彼女はツンデレ!彼氏100人が教える上手な付き合い方とは

彼女,ツンデレ

彼女がツンデレだと可愛いですよね!いつもは不愛想でも、たまに自分の前でだけ甘えてくれると嬉しいものです。

だけど、あまりにもツンデレが激しいと時には疲れてしまう事もありますよね…

悪気のない大好きな彼女だからこそ、ツンデレな彼女と上手に付き合う方法を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男性100人によるツンデレな彼女と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介しています。

ツンデレな彼女と上手に付き合う方法ランキング

ツンデレな彼女と上手に付き合う方法ランキング

まずは、ツンデレな彼女と上手に付き合う方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いたツンデレな彼女と上手に付き合う方法』によると、1位は『相手に合わせる』、2位は『丸ごと受け止める』、3位は『自分から働きかける』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いたツンデレな彼女と上手に付き合う方法

男性100人に聞いたツンデレな彼女と上手に付き合う方法

男性100人に聞いたツンデレな彼女と上手に付き合う方法では、1位の『相手に合わせる』が約32.5%、2位の『丸ごと受け止める』が約16.1%、3位の『自分から働きかける』が約14.1%となっており、1~3位で約62.7%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別でツンデレな彼女と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】相手に合わせる

相手に合わせる

広い心を持って接する

ツンデレの彼女は、慣れてくると余計に横柄になるので、イライラしてしまったりします。でもそれは相手が自分に対して心を許しているので、要求が大きくなってきている証拠でもあったりします。

彼女のツンデレに対してイライラしていると、彼女も機嫌が悪くなり、もっとツンツンになってしまいます。

上手く付き合うには相手を理解して、その上で可能なことは「ハイハイ、そうだね」と聞いてあげるくらい広い心を持つといいと思います。

20代後半/公務員・教育系/男性

甘えてくるときには思う存分甘えさせてあげる

普段はお互いにどちらかといえばドライな振る舞いをするけれど、彼女は酒に酔うと甘えてくるので、「そういうもの」だと思ってこちらも恥ずかしがらずに、思う存分甘えさせてあげるようにしています。

お互いに常にべたべたしているような関係は苦手なので、普段はそっけない態度に終始していても、甘えてもいいときには遠慮せず甘えればいいと考えています。

20代前半/流通・小売系/男性

ドライなときはあまり自分から話しかけない

私の彼女は外でのデート中はツンツンしていて、家にいるときは甘えてきます。

外で遊んでいるときはやはり周りの目もあるし、公共交通機関も使うので、私は全く気にしていませんし、むしろその方が安心です。彼女のギャップは楽しいですしね。

外ではドライな彼女ですが、お互い何気ない会話もしますし、2人でいるときはあまり携帯を触らず、2人の時間を楽しむという私達のルールがあります。

ツンツンしていてもそういったルールのおかげで、貴重な2人の時間を楽しむことができています。

20代前半/自営業/男性

デレたときはとことん可愛がってあげ疲れたら放置する

彼女は部活でキャプテンとか仕事でリーダーを務めたりする責任感の強い人です。普段からあまり弱いところを見せないタイプで、付き合った当初は甘えたりすることが少なかったです。

でも地道に「甘えていいよ」と言ったり、褒め続けてあげると、次第に甘えてくるようになりました。

そうなると今まで甘えたことがなかった分、赤ん坊かと思うくらいの甘えん坊に激変しました(笑)

それはそれで可愛いのですが、次第に面倒になって放っておくこともしばしばです。放置しても泣いたりへこたれたりしないので、それもまた彼女の良いところです。

余裕があるときは楽しく過ごせるので、個人的には良いバランスだなと思ってます。

20代後半/メーカー系/男性

すり寄ってきてくれたときは思う存分甘えてもらう

彼女は大人びていてクールな印象ですが、四兄弟の末っ子でもあり、かなりの末っ子気質の持ち主です。

でもそのクールな印象からか、周りや仕事場ではなかなか甘えることができず、僕と二人の時はかなりの甘えたになります。

膝枕をねだってきたりしてとても可愛く、仕事の時のクールな印象とのギャップがすごいです。

普段はクールな考え方をする時も多いですが、彼女がすり寄ってきてくれたときは思う存分甘えてもらいます。

猫のような彼女ですが、お互いに我慢せず接することが大事だなと感じています。

30代後半/IT・通信系/男性

ツンな時は自分も少しツンになりデレの時は思いっきりデレになる

彼女がツンツンしている時は自分も少しツンツンし、彼女がデレデレの時は自分も思いっきりデレデレになることでうまく付き合えました。

私は、付き合うと立場は基本対等という考えなので、それで喧嘩をするようならば、しっかりと話し合い解決することでよりパートナーとの絆が強くなると思います!

