの意見をすり合わせていく必要があると思います。

20代後半/大学生/女性

物理的に距離を置いて落ち着く

ずっと一緒にいると飽きるし、嫌なところが見えたら一気に嫌になってしまうので、1時間だけでも散歩に出たり、別の部屋に行ったりして物理的に距離を置くようにします。

そうするといつの間にか嫌悪感がなくなり、また一緒にいられるようになります。

私の家は1Kの間取りなので、物理的に距離を置きたい時は、ベッドにこもってYouTubeなどを見るようにしています。

20代後半/流通・小売系/女性

イライラした時には別の部屋に籠る

現在付き合って5年目、同棲して1年が経ちました。半年程経った頃から彼氏のだらしなさが目に付きはじめ、その都度注意をしていました。

初めは直してくれたのですが、だんだん注意してもスマホをいじりながら「はい、はい」といった感じになり、次第にイライラするようになりました。

私にも良くない事があるのはわかっていながらも、彼ばかりを心で責めてしまい、「このままではいけない、別れた方がいいかもしれない」という考えが頭をよぎる事が多くなりました。

今まで遠距離恋愛だったこともあり、ずっと一緒にいる事がなかったので、距離をとった方がいいと思い、イライラした時には別の部屋に籠るようにしたところ、冷静になる事が出来、今は仲良く暮らしています。

20代後半/サービス系/女性

【2位】自分の時間を楽しむ

自分の時間を楽しむ

可能な限り自分だけの時間を作ること

別れたいと感じるときは、どれだけ努力してもすべてが裏目に出て、余計に嫌悪感を抱きかねないため、可能な限り自分だけの時間を作ることが必要だと思います。

物理的距離を置くことにより、心理的距離の調整もはかれ、自身の人生において本当に必要な人なのかを再確認することが出来るようになるのではないかと思います。また、自分自身の至らない点なども冷静に考え直すことが出来るようになると思います。

恋人はあくまで他人であり、価値観も生活リズムも全く異なるため、いくら好きで一緒にいてもすべてを受け入れることは難しいと思うので、手遅れになる前に気軽に実家に帰ったりして羽を伸ばし、気分転換を図ってからまた同棲している家に帰ればいいと思います。

友人や両親に笑って話せるレベルの時点でガス抜き出来るように調整しています。

20代後半/医療・福祉系/女性

「自分の時間」を作って干渉しないようにする

同棲しているのに別れたいと感じた理由が、「自分の時間が減ってしまった」ということが原因だと考えました。

自分一人でスマホをいじったり、好きなことをやったりする時間が大幅に減ってしまっていたからです。
ですから、「自分の時間」という時間を設け、この時間帯はお互いに干渉せずにそれぞれで過ごすと決めました。

そうすると生活にメリハリがつき、一緒にいる時間も楽しむことができるようになりました。干渉しすぎないことが大切です!

20代前半/公務員・教育系/女性

自分が夢中になれることを見つける

私の家で半同棲状態になり、少し窮屈さを感じることや、ちょっとしたことでの喧嘩が増えてきました。

そんな時にダンスレッスンに参加してみたところ、とても楽しくて、その時間はダンスのことだけ考えるので頭が空っぽになりすっきりしました。そこで友人もでき、レッスンの後にご飯に行ったり、お花見をしたりといった時間を持つようになりました。

自分の時間を持つことで、彼と一緒の時間も有意義に過ごそうと思えるようになったり、体を動かすことでいろいろなことが発散され、彼に当たったりすることも減り、危機を回避できました。

