彼氏が気分屋…経験者100人が教える上手な付き合い方とは

彼氏,気分屋

彼氏があまりにも気分屋だとめんどくさくて疲れることもありますよね。デート中なのに気分屋で機嫌がコロコロ変わってしまうと、せっかくのデートが楽しめなくなってしまう事も…

ただ、気分屋の性格以外は大好きな彼氏だからこそ、彼女として上手に対応して仲良く付き合っていく方法を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ女性100人による気分屋の彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介しています。

気分屋な彼氏と上手に付き合う方法ランキング

気分屋な彼氏と上手に付き合う方法ランキング

まずは、気分屋な彼氏と上手に付き合う方法ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『女性100人に聞いた気分屋な彼氏と上手に付き合う方法』によると、1位は『機嫌が悪い時は放置する』、2位は『一定の距離感を保つ』、3位は『そういうものだと捉える』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

女性100人に聞いた気分屋な彼氏と上手に付き合う方法

女性100人に聞いた気分屋な彼氏と上手に付き合う方法

女性100人に聞いた気分屋な彼氏と上手に付き合う方法では、1位の『機嫌が悪い時は放置する』が約28.1%、2位の『一定の距離感を保つ』が約16.2%、3位の『そういうものだと捉える』が約10.2%となっており、1~3位で約54.5%を占める結果となりました。(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、項目別で気分屋な彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】機嫌が悪い時は放置する

機嫌が悪い時は放置する

面倒なモードに入った時は思いっきり放置する

彼はとても独占欲が強く、尚且つ気分屋なので、人前でも見せびらかすかのようにイチャつこうとします。

そんな時はひたすら放置して、いい時と悪い時をわかってもらうようにしています。

その結果、最近は「家に帰るまで我慢!」と言うと、外では手を繋いで我慢することができるようになりました。しかし納得がいかなくてご機嫌ななめになると、早く帰りたいアピールで肩を組んできます。笑

私も彼からそういうアピールがあると、「しょうがないか」と早めに用事を切り上げて帰るようにしています。帰宅後、思いっきり甘えさせると、彼も満足したようにイライラも収まります。

家の中ではダイレクトに感情をぶつけてきてくれるのですぐわかるのですが、最初の頃はなかなか理解できず困りました。でも最近、やっと外でもどんなタイミングで彼の気分の波が来るか分かってきました。

20代前半/医療・福祉系/女性

機嫌が悪いときは相手にしないこと

気分屋な彼氏の機嫌が悪くなったときは相手にせず、その場をそっと離れて放っておくことです。

機嫌が悪いときに一緒にいても、八つ当たりされるか、こちらも振り回されてイライラしてしまうだけなので、「あ、今日は機嫌悪そうだな」とわかった瞬間から、その場を離れます。

離れるのが難しければ、こちらも無言になるか別のことをして相手を見ないようにして気を逸らします。

しばらくすると機嫌がよくなって、向こうから話しかけてくるので、そういう時に話せばいいと思います。

相手に振り回されないように自分を持つことがコツです。

30代後半/専業主婦/女性

機嫌が悪いときは彼が話しかけてくるまで無視

私の彼は気分屋なので、「あ、機嫌悪いな」と思ったら喋りかけません。

普段は甘えたがりな私が関わらなくなるので、彼の方が寂しくなって喋りかけてきます。

最近は彼が話しかけてくるまで無視することにしました。そうすることで、喧嘩にならずに済んでいます。

気分屋な性格は直らないと思うので、しばらくはこの作戦でいきたいと思います。

20代前半/メーカー系/女性

機嫌が悪いときは放置して機嫌がいいときは同じテンションで接する

夫が気分屋です。長年連れ添ってみて、その時々の気分は長く続かないとわかりました。

そのため、機嫌が悪いときはほっといて、機嫌がいいときは同じテンションで接します。

機嫌が悪いときはこちらが何を答えても、「いやでも」「だって」が返ってくることがほとんど。彼もいい大人なので、自分の機嫌は自分で取ってもらうように仕向けています。

例えば「この本に『自分の機嫌は自分で取る』って載ってたけど、この考え方大人でかっこいいよねー」などと話を振ると刺さるものがあるようで、ちょっとだけ態度が改まります。まあ、気分屋なのでそれも一瞬ですが(笑)。

20代後半/専業主婦/女性

様子を見つつ放置する

付き合っているときから気分屋な夫。主にオンラインゲームで負けるとすぐに不機嫌になり、独り言で「うぜえ」「ふざけんな」などの言葉を言い始めます。

とはいえ私が何かしたわけでもないですし、何か声をかけた所で機嫌が良くならないことはわかっているので基本放置です。いい大人なので「自分の機嫌は自分で取りなさい」というスタンスで、何も言わずに距離を置いて放っておきます…笑