20代前半/大学生/男性

ツンの時もデレの時も柔軟に対応すること

自分が高校生の時にツンデレの女性と付き合いました。最初は、やはり自分も慣れていなくて、何がしたいか分からない状況でものすごく苦労しました。

しかし、彼女のことをよく知るにつれて、彼女は人前でいちゃいちゃしたりすることが恥ずかしかったとわかりました。

対処法としては、もし彼女がツンデレでも柔軟に対応することです。例えば、もし外で彼女に甘えようとして知らないふりをされたとしても、諦めずにもう一度話しかけるといいと思います。

それとツンがある分、デレが来た時の破壊力は抜群なので、ツンの時も優しく接してあげましょう(笑)。

20代前半/大学生/男性

彼女に合わせて接する

私の彼女はみんなの前ではすごいツンツンしていますが、2人きりの時は甘えてきたりします。

普段も甘えてきてくれたらいいのに、みんなが居ると意地を張ってしまうので寂しいです。

しかし彼女の行動に合わせたら、これからもっと彼女のことを知っていけると思うので、このまま彼女に合わせて行動しようと思っています。

20代前半/流通・小売系/男性

あまり気にしすぎないで付き合う

ツンデレの人は感情表現が下手なだけです。自分でもよく理解しています。

ただうまく表現できないだけで、気分屋の人と似たような感じなので、こちらがいくら気を遣っても何の意味もありません。

うまく付き合いたいならば「気にしないこと」、それが一番です。相手の感情に合わせていればいいだけです。

30代前半/メーカー系/男性

ツンな時は必要以上に関わらずデレな時はそれを十分に楽しむ

彼女はツンデレというか、気分屋な一面があります。

甘えるときはとことん甘えてくるのですが、無視するときはまったく無視といった感じで、たまに何を考えているのかわからないときがあります。

しかし、ツンな時は必要以上に関わらず、デレな時はそれを十分に楽しむ事を意識しています。

そうすることで、オンとオフが上手に使い分けられると思います。

20代後半/メーカー系/男性

彼女が「ツン」の時はデレになってくれることを考えて耐える!

僕の彼女はツンデレだと思います。

私も彼女もお笑いが好きなので、お笑いのテレビを一緒に見るのですが、これで彼女の本日の立ち位置(ツンorデレ)がすぐにわかります。笑

ツンの時は、リモコンを渡すとなぜかニュース番組にチャンネルを変えます。そうなったら、これ以上機嫌を損なわないよう、慎重に会話を選んだり、気をつかいます。

デレの時は、彼女が好きな芸人のモノマネを延々としてきます。とても可愛らしいのですが、さすがに私が飽きたそぶりを見せると、ツンになり、テレビがニュース番組に変わります。笑

日常生活に身近なもの(私たちの場合はお笑い)で、お互いの共通の趣味を見つけることができたら、その時の彼女の反応に合わせて、振る舞うことができると思いますよ。

そして、彼女がツンの時は、可愛いデレの彼女のことを考え、必死に耐えましょう。そうすれば、彼女と仲良く付き合えること間違いないです!

30代前半/自営業/男性

【2位】丸ごと受け止める

丸ごと受け止める

ツンデレを良さと捉える

ツンデレな彼女と上手に付き合う方法としては、相手のツンデレっぷりを長所として捉えることが重要です。

特にツンデレの子が本領を発揮するのは、やはり二人っきりになった時であって、「その際のデレデレ感がとても可愛いね」などと誉めてあげたりすると、喜んでくれると思います。

まさに「ツンデレだからこそ好きなんだよ」と伝えるべきです。

40代前半/サービス系/男性

割り切って全て受け入れる

以前付き合ってた彼女ですが、普段は我儘ですぐに怒ってしまい、デート中も気に入らない事があれば何も喋らなくなったりしてましたが、少しおだてると甘えてくるので、そのギャップにやられてました!