彼に依存するのではなく、自分が楽しむ何かを見つけてみると、彼もそれに刺激されて新しいことを始めたりしてお互いの成長にもなりました。

30代後半/サービス系/女性

お互い一人の時間を作って好きなことをする

付き合ってすぐから、彼氏の家で同棲のような生活を送っていました。常に一緒にいるので、喧嘩も増え、別れたいと考えたこともありました。

このままでは良くないと思ったので、一緒にいることよりもお互い一人の時間を作るように心がけました。そして毎週必ずデートをして楽しむことにしました。

そうすると、やはりお互いの大切さが再確認でき、前ほどイライラしなくなり、仲良く過ごせるようになりました。

付き合いたてでこれだったので、長年付き合っているともっとダラダラしてしまうと思います。

やはり同棲していても、常に一緒ではなく、お互いの時間を持つことはとても大切だと思いました。

20代後半/自営業/女性

一旦それぞれのやりたいことに集中し息抜きする

同棲を始めて1年くらい経つと、お互い1人の時間が欲しいなあと思う時があります。

好きなことができないストレスからか、価値観の違いからか喧嘩することが増え、もう別れてしまおうかと思うことが多くありました。

普段はずっと話しているのですが、「一旦それぞれ好きなことをして、ストレス発散しよう」ということになりました。

私はネイル、彼氏はゲームと好きなことに熱中しているうちに、ストレス発散することができ、また仲が深まりました。

私は喧嘩になるとこの方法でいつも仲直りしています。

20代前半/大学生/女性

自分の時間に集中した

自分の収入が少ないことに引け目を感じていたので、日常生活の不満など目を瞑っていたのですが、それに疲れて「このままこの生活が続くのか」と思ったら、一緒にいない方が良いのではないかと思うときがありました。

それでも、一緒にいたいと思う気持ちの方が強かったので、考え方を変えました。

自分の収入に不安を感じてるなら、今より多い収入を得ようではないかと思って、不安になっていた時間を、副業で稼ぐ努力をする時間に変えています。

20代後半/公務員・教育系/女性

お互いの時間を大切にする

同棲する前まではデートの約束をして、デートのプランを考えて、待ち合わせをしてデートへ行く等、色々な時点で楽しめていたと思います。

もっと一緒にいたいと思って同棲をするのですが、実際のところ人間は一人の時間が必要で、そこのタイミングや時間の差が見えてくるので、「どうしてわかってくれないの」などのスレ違いがでてきました。

なので、最初に住むときにある程度の話し合いは必要だと感じました。

30代前半/不動産・建設系/女性

しばらくそれぞれの時間を作るようにしてから話し合いをした

一緒にいるのに楽しいと思えなくなってきて、ちょっとしたことにストレスを感じるようになっていたので、友達と遊んだり彼氏以外との時間も持つようにしました。

実家に帰省したり、友達と旅行に行ったり、数日連続で会わない日を作るなど、息抜きの時間を作りました。

ストレスを感じるときは、彼氏そのものではなく自分がいっぱいいっぱいになっていて、余裕がないからというのもあるので、まずは自分の時間を充実させることを優先しました。

そのあとワンクッションおいてから自分から話をしました。

ストレスが溜まっている状態で話し合いをするよりも、お互い少し考える時間や冷静なテンションになるよう、ワンクッションあることで素直に話ができたと思います。

40代前半/専業主婦/女性

外でゆっくりと1人の時間を過ごす

付き合って1年の頃から同棲するようになりました。

彼は一緒にいてとても楽で、楽しいのですが、家事全般はほとんど私でだんだんイライラしてきました。

彼は末っ子ということもあってか、「やってもらって当たり前」と無意識で思っているところがあり、「ありがとう」がなくなってきた頃に、本当に別れようかと思いました。

私は仕事柄、自分の予定で出張を入れることができたので、本当にイライラが募った時には、出張を入れて外で息抜きできるようにしていました。

彼の食事等は何も用意せず、外でゆっくりと1人の時間を過ごすと彼がいないことに寂しさを感じ、「大目に見よう」と思うことができました。

また、彼もコンビニのお弁当やパンを食べて過ごすようで、「やっぱり〇〇(私)のご飯が美味しい」と言ってくれるので嬉しかったです。

30代後半/自営業/女性

【3位】感情を整理する

感情を整理する

夜彼氏が寝てから一人で落ち着いて考える時間を作った

学生時代、お互い近距離で一人暮らしをしていて、気が付いたらほぼ同棲のような状態になっていました。

初めて関西圏の人と付き合ったということもあり、彼の口調が常に怒っているように感じていました。また私も思っていることをなかなか言葉にできず、徐々に不満が溜まってきました。