夫の好きなご飯を作っておいたり、好きなお菓子をそっと置いておいたりすると機嫌が直ることもあるので、放置しながらも気にかけてる様子を見せるのがポイントかと思います。

20代後半/専業主婦/女性

しばらく放置して機嫌が直ったら普通に接する

私の夫は気分屋で、ちょっとしたことで機嫌が悪くなります。

付き合いたての頃は「私が悪いことをしたから怒っているのかな?」と理由を聞いてみたり、悲しくなって距離を置いてみたりしていましたが、よくよく考えたら私は悪くないのです。

夫は自分の機嫌を自分でコントロールできず、八つ当たりしているだけなので、しばらく時間がたつと何事もなかったようになります。本人も大人げない態度をとったことを多少は気まずく思っているので、あれこれ理由を聞いたりせずにスルーしてあげるのが一番です。

いちいち彼に振り回されて傷ついたりしないよう、スイッチが入りそうになったら心のシャッターを閉めてしばらく放置です。

機嫌が直ったら普通に接してあげていたら、彼のほうもだんだん自覚してきたように思います。

40代前半/流通・小売系/女性

機嫌が良くなるまでこちらの心を閉ざす

私が気分屋な彼とお付き合いする際に意識するのは、「彼の気分に左右されて疲れないようスルーする力を身につけること」です。

気分屋と分かっていて、それでもうまくお付き合いするためには、彼の機嫌が上下することでこちらの気分を左右されないことが大切です。

具体的には、彼がご機嫌ナナメだと察知したら、こちらの感情スイッチをオフにするのです。難しい人は、「物理的距離」 を取るのも良いですよ。

気分屋な人は、機嫌が悪くなると関わるだけムダです。開き直って機嫌が良くなるまで心を閉ざしましょう。

翌朝にはケロッとした彼がいますよ!笑

30代前半/サービス系/女性

機嫌が悪いときは距離を置いて自分の都合を優先させる

私が付き合った彼達は大なり小なりみんな気分屋でした。

私が思うに、男の人は単純で子供っぽい人が多いです。機嫌が悪いとすぐ八つ当たりして、機嫌が良いとやたら優しい、そんな彼の感情に振り回されるととても疲れますよね。

もし彼が機嫌が悪いときは、そっと距離を置いて自分の都合を優先させましょう。

機嫌が良くなって落ち着いたら、どうしたのか聞いても良いし、別の楽しい時間に切り替えて良いと思います。

自分のせいかもと思わず、「ほっとこう!」ぐらいの気持ちの方が良いかもしれません。彼の性格だから仕方ないと割りきって、振り回されないようにしましょうね。

40代前半/専業主婦/女性

気にしないで彼の気分が晴れるまでほっとく

私の旦那は家では気分屋で、疲れているときや朝は基本的に不機嫌です。優しい言葉をかけても、いろいろと面倒を見てあげても不愛想なままです。

一度指摘したら、「芸人もそうでしょ?」と言われました。確かに芸人さんは仕事などではおしゃべりだけど、家ではとても静かなんて話を聞きます。

そこで、以前は「何かあったの?怒ってる?」などと聞いていましたが、今は気にしないで彼の気分が晴れるまでほっとくようにしています。

家の中だからリラックスしているんだと思うと全然大丈夫です。

20代後半/サービス系/女性

【2位】一定の距離感を保つ

一定の距離感を保つ

彼の気分に合わせない

気分屋な性格の彼は、すごく楽しそうにしていたかと思ったら、急にネガティブになって落ち込んだり、とにかく気分の浮き沈みが激しい人です。

最初はいちいち彼の気分に引っ張られて、ストレスを感じていましたが、精神的な部分では「自分は関係ない」と線引きをすることで、一定の気分を保てるようになりましたし、彼の気分屋なところも気にならなくなりました。

20代後半/サービス系/女性

彼のペースに飲まれず自分の感情も大事にする

以前付き合っていた彼は気分屋で、少しのことで怒ったり、その直後にもう普通に笑っていたりと、感情がころころ変わる人でした。

最初のうちは彼の色々な表情を見ることができて楽しかったのですが、だんだん疲れるようになってきました。彼が不機嫌になると私も辛いので、なるべく機嫌を取っていたせいだと思います。

疲れを感じてからは、彼のペースに飲み込まれるのではなく、自分の感情も大事にするようにしました。例えば彼が不機嫌でも私はニュートラルな感情を保ったり、彼が楽しそうでも私は私で楽しむなど。