しかし毎回だと疲れてしまうので、あまり相手の事を考え過ぎずに、割り切って全て受け入れて彼女と向き合おうと考え、仲良く長く付き合う事が出来ました!

30代後半/流通・小売系/男性

二つの側面があると受け入れる

ツンデレというのは猫のような気分屋なので、たまに突き放したいときもあればかまって欲しいと甘えてくるときもある人です。

違っているように見えて同じ人物であり、決してこちらに非があるわけでもないので、それを受け止めてあげるくらいの心意気は大切です。

たまにはこちらからもツンツンしたり、デレデレしてみるのもいいでしょう。それくらい軽い気持ちで関わるのをおすすめします。

20代後半/メーカー系/男性

理不尽であっても、どんな彼女でも受け入れる

彼女はわけのわからないことを言って怒り出したり、急にさみしがって甘えて来たりしました。ツンデレのスイッチが何の前触れもなく切り替わるため、理解するのに相当時間がかかりました。

そんなこんなで彼女に感情の波があることに気づいた私は、ます理不尽であっても「どんな彼女でも受け入れる」準備をしました。

私自身も感情をコントロールできない場面がありましたが、年上だったのもあり、出来る限りコントロールするようにしました。

よく言えば「大人の男」になって対応しました(笑)。

30代後半/IT・通信系/男性

感情表現が苦手なんだなと受け止める

僕の奥さんは付き合い始めの頃からかなりのツンデレです。

いつもは言葉もきつく、「怒っているんじゃないか?」と思うこともあるくらいですが、体調を崩したり、うまくいかなくて悩んでいたりする時に、僕が寄り添うと急に甘えてきます。

終わったら、またツンツンした態度を見せてくるのですが、「あまり人に甘えた態度を見せたくないのだな」と思って受け止めることにしました。

30代後半/自営業/男性

【3位】自分から働きかける

自分から働きかける

彼女側から甘えてもらうのを求めずに自分からハグしに行く

僕の彼女はとてもツンデレで、付き合う前はさっぱり系の女の子でした。初めは友達でしたが、告白が成功して彼氏彼女という関係になりました。

せっかく付き合い始めたものの、友達の関係が長かったせいか、手をつないだりするのを拒んでいました。しかし、このままだと付き合っている意味が見出せないと思ったため、「甘えてほしい」と言ってみました。

そうしたら案の定「嫌だ、恥ずかしい」と言われたので、こちら側からハグをしました。すると彼女も応えてくれ、それ以降「ハグしてほしい」と言ってくることもありました。

彼女がなかなかデレてくれなくて寂しい場合は、「女性から甘えるもの」という固定観念を捨て、自分から甘えてみたほうがいいと思います。

20代前半/大学生/男性

ツンな反応も含めて好きだと伝えておく

私の彼女はツンデレといっても、外ではツンで、家ではデレなタイプです。

家でのデレが本心だと分かっているので「ちゃんと分かっているよ」という事を伝えているのですが、言うと否定します。

なのでどちらかというと「自分はこう思ってるだけだよ」という感じで伝えています。

認めさせたり無理にツンデレを変えようとするより、自分がどう思っているかを伝えることを重視しています。

20代前半/サービス系/男性

こちらがリードしてデレさせてあげる

彼女は周りから見られていると、何故か必死にしっかり者であろうとするので、二人っきりで出かけるときにはこちらがリードしてあげると、ものすごくデレてくれます。

友達や知人の前だとツンツンしていることが多いので、私はデレさせるためになるべく二人きりで密会するようにこそこそと呼び出します(笑)。

飲食店とかでも周りを気にしてツンツンすることがあるので、デートの時は個室を事前に予約しておき、彼女からの好感度を上げています(笑)。

20代前半/サービス系/男性

彼女がデレることのできる時間を大切にする

2人でいる時はそこまでではありませんが、知り合いがいる時にツンツンしがちなので、2人でいる時間を作るようにしています。

複数人で遊園地に行ったり、買い物に行く際に2人で並んだり、買うものを一緒に見て回ったりして「今は2人だから甘えていいよ」という雰囲気を出します。

ツンとした部分があるからこそ、デレが見れた時とても嬉しいので、ツンデレの恋人は最高だと思います。笑

20代前半/大学生/男性

相手に自分を見せること

私の元カノがかなりのツンデレで、基本的に素直な一面を見せてはくれませんでした。

しかし自分は比較的甘えたいタイプでしたので、甘え続けるにつれ、相手の心を開いていき本音で話してくれたので、恥ずかしいですが、相手に自分を見せることがとても大切だと思いました。