そのようなことから「別れたいのかも」と思うこともあり、彼が寝てからこっそり起きて、一人で考える時間を持ちました。

「そもそも自分も、言うところは言わないと」と思い、しっかり彼と向き合えるようになりました。

20代後半/IT・通信系/女性

お互いの時間と感謝の気持ちを大切にした

同棲をすると、最初の頃は一緒にいることが嬉しくてたまらない時間を過ごしていました。

しかし、時間が経つにつれて生活に慣れていたり、家事や掃除など私に負担がかかり、イライラすることが多くなりました。

彼も気づいたらやってはくれますが、クオリティーが低く、それならば自分でやったほうが良いとも思っていました。

色々見つめなおした結果、一緒にいる時間を大切にしたり、何かやってくれたら感謝の気持ちを伝えるようにしました。

その結果、負の気持ちがプラスになり、温かい気持ちが通うようになりました。

30代前半/専業主婦/女性

頭を冷やして考える時間を作る

付き合って一年くらい経った頃から同棲を開始しました。

最初はとても楽しかったのですが、生活習慣の違いやすれ違いで、徐々に喧嘩も多くなってきました。些細なイライラが溜まり、ついに同棲解消の話が出るほどの大喧嘩に発展してしまいました。

そのまま言い合っても解決にはならないので、しばらくお互い外出し、頭を冷やす時間を作り、改めて話し合いをすることになり、仲直りできました。

同棲解消は手間や労力もかかるので、慎重に考えてくださいね。

20代後半/メーカー系/女性

なぜそう思うのかもう一度考え直してみる

よくある話ですが、お互い仕事をしているにも関わらず、自分だけが家の仕事をしているように感じることが多々あり、とても疲れていました。

そのため相手のことを責め、それに対して相手も自分に対する思いやりがないように感じてしまい、「別れてしまった方が楽ではないか」と思ったことがありました。

そもそも自分が家事を完璧にしなければと思っていたことで、自分で自分を苦しめているのだという事に気づきました。

それ以降、手抜きをすることができ、相手に対しての不満も少なくなりました。

30代前半/医療・福祉系/女性

失ったときのことを想像する

結婚する前、約3年同棲していました。彼は大学の同級生で、卒業後お互い社会人になったタイミングで同棲を開始しました。

家事は主に私が担当しており、フルタイム勤務しながら完璧にこなそうと頑張りすぎたのか、相手の些細な行動が目について何もかもが嫌で仕方がなかった時期があります。

どうしたら解決できるのか分からず、ネガティブなことばかりを考えていたのですが、ある日ふと「彼に嫌われて振られる」妄想をしてみたのです。そして、付き合いたての頃から撮り溜めていた写真や動画を一人で見返しました。

すると、自分にとってどれだけ彼が大切な存在なのかに気づけました。そのお陰で相手の長所にも目をやることができるようになり、一緒の時間を過ごせることに感謝もできるようになり、別れることなく無事結婚までたどり着きました。

余裕がなくなるとついつい相手への感謝を忘れがちです。出会った頃の二人を思い出したり、相手を失うことを想像してみると、自分の欠けている部分や本当の自分の気持ちに気づくことができるかもしれません。

20代後半/専業主婦/女性

相手は他人なんだという事を念頭に置く

付き合ってすぐに同棲を始めたので、だんだんと知らなかった彼の一面を見るようになりました。

もちろん受け入れ難い事もありましたが、『元々相手は自分ではない他人なんだ』という事を念頭に置くように意識をしたら、少しずつ受け入れられるようになりました。

その後はその新しい一面が刺激となり、彼との生活を楽しめるようになりました。

20代後半/サービス系/女性

【4位】じっくり話し合う

じっくり話し合う

同棲をやめる話をしながら今後のことを話し合う

初めはお互いが楽しく過ごしていたので特に何も思わなかったのですが、だんだん相手の嫌なところや家事を手伝ってくれなかったりするところに不満が出てきました。

「手伝ってよ」とお願いしても、「えー」と言ってやってくれない日が続いて我慢できなくなり、同棲をやめる話をしながら今後のことを彼と話しあいました。

すると「ごめんね」と謝ってくれ、それ以降、手伝えることは手伝ってもらっています。

30代前半/メーカー系/女性

相手に改善して欲しい点を伝え話し合う

同棲が長く、好きで付き合っていても、嫌な部分が見えてしまう事が多々あります。

ただ、その面に対して自分が許せるか、別れる決断をする程に許せないことなのかを、まず自分の中で考えます。

そして相手に対しても、変えてほしいと思っている部分の改善を提案し、相手の意見を聞きながら改善が可能であれば、前向きに今後の付き合いも継続していきます。

また、相手に改善の余地がなく、自分も別れる決断をする程に許せない事柄なのであれば、最終手段として別れる選択をします!