無理に合わせずに、色々な出来事の中で一緒に感情を共有できそうなときにだけ、自然な形で共感するようにしたら、一緒に楽しめると思います。

30代前半/サービス系/女性

相手が不機嫌になっても自分はおどおどせずに普通に接する

彼は普段、すごく穏やかなのですが、急にブスっとして無言になることがありました。

最初は気に掛けてましたが、大抵はくだらない理由や、「周りの人が自分の希望するレベルの行動をしなかった」と不機嫌になる様に見えたので、気にかけてあげるのが馬鹿馬鹿しくなりました。

そこで機嫌が悪い事には触れず、違う内容を普通に話したりしていたら、いつの間にか元通りの穏やかな彼になっていました。

それでも直らない時は、気付かせる為に自分がわざとブスっとします。すると彼がどうしたんだろう?という感じになっていたので、そこで私も普通な態度に戻ります。

私の彼は気分屋ですぐテンションも変わるけど、相手が不機嫌そうになったら気にしてしまうタイプだったので、割と揉めずに付き合い続ける事はできました。

30代前半/専業主婦/女性

とにかく毅然とした態度を貫く

私の彼は単純な性格で、その時の気分が顔にはっきりと出るため、何を考えているのか、どう感じたのかはよくわかります。

そして怒るのは大抵、「自分が下に見られた、馬鹿にされたかどうか」がポイントです。

基本的にはストレートに自分の感情を表に出すことができているということなので、「私には嘘をついていない」とポジティブに解釈しています。

それでもたまにわざと私を振り回そうとしてくることがあるので、そういう時には一切相手にしません。とにかく毅然とした態度を貫いていると、相手も冷静になってきて自分の非を認めます。

ここで大切なのが、相手を必要以上に責めないことです。彼がわざとやっているのを、私がわかっているということを示すことで、何故か彼も安心するようです。

30代前半/自営業/女性

彼の機嫌が変わってもいちいち落ち込まずに対等でいる

元カレは9歳年上でしたが、気分屋なところがあり、すぐにキレたりする子供っぽい部分がありました。

私もまだ学生で世間を知らなかったので、デートでも彼の機嫌が悪くならないように気を遣っていました。

しかし、私も段々と自分の意見を言えるようになり、その時には私と彼は対等な関係になってました。

自分の意見が言えなかったときは、泣いたり落ち込んだりしてましたが、割り切って話が出来るようになったらそういうこともなくなりました。

彼はこういう性格なんだ、と割り切ることも大切だと思います。

30代前半/専業主婦/女性

【3位】そういうものだと捉える

そういうものだと捉える

「気分屋=単純」と前向きにとらえ尊重する

気分屋と一言でまとめることは簡単ですが、タイプによって「機嫌が悪いと表情に出る」、「嫌なことがあると口数が急に少なくなる」、「声のトーンが下がる」とかいろいろあると思います。

そんな気分屋さんの彼氏が好きで、これからも一緒の時間を共に過ごしていきたいと思うのであれば、我慢するのではなく、相手の気持ちをできる限り尊重する器を持つことで自分も楽になります。

「気分屋=単純」という前向きなキーワードを意識してみましょう。そうすると、「あぁ、今日はこんな気分の日なのね」と相手を受け入れることが苛立ちではなくなり、自分の気持ちに余裕ができるかもしれません。

その前に必ず、彼に対する自分の気持ちを再確認してくださいね!

30代後半/専業主婦/女性

彼も生理なんだと思うことにする

以前お付き合いしていた気分屋彼氏は、時々イライラモードになることがありました。

最初の頃はいろいろ話を聞いてみようとしたのですが、どうやら誰かに励まされて満足する感じではなさそうでした。彼は結構ガンコなので、自分の中で納得する答えを出すか、時間が経って気持ちが切り替わるのを待つしかなさそうでした。

だから彼のイライラは「生理なんだ」と思うようにしていました。笑

個人差があると思いますが、女性なら生理前のイライラや腹痛など、本人ではどうしようもない、周りにもどうしてあげることもできないことってありますよね。

イライラも生理と同じで時間が経てば勝手に終わるので、「あー、〇〇くん、今日は生理なんだ。大変だね。」と、全部生理のせいにしてしまうことで、広い心で受け流すことができるようになりました。

30代前半/サービス系/女性

「今日はそういう日なんだな」とスルーする

以前付き合っていた彼はとても気分屋で、機嫌がいいときにはすごく明るく楽しい時間を過ごせるのですが、機嫌が悪いと一緒にいてもほとんど話すこともなく、話しかけても反応が薄く、どうしていいのか困っていました。