お互い甘えっぱなしも良くないので、メリハリを大切にするとうまくいくと思います。

20代前半/サービス系/男性

【4位】こちらも素っ気なくする

こちらも素っ気なくする

あえてこちらもツンとした態度を取る

ツンデレな彼女は、こちらが期待するようには動いてくれません。むしろ、こちらが期待したことだけはしないでやろうという、天邪鬼な一面があるはずです。

そこで、どんなに彼女に甘えたくても、あえてこちらもツンとした態度を取ってみましょう。

いつもはツンな彼女が、求められないことに狼狽え、デレな一面を見せてくるかもしれません。

20代後半/公務員・教育系/男性

自分もツンになってみる

ツンデレな彼女がいたことがありますが、彼女のツンに合わせるように生活すると、かなり疲れることがわかったので、「なぜご機嫌取りをしなければならないのだ」と割り切って自分もツンな対応をすることにしました。

かなり効果はてきめんで、彼女もデレを出してくれるようになったのですが、私がデレになると彼女がツンになるため、面倒で別れてしまいました。

20代後半/IT・通信系/男性

【5位】ゲーム感覚で向き合う

ゲーム感覚で向き合う

ゲーム感覚で自分なりに消化していく

そもそもツンデレの相手と付き合う人は、アメとムチではムチが好きな人がほとんどです。ムチの中にある僅かなアメが嬉しくて、お付き合いされている方が多数のはずです。

いずれにせよ、ツンデレのツンは日常的にあるものです。

「今はツンかな?」というときは、最大限に奉仕することが上手な対応方法です。好きな食べ物を一緒に食べに行ったり、ちょっとしたプレゼントをあげたりなどして、ツンがデレに変われば自分の勝ち!というゲーム感覚で、自分なりに消化していくのも面白いと思いました。

30代後半/商社系/男性

心の中でいろいろな場面を想定しておく

ツンデレ彼女の扱いに困ることが多くて悩んでいる方は、いっそ自分がそのツンデレな彼女に成りきって、自分自身がツンデレ彼女役を演じてツンデレの彼女の扱い方を練習してみるといいですよ。

一人二役を心の中で演じて、いろいろな場面を想定して一人ロールプレイングゲームのようなことをするわけです。

するとだんだんと相手の心の動きがわかるようになり、「この場面ではこうした対応をすると喜ぶな」とか、「怒るだろうな」とかわかるようになってきて、またその心理劇そのものが楽しめるようにもなり、人生が何倍も楽しめるようになりますよ。

リアルでツンデレな彼女への対応に何度か失敗しても、その失敗体験を自分の心の中の仮想ツンデレ彼女のデータに上書きして、対応力のレベルを上げていくと、失敗もだんだん減っていくので困ることが減っていきます。

ありとあらゆる仮想ツンデレ彼女を心の中に育成して、何倍も人生を楽しんでしまいましょう(笑)。

50代前半/自営業/男性

【6位】どっしりと構える

どっしりと構える

軽い感じで冗談ぽく受け止める

私の彼女はツンデレです。特に外に出たときなどは、甘えたりすることは一切ありませんし、そのようなことをすると逆に怒られてしまいます。

しかし長く付き合っているので、そのような事にはもう慣れています。

彼女の言動の変化は、軽い感じで冗談ぽく受け止めていけばうまくいくと思います。

30代前半/サービス系/男性

一貫性を持って一つの態度を貫いてみる

基本はやはり相手に合わせることでしょう。ツンツン、デレデレの両方に良さがあるということに気付けるかどうかが肝心です。

ツンデレの人というのは基本、天邪鬼なので、求められると突き放したくなり、一人にされるとくっつきたくなります。

なので相手に合わせてコロコロ態度を変えるのではなく、一貫性を持って一つの態度を貫いてみると、いいかもしれません。

20代前半/大学生/男性

まとめ

男性100人に聞いたツンデレな彼女と上手に付き合う方法では、1位は『相手に合わせる』、2位は『丸ごと受け止める』、3位は『自分から働きかける』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ男性100人によるツンデレな彼女と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『ツンデレな彼氏と上手に付き合う方法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼氏はツンデレ!彼女100人が教える上手な付き合い方とは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年05月31日~06月15日
回答者数:100人