20代前半/流通・小売系/女性

彼と直接話して解決する

過去に彼が完璧すぎて、このまま私と一緒に住んでて良いのかなと悩んだ時がありました。

その時は彼とは最低限の会話だけで、自分の趣味の時間を増やしたり、1人で外に出かけたり、友達に相談もしました。

でも最後は彼と直接話して解決するのが、1番早くて楽だなと思います。

直接話さないと彼が考えてる事も分からないし、本当に思ってくれてると実感出来ないから、思った事はちゃんと話をした方がいいです。

20代前半/サービス系/女性

相手のことも考えながら話し合いの場を設けること

付き合って帰る時間が惜しくなり、ずっと一緒に居たいと思い、同棲をはじめました。

しかし落ち着いてくると相手のだらしないところが見えてきて、考え方や行動のずれも顕著になっていきました。

割り切って一人で出かけていたら、彼も寂しくなったのか一緒についてきてくれたので、「もっと一緒に出かけたい」と伝え、出かける日と家に居る日を決めました。

自分のしたいことばかりではなく、相手のことも考えながら、話し合いの場を設けることが大切だと思いました。

30代後半/流通・小売系/女性

【5位】素直な気持ちを伝える

素直な気持ちを伝える

自分の気持ちを正直に伝える

知り合ってから仕事が忙しくて、平日にはほとんど会えませんでした。そのため、休日に遊びに行った後にそのまま彼の部屋に泊まって行くことが増えて、なんとなく同棲がスタートしました。

初めは一緒にいられて楽しかったのですが、掃除洗濯に食事の準備を全部任され、「私は家政婦か?」と不満が募ってきた時、別れたいなぁと思いました。

結婚を意識していたので、ストレートに彼に「結婚する意志があるのか」聞きました。「あまりないなぁ」と返された瞬間に、別れを決意しました。

結婚を意識していて別れたいと感じた人は、将来的なことを考えて相手に気持ちを伝えて、その返事次第で今後を決めたら良いと思います。

もちろん別れだけではなく、楽しい未来へとつながる可能性もあります。

40代後半/メーカー系/女性

今までの思いを爆発させた

私の家に転がり込んで来た彼と暮らし始めて3年ほどが経った頃、私が惚れているのをいい事に、彼は日々調子に乗っていきました。

連絡もなくなり、どこで何してるか分からない日も増えてきました。

限界が来た私は、彼の荷物を全部まとめて玄関に置いておきました。帰って来た彼はもちろんびっくりしていましたが、逆ギレしてきたので、私も今までの思いを爆発させたところ、泣いて謝ってきました。

プライドが高い彼のまさかすぎる涙に負け、もう一度やり直すことにしました(笑)。

甘えさせすぎた自分もダメだったと考え直すいい機会になりました。

30代後半/専業主婦/女性

「家事を分担したり週1で出かけたりしようよ」と提案した

同棲して3、4か月経つ頃、相手が家のことをあまりやってくれず、私がやるばかりで「なんで自分だけやらなくてはならないのか」と不満でした。

また、付き合った当初は色々なところに出かけたり、とても楽しかったのですが、同棲して毎日一緒にいると家に一日中いたりとマンネリ化してカップル感がなくなっていたので、「家事を分担したり週1で出かけたりしようよ」と提案したところ。あっさりOKしてくれました。