ただ、私に原因があった場合には、話を聞くようにしていますが、自分以外のことで機嫌が悪いのであれば、反応が薄くても、「今日はそういう日なんだな」とスルーしていました。

いちいち受け止めていたらこっちまで機嫌が悪くなってしまうので、彼氏の気分に乗りつつも機嫌の悪いときには受け流すと自分も負担なく付き合えます。

30代前半/専業主婦/女性

そういう人間だと認める

当時付き合っていた彼が連絡不精の気分屋だったので、かなり振り回されたことがあります。

しかし非常にまじめで優しく、私のことをとても大事にしてくれました。

一緒にいると楽しくて「そういう人間だ」と考えて接すると、とても楽になりました。

一緒にいて楽しく、私のことを大事にしてくれる彼だったら、気分屋でもうまく接することができます。まずは相手を認めることが大事です。

30代前半/医療・福祉系/女性

【4位】割り切って合わせる

割り切って合わせる

一通り彼の愚痴を聞いた後に、ひたすら甘えさせる

私の元彼はかなり気分屋な性格でした。普段は明るく楽しいのですが、気分によっては「話しかけるな」オーラ全開の不機嫌になることが1日の間に何回もあります。

初めはびっくりしてちょっと近寄り難くなりましたが、大抵は自覚もないみたいでしたので、冗談ぽく「別人モード入ってるよ〜」など間接的な伝え方で何度も自覚してもらうように努めました。笑

長い間過ごすと、ただ気分がコロコロ変わる子供っぽい性格なんだと割り切れるようになり、何も気にならなくなりました。

対処法としては、一通り彼の愚痴を聞いた後に、頭を撫でたり声をかけたりして、もうひたすら甘えさせます!そうするといつの間にか機嫌も良くなっていて、最終的に謝ってくれるんですよね。笑

彼の性格と割り切って、出来る限り話を聞いて甘えさせてあげたり、そっとしたりして対応すると上手に付き合えますよ!

20代後半/医療・福祉系/女性

自分の身に置き換えて対応してあげる

私自身も気分屋なので、気分屋の男性とお付き合いしたときに初めて、「気分屋な人と付き合うのはこうも大変なんだな」と知りました。

自分のことに置き換えてみたりして、いろいろと勉強になるなとすべて前向きに捉えていました。

彼の気分に振り回されそうになったときは、自分が気分屋なので、自分がやってほしい対応を彼にもするようにしていました。

30代前半/専業主婦/女性

気持ちに寄り添った言葉をかける

彼は気分屋なのですが、自覚を持っていませんでした。

年上の彼という事もありコントロールが大変でしたが、その原因はだいたい見ていれば分かりますし、単純な事でした。

なのでまずは本人に「〇〇の事だよね?わかったよ、どうしたの?」と、気持ちに寄り添った言葉をかけるようにしています。そうしたら、彼は口に出してストレスを溜めずに済みますので。

聞いてばかりで大変だと思う事もありますが、上手く付き合うためにはしょうがないかなと思っていました。

30代後半/専業主婦/女性

【5位】うまく誘導する

うまく誘導する

相手に合わせるふりをしながらうまく誘導する

私自身も気分屋な所があるので、お互い様と思いながら付き合っています。

彼は私を超える気分屋さんですので、当日になってご飯やデートコースが変わる事なんて当たり前で、「予定してたとこ、行きたかったのに」と内心モヤモヤはしますが、それを伝えてしまうと不機嫌になってしまうので、私が我慢する事が多いです。