今では家事も率先してやってくれて、一緒に出掛けてくれてとても楽しいです。

20代後半/サービス系/女性

自分の本音をきちんと言ってわかってもらった

付き合って5年以上過ぎていましたが、彼の転職を機に同棲しました。

相手との生活リズムは何となく合っていたみたいで、楽しく過ごせていました。

ですが、些細なことで口げんかもするようになり、相手の態度にもイライラするようになりました。

私は彼が好きだったので、今の気持ちをきちんと伝え、相手の気持ちも聞きながら話し合い、それからは溜め込まないように何かあったらきちんと話すようにしました。

20代後半/専業主婦/女性

【6位】普段と違うことを試みる

普段と違うことを試みる

相手に変わって欲しいならまず自分が変わること

結婚を前提にお付き合いしており、一緒にいる時間が増えてくると、どうしても嫌なところが目についてイライラしてしまうことが多くありました。

言い方もきつくなってしまったり、相手に当たってしまうことが気になっていても、なかなか自分を変えることが出来ませんでした。こんなとき、別れたいと思ったこともありました。

そこで、やって欲しいことを具体的に伝えたり、いいことをしてくれた時に「ありがとう」ときちんと伝えるようにしていったところ、お互いに気持ちよく過ごせるようになりました!

相手に変わって欲しいなら、まず自分が変わることが大事なんだと実感しました。

20代後半/公務員・教育系/女性

今までと少し違ったことをしてみる

同棲し始めて半年くらい経った時に、ふと一緒にいる理由がわからなくなりました。

そういえば最近は目を見て話すことも少なくなり、慣れとも言えますが、何となく寂しいと思い、今までと少し違ったことをしてみようと思いました。

彼が友達と遊びに行って夜遅くなって帰ってこなくても、連絡をしない。ほとんどパンにしていた朝ご飯を手作りに変えてみる。日曜日に突然、友達と遊ぶと言い残して出かけるなど・・・。

一つ注意したことは、手抜きばかりだと逆に嫌われる可能性もあるので、「好きアピール」は少し残すということです。

一月ほど続けると、私の変化が面白くなったのか、少しずつ会話が増え、デートに行く回数も増えてきました。

20代後半/サービス系/女性

【7位】一緒にできることをする

一緒にできることをする

共同作業を行い一緒に何かを共有する時間を作った

付き合って6年で同棲を始めました。それまでもほぼ半同棲状態でしたが、自分が26歳になった時、やっと同じ家に住み始めました。

それまでの付き合いが長かった分、新鮮さは全く無く、毎日同じ日々の繰り返しでした。彼氏は仕事から帰るとダラダラとお酒を飲み、お風呂も入らずソファで寝てしまいます。それを必死に起こしてお風呂に入れ、就寝していました。

ある時、夕方に一人で洗濯物を干しながらふと、「このまま人生終わるのは嫌だ」と思いました。そこで、今まで一人で行ってきた料理や洗濯など、一緒に行うように彼氏に言いました。

すると、最初は嫌がっていた彼氏もだんだんと協力してくれるようになり、会話も増えていきました。共同作業はコミュニケーションを図れる良い機会となりました。

全て自分が背負い込まず、彼氏を頼ってみるのも良いことだなと思います。

20代後半/金融・保険系/女性

【8位】別れを意識した行動をとる

別れを意識した行動をとる

他に賃貸住宅を探すなど逃げ道を作っておく

彼と同棲している時に別れたいと思ったら、とりあえず別れた時のために賃貸住宅を探すようにしています。

現実的に考えて、長期的に同棲していると別れる時にこじれることは間違い無いので、先に逃げ道を作っておくことが大事です。

最悪の場合、夜逃げに近い形で逃げられるように準備することが大切だと思っています。

20代後半/IT・通信系/女性

【参考記事】彼氏との同棲で悩んだ時に読んで欲しい記事12選

まとめ記事

famicoでは、この記事以外にも【解決法】彼氏との同棲で悩んだ時に読んで欲しい記事12選のまとめ記事も公開しています。

お悩みに役立つ体験談や対処法などが見つかるかもしれませんので、是非あわせてご覧ください!

まとめ

女性100人に聞いた彼氏と同棲しているのに別れたい時の対処法では、1位は『一時的に距離を取る』、2位は『自分の時間を楽しむ』、3位は『感情を整理する』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による彼氏と同棲中に別れたいと感じた時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『彼女と同棲中に別れたいと感じた時の対処法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女と同棲中に別れたい…同じ経験を持つ男性100人の対処法

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年05月28日~06月12日
回答者数:100人