しかしどうしても譲れない時は、それとなく行きたい場所に彼の興味を引くものがある事を伝えると、ころっと行き先を変更する事があります。

彼の手のひらで転がされているフリをしながら、徐々に誘導してあげることで、上手く付き合えると思います。

30代前半/流通・小売系/女性

彼と同じ振る舞いをして反応があったら一緒に改善する

嫌気が差すならいくらでも離れる方法はありますが、そうならないのは心地のいい、離れられない彼の魅力があるからです。

それを感じているのなら、気分屋も彼の「個性」として認めてあげれば、気持ちがラクになるのではないでしょうか。

あるいは彼と同じように勝手気ままに振舞ってみて、相手が指摘してきたら「これは普段の貴方の態度だよ」と説明して一緒に改善していくことも一つの手です。

同じ土俵だと腹も立ちますが、改善に向けて誘導してあげることも愛情表現の一つではないかと思います。

50代前半/専業主婦/女性

自分も気分屋になり彼にされたことをやり返してやる

気分屋の彼氏に合わせるのは大変ですよね。そういう時は、こちらも気にせず気分屋になりましょう。

気が乗らなければ誘いは断る、突然押しかけるなど、彼にされたことをやり返してやるのです。

それでうまくいくなら儲けものですし、彼が気を悪くするようなら、彼が今までにしてきたことだと教えてあげましょう。反省してくれるかもしれません。

20代後半/公務員・教育系/女性

【6位】親になったつもりで対応する

親になったつもりで対応する

冷静沈着に幼い子を見守るようにする

昔、気分屋な男性と付き合った経験があります。ワガママと感じる時もあれば、甘えん坊と感じる時もありました。

嫌なことがあるとあからさまに態度を変えるので、付き合い始めは彼の気分に振り回されて疲れることが多かったです。

しかし徐々に「彼はこういう人なんだな」と思うようにすると、付き合い方もわかってきました。

彼がブスっとしている時は、ずいぶん年下の人を扱うように見守ることにしました。

彼の考え方や性格を変えようとせず、冷静沈着に幼い子を見守るようにすると、その対処法に慣れていき、彼の気分に「振り回されている」という感覚がなくなりました。

30代前半/専業主婦/女性

彼の母親になったつもりでとにかく広い心を持つ

彼は気分屋で、自分の思う通りにならないとすぐに態度に出ます。しゃべらなくなるか、何か言っても反対の事ばかり口にします。

こちらもゆとりのある時ばかりではないので、同じような態度をとってしまうと、「今日は帰る、もう会わない」などと言い出します。

そうならないように、機嫌が悪そうだなと思ったら、あえて彼とはしゃべらず、本を読んだり、スマホを見たりして、同じ空間にはいるけど関わらないようにしています。

しばらく時間が経ってから、「ご飯食べる?何か飲む?」と、とりあえず食べ物で釣ります(笑)美味しいものを食べたら機嫌も直るので、機嫌が直ってからこっちも甘えるのを開始します。

少しめんどくさい彼だけど、それも一つの個性だと思って付き合うといいです。

40代前半/不動産・建設系/女性

子供と思って接する

気分屋すぎる彼は、怒ると手がつけられなくなるほど激しい為、基本的に子供に対するような接し方で
います。笑

気分屋の人にずっと合わせるのはとても大変で、こっちのメンタルがボロボロになってしまいます。

気分屋の彼は大変ですが可愛いところもあるので、子供のように思えば『はいはい。』と言ってうまく流せます。笑

メンタルがものすごく強い人でないと真正面から向き合うことはできないと思うので、「気分屋=子供」と思うのがオススメです。笑

20代前半/サービス系/女性

【7位】あまり期待し過ぎない

あまり期待し過ぎない

あまり彼ばかりに集中せず自分の趣味も楽しむ

気分屋の彼氏は、調子のいい時はとても尽くしてくれたり優しい人が多いです。そのため、相手に対して甘えたり深入りしたりと、他の性格の男性よりも依存度が強くなりがちです。

ですが、気分屋の人は求められると離れていく人が多いと思いますので、何か彼以外に熱中できる趣味があった方が圧倒的に楽しく過ごせると思います。

彼を振り回すぐらいがちょうどいいと思います。

おすすめは音楽や映画、漫画など、自分一人で完結できる趣味を持つことです。

30代前半/自営業/女性

過度に期待をしないこと

相手に対して過度に期待をしないことが大事です。

気分屋な人は、例えば「明日どこどこに行こう」と言っていても、当日になって「やっぱりやめよう」ということがよくあります。

初めは、「行くって言ったじゃん!」とケンカになりましたが、だんだん付き合っていくうちに、「行くと言っててもきっと行かないだろう」と、初めから期待をしないことにしました。そうすると、もし当日に行かないと言い出しても、「やっぱりね」と思えるようになります。

相手に振り回されないことが大事です。

30代後半/不動産・建設系/女性

まとめ

女性100人に聞いた気分屋な彼氏と上手に付き合う方法では、1位は『機嫌が悪い時は放置する』、2位は『一定の距離感を保つ』、3位は『そういうものだと捉える』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

今回は、同じ経験を持つ女性100人による気分屋の彼氏と上手に付き合う方法を体験談と共にご紹介してきました。

この記事の『気分屋の彼女と上手に付き合う方法編』も気になる方は、是非以下の記事も合わせてご覧ください。

彼女が気分屋…経験者100人が教える上手な付き合い方とは

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年06月19日~07月04日
回答者数:100人

みんなのコメント

まだコメントがありません。
是非、あなたの意見や体験談などを教えてください!


コメントはfamico編集部の承認後に表示されます。常識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や誰かが傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。